記事トップ画像
タイを代表する人気のお祭り「ソンクラーン」こと水かけ祭り。タイのいろんな街で開催されているので、参加場所に迷う方も多いはず。ここでは人気開催地の1つ、アユタヤのソンクラーン祭りについて簡単にご紹介します。
アユタヤでの水かけ祭りの日程はいつ?会場や場所はどこ?お祭りの様子は?そしてどんな人が行くべき場所??気になるアユタヤのソンクラーン祭りについて早速見ていきましょう。

Sponsor Link



Contents

タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)とは?

記事中画像1

ソンクラーン祭りは、日本では別名「水かけ祭り」とも呼ばれているタイを代表するお祭りです。その名の通り参加者がお互いに水を掛け合って、派手に楽しむことで知られています。水を掛け合うことで言葉が通じ合わなくてもいろんな国の人たちと交流できるのが、このお祭りの最大の魅力であり人気の理由です。毎年お祭りの時期は、このソンクラーンを目当てにたくさんの観光客が世界中からタイを訪れます。


ソンクラーン祭りの意味や由来、歴史や起源などについて、お祭りの参加前に知っておきたい方は、こちらの記事もオススメです。

▶︎▶︎タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)とは?意味や歴史について


アユタヤ【Ayutthaya】のソンクラーン祭り(水掛け祭り)の特徴は?

記事中画像2

アユタヤは世界遺産の古都でタイでの人気観光地です。ここでのソンクラーンは、象との水かけ合戦を楽しめることで有名です。また、モン族(タイ北部の山岳地帯などに暮らす少数民族)による伝統的な儀式やパフォーマンスが行われることも特徴です。

アユタヤのソンクラーンはこんな人にオススメ

記事中画像3

象との水かけ合戦を体験したい方、世界遺産の遺跡観光と水かけ祭りの両方を楽しみたい方、従来の伝統的なお祭りのスタイルも体験したい方、バンコクのソンクラーンとあわせて2都市を楽しみたい方など

アユタヤならではのソンクラーンの魅力は?

記事中画像4

アユタヤのソンクラーンの魅力は、何と言っても象との水かけ合戦が体験できるところです。この象との触れ合いを求めて、アユタヤを選ぶ人も多いほどです。また他にもパレードやミスソンクラーンのコンテスト、伝統的なお祝いの行事など様々なイベントも行われます。


アユタヤの水かけ祭り2018の日程

記事中画像5

アユタヤのソンクラーン祭りの日程は、毎年4月13日〜4月15日の3日間に開催されることになっています。
しかしこの2018年は、4月12日も臨時で休日になることが決まったそうです。なので2018年の日程は、4月12日(木)・4月13日(金)・4月14日(土)・4月15日(日)の4日間が基本の開催期間となります。

また水かけ合戦以外のイベントについては、ぞれぞれ開催日や時間が決まっているものもあるので、現地でご確認ください。


アユタヤの水かけ祭りの場所と会場

記事中画像6

アユタヤの水かけ合戦の場所や会場は比較的集中しているので、移動がしやすいのが特徴です。それぞれ雰囲気やイベント内容が異なるので、数カ所をハシゴして楽しむことができます。ここでは特に人気のスポットを4箇所ご紹介します。


記事中画像7

アユタヤの水かけスポット① サンペート通りとナレースアン通り

記事中画像8

サンペート通りとナレースアン通りは、アユタヤの町中で行われる水かけ合戦の中心地です。

サンペート通り【Sanphet Rd.】とナレースアン通り【Naresuan Rd.】の地図

記事中画像9

サンペート通りとナレースアン通りのあるエリアはアユタヤの町の中心部でメイン通りです。

サンペート通りとナレースアン通りでのイベント内容とお祭りの様子

ここは特にお昼の水かけ合戦が盛り上がる場所です。またナレースアン通りは、パレードのスタート地点となっています。

アユタヤの水かけスポット② ウートン通り(アユタヤ駅側)

記事中画像10

駅側のウートン通りも、アユタヤの町中で行われる水かけ合戦の中心地になります。

アユタヤ駅側のウートン通り【U-Thong Rd.】の地図

記事中画像11

ウートン通りはアユタヤの町を囲むようにある通りです。

ウートン通りでのイベント内容とお祭りの様子

ウートン通りの東側(アユタヤ駅側)は特に午後から夕方にかけて水かけ合戦が盛り上がる場所です。ウートン通りは駅から旧市街に行くときに必ず通る場所ですが、濡れずに行き来することは不可能に近いので注意が必要です。

Sponsor Link

アユタヤの水かけスポット③ エレファントキャンプ

記事中画像12

アユタヤのソンクラーンに参加するなら絶対に行くべきところと言えばここ、エレファントキャンプです。

エレファントキャンプの地図

記事中画像13

エレファントキャンプはアユタヤの旧市街にあり、象にのって遺跡巡りができたりショーが見れるなど象との触れ合いができる場所です。

エレファントキャンプでのイベント内容とお祭りの様子

エレファントキャンプでは、アユタヤのソンクラーン祭りの代名詞とも言える、象との水かけ合戦に参加することができます。

アユタヤのイベントスポット④ ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院

記事中画像14

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院の境内では水かけ合戦は行われませんが、早朝から市民がたくさん集まり、伝統的な行事が行われます。

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院【Wiharn Phra Mongkhon Bophit】の地図

記事中画像15

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院は白い壁と柱が綺麗な大仏寺。現地の参拝者も多い活気のある寺院です。

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院でのイベント内容とお祭りの様子

寺院では、人々が托鉢する僧侶にお供えものをしたり、仏像を水でお清めしたりするなど従来の伝統的なソンクラーンのイベントを見ることができます。
また、モン族(タイ北部の山岳地帯などに暮らす少数民族)による伝統的なパフォーマンス(竹おけを使った仏像の水浴やモン族料理の試食など)も行われます。

アユタヤのイベントスポット⑤ その他アユタヤ遺跡内や旧市街周辺

アユタヤに点在する遺跡内や旧市街地周辺では、水かけ合戦以外の魅力的なイベントがたくさんあります。
「ミス・ソンクラーン」のコンテストや、民族衣装を着た人たちによる華やかなパレードなどは人気のイベントです。またソンクラーンにまつわる伝統的なイベントが開催されます。


アユタヤの水かけ祭りへの行き方・アクセス

記事中画像16

ここでは、アユタヤでのソンクラーンの各会場までの行き方とアクセス方法を簡単にご紹介します。なお最新の交通情報は予告なく変更になる場合もありますのでご了承ください。

バンコクからアユタヤまでの行き方・アクセス

記事中画像17

アユタヤまでは、日本からバンコク経由で行くことができます。バンコクからアユタヤへは、バスやロットゥー(ミニバス)、鉄道などでアクセスすることができます。


また各交通機関別の詳細情報については、下記の記事内の【ソンクラーン祭りのある主な町への行き方】→【アユタヤへのアクセスと行き方】をご確認ください。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」はどこで開催される?場所・地図と行き方について

水かけ祭りのスポット、会場までのアクセス

記事中画像18

バスターミナル、ロットゥー(ミニバス)の到着所などは、街の中心部にあるので徒歩でアクセスできます。また鉄道の駅から市街地までのアクセスはパーサック川を渡る渡し船を利用してアクセスします。

Sponsor Link



まとめ

記事中画像19

アユタヤのソンクラーンは、象と水かけ合戦ができるなど、象との触れ合いができることが特徴です。象との水かけ合戦は、エレファントキャンプで行われます。また水かけが特に盛り上がる場所は、街の中心部にあるサンペート通りとナレースアン通り、そしてウートン通りです。

アユタヤでのソンクラーンの日程は、毎年4月13日〜4月15日の3日間に開催されることになっています。(2018年は、4月12日も臨時で休日になることが決定)
ソンクラーンの時期は、バンコクからアユタヤへ行く交通機関は大混雑するので、早めに確保しておくと安心です。


またソンクラーンに参加する時の持ち物やアドバイス、注意点などについてはこちらの記事でご確認いただけます。

▶︎▶︎ソンクラーン祭り(水かけ祭り)を楽しむための持ち物や服装、準備について
▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」楽しみ方のアドバイスと注意点


さいごに

記事中画像20

アユタヤは、遺跡と象が象徴の美しいのどかな街です。そんな最高のロケーションで水かけを楽しむことができ、おまけに可愛い象とも触れ合える体験は、癒されること間違いなしです。大人はもちろん、子供も一緒になって楽しめる癒しのソンクラーンは、アユタヤにしかない貴重なものです。是非アユタヤならではのソンクラーンを満喫してくださいね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら