記事トップ画像(カオサン)

バンコクを訪れる世界中のバックパッカーの聖地とされるカオサン通り(カオサンロード)。
今ではバックパッカーだけではなく、たくさんの旅行者やタイの地元の人たちも訪れる人気の場所となっています。バンコクに行くなら、一度はその混沌とした雰囲気や世界観を味わってみたいですよね。

ところでこのカオサン通りってどこにあるの?どの時間帯が楽しめるの?簡単に教えてほしい!という初めてカオサン通りへ行く方に向けて、こちらの記事ではカオサン通りの基本的な情報について分かりやすく解説しています。是非参考にしてくださいね♩

Sponsor Link



バンコクのカオサン通り(カオサンロード)とは?

記事中画像(カオサン通り)1

ここではカオサン通り(カオサンロード)の特徴や見どころ、名前の由来や歴史などについて簡単にご紹介します。

カオサン通りの特徴と見どころは?

記事中画像(カオサン通り)2

カオサン通りは300mほどの長さの小さな通りに、レストランやカフェ、お土産ショップやマッサージ店などが所狭しと並び、ひしめき合っているストリートです。そこにはカオスで混沌とした独特の雰囲気があり、そのアジア感満載の空気感が旅行者を惹きつける魅力となっています。

そしてカオサン通りは、特に夜になると活気が出はじめ賑やかになります。ネオンに輝く夜の町と、そこを行き交う人々でごった返すカオサン通りの風景は一番の見どころ。
また夜になると、名物の虫が食べられる屋台なども登場します。

カオサン通りの楽しみ方は?

記事中画像(カオサン通り)3

カオサン通りにお昼に行く場合は、ショッピングやマッサージをしたり、レストランやカフェで食事を楽しんだりするのが一般的です。レストランはオープンテラスの席が特に人気なので、テラス席は早めに行くと狙いやすいです。

夜に行く場合は、屋台巡りやバーでお酒を楽しんだり、クラブやライブハウスで盛り上がるのが定番の楽しみ方です。

「カオサン通り」の名前の由来について

記事中画像(カオサン通り)4

カオサン通りの「カオサン」とはタイ語で「精米したお米」の意味です。その昔、カオサン通りには米問屋がたくさんあって、お米の取引が行われていました。このことが「カオサン通り」という名前の由来になっているそうです。

「カオサン通り」を英語で言うと?スペルと表記は?

記事中画像(カオサン通り)5

「カオサン通り」は英語で「Khaosan Road」と表記します。
タクシーなどにのるときは「カオサンロード」や「カーオサーン」というと伝わります。

カオサン通りの歴史について

記事中画像(カオサン通り)6

カオサン通りはもともとは静かで小さな通りに過ぎませんでした。
それが活気のある賑やかな場所へと変化したのは1980年代になってからです。カオサン通りに住む地元の人たちが外国人向けに低価格で空き部屋を貸すようになり、それがきっかけで世界中のバックパッカーが集まるようになったのです。

そして2000年には、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」に登場したことがきっかけで、その名が世界中で知られるようになりました。

現在はおしゃれなカフェやレストラン、ショップも増え「バックパッカーの聖地」という枠を超え、バンコクの人気エンターテイメントスポットのような場所になっています。


カオサン通りの営業時間は何時から何時まで?

記事中画像(カオサン通り)7

ここでは、カオサン通りの営業時間や観光に必要な所要時間などについてご紹介します。

カオサン通りの営業時間

記事中画像18

カオサン通りは24時間いつでも行くことができますが、お店の開いている時間帯はそれぞれ異なります。

レストランやカフェなどの一般的な営業時間は10時〜24時ごろになります。(中には朝の7時くらいからオープンしているお店や24時間営業のお店もあります。)
クラブやバーは21時〜夜中の3時ごろまで開いているお店が多くあります。
そして名物の屋台は18時〜24時ごろ、マッサージ店は10時〜24時ごろが一般的な営業時間になります。

観光におすすめの時間帯は?

記事中画像19

一番賑わうカオサン通りを楽しみたいなら、夕方〜夜にかけての時間帯がおすすめです。カオサン通りは、ネオンが輝き始めるころになると、たくさん人が集まり活気が出てきます。

カオサン通りを楽しむのに必要な所要時間は?

記事中画像20

カオサン通り(周辺も含めて)の雰囲気を見て、町をザックリ楽しむ程度なら30分〜1時間が目安です。
食事やマッサージ、ショッピングなどを時間をかけて楽しむなら2〜3時間が目安になります。

Sponsor Link


カオサン通りの最寄り駅と場所はどこ?

記事中画像(カオサン通り)11

ここではバンコクのカオサン通りの場所と最寄りの駅を確認しておきましょう。

カオサン通りの住所・地図と位置関係

住所:Kaosan Rd., Banglamphu, Bangkok

地図(カオサン通り)1

カオサン通りはチャオプラヤ川の近くにある小さな通りです。

カオサン通り周辺の観光地は?

カオサン通りの近くには、人気観光地の王宮やバンコク三大寺院(ワットポー・ワットプラケオ・ワットアルン)などもあり、カオサン通りから徒歩でこれらの観光地も回ることができます。

カオサン通り周辺で他に賑わっている通りは?

カオサン通り周辺には、カオサン通り以外にも賑わっている通りがいくつかあります。詳しくは下記の地図をご覧ください。
カオサン通り観光をする場合は、これらの周辺ストリートも一緒に巡るのが一般的な散策スタイルです。

地図(カオサン通り周辺)

カオサン通りの最寄駅

カオサン通り(最寄駅は?)

次に最寄駅についてチェックしましょう!
ここでは、最寄りの鉄道駅と船の停泊所(船着場)についてご紹介します。

カオサン通りの鉄道の最寄駅は?

電車

カオサン通りの近くには鉄道が通っていません。そのため最寄駅といっても駅からカオサン通りまでは距離が離れているので、タクシーやトゥクトゥクなどを利用してアクセスする必要があります。(駅からの所要時間はタクシーで20分前後)


カオサン通り近くの主な駅は下記のとおりです。

・BTS(スカイトレイン)のナショナルスタジアム(National Stadium)駅
・エアポートレイルリンクのパヤータイ(Phaya Thai)駅
・国鉄・MRT(地下鉄)のフアラムポーン(Hua Lamphong)駅
〈※別名:クルンテープ(Krungthep)駅〉

地図(カオサン通り)2

カオサン通り最寄りの船着場は?

船

カオサン通りの最寄りの船着場は【N13 プラアーティット(Phra Arthit)船着場】になります。
船着場からカオサン通りは、徒歩10分ほどでアクセスすることができます。

地図(カオサン通り)3



カオサン通りへの行き方、交通手段別のアクセス方法、主な観光地からのアクセスについてはこちらの記事に別途まとめているのであわせてご覧ください。
▶︎▶︎カオサン通りの最寄り駅と行き方は?地図と主な観光地からのアクセスについて


カオサン通り(カオサンロード)の基本情報まとめ

記事中画像(カオサン通り)34

カオサン通りはレストランやカフェ、屋台やクラブ、そしてお土産ショップやマッサージ店などの様々なお店がひしめき合う、エンターテイメントスポットのようなストリート。
おすすめの時間帯は、カオサン通りが賑やかになり、活気が出始めるころの夕方〜夜にかけてです。

またカオサン通りの最寄駅は、鉄道の場合
・BTS(スカイトレイン)のナショナルスタジアム(National Stadium)駅
・エアポートレイルリンクのパヤータイ(Phaya Thai)駅
・国鉄・MRT(地下鉄)のフアラムポーン(Hua Lamphong)駅
〈※別名:クルンテープ(Krungthep)駅〉

船が停泊する船着場の場合
・プラアーティット(Phra Arthit)船着場
になります。

カオサン通りに行くときは、周辺にも賑わっている面白い通りがいくつかあるので、ぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

Sponsor Link



さいごに

カオサン通り行き方3

旅の楽しみは、思いもしなかったような新たなコトに出会えたり、発見があったりすることだと思います。予定してた場所だけを巡るのも旅の1つの形ですが、何か直感や感性のようなものに従って、気の向くままに旅をするのもいいかもしれません♩
カオサン通り周辺にはたくさんのお店や路地があります。冒険気分でいろいろ巡って、そこで出会う想定外の出来事も楽しんでみてくださいね!


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら