記事トップ画像_Fotor3

タイの有名なお祭りコムローイ祭り。一生に一度は参加してみたいですよね。ところでこのコムローイ祭り、個人で参加することもできるの?個人で参加するにはどうしたらいいの?準備や行き方は??ここではコムローイ祭りに個人で参加する方法についてまとめていますのでご覧ください。


※記事内のお金の単位は一部【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



コムローイ祭りとは?

記事中画像個人_Fotor1

コムローイ祭りとはそもそもどんなお祭りなの? まずお祭りの概要を簡単にチェックしましょう!


コムローイ祭りの意味や歴史についても勉強しておくと、より楽しめます♪
▶︎▶︎コムローイ祭りの意味と由来・歴史と起源について

タイで行われる世界最大規模の仏教のお祭り

コムローイ祭りは、年に1度タイのチェンマイで開催される仏教のお祭りです。メインイベントでは、ブッタへの敬意を込めて「コムローイ」と呼ばれる熱気球(ランタン)に火を灯し、一斉に空に放ちます。
この熱気球(ランタン)を夜空に打ち上げる様子は、息をのむほどの美しさ。その幻想的な光景は、SNSやメディアなどでも話題となり、日本でもますます注目度が高まっています。

コムローイ祭りには外国人向けと現地人向けがある

イーペンランナー&イーペンサンサーイ1

コムローイ祭りは2013年より、外国人向けのものと、ローカル・現地人向けのものの2つに分かれて開催されるようになりました。外国人向けのものが「イーペン・ランナー・インターナショナル」、ローカル・現地人向けのものは「イーペン・サンサーイ」と呼ばれています。
しかし現在は、ローカル・現地人向けの「イーペン・サンサーイ」は開催されなくなっています。


コムローイ祭りに個人で行くときの準備と必要なものは?

記事中画像個人_Fotor4

コムローイ祭りに個人で参加するときには何を準備したらいいの?必要なものは何??(海外なのでパスポートもお忘れなく)

航空券

記事中画像個人_Fotor5

まずはタイまでの航空券とチェンマイまでの交通手段(飛行機、バス、鉄道など)が必要です。チェンマイまでは、タイのバンコク経由でアクセスすると便利です。詳しくは次の章でまとめていますのでご確認ください。

ホテルなどの宿泊場所

記事中画像個人_Fotor6

チェンマイ市内のホテルをあらかじめ予約しておきましょう!チェンマイにはたくさんホテルがありますが、人気のホテルはすぐに埋まってしまうので、宿泊場所にこだわりたい方は早めの予約をオススメします。

会場の入場チケット

記事中画像個人_Fotor7

外国人向けのコムローイ祭り(イーペン・ランナー・インターナショナル)に参加したい方は、会場の入場チケットが必要です。


コムローイ祭りのチケットについての情報はこちら
▶︎▶︎コムローイ祭りのチケット予約や取り方は??


コムローイ祭りへ個人で自力で行く時の行き方は?

記事中画像個人_Fotor8

コムローイ祭りの開催地チェンマイまでの行き方と、チェンマイ中心部から会場までの行き方を見ていきましょう!

日本からタイのチェンマイへ行く

記事中画像個人_Fotor9

コムローイ祭り開催場所チェンマイまでは、日本からバンコク経由で行くことができます。バンコクからチェンマイまでは、飛行機の他にもバスや鉄道などの交通手段があります。

【飛行機】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor10

バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空や、エアアジアなどの格安航空が運航しています。
(値段)2535 B(バーツ)〜
(所要時間)1時間10分
(運航時間)毎日10〜13便

【バス】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor11

・北バスターミナルから
(値段)419 B(バーツ):2等バス
(所要時間)9時間〜11時間
(バスの運行時間)6時30分〜22時00分の間に30分〜1時間おきに運行

【鉄道】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor12

・クルンテープ駅から
(値段)641 B(バーツ):ディーゼル特急〜(※列車の種類により料金は異なります)
(所要時間)12時間
(列車の運行時間)4時20分〜22時00分の間に1日6本運行


Sponsor Link

チェンマイ中心部から会場へ行く

記事中画像個人_Fotor13

コムローイ祭りの会場は、チェンマイ郊外にある「メージョー大学近くの寺院」「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」などになります。一番大きな会場のあるメージョー大学方面はチェンマイ中心部からは車で40分ほどと少し距離が離れています。またその他の会場もチェンマイ中心部から離れた少し不便な場所にあります。

会場の詳しい場所についてはこちらの記事でご確認いただけます。
▶︎▶︎コムローイ祭りの会場について


チェンマイ市内には地下鉄やモノレールなどの鉄道は通っていないので、会場までのアクセスは乗り合いタクシーやトゥクトゥクなどを利用してアクセスしましょう。

また現地ツアーなどに申し込みをした場合は、指定の場所(ホテルのロビーなど)で集合し、そこからバスなどで会場まで向かうことになります。


コムローイ祭りに個人で行くメリットとデメリット

記事中画像個人_Fotor14

コムローイ祭りに個人で参加するのはどんな人が向いている?個人での参加はメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。ここでしっかり確認しておきましょう!

個人で行くコムローイ祭りはこんな人にオススメ!

個人で行くコムローイ祭りは、旅慣れている人、時間に融通の利く人にはオススメです。現地の方とも交流ができたり、コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げ以外の他のイベントにも参加することができるからです。自由にお祭りを楽しみたい、ゆっくりお祭りを楽しみたいと思っている方は個人で行く方が合っているかもしれません^^

コムローイ祭りに個人で行くメリット

記事中画像個人_Fotor15

個人で行くコムローイ祭りのメリットは、まず旅費の節約ができることです。日本からのパッケージツアーなどは人気のため、どこも割高となっています。それと比較すると個人で行く方法は、余分な経費などがかからない分リーズナブルです。また交通手段やホテルのグレードなども自由に選べるため、値段も自分の予算に合わせて組み合わせることができます。

2つ目のメリットは、旅行のスケジュールの自由度が高いことです。ツアーで参加する場合は、集団での移動のためいろいろと時間や行く場所が決められていて制約が多いことがほとんどです。でも個人で行くとそんなことはありません。全て自由に決めて動くことができます。

コムローイ祭りに個人で行くデメリット

記事中画像個人_Fotor16

個人で行くコムローイ祭りのデメリットは、まず入手が困難なチケットを自力で確保する必要があることです。
外国人向けのコムローイ祭り(イーペン・ランナー・インターナショナル)に参加するためには、あらかじめ会場の入場チケットを確保しておく必要があります。でもこのチケットは毎年大人気のため、個人では入手が難しいのがデメリットです。


チケットについての情報はこちらの記事に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。
スクリーンショット 2017-06-08 17.31.31


2つ目のデメリットは、個人での参加が少人数の場合、コムローイ(ランタン)を打ち上げる時に人手が足りず、スタッフの方などに手伝ってもらう必要があることです。両手がふさがり、写真撮影なども難しくなってしまいます。写真が必要な方は三脚などを用意しておくと良いでしょう!

Sponsor Link



コムローイ祭りに個人で参加・自力で行く方法まとめ

記事中画像個人_Fotor18

コムローイ祭りに個人で参加すると、スケジュールの自由度が高く、旅費もリーズナブルに抑えることができますが、会場のチケットなどを自分で確保しておく必要があるので、準備を早めにしておくと安心です。

開催地チェンマイまではバンコク経由でアクセスすると便利です。バンコクからチェンマイまでは飛行機の他、バスや鉄道などの交通手段もあります。チェンマイ中心部から会場までは乗り合いタクシーやトゥクトゥクなどでアクセスできます。


さいごに

記事中画像個人_Fotor19

コムローイ祭りはランタンの美しい光景が魅力ですが、お祭りの醍醐味はやっぱり、その国や地域の歴史や文化に触れられること、いろんな国、地域の人と交流できること、そして大切な人と思い出を共有できることだと思います。個人で参加すると、そういった魅力をより一層感じることができるはずです。表面的に楽しむのではなく、もっとそこにある深い意味や精神性を知り、考え、感じることができれば、人生の大切なことを学べる機会になるのではないでしょうか。


▶︎▶︎「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら