コムローイチケットトップ
みなさん、タイのコムローイ祭りをご存知ですか?そう!たくさんのランタンが夜空を舞う光景がとっても魅力的なあのお祭りです!
その美しすぎる光景は「死ぬまでに行きたい世界のお祭り&絶景」としても度々取り上げられるほど。幻想的で非日常な体験、一生に一度はしてみたいですよね。

でもそんな大人気のお祭り、参加するのってハードル高そう!って思いませんか?いえ、心配しなくても全然大丈夫です^^ここでは不安を少しでも解消できるように、一番重要なコムローイ祭りのチケットについての情報をお届けします!


※記事内のお金の単位は一部【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



コムローイ祭りとは?

記事中画像_Fotor1
コムローイ祭りとはそもそもどんなお祭りなの?まずはお祭りの概要を簡単にチェックしておきましょう。


コムローイ祭りの意味や歴史についても勉強しておくと、より楽しめます♪
▶︎▶︎コムローイ祭りの意味と由来・歴史と起源について

タイで行われる世界最大の仏教のお祭り

コムローイ祭りは、タイの旧暦12月の満月の夜(11月中旬ごろ)に毎年タイのチェンマイで開催される仏教のお祭りです。メインイベントでは、ブッタへの敬意を込めて「コムローイ」と呼ばれる熱気球(ランタン)に火を灯し、一斉に空に放ちます。

コムローイの幻想的な光景が最大の魅力

記事中画像_Fotor2
この熱気球(ランタン)を夜空に打ち上げる様子は、息をのむほどの美しさ。その幻想的な光景は、SNSやメディアなどでも話題となり、日本でもますます注目度が高まっています。


コムローイ祭りのチケットについて

記事中画像_Fotor3
お祭りに参加するために、まず最初に考えるのが「チケットの確保」ですよね。何としてでもゲットしたい!と思っている方は要チェックです!では早速、コムローイ祭りのチケットに関する情報を見ていきましょう。


その前に‥お祭りの日程をまだ確認できていない方はこちらの記事でチェックしてくださいね^^

スクリーンショット 2017-06-08 17.23.34

 

チケットはどこで必要なの?

コムローイチケット.001

コムローイ祭りのチケットは、コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げイベントに参加する場合に必要となります。コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げは専用の会場で行われるため、そこへ入るための入場チケットが必要になるのです。

ちなみにコムローイ自体は、お祭りの期間中であれば街中でも自由に上げることができます。なので街中でコムローイを自分たちで上げて楽しみたい方は、そもそもチケットは必要ありません。(ただし街中では、みんなそれぞれ好きなタイミングで打ち上げるので、一斉打ち上げのような光景はなかなか見られません。)

街中で自分たちで上げるメリットは、失敗しても何度でも挑戦できる点(会場ではコムローイの打ち上げは通常1人につき2回まで)、写真撮影がやりやすい点(会場だとカウントダウンがあるので、撮影と打ち上げの同時平行が少し大変)などが挙げられます。

コムローイ祭りには外国人向けとローカル向けがある?

イーペンランナー&イーペンサンサーイ2

コムローイの一斉打ち上げイベントは2013年より、外国人向けのものと、ローカル・現地人向けのものの2つに分かれて開催されるようになりました。外国人向けのものが「イーペン・ランナー・インターナショナル」、ローカル・現地人向けのものが「イーペン・サンサーイ」と呼ばれています。

コムローイ祭りのチケットは、外国人向けの「イーペン・ランナー・インターナショナル」に参加するために必要になるのです。なお、ローカル・現地人向けの「イーペン・サンサーイ」はチケットが必要なく参加できたのですが、現在は開催されなくなってしまいました。
そのため現在は、コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げに参加したい方は必ず会場のチケットを入手しておく必要があります。

そこで気になるのが、会場がどこにあるのかということ。つぎで簡単にご紹介します。

外国人向けの会場はメージョー大学近くの寺院

メージョー大学説明

外国人向けのコムローイ祭りは、「イーペン・ランナー・インターナショナル」でしたね。
この「イーペン・ランナー・インターナショナル」が行われる会場は、チェンマイ郊外にあるメージョー大学近くの寺院になります。チケットは、この寺院に入るために必要になるのですね。でもそんな素敵なチケット、世界中の人が欲しいのでは・・?(´・_・`)

地図メージョー大学

「イーペン・ランナー・インターナショナル」のチケットは毎年大人気!

外国人向けのコムローイ祭り「イーペン・ランナー・インターナショナル」が行われるメージョー大学近くの寺院は、もちろん敷地が限られているため、入場の人数制限がなされています。
つまり、敷地に入る権利=外国人向けのコムローイ祭りに参加する権利を求めて、毎年チケットの争奪戦?!が行われるのです。

ちなみにそんな人気のチケットにも関わらず、枚数はたったの5000枚前後(その年によって異なる)と言われています。そのためチケットは毎年すぐに完売してしまうみたいです。
じゃあどうすればいいの・・?!大丈夫、すぐに諦めるのはもったいないですよ!

Sponsor Link


新たなコムローイ打ち上げ会場がオープン

外国人向けのコムローイ祭り「イーペン・ランナー・インターナショナル」が大人気となり、お祭りに参加したくてもチケットが買えない人がたくさん出てくるようになりました。
そのため数年前より、メージョー大学近くの寺院の他にも新たな会場が続々とオープンしています!
新たな会場の場所はチェンマイ郊外の「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」など。メージョー大学よりも規模は少し小さめですが、年々大きくなりつつあります。またメージョー大学の方と違い、チケットも比較的取りやすい傾向があります。


また、各会場の場所についての詳細はこちらの記事にまとめていますので、あわせてご確認くださいね。
▶︎▶︎コムローイ祭りの会場の場所と行き方は?

コムローイ祭り2019のチケットの取り方

記事中画像_Fotor6

ここでは、人気のコムローイ祭りのチケットを入手する方法をいくつかご紹介します。
大きく分けて、チケットのみを購入する方法とチケット込みのツアーに申し込む方法の2つがあります。

日本の旅行会社のツアーに申し込む場合

大人気のコムローイ祭りのチケットは、私たちと同じく旅行会社にとってもすごく手に入れたい魅力的なもの!ということで、発売と同時にいろんな旅行会社が買い占めてしまうのですね。
なので確実に、かつ労力を少なくして参加するためには、日本の旅行会社のツアーに申し込む方法が一番王道です。しかし日本からのツアーのため、航空券やホテル代も含まれており割高なのが少し残念・・

なのでやっぱり個人で参加したい!と思っている人も諦めないで!
現地の旅行代理店などを通して、個人でもチケットを取得することもできますよ^^

個人でチケットを取る方法

記事中画像.007

① 現地でチケットのみを自力で取る

現地に早めに行くことができる人は、直接現地の旅行代理店などに行ってみましょう!運が良ければ、自力で入手することもできますが、100%の保証がないのが難点です。(ちなみに2018年は、一部の旅行会社でお祭りの前日でもチケットの販売はされていました。)

② 現地で現地発のツアーに申し込む

バンコクやチェンマイまで自力で行き、現地の旅行代理店で現地ツアーに申し込むことも可能です。チェンマイではツアー会社の他、ホステルやゲストハウスでも気軽に直接申し込むことができます!ただしこちらの方法も、早めに現地入りすることが必要になります。

③ 日本からネットでチケットを購入する

日本からネットで現地の旅行代理店を通してチケットを取る方法です。こちらの方法は旅行の予定が早い時期に確定している人にはかなりオススメです!チケットのみ、もしくはチケット込みの現地ツアーの予約となります。
ポイントは1度完売していても諦めないこと。第2弾の販売期間があったり、直前にわずかですが追加販売orキャンセル分の再販売をしたりすることもあるようです。


下記の旅行代理店はネットで事前に予約をすることが可能です。日本語に対応しているので安心ですね^^
毎年こちらのサイトでチケット(もしくは現地ツアー)の販売をしているので、2019年も販売してくれると思います。

・RANVEL TOUR(ランベルツアー)さん
2018年はチケットのみ、または会場への送迎付きチケットなどが販売されていました。
▶︎▶︎ランベルツアーのサイトへ


・CM LANNA TOUR(CMランナーツアー)さん
2018年は現地発着のパッケージツアーなどが販売されていました。
▶︎▶︎CMランナーツアーのサイトへ


・Nara Tour(ナラツアー)さん
2018年は会場への送迎付きチケットなどが販売されていました。
▶︎▶︎ナラツアーのサイトへ


・Chiangmai Happy Tour(チェンマイハッピーツアー)さん
2018年は会場への送迎付きチケットなどが販売されていました。
▶︎▶︎チェンマイハッピーツアーのサイトへ


・EXP Thailand(エクスピー・タイランド)さん
2018年は会場への送迎付きチケットなどが販売されていました。
▶︎▶︎エクスピー・タイランドのサイトへ

④ タイ掲示板を活用する

日本人のための「タイ掲示板」を活用するのも一つの方法です。ここでは、タイに関するチケットを「売る・あげる」「買う・探す」ということを日本語でかつ無料で行うことができます。
こちらの方法も運が良ければになりますが、コムローイ祭りのチケットを譲ってくれる方が見つかるかもしれません。

▶︎▶︎タイ掲示板のサイトへ

コムローイ祭りのチケットの値段

記事中画像_Fotor8
チケットの値段は送迎付きの場合、5000〜7000B 前後になりますが、旅行会社により値段は多少異なります。ツアーの場合は、これに宿泊代や観光代などがプラスされることになります。
またチケットには、1枚につきコムローイ(ランタン)が1〜2つ、参加の記念品(お土産)、会場での軽食がついている場合がほとんどです。

2019年のチケットの発売、予約開始はいつ?

記事中画像_Fotor9
旅行会社によりますが、パッケージツアーは3〜4月頃から予約を開始しています。ただし公式の日程発表前になるので、あくまでも仮の予約になります。公式の日程発表がされる時期は、毎年お祭りの2〜3ヶ月前(8〜9月ごろ)となります。

また、2016年よりスタートした新会場「ドイサケット」「ランプ-ン」「メーリム」でのコムローイ祭りもチケットやツアーの予約ができます!メージョー大学方面の「イーペン・ランナー・インターナショナル」と同じく、ランタンの一斉打ち上げが行われますが、規模はやや小さい傾向があります。(ただし会場によっては、年々規模が拡大しているところもあり)

チケットなしの場合はどうなるの?

記事中画像_Fotor10

① キャンセル待ちに申し込む

チケットが完売した後でも、複数の旅行会社等でキャンセル待ちを受け付けているみたいです。とりあえずキャンセル待ちを受け付けていたら申し込んでおきましょう!
ちなみに2018年は、お祭りの直前でしたが、現地旅行会社の窓口でチケット(キャンセル分)の販売をしているところもありました!

② 会場の外からみる

記事中画像_Fotor11
会場であるメージョー大学近くの寺院などまで自力で行き、その敷地の外から見ることも可能です。当然ですが少し遠景からの眺めになるので、臨場感や迫力は少し欠けてしまうかもしれません。それでもコムローイ(ランタン)が夜空に一斉に放たれる様子は見ることができます。

現地人向けの「イーペン・サンサーイ」に参加する

※ 現地人向けの「イーペン・サンサーイ」は現在は開催されておりません。

現地人向けの「イーペン・サンサーイ」は、外国人でも無料で参加が可能です。もちろんこちらでもコムローイ(ランタン)の打ち上げは行われます。でも現地人向けのコムローイ祭りは予約制ではないため、早めに行って場所取りをする必要があるとのこと。チケットが取れず、でも諦められない人は「イーペン・サンサーイ」にトライしてみるのも良いかも♩

④ 会場外の街中で自分たちで自由に上げる

コムローイ(ランタン)の打ち上げは会場以外でもチェンマイの至る所で行われています。でも街中では、みんなそれぞれのタイミングで打ち上げるので、「イーペン・ランナー・インターナショナル」のように無数のランタンが夜空を一斉に舞っている様子はなかなか見ることができません。

でも、自分の好きなタイミングで自由にコムローイを放つことができる点が魅力です。(会場での一斉打ち上げの場合はカウントダウンがあるので、写真撮影などとの同時並行がなかなか大変なのです。笑)
また街中では、現地の地元の人たちとも交流しながら何度でも打ち上げを楽しめます!コムローイ(ランタン)は街のいろんな所で販売しているので、簡単に手にいれることができますよ!

Sponsor Link



コムローイ祭りのチケットまとめ

記事中画像_Fotor12
コムローイ祭り自体はチケットがなくても参加できますが、コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げに参加したり間近で見るためには、会場のチケットが必要です。

一番コストパフォーマンスが良いのは、チケット込みの現地ツアーに申し込みをして、チェンマイやバンコクまでは個人で自力で行く方法だと思います。現地ツアーの予約は春頃から開始している旅行会社もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


さいごに

記事中画像_Fotor13
コムローイ祭りは、ブッタへの感謝の気持ちを捧げるお祭りです。また同時に日々の出来事や大切な人へ感謝の気持ちを捧げるのにもよい機会だと思います。当たり前だと思っていた日常が、いかに奇跡で溢れかえった素晴らしいものなのか…そういったことにも気づけるキッカケになるのではないでしょうか。

コムローイ祭りがたくさんの人を魅きつけて止まないのは、その光景だけではなく、お祭りに対する人々の想いと、そこから生まれる豊かな精神性があるからだと感じています。

▶︎▶︎「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら