%e8%b1%a1%e7%a5%ad%e3%82%8a%ef%bc%91_fotor

タイ東北部の象で有名な町、スリン。
ここは、年に一度の象祭りで有名な小さな町です。
市内にはたくさんの象の像があります♪(ダジャレではありませんよ!笑)

象祭りの時期、町はたくさんの観光客で賑わいますが、それ以外の日は静かでのどかな町です。
カンボジアの国境に近いため、スリンの周辺にはクメール様式の遺跡が多くあります。
象祭りに行かれる際は、一緒に見て周ることもオススメですよ^^

ここでは、そんなスリン象祭りの由来についてまとめてみました♪


スリン象祭りとは?

%e8%b1%a1%e7%a5%ad%e3%82%8a%ef%bc%92_fotor

スリンの象祭りは、タイ三大祭りの1つとされ、この日スリンの町は象で一色となります。
この光景と象との貴重な交流体験を求めて、毎年世界中から観光客が集まる盛大なお祭りです。

「スリン象祭り(Elephant Round-up)」はスリンで毎年11月に開催され、町を挙げての大規模なお祭りとなります。
お祭りの日はスリン周辺から200頭以上の象が集結し、町は象と観光客であふれかえるのだとか♪

お祭りでは、象に乗れたり餌をあげたりすることができ、象と楽しく交流できるそうですよ^^
また特設会場では、象の曲芸、お絵描きや綱引きが行われ、象のサッカーや象戦争、パレードなど象のショーも見られるそうです!

象の曲芸なんて、なかなか見る機会がないので見てみたいですね♪( ´▽`)
象のサッカーもすごく気になります!鼻でボールを蹴るのかな?笑


スリン象祭りの由来と起源

%e8%b1%a1%e7%a5%ad%e3%82%8a%e2%91%a2_fotor

タイの三大祭りの1つとされる象祭りですが、なぜ小さな田舎町「スリン」で行われるのでしょう?
気になりますよね。

調べたところによると、その昔、白象(神の化身と言われているそうです)を初めてとらえ、国王に寄進した人がスリンの出身だったそうです。
それが由来となり、スリンは象で有名な町となったのですね!
そして今では象祭りも開催されるようになりました。


スリン象祭りに参加するには?

象祭りについてのその他の詳しい情報は下記のページをご覧ください^^



さいごに

スリン象祭りの由来は確認できましたか?
タイ三大祭りの1つ、ぜひ1度参加をしてみたいですね(^O^)


関連記事はこちら