%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%92_fotor

タイのパンガン島といえば「フルムーンパーティー」

フルムーンパーティーは、世界三大レイブ(屋外で開催されるダンスパーティー)の1つと言われていてパーティーの日やハイシーズンになると、世界中からクラブファンやパーティー好きの人々が集まりいっぱいになります!
(ちなみにあとの2つのレイブはスペインのイビサと、インドのゴア

音楽やダンス、パーティーが好きな旅女子なら、1度は参加してみたいイベントですね♪( ´▽`)

ところでフルムーンパーティーは入場料が必要なの?必要ならどのくらい?なのか気になりますよね。
そこでここでは、フルムーンパーティーの入場料についてまとめてみました。


フルムーンパーティーの入場料

入場料は必要?

2008年12月よりセキュリティやビーチ美化のため、参加者全員に入場料の支払いが義務付けられたので、必要になります。


入場料の金額は?

フルムーンパーティの入場料(エントランスフィー)は100B(バーツ)です。


入場料はどこで支払うの?

入場料はハートリンのビーチに向かう道にある「ハートリン・ビジネス・アソシエーション」のゲートで支払います。


入場料以外の料金は?

入場料を支払うと、パーティーのオリジナルリストバンドがもらえます。
このリストバンドを付けていれば、会場の各お店のエントランス料は無料です。
あとは好きなドリンク代のみ支払うシステムになっているので、気軽にいろんなお店をハシゴできちゃいますね♪



フルムーンパーティーとは?

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%93_fotor

フルムーンパーティーは、1990年代に島南部のハート・リンにあるバンガロー「パラダイス・バンガローズ」前で始まりました。

満月の日の夜に開催されるこのパーティーは、最初は1000人前後の小規模なものでしたが、年々人気が高まり、規模も大きくなっていったみたいです。

今や世界中から約1万人もの観光客が集まる超人気イベント!
日本でもメディアやSNSで話題となり、認知度もアップしてきましたね♪



さいごに

タイのフルムーンパーティーの入場料は確認できましたか?
パーティー好きの私は、是非とも1度は参加してみたいお祭りです♪

参加ができましたら、こちらで様子をお届けしますね☆


関連記事はこちら