記事トップ画像(ワットプラケオ1)

タイのワットプラケオ(エメラルド寺院)はバンコクを代表する人気観光地の1つ。近くにあるワットポー、ワットアルンとあわせて「バンコク三大寺院」と呼ばれています。

ここでは、バンコク観光のマストスポット「ワットプラケオ」について

★楽しみ方と見どころ
★オーディオガイドのレンタル
★簡単な歴史

などについて簡単にご紹介していきます!ぜひ観光前にざっと目を通してみてくださいね。
それではさっそくチェックしていきましょう♩

Sponsor Link



Contents

バンコクのワットプラケオ(エメラルド寺院)とは?

記事中画像1

ワットプラケオ(エメラルド寺院)は王宮内にある王室寺院で、タイで最も格式の高い寺院とされています。

王室専用の仏教儀式の場であるため、僧侶がいないのが大きな特徴です。

また本堂にまつられている仏像がエメラルドの色をしたヒスイで作られているため、ワットプラケオは別名「エメラルド寺院」とも呼ばれています。
この本堂にある仏像のエメラルド仏(エメラルドブッタ)はタイで最も重要な仏像とされています。

「ワットプラケオ(エメラルド寺院)」を英語で書くと?英語表記のスペルは?

記事中画像3

「ワットプラケオ」は英語で「Wat Phra Kaeo」と表記します。また「エメラルド寺院」は「Temple of the Emerald Buddha」となります。

タクシーなどに乗るときは「ワットプラケオ」のままで伝わります。

ちなみにタイ語では「ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム(วัดพระศรีรัตนศาสดาราม)」といいます。


ワットプラケオ(エメラルド寺院)の地図と見どころ

記事中画像3

ここではワットプラケオ(エメラルド寺院)の見どころなどを簡単にご紹介します。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)のマップと案内図

ワットプラケオ(エメラルド寺院)の簡単なマップ・案内図は下記のとおり。

地図(ワットプラケオ)1


またワットプラケオへの行き方についてはこちらの記事にまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【交通手段別】ワットプラケオの行き方は?主な観光地からのアクセスについて

ワットプラケオ(エメラルド寺院)の見どころと行くべき場所は?

記事中画像4

ワットプラケオ(エメラルド寺院)の最大の見どころは「本堂のエメラルド仏」です。

エメラルド仏(ラタナーコーシン仏)はタイで最もあつい信仰を集めている国の守りで、タイで最も重要な仏像とされています。

そのためワットプラケオは観光客だけではなく、タイ国民の参拝客でもいつも賑わっていて混雑しています。

またエメラルド仏のいる本堂は、ワットプラケオ内で最も重要な建物になります。

地図(ワットプラケオ)2

ワットプラケオの見どころ① 本堂のエメラルド仏

記事中画像5

エメラルド仏(ラタナーコーシン仏)はワットプラケの本堂に安置されている本尊(最も大切な信仰の対象となる仏像)です。

エメラルドの色をしたヒスイで作られているため「エメラルド仏」や「エメラルドブッタ」と呼ばれていますが、仏像の正式な名前は「ラタナーコーシン」になります。

ちなみに「ラタナーコーシン」とは、現在の王朝(チャクリー王朝)の別名です。その意味は「インドラ神の宝石」(インドラ神とは、インド神話に登場する神様でヒンドゥー教の神様)です。

またエメラルド仏は年に3回、国王により衣装の取り替え(衣替え)が行われることでも有名です。衣替えの儀式は、季節の変わり目(3・7・11月)に行われています。

Sponsor Link

ワットプラケオの見どころ② 本堂の壁画

記事中画像6

ワットプラケオの本堂の壁画には、ブッタの生涯や仏教の宇宙観が描かれています。

ワットプラケオの見どころ③ 境内にいるヤックの像

記事中画像7

ワットプラケオでは、ヤックと呼ばれる悪魔(古代インド神話に登場する鬼神)が境内を見守っています。

そしてヤックのほとんどは、ワットプラケオの本堂に向かって建てられています。これはヤックが、本堂に安置されているエメラルド仏を悪霊から守っているためです。

またヤックは境内にある仏塔も一生懸命に支えています。愛らしいヤックを是非探してみてくださいね。

記事中画像7−2

ワットプラケオの見どころ④ 黄金の仏塔(プラ・シー・ラタナー・チェーディー)

記事中画像8

黄金の仏塔のプラ・シー・ラタナー・チェーディー(Phra Sri Ratana Chedi)は、ラーマ4世により建てられた仏塔です。

仏塔の内部には仏舎利(ブッタの遺骨)が納められています。

ワットプラケオの見どころ⑤ プラ・モン・ドップ

記事中画像9

プラ・モン・ドップ(Phra Mondop)はラーマ1世が建造しました。

建物の内部には、仏教の経典「トリピタカ」の原本が収められていますが、見学は外観のみになります。

ワットプラケオの見どころ⑥ プラーサート・プラ・テープビドーン

記事中画像10

プラーサート・プラ・テープビドーン(Prasat Phra Thepbidon)では、ラーマ1世から8世の彫像が安置されています。

ラーマ4世の時代に建造された建物の塔の先端には、シヴァ神(ヒンドゥー教の神様)の象徴が飾られています。

ワットプラケオの見どころ⑦ 回廊の壁画

記事中画像11

回廊の内側の壁画には、インドの有名な叙事詩のストーリーと世界観が描かれています。

叙事詩の名前は「ラーマーヤナ」(タイ版の名前は「ラーマーキエン」)

ワットプラケオの見どころ⑧ アンコールワットの模型

記事中画像12

アンコールワットの模型は、ラーマ4世がアンコールワットを訪れたときの感動を伝えるために造られました。

アンコールワットはカンボジアにある遺跡ですが、ラーマ4世の時代のカンボジアはタイの属国でした。

ワットプラケオの見どころ⑨ ワットプラケオ博物館

記事中画像13

ワットプラケオ博物館では、王宮とワットプラケオで過去に使われた装飾品などが展示されています。

Sponsor Link

ガイドのサービス利用もあり

記事中画像14

ワットプラケオ(エメラルド寺院)では、別料金を払ってオーディオガイドをレンタルすることもできます。

より詳しい解説や説明が聞きたい方はオーディオガイドを利用するのもオススメです!

オーディオガイドの料金は?

オーディオガイドのレンタル料金は200B。
(レンタルする時にパスポートかクレジットカードをデポジットとして預ける必要があります。)

オーディオガイドは日本語も用意されているので安心です。

オーディオガイドはどこでレンタルできるの?

オーディオガイドは、ワットプラケオのチケットブース(入場券売り場)で借りることができます。

いろんな国のオーディオガイドがあるので「Japanese please !(日本語をお願いします)」と伝えることをお忘れなく。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)のお土産は何があるの?

記事中画像15

敷地内にあるショップでは、ポストカード、キーホルダー、オリジナルデザインのペンやノートなどの文房具、服や腕時計などのお土産が販売されています。


ワットプラケオ(エメラルド寺院)の歴史について

記事中画像16

ここではワットプラケオ(エメラルド寺院)の歴史について簡単にチェックしておきましょう。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)はいつ建てられたの?

記事中画像17

ワットプラケオ(エメラルド寺院)はラーマ1世により、1782年(王朝がトンブリーからバンコクに遷都されたとき)に王宮とともに建てられました。寺院が完成したのは1784年です。

そしてこの遷都と同時に、ラーマ1世によって新たな王朝(現在のチャクリー王朝)が開かれました。現在のタイの王様「ワチラロンコン国王」はラーマ10世になります。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)はなぜ建てられたの?

記事中画像18

ワットプラケオ(エメラルド寺院)は、ラーマ1世によって開かれた新たな王朝(チャクリー王朝)の守護寺として建てられました。

王室専用の仏教儀式の場として建てられた寺院のため、ワットプラケオは他の寺院とは異なり僧侶がおらず、また僧侶が生活する施設もないのが特徴です。

Sponsor Link



まとめとポイント

記事中画像19

タイのワットプラケオ(エメラルド寺院)は西暦1782年にラーマ1世によって建てられたチャクリー王朝(現在のタイの王朝)の護国寺です。

王室専用の仏教儀式の場であるため、ワットプラケオには僧侶がいないのも特徴です。

そんなワットプラケオの最大の見どころは本堂にまつられたエメラルド色の仏像、エメラルド仏(エメラルドブッタ)。
ワットプラケオが「エメラルド寺院」と呼ばれているのはこのためです。またこのエメラルド仏(エメラルドブッタ)は年に3回、季節に合わせて衣替えをすることでも有名です。

またワットプラケオは、タイで最も美しく、格式の高い王室寺院とも言われています。


ワットプラケオの拝観時間、入場料、服装などについての情報はこちらの記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ワットプラケオに行く前に知っておきたい!服装や入場料、拝観時間などの情報まとめ


さいごに

記事中画像20

海外で歴史的な観光スポットに行くことは、その国の文化や歴史、伝統に触れられる良い機会ですよね。あらかじめ簡単な歴史などを知っておくと、楽しみ方の幅が広がり感動もより大きくなります。

ここでは最低限おさえておきたい簡単な基礎知識についてまとめていますが、興味を持った方はもっと深く学んでみてくださいね。知れば知るほど、有意義な旅になること間違いなしです♩


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら