4dbc28ee44dd6213907e798ec11b53c4_s_fotor3

2016年10月13日、タイの国王が亡くなられたというニュースは皆さんご存知だと思います。それにより、さまざまな分野で影響が出ているようです。

そんな中、特に私たち日本人は

今タイに観光に行っても大丈夫なの?
観光者への影響は?
観光に行く時に注意することは?
など、いろいろと気になることがありますよね(>_<)

そこでここでは、国王死去によるタイ観光への影響と、現在の様子について情報をまとめてみました。


タイは現在、服喪期間

タイは現在、喪中の期間です。
タイ人は愛国心が強く、国王はいわば「現人神」のような存在です。
そんな国王が亡くなられたのだから、国民の心傷は計り知れません。

タイへ旅行に行く予定の方は、不謹慎な「服装」や「言動」は控えるよう注意が必要ですね。


タイの現在の様子・影響は?

政府関係者や公務員はもちろん、一般人や民間人も喪服、もしくは黒い服装をしているそうです。街は黒一色といった感じで、デパートで売られている服でさえも黒い服なんだとか。

そしてスポーツやお祭り、イベントなども自粛ムードだそうです。

繁華街の賑わいは少しずつ復活はしているものの、お店は早めに閉店するそうです。
ちなみに、お酒の販売はすでに再開しているとのことです。

タイの街は現在、雰囲気が様変わりしている様子が伝わってきますね。


喪中の期間は?

国王の逝去により、タイ全土で1年間、喪に服することがタイ政府より要請されています。
それにより、タイは現在1年間の服喪期間に入っています。

つまり、2016年の10月14日から、2017年の10月13日までが喪中の期間になります。

期間はしっかりと確認しておきたいですね。


喪中の服装は?

政府関係者や一般人などの立場や、また大人や子供などの年齢も関係なく、喪服もしくは黒色の服装が求められています。
喪中の期間は、色付きの服を着ることは「不謹慎」とみなされるそうです。

国民の国王に対する敬意と弔意がすごく伝わりますね。

ちなみに外国人に対しては喪服の着用は求めていないそうですが、
現地の方々へ配慮し派手な色の服装は控え、なるべく目立たない暗めの色が望ましいそうです。


さいごに

タイ国王の死去による影響を考慮し、タイでは派手な遊びやバカ騒ぎは控え、節度を持った言動を心がけましょう。
現地のタイ人の方々への配慮をくれぐれも忘れないことが大切です。

またタイ旅行を計画している方は、定期的に最新の情報をチェックすることをおすすめします。

タイ観光庁のホームページ」や

在タイ日本国大使館のホームページ

などの情報をご確認ください。

関連記事はこちら