3f477cc51029c6bfde2f139b2518ba60_s_Fotor

タイ旅行に行くにはどんな靴が良い?初めての国に行くときは気候や環境が分からず靴の種類に悩みますよね
タイには暑季、雨季、乾季と3つの季節がありますが、基本的には年間を通して気温が高くいつ訪れても日本の夏の時期に使用する靴で問題ありません。

ここではあると便利な靴と、観光する場所や訪れる場所によっての留意点をまとめています。是非、渡航前の準備の段階でチェックしてみてください^^

また靴だけではなく、服装全般に関しては

持ち物に関しては
のページにまとめていますので、あわせてご覧ください。
 

あると便利な靴

スニーカー
長時間の歩行トレッキングなどのスポーツをする方は必須。それほど歩かない方、サンダルなどに慣れている方は、スニーカーよりもサンダルなどの涼しい靴がおすすめです。

(ビーチ)サンダル
ビーチに行く方は必須。タイは基本的に1年中暑いので、ビーチに行かなくてもサンダルはあった方が涼しく脱ぎ履きもしやすい点でオススメです。また、現地でもたくさんサンダルが売っていますので、現地で買い足すのもおすすめです。

・おしゃれ靴
ホテルの高級レストランやバー、クラブなどに行く方は必須。あらかじめ確認をしておきましょう。また、現地にもオシャレな靴がたくさん売っており安く手にはいるので、現地で調達するのもオススメです。


寺院に行くとき

・靴の脱ぎ履きがしやすい靴を
寺院の建物内は下足での立ち入りが禁じられている場所も多く、観光の際は頻繁に靴の脱ぎ履きをしなければいけません。できるだけ楽な、脱いだり履いたりしやすい靴を選びましょう。
またその際、自分の靴を持ったまま建物内の観光をする場所と、そうでない場所(入り口等に置いたまま)があります。靴の盗難や履き間違いなどが心配な方は、あらかじめ大切な靴や高価な靴は避けたもので行きましょう。
 

 

バーやクラブ、高級レストランに行くとき

・サンダルはNGのところが多い
特にビーチサンダルはほとんどのお店でNGです。
お店によっては靴を貸し出してくれるところもありますので事前に確認をしておきましょう。その場合はお店までビーチサンダル等で行っても問題ありません。
心配な方はお店にあった適切な靴と服装で行くことをお勧めします。
 

 

避けた方が無難な柄

・迷彩柄は避ける
タイでは迷彩柄は軍人が着用するものです。日本ではファッションとして着用しますが、タイではできるだけ目立つものは避けましょう
 
 

冷房対策を

・靴下またはひざ掛けなどの準備を
タイでは冷房が効き過ぎていると感じる施設が多いです。これは「冷えた室内=おもてなし」という考え方から、気を利かせてくれていること。そのため室内では女性の方は特に足元が冷えて寒く感じる事もあります。冷え性の方は、外出する際はひざ掛けやストールなど、ホテルなどでは靴下があると便利です。
 
 

その他

タイではデザインの種類も豊富で安くて可愛い靴がたくさん手に入ります
自分のお土産として、現地で靴を調達するのも1つの楽しみ方ですよ♪
特に行きの手荷物は少ない事にこしたことはありませんからね^^

関連記事はこちら