記事トップ画像_Fotor

タイを代表する人気のお祭り、ロイクラトン。特にチェンマイのロイクラトン祭りは、巨大な山車のパレードが行われることで有名です!また同じ時期に開催されるコムローイ祭り(ランタンの打ち上げ)もあることから、ロイクラトン祭りの人気の街となっています。ここでは、チェンマイのロイクラトン祭りの行き方やアクセス方法などについてまとめましたのでご覧ください。

Sponsor Link



ロイクラトン祭りとは?

記事中画像フォーマット (バンコクロイクラトン)_Fotor1

タイのロイクラトン祭りってどんなお祭りなの? ロイクラトンについて簡単にご紹介します♪

ロイクラトンってどんなお祭り?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor2

ロイクラトン祭りは、タイで毎年行われる灯篭流しの仏教行事です。
お祭りの時期には、ロウソクや線香、花などで美しく飾った灯篭を、川に流す人々の姿がタイ全国で見られます。夜空に輝く満月と、海や川にほんのり灯る光のラインが作り出す「灯篭流し」の光景は、まさにこの時期にしか見られないもの。ロイクロトンは、タイを象徴する代表的なお祭りなのです。

ロイクラトンの灯篭流しにはどんな意味があるの?

記事中画像フォーマット (ロイクラトン)_Fotor2

ロイクラトンは灯篭を川に浮かべることで、川の恵みに感謝をし、精霊にお祈りをする意味が込められています。また同時に、自らに宿る穢れを綺麗に取り去り洗い流すことで、魂を清めるという意味もあるそうです。

チェンマイのロイクラトンは別名イーペン祭り

記事中画像フォーマット (ロイクラトン)_Fotor3

ロイクラトンはチェンマイの他、バンコクやスコータイなどの都市でも大規模なお祭りが行われます。特にチェンマイのロイクラトンは「イーペン祭り(Chiang Mai Yeepeng Festival)」と呼ばれ、灯籠流しの他にもパレードやコムローイ(ランタン)の打ち上げが行われるなど、見どころ満載です。

ロイクラトンってコムローイ祭りとは違うの?

記事中画像フォーマット (ロイクラトン)_Fotor4

ロイクラトンと同じ時期にタイで開催されるお祭りで、もう一つ有名なのが「コムローイ祭り」。実は、ロイクラトンとコムローイ祭りって一緒のお祭りに思われがちですが、違うお祭りなんです!

詳しくはこちらの記事にまとめていますのでご覧ください^^
▶︎▶︎コムローイ祭りとロイクラトンの違いは??


チェンマイってどんな場所?

記事中画像フォーマット _Fotor1

毎年ロイクラトン祭りが行われる、タイのチェンマイ。名前はよく聞くけど、どんな場所なの?

タイ有数の観光地・古都

記事中画像フォーマット _Fotor2

チェンマイはピン川のほとりに広がるタイ北部最大の都市。バンコクと並びタイを代表する人気の観光地です。100を超える大小さまざまな寺院が残る古都であり、伝統の手工芸品が今でも生産されています。寺院のほか、市場やナイトバザールも人気の見どころです。

独自の文化・伝統が残る芸術の街

記事中画像フォーマット _Fotor3

チェンマイはモン族、ビルマ族など複数の民族が交流するなか発展し、寺院の建築様式、料理、工芸、服飾などのさまざま分野で独自の文化を築き上げました。かつてこの地域一帯を治めたランナー王朝から由来し、その独自の文化は「ランナー文化」と呼ばれています。その特徴はビルマとタイの要素が融合した独自のスタイル。名物・特産品はタイシルク、タイコットン、木彫、漆器、銀製品などの伝統工芸品です。また近年はタイ芸術の拠点としても知られています。

周辺の美しい山岳地帯と少数民族も魅力

記事中画像フォーマット _Fotor4

チェンマイの周辺はタイ最高峰ドイ・インタインなどが連なる美しい山岳地帯。平野部よりも気温が低く避暑地としても人気があり、トレッキングツアーなどもたくさん行われています。さまざまな少数民族が暮らす村を訪ねるツアーも人気です。

Sponsor Link


チェンマイへの行き方は?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor9

チェンマイまでの行き方は、バンコク経由が便利です。日本からバンコクまでは直行便が運航しています。バンコクからチェンマイまでは、飛行機、バス、鉄道などでアクセスしましょう!

またチェンマイのロイクラトン祭りの日程についてはこちらのページをご覧ください。
▶︎▶︎チェンマイのロイクラトンの日程は??

バンコクからチェンマイへ【飛行機】での行き方

記事中画像個人_Fotor10

バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空や、エアアジアなどの格安航空が運航しています。

(値段)2535B(バーツ)〜
(所要時間)1時間10分
(運航時間)毎日10〜13便

バンコクからチェンマイへ【バス】での行き方

記事中画像個人_Fotor11

バンコクの北バスターミナルからチェンマイ行きのバスが運行しています。

(値段)419B(バーツ):2等バス
(所要時間)9時間〜11時間
(バスの運行時間)6時30分〜22時00分の間に30分〜1時間おきに運行

バンコクからチェンマイへ【鉄道】での行き方

記事中画像個人_Fotor12

バンコクのクルンテープ駅からチェンマイ行きの鉄道が運行しています。

(値段)641B(バーツ):ディーゼル特急〜(※列車の種類により料金は異なる)
(所要時間)12時間
(列車の運行時間)4時20分〜22時00分の間に1日6本運行


チェンマイのロイクラトン祭り会場までのアクセス方法は?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor10

チェンマイ市内からロイクラトン祭りの会場までのアクセス方法をご紹介します!チェンマイでのロイクラトンのイベントは、ほとんどが市内中心部で行われますが、コムローイ(ランタン)の打ち上げのイベントに参加する場合は、会場が少し離れているのでご注意ください。

灯篭流しの会場へのアクセス

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor11

ロイクラトン祭りのメインイベント「灯籠流し」が行われる場所は、チェンマイ市内を流れるピン川沿いになります。ピン川まではチェンマイ市内中心部から徒歩やトゥクトゥクなどでアクセスできます。

クラトン山車のパレード会場へのアクセス

スクリーンショット 2017-09-05 5.00.11

チェンマイのロイクラトンと言えば山車のパレード。パレードはターペー門からチェンマイ県庁前で行われると発表されています。ターペー門はチェンマイ市内中心部に位置してるので簡単にアクセスできます。チェンマイ県庁前は少し距離が離れているので、タクシーやトゥクトゥクを利用するのがベターです。

イーペン美男美女コンテストの会場へのアクセス

コンテスト会場アクセス(ロイクラトン)_Fotor

チェンマイのロイクラトン恒例の美男美女コンテスト。コンテストはランナーフォークライフミュージアム(Lanna Folklife Museum)で開催されます。ミュージアムもチャンマイ市内中心部に位置しているので簡単にアクセスできます。

コムローイ祭り(ランタンの打ち上げ)会場へのアクセス

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor13

ランタンの一斉打ち上げが行われるのはロイクラトン祭りではなく、コムローイ祭りになります。コムローイ祭りのメイン会場はメージョー大学です。メージョー大学までは、チェンマイ中心部から車で40分ほどと離れています。チェンマイには地下鉄やモノレールなどの交通手段はないので、乗り合いタクシーかトゥクトゥクなどでアクセスするか、現地ツアーなどに参加すると便利です!

またメージョー大学への入場はチケットが必要です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。
▶︎▶︎コムローイ祭りのチケットの取り方は?


チェンマイのロイクラトン祭りの行き方とアクセス方法まとめ

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor14

ロイクラトン祭りのあるチェンマイまではバンコク経由で飛行機や鉄道、バスなどでアクセスすることができます。またチェンマイの中心部から会場までの行き方は、イベントによって異なります。ほとんどのイベントが中心部から近いところであるため、徒歩やトゥクトゥクなどでアクセスできますが、コムローイ(ランタン)の打ち上げイベントの会場は少し離れているため、乗り合いタクシーや現地ツアーを利用して行くことになります。

Sponsor Link



さいごに

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor15

お祭りはその国や地域の文化や伝統に触れられる貴重な機会です。人との出会いはもちろん、新たな価値観との出会い、自分の心の変化との出会いなど、様々な出会いがきっと待っていると思います♪ お祭りを通して、いろんな新たな発見も楽しんでいただけると嬉しいです♪


▶︎▶︎「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら