記事トップ画像
タイを代表する人気のお祭り「ソンクラーン」こと水かけ祭り。タイのいろんな街で開催されているので、参加場所に迷う方も多いはず。ここでは人気開催地の1つ、プーケットのソンクラーン祭りについて簡単にご紹介します。
プーケットでの水かけ祭りの日程はいつ?会場や場所はどこ?お祭りの様子は?そしてどんな人が行くべき場所??気になるプーケットのソンクラーン祭りについて早速見ていきましょう。

Sponsor Link



Contents

タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)とは?

記事中画像1

ソンクラーン祭りは、日本では別名「水かけ祭り」とも呼ばれているタイを代表するお祭りです。その名の通り参加者がお互いに水を掛け合って、派手に楽しむことで知られています。水を掛け合うことで言葉が通じ合わなくてもいろんな国の人たちと交流できるのが、このお祭りの最大の魅力であり人気の理由です。毎年お祭りの時期は、このソンクラーンを目当てにたくさんの観光客が世界中からタイを訪れます。


ソンクラーン祭りの意味や由来、歴史や起源などについて、お祭りの参加前に知っておきたい方は、こちらの記事もオススメです。

▶︎▶︎タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)とは?意味や歴史について


プーケット【Phuket】のソンクラーン祭り(水掛け祭り)の特徴は?

記事中画像2

プーケットは、タイを代表する人気のビーチリゾートです。ここでのソンクラーンは、地元民と観光客が一緒になって水かけ合戦が楽しめ、開放的なビーチの上で水着のまま思いっきり水かけを楽しめるところが魅力です。またタイの中でも特にヘビーな水かけ合戦が行われることでも知られています。

プーケットのソンクラーンはこんな人にオススメ

記事中画像3

ぶっ飛んだ感じのヘビーな水かけ合戦を楽しみたい方、海やビーチリゾートが好きで開放感を味わいたい方、水かけ祭りとバカンスの両方を楽しみたい方、旅行のスケジュールが変更になる可能性が少ない方など(他の都市と比べて開催期間が短いため)

プーケットならではのソンクラーンの魅力は?

記事中画像4

プーケットのソンクラーンは、何と言ってもビーチで水着のまま参加できるのが魅力で、プールでいるように豪快に水かけ合戦を楽しむことができます。水かけ用の水は、色のついたカラフルな水や氷水なども登場し、ヘビーな水かけ合戦が行われます。
またビーチではウォーターフェスティバルというイベントも開催され、様々なエンターテイメントショーが繰り広げられます。


プーケットの水かけ祭り2018の日程

記事中画像5

プーケットのソンクラーン祭りの日程は、毎年4月13日に開催されることになっています。そして前日の12日は前夜祭として、フライングして夕方くらいから水かけがスタートします。

水かけ合戦以外のイベントについては、ぞれぞれ開催日や時間が決まっているものもあるので、現地でご確認ください。


プーケットの水かけ祭りの場所と会場

記事中画像6

プーケットでのソンクラーン祭りの場所は、主に島の西側エリア(パタヤエリア)と東側エリア(プーケットタウンエリア)に分かれて集中しています。
それぞれ特徴があるので自分好みの場所を見つけてみてください。数カ所をハシゴして楽しむのもオススメです。ここでは特に人気のスポットを5箇所ご紹介します。


記事中画像7

プーケットの水かけスポット① パトンビーチ

記事中画像8

プーケット島の中でいちばん盛り上がるスポットが島の西側にあるパトンビーチです。

パトンビーチ【Patong Beach】の地図

記事中画像9

パトンビーチはプーケットを代表する広いビーチ。辺りにはリゾートホテルやレストラン、ショップがたくさんあり、最も観光客の多いエリア。

パトンビーチの特徴やイベント内容とお祭りの様子

パトンビーチは、プーケットでの水かけエリアの激戦区です。観光客が多いのが特徴で、激しい水かけ合戦が繰り広げられます。また、前日のお昼くらいから、フライングして水かけを始める人も多いので歩くときは注意が必要です。

プーケットの水かけスポット② チャンシーロンショッピングセンター付近

記事中画像10

チャンシーロンショッピングセンターは、プーケット島の西側エリア(パトンエリア)にあり、パトンビーチと同じく盛り上がる場所です。

チャンシーロン【Jungceylon】ショッピングセンターの地図

記事中画像11

チャンシーロンは、広大な敷地にショッピングモールやデパート、ホテルなどが集まる複合施設。

チャンシーロンショッピングセンター付近の特徴やイベント内容とお祭りの様子

パトンビーチから徒歩圏内で行くことができ、パトンビーチと同様に激しい水かけが行われます。

Sponsor Link

プーケットの水かけスポット③ ソイバングラー(バングラー通り)

記事中画像12

ソイバングラー(バングラー通り)は、プーケット島の西側エリア(パトンエリア)にあり、パトンビーチと同じく盛り上がる場所です。

ソイバングラー(バングラー通り)【Bang-La Rd.】の地図

記事中画像13

ソイバングラーは、パトンビーチのほぼ中央からのびる街一番の繁華街。バーやクラブがたくさんあり、賑やかなナイトライフが楽しめます。

ソイバングラー(バングラー通り)の特徴やイベント内容とお祭りの様子

ソイバングラーもパトンビーチと同様、水かけ合戦で盛り上がるスポットです。
また前日から前夜祭も行われ、水かけもスタートします。

プーケットの水かけスポット④ サパンヒン公園周辺

記事中画像14

サパンヒン公園周辺は、プーケット島の東側エリアで特に盛り上がるスポットです。

サパンヒン公園【Saphan Hin Park】周辺の地図

記事中画像15

サパンヒン公園はプーケットタウンの市民の憩いの場。

サパンヒン公園周辺の特徴やイベント内容とお祭りの様子

プーケットタウン中心部からサパンヒン公園にかけてのエリアは、プーケット島東側エリアの水かけ激戦区です。地元の人たちが大音響で音楽をかけて踊りながら、水かけをして盛り上がります。

プーケットの水かけスポット⑤ タラン通り

記事中画像16

タラン通りは、プーケット島東側のプーケットタウン内で特に盛り上がるスポットです。

タラン通り【Thalang Rd.】の地図

記事中画像17

タラン通りは、オールドタウンと呼ばれていて風情のある建物が多いエリア。おしゃれなカフェやショップも多いスポットです。

タラン通りの特徴やイベント内容とお祭りの様子

サパンヒン公園と同じく、島の東側のプーケットタウンを代表する水かけスポットです。公園周辺と同様、激しい水かけで盛り上がります。


プーケットの水かけ祭りへの行き方・アクセス

記事中画像18

ここでは、プーケットでのソンクラーンの各会場までの行き方とアクセス方法を簡単にご紹介します。なお最新の交通情報は予告なく変更になる場合もありますのでご了承ください。

バンコクからプーケットまでの行き方・アクセス

記事中画像19

プーケットまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからプーケットまでは、飛行機やバスなどでアクセスできます。


また各交通機関別の詳細情報については、下記の記事内の【ソンクラーン祭りのある主な町への行き方】→【プーケットへのアクセスと行き方】をご確認ください。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」はどこで開催される?場所・地図と行き方について

水かけ祭りのスポット、会場までのアクセス

記事中画像20

プーケットの空港から市街地までは、リムジンタクシーやメータータクシー、エアポートバスなどでアクセスできます。また時間がかかりますが、ロットゥー(ミニバス)やソンテオ(乗合バス)でもアクセス可能です。

バスターミナルから市街地までは、タクシーやソンテオ(乗合バス)、モーターサイ(オートバイ)などでアクセスします。

Sponsor Link



まとめ

記事中画像21

プーケットのソンクラーンは、ビーチリゾート特有の開放的なムード満点のロケーションで、海と水かけ合戦の両方を楽しめるのが特徴です。
水かけが盛り上がるのは島の西側にあるパトンエリアと東側のプーケットタウンのエリア。特にパトンエリアのパトンビーチ周辺は観光客で大盛り上がりします。

また日程は、毎年4月13日に開催されることになっています。前日の12日は前夜祭として、夕方くらいから水かけがスタートするので早めに現地入りすることをオススメします。
ソンクラーンの時期は、バンコクからプーケットへ行く交通機関は大混雑するので、早めに確保しておくと安心です。


またソンクラーンに参加する時の持ち物やアドバイス、注意点などについてはこちらの記事でご確認いただけます。

▶︎▶︎ソンクラーン祭り(水かけ祭り)を楽しむための持ち物や服装、準備について
▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」楽しみ方のアドバイスと注意点


さいごに

記事中画像22

タイを代表する人気リゾートのプーケットで参加するソンクラーンはまた特別な体験です。綺麗な海と景色が気分を開放的にしてくれ、お祭りムードをさらに高めてくれます。日本人は特に、大人になるにつれて自分の感情を思いっきり表現する機会が少なくなっているかもしれません。ここでは、今まで抑えていた自分を思いっきり解放することで、新しい自分の側面や潜在的な欲求に出会えるかもしれません。そんな気づきも楽しみながら、プーケットのソンクラーンを満喫してくださいね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら