記事トップ画像

バンコクを訪れるなら絶対にはずせない人気の観光地、ワットワルン。ワットアルンはワットポー、ワットプラケオと合わせて「バンコク三大寺院」と呼ばれています。

ここでは、バンコク観光のマストスポット「ワットアルン」について

★服装の規定と観光に適した服装
★民族衣装での記念撮影
★入場料と営業時間
★空いている時間帯と観光の所要時間

などの情報についてご紹介していきます!ぜひ訪れる前にざっくり目を通してみてくださいね。
それではさっそくチェックしていきましょう♩


※記事内のお金の単位は一部【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



タイのワットアルンとは?

記事中画像(服装)1

タイのバンコクにあるワットアルンは、5つの大きな仏塔が特徴的なバンコク三大寺院の1つのお寺です。

ヒンドゥー教色の強いクメール様式(カンボジアの世界遺産「アンコールワット」に見られる様式)のお寺のため、タイにある他の仏教寺院とは趣が大きく異なり、黄金に輝くようなきらびやかな印象はありません。

でもワットアルンを近くで見ると、緻密な装飾がされていることに驚きます。またワットアルンの仏塔には登ることもでき、そこからの眺めはワットアルンに行くなら必ず見たい景色です!


ワットアルンについての歴史や見どころなどを詳しく知っておきたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎バンコクのワットアルンとは?知っておきたい歴史や意味、特徴と見どころ等まとめ


ワットアルンに行く時の服装(ドレスコード)は?

記事中画像(服装)2

タイは年間を通して気温が高く、いつ訪れても日本の夏服で問題なく過ごすことができます。

でも寺院や王室関係の施設に行くときは注意が必要です。
寺院や王室関係の施設では、細かな服装の規定(ドレスコード)が設けられている場所も多いのです。(ワットアルンでも規定があります。

そのためマナーを守った服装でないと、見学や拝観を断られてしまうこともあります。せっかく観光に行くのだから、それは絶対に避けたいですよね。

そこでここでは、ワットアルンの他、タイの寺院観光のときに適した服装についてのポイントをお伝えします。

ちなみにもし服を忘れてしまった場合でも、現地では安くて可愛い服がたくさん手に入ります。現地調達もでき、寺院によっては服の貸し出しサービスなどもある(ワットアルンの場合は有料である)ので、そんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。

ワットアルンでの服装チェックはどこである?

記事中画像(服装)3

ワットアルンでは有料エリア(仏塔のある場所)への入り口で簡単な服装チェックが行われています。

ワットアルンは王室やワットプラケオのような細かく厳しい服装の規定はありませんが、神聖な場所には変わりないので露出の多い服装は避けなければいけません。

また靴については基本的には自由で何でも大丈夫です。サンダルやビーサン、クロックスなどでも問題なく入ることができます。

ワットアルンでNGの服装について

記事中画像(服装)4

次にワットアルンでNGの服装について説明します。

NG服① 肌の露出の多い服装

記事中画像5

まずタイの寺院や王室関係の施設では、肌の露出の多い服装では見学や拝観ができません。もちろんワットアルンでも露出の多い服装での見学は禁止されています。

具体的には、ノースリーブ、タンクトップ、キャミソール、ショートトップ(おヘソが出る服)、ホットパンツ、ショートパンツ(短パン)、半ズボン、ミニスカートなどは避ける必要があります。

NG服② 体のラインや線が目立つ服装

記事中画像6

特に女性の場合は、露出の少ない服装であっても体のラインや線がはっきり分かるようなピタッとした服装は避けた方が無難です。

特にトップスは、ラインの出ないゆったりめの服装が適しています。

具体的には、シースルータイプの服、タイトパンツなどは避けた方がベターです。

NG服③ 帽子やサングラスの着用

記事中画像7

ワットアルンの建物の中(本堂など)では、帽子やサングラスの着用は避ける必要があります。

でも建物の外(屋外)では、帽子やサングラスをつけてても問題はないのでご安心ください。

NG服④ 迷彩柄の服装

記事中画像(服装)8

タイでは迷彩柄の服は軍人が着用するものです。日本ではファッションとして着用しますが、タイではワットアルンだけでなくその他の観光地でも避けた方が無難です。

Sponsor Link

ワットアルンの参拝に適した服装は?

記事中画像(服装)9

NG服を確認できたところで、ここでワットアルンの参拝に適した服装、観光客の一般的な服装についてご紹介します。

ポイントはワットアルンの大仏塔に上り下りしやすい服装を選ぶことです。
大仏塔の階段はとても急なので、女性の場合はスカートよりもパンツの方が動きやすいかと思います。靴もサンダルよりもスニーカーなどの動きやすい靴を選ぶことをおすすめします。

男性のワットアルン参拝に適した服装

記事中画像9

できるだけ露出の少ない服装が適していますが、半袖、長ズボン(膝丈よりも長いもの)で問題ありません。

ワットアルンで男性に多い服装は、半袖のTシャツとデニムや長めのハーフパンツのスタイルが一般的です。

女性のワットアルン参拝に適した服装

記事中画像10

体のラインが出ないゆったりめの服装で、なおかつ露出の少ない服装が適しています。

パンツやスカートは膝丈よりも長くゆったりめのものを選び、トップスは袖のついた半袖タイプのものが適しています。

ワットアルンで女性に多い服装は、半袖のTシャツとゆったりめのパンツスタイルが一般的です。

貸衣装(タイの民族衣装)での写真撮影について

記事中画像(服装)12

ワットアルンではタイの民族衣装をレンタルして、変身写真を撮ることもできます!

貸衣装はどこでレンタルするの?

ワットアルンの入り口の前にタイ衣装を貸し出してくれるお店が数軒あります。

地図1

貸衣装の値段はいくら?

店によって異なりますが、100〜200Bが相場になります。

着替えはどうするの?

お店の人が着付けを手伝ってくれます。服の上からタイ衣装を着るので、脱ぎ着する手間もなく簡単です。

写真はどこで撮るの?

変身写真の撮影場所は、ワットアルンの仏塔を囲む柵の外ならどこでも大丈夫です。

定番の撮影スポットは、柵の外にある広場周辺。ここからだとワットアルンの仏塔を背景に写真を撮ることができます。

地図2


ワットアルンの入場料(拝観料)は?

記事中画像(服装)13

つぎに、ワットアルンに入場するときに必要な入場料(拝観料)についてチェックです。

ワットアルンの入場料の値段はいくら?

記事中画像14

ワットアルンでは、入場時に【50バーツ】が必要になります。(入場料は、現金のみの支払いでクレジットカードは使えません)

ただしこちらの料金は、ワットアルンの仏塔を囲む柵の中に入るために必要な料金です。柵の外は無料で開放されているので、自由に見学することができます。

地図3

ワットアルンの入場料はどこで支払うの?

記事中画像15

仏塔が建つ柵への入口前にあるチケット売り場で入場料を支払います。

地図4

その他のアドバイス

ワットアルンでは必要ないと思いますが、入場の際にパスポートの提示が求められる場所もあるそうです。

ワットアルンの対岸にある王宮やワットプラケオでは、入場時にパスポートのチェックをしている場合があります。ワットアルンと一緒に王宮やワットプラケオにも行くときは、パスポートも持っておくことをオススメします。

Sponsor Link


ワットアルンの営業時間や所要時間は?

記事中画像(服装)16

つぎにワットアルンの営業時間や観光に必要な所要時間などをチェックしておきましょう。

ワットアルンは何時から何時まで拝観できる?

記事中画像18

ワットアルンの営業時間は8時30分 〜18時00分までになります。
ただしこちらはワットアルンの仏塔を囲む柵の中に入ることのできる時間帯になります。

柵の外は上記の時間外も開放されているので、時間が過ぎてしまっても諦めずに近くまで行ってみてくださいね。ただし夜の遅い時間帯(21時くらいから)はライトアップも消えて暗くなってしまうのでご注意ください。


また夜のワットアルンの楽しみ方については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【夜のワットアルン情報まとめ】ライトアップは何時まで?夜景はどこから見るの?

ワットアルンの定休日はあるの?

記事中画像(服装)18

ワットアルンは決まった定休日はありません。無休で毎日拝観することができます。

ワットアルンの空いている時間帯はいつ?

記事中画像19

ワットアルンが空いているオススメの時間帯は午前中になります。

特に朝の早い時間帯(8時30分 〜10時ごろ)が比較的、混雑も少なくゆっくり見学できます。

ワットアルン観光の所要時間は?

記事中画像20

ワットアルンをどのくらい深く見てまわりたいかにもよりますが、目安として観光客は平均1時間〜2時間程度は滞在しているようです。

駆け足でポイントをおさえて見て30分〜1時間、ゆっくり細部まで見て2時間が目安になります。

雨の日はワットアルン観光に影響はある?

記事中画像21

ワットアルンは雨の日でも通常通り拝観できます。

でもワットアルンでは建物内部よりも外の敷地を歩くことが多くなります。そのため写真は屋外での撮影がメインになるので、晴れている日の方がおすすめです。

またタイの民族衣装での変身写真を撮影したい方は、雨の日はなるべく避けた方がベターです。

Sponsor Link



ワットアルンの知っておきたい基本情報まとめ

記事中画像(服装)22

ワットアルンを訪れるときは、他のタイ寺院と同じように露出の多い服装や体のラインが目立つ服装は避けることがポイントです。

ワットアルンの開館時間は【8時30分〜18時00分】になります。休みはなく、無休で開いています。そして拝観料は【50バーツ】になります。

またワットアルンで人気の体験が、タイ衣装に変身しての記念撮影です。境内の入り口近くにあるお店で民族衣装をレンタルできるので是非お試しください♪


またワットアルンへの行き方について知りたい方はこちらの記事をチェックしてくださいね。

▶︎▶︎【交通手段別】ワットアルンの行き方は?主な観光地からのアクセスについて


さいごに

記事中画像(服装)23

ワットアルン周辺は王宮やワットプラケオ、ワットポーなど、バンコク観光の目玉スポットが集中しています。そのため1日ですべてを回りたい人も多いはず。

そのときに気をつけたいのが服装です。
特に王宮とワットプラケオは入場の際の服装チェックが厳しいことで有名です。そのため、あらかじめ王宮とワットプラケオの規定に合った服装で出かけると観光がスムーズにすみます。

スケージュールを組むときには是非この点にも気をつけてくださいね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら