%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%82%aa

タイ、バンコクで絶対に外せない人気の観光地、ワットプラケオ!!
ワットプラケオはバンコク三大寺院(ワットポー・ワットプラケオ・ワットアルン)の一つで、超定番の観光スポットです!

ワットプラケオは王宮と隣接しており、タイで最も格式の高い王室寺院。
本堂に祀られている本尊「ラタナーコーシン仏」がエメラルドのような色をしていることから、別名エメラルド寺院とも呼ばれています。外国人観光客はもちろん、タイ現地の人たちにも大人気のワットプラケオは他にも見所たくさん!

ところで、ワットプラケオへ入場できる時間って?ワットプラケオの観光にはどのくらい時間が必要なの??
ここでは初めてタイ、バンコクのワットプラケオに行く方に向けて、ワットプラケオの時間(営業時間・観光時間)などの基本的な情報をまとめました。是非参考にしてくださいね^^
 
またワットプラケオについてはこちらの記事もご覧ください。

 

ワットプラケオの時間(営業時間)

ワットプラケオは8時30分〜15時30分の間に入場できます。
他の寺院、ワットポーやワットアルンと比べると一番早く閉鎖されてしまいます。
(ワットポーは16時30分まで、ワットアルンは17時まで観光できます)
そのため3大寺院を1日で周る予定の方は、ワットプラケオから観光することをオススメします。


ワットプラケオの時間(観光の所要時間)

ワットプラケオには王宮が隣接しており、かなり広大な敷地となっています。
王宮の観光時間も含めると駆け足でも1時間、ゆっくり見るなら2〜3時間は時間をみておくことをオススメします。


ワットプラケオの入場料

500B(入場料は外国人料金で、現地のタイ人とは別料金になります)


ワットプラケオの住所

Na Pra Larn Rd.
N8 jTha Tien(ター・ティアン)船着場から徒歩5分
王宮&ワットプラケオから徒歩10分
カオサン通りからタクシーで5分
サヤームスクエアからタクシーで15分


ワットプラケオの休日

無休(特別な行事がある際、ワットプラケオの本堂には入れないことがあります)


■ワットプラケオのホームページ

関連記事はこちら