記事トップ画像
タイを代表する人気のお祭り「ソンクラーン」こと水かけ祭り。街中で行われる豪快な水かけ合戦は、一生に一度は体験してみたいお祭りです。でもこのソンクラーン祭りってタイのどこで開催されているの? 開催場所はたくさんあるの? 簡単に行くことはできるの? 行ってみたくてもいろんなことが気になりますよね。
そこでここでは、そんな疑問と不安を少しでも解消するために、ソンクラーン祭りの開催される街や場所と、その行き方などについて簡単にご紹介します。


また、お祭りの日程についてはこちらの記事にまとめていますので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ソンクラーン祭り2018「水かけ祭り」の日程・開催時期はいつ?


Sponsor Link



Contents

タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)とは?

記事中画像1

ソンクラーン祭りは、日本では別名「水かけ祭り」とも呼ばれている、タイを代表するお祭りです。その名の通り参加者がお互いに水を掛け合って、派手に楽しむお祭りです。水を掛け合うことで言葉が通じなくてもいろんな国の人たちと交流できるのが、このお祭りの最大の魅力であり人気の理由。毎年お祭りの時期は、このソンクラーンを目当てにたくさんの観光客が世界中からタイを訪れます。


ソンクラーン祭りの意味や由来、歴史や起源などについて、お祭りの参加前に知っておきたい方は、こちらの記事もオススメです。

▶︎▶︎タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)とは?意味や歴史について


ソンクラーンの開催場所はどこ?

記事中画像2

ソンクラーン祭りはタイ全土で開催されます。そのためソンクラーンにまつわるイベントは、タイの様々な町や場所で行われます。でもせっかく参加するなら、有名な定番の場所、人気の町に行きたいですよね。ここでは、タイの中でも特に人気&有名なソンラーン祭りの開催場所を6つご紹介します。

記事中画像3

ソンクラーン定番の町① バンコク中心部【Bangkok】

記事中画像4

バンコク中心部は、会場の多さとアクセスの良さから、ソンクラーンの一番人気の開催地です。その分、観光客の数も最も多く、大混雑します。またお祭りの本番前には、華やかなパレードも行われます。

バンコク【Bangkok】中心部の場所と地図

記事中画像5

バンコク中心部での主な会場について

バンコク中心部には、さまざまな会場が点在しています。それぞれに特徴があるので、自分の好みの場所を見つけて行ってみてください。

記事中画像6


バンコク中心部のソンクラーン祭りについての詳しい記事はこちらをご確認ください。

▶︎▶︎タイ・バンコクのソンクラーン祭り「水かけ祭り」場所や行き方、日程について

ソンクラーン定番の町② プラプラデーン【Phra Pradaeng】

記事中画像7

バンコク郊外にあるプラプラデーンでは、タイの中でも、伝統的かつ最大級のソンクラーンが行われます。ここでは、他の開催地とは1週間遅れてソンクラーンが行われることになっています。

プラプラデーン【Phra Pradaeng】の場所と地図

記事中画像8

プラプラデーンでの主な会場について

プラプラデーンでは、主に区役所前でイベントが行われます。

記事中画像9

ソンクラーン定番の町③ パタヤ【Pattaya】

記事中画像10

パタヤはバンコクからアクセスしやすい人気のビーチリゾートです。パタヤでのソンクラーンは、他の都市よりも長い期間開催されるので、他の都市とあわせて行くのもおすすめです。

パタヤ【Pattaya】の場所と地図

記事中画像11

パタヤでの主な会場について

パタヤでもソンクラーン祭りの会場は複数あります。また人気の泡パーティーが行われている場所もあります。会場は比較的集中しているので、移動には便利です。

記事中画像12


パタヤのソンクラーン祭りについての詳しい記事はこちらをご確認ください。

▶︎▶︎タイ・パタヤのソンクラーン祭り「水かけ祭り」場所や行き方、日程について

ソンクラーン定番の町④ アユタヤ【Ayutthaya】

記事中画像13

アユタヤのソンクラーンは、象との水かけ合戦を楽しめるのが魅力です。また、従来のモン族(タイ北部の山岳地帯などに暮らす少数民族)による伝統的な儀式やパフォーマンスが行われる場所でもあります。

アユタヤ【Ayutthaya】の場所と地図

記事中画像14

アユタヤでの主な会場について

アユタヤでのソンクラーンも複数の会場があり、それぞれにイベント内容などが異なります。会場は比較的集中しているので、移動には便利です。

記事中画像15


アユタヤのソンクラーン祭りについての詳しい記事はこちらをご確認ください。

▶︎▶︎タイ・アユタヤのソンクラーン祭り「水かけ祭り」場所や行き方、日程について

ソンクラーン定番の町⑤ チェンマイ【Chiang Mai】

記事中画像16

チェンマイのソンクラーン祭りは、最も派手と言われる水かけが見られます。そしてバンコクの次に観光客が多い都市です。お祭りにあわせて一緒に行われるパレードや美人コンテストなどのイベントも見所です。また、伝統的な仏教儀式も行われます。

チェンマイ【Chiang Mai】の場所と地図

記事中画像17

チェンマイでの主な会場について

チェンマイでのソンクラーン祭りは、旧市街地を中心に様々なイベントが開催されます。会場は比較的集中しているので、移動には便利です。

記事中画像18


チェンマイのソンクラーン祭りについての詳しい記事はこちらをご確認ください。

▶︎▶︎タイ・チェンマイのソンクラーン祭り「水かけ祭り」場所や行き方、日程について

ソンクラーン定番の町⑥ プーケット【Phuket】

記事中画像19

プーケットは、タイを代表するビーチリゾートで、開放的なムード満点の場所です。プーケットのソンクラーンは、ビーチの上で水着のまま思いっきり水かけを楽しむことができます。地元民と観光客が一緒になって水かけ合戦が楽しめ、ウォーターフェスティバルというイベントも開催されます。

プーケット【Phuket】の場所と地図

記事中画像20

プーケットでの主な会場について

プーケットのソンクラーンは、パトンビーチを中心に様々なエンターテイメントショーが行われます。

記事中画像21


プーケットのソンクラーン祭りについての詳しい記事はこちらをご確認ください。

▶︎▶︎タイ・プーケットのソンクラーン祭り「水かけ祭り」場所や行き方、日程について


ソンクラーン祭りのある主な町への行き方

記事中画像23

次にソンクラーン祭りが開催される主な町までの行き方を簡単にご紹介します。旅の予算や目的、日数などに合わせて、プランづくりの参考にしてください。

また交通情報は随時変更・更新されます。お手数おかけしますが、最新の情報は各自お調べいただくと確実で安心です。

Sponsor Link

バンコク中心部へのアクセスと行き方

記事中画像4

バンコク中心部は、バンコクの国際空港(スワンナプーム国際空港)から少し離れています。中心部へは、エアポートリムジンやエアポートバス、タクシーや鉄道などでアクセスできます。

【エアポートリムジン】で空港からバンコク中心部へ

24バス

空港の到着ロビーや荷物の受け取りエリアにある専用カウンターで事前に申し込みをします。

料金:行先や車種により、1000〜1500B(バーツ)程度
所要時間:交通状況により30分〜1時間程度
運行時間:24時間運行
運行間隔:随時

【エアポートバス】で空港からバンコク中心部へ

空港ターミナルビルを出た道路上にエアポートバスA3(オレンジの新型バス)の乗り場があり、BTSウドムスック(Udom Suk)駅まで行きます。

料金:30B(バーツ)程度
所要時間:交通状況により40分〜1時間程度
運行時間:6時〜20時ごろ
運行間隔:時間帯により、30分〜1時間に1本

【タクシー】で空港からバンコク中心部へ

24タクシー

メータータクシーを利用します。(声かけしてくるドライバーは怪しいので避けます)
ターミナルビル出口の外にある自動受付機で、あらかじめ情報(利用するタクシーのいるゲート番号)がプリントされた紙を受け取り、そのゲートへ向かい乗車します。

料金:メーター制で250〜300B(バーツ)程度 +手数料の50B(到着時にメーター料金に加算して支払います)+有料道路の料金(30〜80B程度)
所要時間:交通状況により30分〜1時間程度
運行時間:24時間
運行間隔:随時

【鉄道】で空港からバンコク中心部へ

24鉄道

空港の地下にあるスワンナプーム駅から、エアポートレイルリンク(ARL:空港連絡鉄道)を利用します。

料金:行先による・終点までの場合45B(バーツ)程度
所要時間:行先による・終点で30分程度
運行時間:6時〜12時ごろ
運行間隔:約15分に1本

プラプラデーンへのアクセスと行き方

記事中画像7

プラプラデーンはバンコク郊外にある町です。バンコク市内から、路線バスやタクシー、BTS(スカイトレイン)などでアクセスできます。

【バス】でバンコク中心部からプラプラデーンへ

24バス

カオサン通り周辺やワットポー周辺を通る82番の路線バスでプラプラデーンまで行くことができます。
所要時間:30〜40分程度

【タクシー】でバンコク中心部からプラプラデーンへ

24タクシー

所要時間:30〜40分程度
料金:200〜300B(バーツ)程度

【鉄道】でバンコク中心部からプラプラデーンへ

24鉄道

最寄りのBTSスクムウィット(Sukhumvit)線・サムロン(Samrong)駅まで行き、そこからトゥクトゥクやタクシーなどで移動します。

パタヤへのアクセスと行き方

記事中画像10

パタヤまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからパタヤへは、バスやロットゥー(ミニバス)、鉄道などでアクセスします。バスターミナルはバンコク市内に数カ所あるので、利用しやすい場所を選べます。

【バス】でバンコク(東・北・南バスターミナル)からパタヤへ

24バス

料金:バスの種類による・一等バスの場合120B(バーツ)程度
所要時間:2時間〜2時間30分程度
運行時間:バスターミナルによる・一番時間の長い東バスターミナルで5時〜23時ごろ
運行間隔:バスターミナルによる・30分〜1時間に1本程度

【バス】でバンコク(スワンナプーム国際空港)からパタヤへ

料金:約250B(バーツ)
所要時間:2時間〜2時間30分程度
運行時間:7時〜22時ごろ
運行間隔:1時間に1本

【ロットゥー】でバンコク(戦勝記念塔)からパタヤへ

料金:約100B(バーツ)
所要時間:2時間〜2時間30分程度
運行時間:5時30分〜20時ごろ
運行間隔:15分に1本程度

【鉄道】でバンコクからパタヤへ

24鉄道

バンコクのフアラムポーン(Hua Lamphong)駅からパタヤ行きの列車に乗ります。
(フアラムポーンは通称名で、正式名はクルンテープ駅)
しかし平日のみ、1日1本のみの運行なので注意が必要です。

料金:列車の種類による・約35B(バーツ)〜
所要時間:3時間30分程度
運行時間:6時55分発(変更の可能性があるため要確認)
運行間隔:1日1本

アユタヤへのアクセスと行き方

記事中画像13

アユタヤまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからアユタヤへは、バスやロットゥー(ミニバス)、鉄道などでアクセスできます。

【バス】でバンコク(北・南バスターミナル)からアユタヤへ

24バス

料金:バスの種類による・60B(バーツ)程度〜
所要時間:1時間30分〜2時間程度
運行時間:バスターミナルによる・北バスターミナルの場合4時30分〜19時30分ごろ
運行間隔:バスターミナルによる・30分〜1時間に1本程度

【ロットゥー】でバンコク(戦勝記念塔)からアユタヤへ

料金:約60B(バーツ)
所要時間:2時間〜2時間30分程度
運行時間:5時30分〜20時ごろ
運行間隔:20分〜30分に1本程度

【鉄道】でバンコクからアユタヤへ

24鉄道

バンコクのフアラムポーン(Hua Lamphong)駅からアユタヤ行きの列車に乗ります。
(フアラムポーンは通称名で、正式名はクルンテープ駅)
しかし列車は、時刻表通りに運行しないことが多いので注意が必要です。

料金:列車の種類による・約40B(バーツ)〜
所要時間:1時間30分〜2時間程度
運行時間:4時30分〜23時30分ごろ
運行間隔:1日35本程度

チェンマイへのアクセスと行き方

記事中画像16

チェンマイまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからは飛行機、バス、鉄道などでチェンマイまでアクセスすることができます。

【飛行機】でバンコクからチェンマイへ

24飛行機

バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空や、エアアジアなどの格安航空が運航しています。

料金:2535B(バーツ)〜
所要時間:約1時間10分
運航時間:毎日10〜13便

【バス】でバンコク(北バスターミナル)からチェンマイへ

24バス

料金:バスの種類による・約420B(バーツ)〜
所要時間:9時間〜11時間程度
運行時間:6時30分〜22時00分ごろ
運行間隔:約30分〜1時間に1本

【鉄道】でバンコクからチェンマイへ

24鉄道

バンコクのフアラムポーン(Hua Lamphong)駅からチェンマイ行きの列車に乗ります。
(フアラムポーンは通称名で、正式名はクルンテープ駅)

料金:列車の種類による・約600B(バーツ)〜
所要時間:12時間程度
運行時間:4時20分〜22時00分ごろ
運行間隔:1日5本程度

プーケットへのアクセスと行き方

記事中画像19

プーケットまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからプーケットまでは、飛行機やバスなどでアクセスできます。

【飛行機】でバンコクからプーケットへ

24飛行機

バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空などが運航しています。

料金:3015B(バーツ)〜
所要時間:約1時間25分
運航時間:毎日10〜16便

【バス】でバンコク(南・北バスターミナル)からプーケットへ

24バス

料金:バスの種類による・約550B(バーツ)〜
所要時間:14時間〜15時間程度


Sponsor Link



まとめ

記事中画像30

タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)は、タイ全土で行われますが、中でも特に人気の定番スポットは

①バンコク中心部
②プラプラデーン
③パタヤ
④アユタヤ
⑤チェンマイ
⑥プーケット
などの町です。

それぞれにイベントの特徴や内容、開催日などが異なりますので、自分に合った場所を見つけてくださいね。

またソンクラーンのルールや楽しみ方などのアドバイス、持ち物や服装などについては、こちらの記事にまとめていますので、あわせてご確認ください。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」楽しみ方のアドバイスと注意点
▶︎▶︎ソンクラーン祭り(水かけ祭り)を楽しむための持ち物や服装、準備について


さいごに

記事中画像31

ソンクラーン祭りは、地域や場所によって特徴や内容が異なるので、何度行っても違った楽しみ方ができるのが魅力です。一通りまわって、お気に入りの場所を見つけるのもおすすめの楽しみ方です。観光客や地元の人たちとの触れ合いが、ソンクラーンをより面白くしてくれること間違いなしです。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら