【国内線】液体物の持ち込み&預け入れのルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷う方も多いはず。

特に「液体物の持ち込み」については

「保安検査で引っかからないか心配…」
「国内線でも液体物の持ち込みって制限あるの?」

と思ってしまいますよね(> <)


そこでここでは

国内線の飛行機内に液体物を持ち込みたいけど、持ち込みして大丈夫な物なのかよく分からない

どのような液体物が持ち込みOKなのか、またNGになるのかを確認したい

預け荷物(スーツケース)に液体物を入れる時のルールについても知りたい


といった方に向けて

Check
★ 液体物を飛行機へ持ち込む時に最低限知っておきたいポイント
★ どのような液体物が制限されるのかの具体例
★ 機内に持ち込みする時・預け入れする時に守らなければいけないルール


などについてまとめています。

空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にきちんとルールや制限について確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩

※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国内線】液体物の持ち込みルールについて

液体物を飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機に飲み物や化粧品などの液体物を持ち込むときのルールは「国内線」と「国際線」で異なります。

ざっくりまとめると下記の表のとおり。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

飛行機への液体物の持ち込みルール


この記事では「国内線」のルールについてのお話をしていきますね。
「国際線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

※また、国内線を利用後に国際線に乗り継ぎをする場合は、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用されます。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。

国内線では液体物は機内に持ち込みOK

国内線では液体物の持ち込みOK

上の表のとおり国内線の飛行機では、飲み物や化粧品などの液体物は、基本的に機内(客室)に持ち込みOKです。

国際線の場合は液体物の機内持ち込みに制限がありますが(100ml以下のみOK)、国内線の場合はこのルールは適用されないので安心してくださいね。

なので国内線への液体物の持ち込みに関しては、国際線のように神経質にならなくても大丈夫です^^
(ただし国内線の場合でも、液体物検査装置による検査などは行われます。


でもここで注意が必要なのが、全ての液体物が好きな量だけ持ち込みできるというわけではないこと。

実は国内線の場合でも、一部の液体物には持ち込み可能な量に上限があるのです。

上限量が決められている液体物は下記のとおり。

持ち込みに制限のある液体物
・化粧品
・医薬品、医薬部外品
・お酒(アルコール飲料)



それでは下記で、詳しくポイントを確認していきましょう。



【国内線】持ち込み量に上限がある液体物

上限がある液体物に注意

国内線では、液体物の機内(客室)への持ち込みは基本的にOK、ということはすでにお伝えしましたね^^

ただし下記の3つの液体物は例外として、国内線の場合でも持ち込みできる量に制限があるので注意しましょう。

① 化粧品類
② 医薬品、医薬部外品
③ お酒(アルコール飲料)


それでは下記で、それぞれ順番に説明していきますね。

①化粧品類の持ち込みについて

化粧品を機内に持ち込む時

化粧品類の持ち込みに制限があるのは、飛行機では化粧品が「危険物」として見なされるからです。
(化粧品の中には引火性の液体が成分として含まれているものがあり、それが危険物に該当します。)

化粧品類を持ち込みする時の条件は下記のとおり。

化粧品類の制限
・各化粧品は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・化粧品の総量は、1人につき2kg(2リットル)以下であること


※預け荷物(スーツケース)に入れる分の化粧品もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また化粧品の他に、スプレー類や医薬品類などがある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

化粧品類とはどのようなもの?

化粧品類の例

化粧品類の具体例は下記のようなもの。これらのものを機内に持ち込む時は、上限量を超えないように気をつけてくださいね。


化粧水、保湿クリーム、洗顔フォーム、日焼け止め、ヘアスプレー、ヘアムース、香水、マニキュア、入浴剤、マウスケア用品、制汗スプレー、消臭スプレー、除菌スプレーなど

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


また、化粧品やスプレー類についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国内線】化粧品・メイク道具の持ち込みと預け荷物のルールまとめ
▶︎▶︎【国内線】スプレー缶・ミストスプレーの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

②医薬品・医薬部外品の持ち込みについて

医薬品類を機内に持ち込む時

医薬品や医薬部外品についても、持ち込み可能な量に制限があるので注意が必要です。
(飛行機では医薬品や医薬部外品も「危険物」として扱われます。)

持ち込みする時の条件は下記のとおり。(化粧品の場合と同じです。)

医薬品類の制限
・各医薬品・医薬部外品は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・医薬品・医薬部外品の総量は、1人につき2kg(2リットル)以下であること


※預け荷物(スーツケース)に入れる分の医薬品類もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また医薬品類の他に、化粧品やスプレー類がある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

医薬品・医薬部外品とはどのようなもの?

医薬品類の例

医薬品・医薬部外品の具体例は下記のようなもの。これらのものを機内に持ち込む時は、上限量を超えないように気をつけてくださいね。


鎮痛剤、虫刺され、かゆみ止め薬、虫除けスプレー、消毒・殺菌スプレーなど

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

③お酒・アルコール飲料の持ち込みについて

お酒を機内に持ち込む時

お酒・アルコール飲料についても、持ち込み可能な量に制限があるので注意が必要です。
(アルコール類は引火する危険性があるため「危険物」として扱われます。)

持ち込みする時の条件は下記のとおり。(度数によってルールが異なります。

アルコール飲料の制限
・アルコール度数が24%以下のものは量の制限なく持ち込みOK
・アルコール度数が24%を超え70%以下のものは1人につき5リットルまで持ち込みOK
・アルコール度数が70%を超えるもの持ち込み一切NG(飛行機に持ち込むことはNG)


参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

お酒・アルコール飲料は別の容器に詰め替えNG

アルコール飲料は詰め替えNG

お酒・アルコール飲料を機内に持ち込む時のもう1つの注意点が、別の容器に移し替えはしないようにすることです。


実は、お酒やアルコール飲料を機内に持ち込むときは、店舗で売られている容器に入ったまま(商品のパッケージのまま)の状態でないと持ち込むことができません。

別のボトルや容器(水筒やタンブラー、スキットルなど)に移し替えたものは持ち込みNG、また開封済みもNGになるので気をつけてくださいね。

自家製のアルコール飲料も持ち込みNGになります。


お酒(アルコール飲料)についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国内線】お酒・アルコールの持ち込みと預け荷物のルールまとめ


スポンサーリンク



飛行機に持ち込みできない液体物

飛行機への持ち込みが禁止されている液体物

ここまでは「持ち込み量に上限がある液体物」についてご紹介してきましたが、液体物の中には持ち込み量にかかわらず、一切持ち込みできないものもあります。

そこでここでは、飛行機に一切持ち込みできない液体物についても確認しておきましょう。


下記のような液体物は危険物に該当するので、たとえ少量であっても持ち込みNGです。
※預け荷物〈スーツケース〉に入れることもNGです。

飛行機に持ち込みできない液体物の例(危険物)

・漂白剤
・カビ取り剤
・ペンキ、塗料、ニス
・殺虫剤、農薬
・ガソリン、灯油、軽油
・シンナー
・エタノール
・ライター用燃料
・カセットコンロ用のガス缶
・商品に『塩素系』『まぜるな危険』と書かれたもの
・商品に『火気注意』『火気厳禁』『火気と高温に注意』と書かれたスプレー缶(ただし化粧品、医薬品類はOK)
・アルコール度数が70%を超えるお酒

など

参考:国土交通省「機内持込み・預け荷物における危険物の代表例」



【国内線】液体物を機内に持ち込む時の注意点

液体物を持ち込む時のその他注意点

ここまでは

・機内持ち込みに上限量が決められている液体物
・そもそも飛行機に持ち込みできない液体物

について確認してきましたね。

しかし、最終的な判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従うようにしてくださいね。


また、国内線を利用後に国際線に乗り継ぎをする場合は、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用されます。その場合は国際線のルールも必ず確認するようにしてくださいね。

※国際線では、国内線よりも厳しいルールがあります。


また航空会社によっては、独自のルールや制限がある場合もあるので注意が必要です。

詳しくは下記のとおり。

LCCでは飲食物の持ち込みがNGの場合もある

持ち込みしたものは機内で飲食できない航空会社もある

国内線では液体物の機内への持ち込みは基本的OK、ということはすでにお伝えしましたね^^

ただしこれは、保安検査(手荷物検査)のときには問題がないということです。


保安検査を無事に通過できたとしても、エアアジアなど一部のLCC(格安航空会社)では、機内に飲食物を持ち込むことを制限していたり、外部から持ち込んだ物の機内での飲食を禁止している場合もあるので注意が必要です。
(一般的にLCCでは機内での飲食物を有料で販売しているため。)


LCCを利用する際は、事前に利用する航空会社のホームページなどを見て、飲食物の持ち込みができるかを確認しておきましょう。

ちなみに、保安検査を通過後に、飛行機への搭乗時間までの間に待合エリアで飲食する分には問題ありません。

参考:エアアジア「飲食物の機内持ち込み」


※また、機内に持ち込むことのできる手荷物の数や大きさにも航空会社ごとに制限が決められています。お土産などでたくさん持ち込む予定の方はあらかじめ航空会社のホームページなどを確認しておくと安心です。


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国内線】液体物を預け荷物に入れる時の注意点

液体物を預け荷物に入れる時

次にここでは、液体物を機内(客室)に持ち込まず、預け荷物(スーツケース)に入れる時のお話をしていきますね。

液体物を預け荷物に入れる場合は、容器の割れや破損、水漏れなどにも注意が必要です。割れやすい容器は、ビニール袋やタオル、洋服に包むなどして対策しましょう。

※国内線では機内に液体物を持ち込みしても大丈夫なので、容器の破損が心配な場合は、なるべく機内に持ち込むことをおすすめします。


また下記の3つの液体物は、預け入れ可能な量にも制限があるので注意しましょう。

預け入れに制限のある液体物
・化粧品類
・医薬品、医薬部外品
・お酒(アルコール飲料)


それぞれ詳しくご説明していきますね。


※また繰り返しになりますが、上記でご紹介した「飛行機に持ち込みできない液体物(危険物)」は、預け荷物に入れることもできないので気をつけてくださいね。

化粧品類を預け荷物に入れる場合

化粧品を預け荷物に入れる場合

化粧品類は、預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。

化粧品類の制限
・各化粧品は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・化粧品の総量は、1人につき2kg(2リットル)以下であること


※機内に持ち込みする分の化粧品もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また化粧品の他に、スプレー類や医薬品類などがある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


化粧品やスプレー類についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国内線】化粧品・メイク道具の持ち込みと預け荷物のルールまとめ
▶︎▶︎【国内線】スプレー缶・ミストスプレーの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

医薬品・医薬部外品を預け荷物に入れる場合

医薬品類を預け荷物に入れる場合

医薬品や医薬部外品は、預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。(化粧品の場合と同じです。)

医薬品類の制限
・各医薬品・医薬部外品は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・医薬品・医薬部外品の総量は、1人につき2kg(2リットル)以下であること


※機内に持ち込みする分の医薬品類もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また医薬品類の他に、化粧品やスプレー類がある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

お酒・アルコール飲料を預け荷物に入れる場合

お酒やアルコール飲料は、預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。(度数によってルールが異なります。

アルコール飲料の制限
・アルコール度数が24%以下のものは量の制限なく預け入れOK
・アルコール度数が24%を超え70%以下のものは1人につき5リットルまで預け入れOK
・アルコール度数が70%を超えるものは預け入れは一切NG(飛行機に持ち込むことはNG)


参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


お酒やアルコール飲料についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国内線】お酒・アルコールの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

預け荷物自体の重量オーバーに注意

航空会社による規定の重量を超えるとNG

ここまでは、預け入れ可能な量に制限のある液体物について見てきましたね。

そしてもう一つここで注意が必要なのが、預け荷物にするスーツケース自体の重さが規定の重量をオーバーしないようにするということです。

液体物は意外と重量があるので(水1リットルだと約1kg)、たくさん入れ過ぎてしまうと重量オーバーになる可能性もあります。

もし重量オーバーになった場合は、チェックインカウンターで追加料金を支払えば対応してくれます。ただしLCC(格安航空会社)の場合は、追加料金での対応ができないこともあり、預け入れ自体を拒否されてしまうケースもあるので注意が必要です。


預けることのできる荷物の重さは、各航空会社や座席のクラスなどによって異なるので、事前に利用する航空会社のホームページなどをチェックするようにしてくださいね。


※預け荷物の制限については随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国内線】液体物の持ち込みルールまとめ

【国内線】液体物の持ち込みルールまとめ

✔︎ 日本国内線の場合、液体物の機内(客室)への持ち込みは基本的にOK
(→ 国際線のように100ml以下の容器に入れなくてもOK)

✔︎ ただし例外として、一部の液体物には持ち込み可能な量に上限がある
(→ 「化粧品」「医薬品・医薬部外品」「お酒・アルコール飲料」には制限あり

✔︎ 化粧品と医薬品(医薬部外品)の場合は、500ml(500g)以下の容器に入ったものであること、1人あたり合計2kg(2リットル)以下であることが条件

✔︎ お酒(アルコール飲料)の場合は、アルコールの度数によってルールが異なる
(→ 24%以下は量の制限なくOK、24%を超え70%以下は5リットルまでOK、70%を超えるものは全てNG

✔︎ LCC(格安航空会社)を利用する場合は、航空会社独自のルールによって機内への飲食物の持ち込みがNGの場合あり
(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)

✔︎ 液体物の中には、飛行機に一切持ち込みできないもの(危険物となるもの)もあるので注意する
(→ 機内持ち込みはもちろん、預け荷物に入れることもNG)

✔︎ 預け荷物(スーツケース)に液体物を入れる場合も「化粧品」「医薬品・医薬部外品」「お酒・アルコール飲料」には預け入れ可能な量に制限あり

✔︎ 国内線から国際線に乗り継ぎをする場合、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用される
(→ 国際線のルールを確認すること)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧(リンク集)

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを記載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめてみました。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量や液体物の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・液体物の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

◆JAL(日本航空)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
預け手荷物
制限のある手荷物
手荷物 Q&A一覧
手荷物 Q&A「液体物の機内持ち込み」

◆ANA(全日空)
手荷物について
機内に持ち込める手荷物
飛行機に預けられる荷物
制限のある手荷物
食品・飲料品
よくある質問「手荷物」
手荷物 Q&A「食べ物・飲み物の機内持ち込み」
手荷物 Q&A「お酒の機内持ち込み」
手荷物Q&A「化粧品の機内持ち込み」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について
機内持込手荷物
預け手荷物
制限のある手荷物
お問い合わせが多いもの、注意が必要な物品の具体例
Q&A「食べ物・飲み物の機内持ち込み」
Q&A「ペットボトルの機内持ち込み」

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内
手荷物の機内持ち込み
手荷物のお預かり
制限のある手荷物
よくある質問「手荷物について」

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
機内持ち込みの手荷物について
預け手荷物について
手荷物に関する質問
液体物の機内持ち込み

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
荷物で禁止されているもの
液体の持ち込み
飲食物の機内持ち込み

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国内線)手荷物について

◆ソラシドエア(Solaseed Air)
手荷物について

◆エアドゥ(AIR DO)
手荷物のご案内
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物
制限がある手荷物
よくある質問「手荷物について」
よくある質問「機内への飲み物の持ち込み」

◆フジドリームエアラインズ(FDA)
機内持込の手荷物
手荷物のお預かり
よくある質問「機内持ち込みの手荷物について」
よくある質問「受託手荷物について」

◆アイベックスエアラインズ(IBEX)
手荷物について
よくある質問「手荷物について」



さいごに

さいごに(国内線)

飛行機に持ち込むことのできる荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

例え使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。