【国際線】日焼け止めの持ち込み&預け入れルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。

ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷ってしまいますよね。


特に海外旅行の必需品「日焼け止めクリームやスプレー」については

「荷物検査で引っかからないか心配…」

「そもそも日焼け止めって持ち込みや預け入れOKなの?」


と、不安に思う方も多いのではないでしょうか。


空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にルールや制限について確認しておきたいところです。


そこでこの記事では、初心者でも安心して飛行機に乗れるように

Check

★ 手荷物検査でNGにならない日焼け止めクリームやスプレーの持ち込み方

★ 持ち込みや預け入れできる上限量(大きさ)

★ 日焼け止めを持ち込み・預け入れする時のルールと注意点


などについてまとめています。空港に行く前に、一度確認しておいてくださいね。

それでは、さっそくチェックしていきましょう♩



この記事では「国際線」のルールについてのお話をしていきますね。

「国内線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。


※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国際線】飛行機に日焼け止めを持ち込む時のルールとポイント

日焼け止めを飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機に日焼け止めクリームやスプレーを持ち込むときのルールは、「国内線」と「国際線」でそれぞれ異なります。

国際線のルール」をざっくりまとめると、下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

※飛行機では、日焼け止めなどの化粧品類は危険物として扱われるため、持ち込み・預け入れできる上限量が決められています。

(表)日焼け止めの持ち込み・預け入れルール/国際線


※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。また同じ航空会社でも、発着する国(路線)によってルールが異なる場合もあります。

・機内持ち込み手荷物・・・身につけて機内(客室)まで持ち込む手荷物(ハンドバッグなど)
・預け荷物・・・チェックインカウンターで預ける大きな荷物(スーツケースなど)




それではここから、詳しくルールを見ていきましょう!

ここでは

① クリーム・ジェル・ローションタイプの日焼け止め

② スプレータイプの日焼け止め

③ パウダータイプの日焼け止め


の順番に、気をつけたいポイントを解説していきますね。



① 日焼け止めクリーム・ジェル・ローションの場合

クリーム・ローション・ジェルタイプの日焼け止め

クリーム・ジェル・ローションタイプの日焼け止めは、機内(客室)に持ち込みOK、また預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。

ただし、持ち込みや預け入れできる量には上限があるので気をつけてくださいね。

持ち込み・預け入れの際は上限量に注意!

持ち込みは100ml以下、預けは500ml以下ならOK

(機内持ち込み)

100ml(100g)以下の容器に入っていること

・日焼け止めの容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


(預け入れ)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること



機内に持ち込みできる量が預け入れより少ないのは、「液体物の機内持ち込み制限」があるからです。

日焼け止めクリームやジェル、ローションも液体物として扱われるため、この制限を守らなければいけません。


詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と具体的な持ち込み方」もチェックしておいてくださいね。



② 日焼け止めスプレー(スプレー缶タイプ)の場合

スプレータイプの日焼け止め

スプレータイプの日焼け止め(スプレー缶に入った日焼け止め)も、機内(客室)に持ち込みOK、また預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。

※スプレー缶・・・高圧ガスの入った鉄製の容器のスプレー


【補足】
「日焼け止めスプレー」の場合は、スプレー缶に『火気注意』『火気厳禁』『火気と高温に注意』などの表示があるものでも、持ち込み・預け入れが特別に認められています。



ただし、持ち込みや預け入れできる量には上限があるので気をつけてくださいね。

持ち込み・預け入れの際は上限量に注意!

持ち込みは100g以下、預けは500g以下ならOK

(機内持ち込み)

100g(100ml)以下の容器に入っていること

・日焼け止めスプレーの容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


(預け入れ)

500g(500ml)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000g(2000ml)以下であること



機内に持ち込みできる量が預け入れより少ないのは、「液体物の機内持ち込み制限」があるからです。

日焼け止めスプレーも液体物として扱われるため、この制限を守らなければいけません。


詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と具体的な持ち込み方」もチェックしておいてくださいね。


【注意!】
スプレー缶(高圧ガスを含んだ鉄製の容器に入ったスプレー)は、全ての種類が持ち込み・預け入れできるわけではありません。

※「日焼け止めスプレー」は特別に認められているため、機内持ち込み・預け入れが可能となっています。

日焼け止め以外のスプレー缶も持っていきたい場合は、こちらの記事でルールを確認してくださいね。
▶︎▶︎スプレー缶の機内持ち込みルールまとめ
▶︎▶︎スプレー缶の預け入れルールまとめ

スプレー缶にはキャップをつけることも忘れずに!

スプレー缶は噴射弁を保護する

日焼け止めスプレーなどのスプレー缶を、飛行機に持ち込み・預け入れする時は、キャップなどをつけて噴射弁を保護することが求められています。

カバンの中などでスプレー缶の弁が勝手に押されてしまうことがないように、対策しておく必要があるのです。


通常スプレー缶にはキャップがついていると思うので、忘れないようにキャップも一緒に持っていきましょう。


参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


スポンサーリンク


③ 日焼け止めパウダーの場合

パウダータイプの日焼け止め

パウダータイプの日焼け止めも、機内(客室)に持ち込みOK、また預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。

ただし、持ち込みや預け入れできる量には上限があるので気をつけてくださいね。

持ち込み・預け入れの際は上限量に注意!

持ち込み・預け入れとも500g以下ならOK

(機内持ち込み・預け入れ共通)

500g(500ml)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000g(2000ml)以下であること


※パウダータイプの日焼け止めは、「液体物の機内持ち込み制限」の対象にはなりません。

液体物ではないので、100g(ml)を超えていてもOK、また透明プラスチック袋に入れなくても、機内に持ち込みOKです。



ただし、国際線の飛行機に乗るときは、国や地域によって保安検査(手荷物検査)で独自のルールがある場合もあるので注意が必要です。

粉末類の持ち込みにも制限があることも

例えば次の路線では、液体物だけではなく、粉末類の機内持ち込みにも制限があります。

日焼け止めパウダーもこの制限の対象になるので気をつけてくださいね。)


・アメリカ行きの国際線

・オーストラリア発の国際線


下記で簡単に説明しておきますね。

アメリカ行きの国際線は粉末類の持ち込みに制限がある

アメリカ行きの国際線では、350g(ml)以上の粉末類を機内に持ち込みすることができません。

パウダー状の化粧品(日焼け止めパウダーなど)を機内に持ち込む場合はご注意ください。


もし、350g(ml)以上の粉末類を持っている場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしてくださいね。

また少量の場合でも、粉末状のものは機内には持ち込まないようにする方が保安検査がスムーズです。

参考:JAL「米国線日本出発時の粉末の機内持ち込み制限について」
参考:ハワイアン航空「機内持ち込みおよび受託手荷物の制限品目」

オーストラリア発の国際線では粉末類の持ち込みに制限がある

オーストラリアから出発する国際線でも、350g(ml)以上の粉末類は機内に持ち込むことができません。

もし、350g(ml)以上の粉末類を持っている場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしてくださいね。

参考:JAL「オーストラリア出発国際線の粉末の機内持ち込み制限について」
参考:スクート「手荷物について(オーストラリアを出発するすべての便に対する荷物検査)」



ここでご紹介した以外にも、国や地域、路線によっては独自のルールが設けられている場合があります。

国際線の飛行機を利用する際は、航空会社のホームページなどをあらかじめ確認しておくと安心です。


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



日焼け止めの容量制限と具体的な持ち込み方

容量の制限について詳細

日焼け止めは、機内(客室)に持ち込みしても預け荷物(スーツケース)に入れてもOKですが、「上限量が決められている」ということでしたね。


(国際線)日焼け止めの容量制限


ここでは、その容量の制限を守った上で、具体的にどのように持ち込み・預け入れをすれば良いのかについて、詳しく見ていきましょう!

機内持ち込みと預け入れではルールが異なるので、それぞれに分けて説明していきますね。


※ただし、最終の判断は現場の保安検査官にゆだねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。

(国際線)日焼け止めの機内持ち込みルール

(国際線)日焼け止めを機内に持ち込む時

機内持ち込みの条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

機内持ち込みの条件(国際線)

・各日焼け止めは、100ml(100g)以下の容器に入っていること(※パウダータイプは除く)

・日焼け止めの容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること(※パウダータイプは除く)

国際線の液体物持ち込みルール

国際線では、液体物を機内(客室)に持ち込むときに、国内線よりも厳しいルール(液体物の機内持ち込み制限)があります。

日焼け止めクリームやスプレーなども液体物として扱われるので、このルールを守らなければいけません。

(※飛行機では、クリーム状・ペースト状・ジェル状のものなども液体物として扱われます。)


液体物を国際線の機内に持ち込むときは、下記の①〜③の条件を満たした状態でなければ認められないので気をつけてくださいね。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール


それでは順番に説明していきますね。

① 各液体(日焼け止めなど)は100ml(g)以下の容器に入っていること

液体物は全て100ml以下の容器に入れる

機内に持ち込みできる液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみになります。

日焼け止めの他、すべての液体物は100ml(g)を超えていると持ち込みNGになり、検査場で放棄しなければいけなくなるので注意しましょう。


※容器に残っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体の容量(容器に表示されている内容量)が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。

② 液体の入った容器は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること

液体の容器は全て1リットル以下の透明な袋に入れる

液体の入った100ml(g)以下の容器はすべて、透明なプラスチック袋に入った状態でなければ持ち込みできません。


このとき使用できる透明プラスチック袋は

・容量1リットル以下であること
・再封可能であること(ジッパーなどで開け閉めができること)

が条件です。

③ 1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

プラスチック袋は1袋のみ持ち込みOK

1つのプラスチック袋に入りきらない液体物は、機内に持ち込むことはできません。

(袋は完全に閉まっていないとNGです。)

※袋に入りきらない液体物がある場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。


もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎液体物をプラスチック袋に入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ


※また「液体物の機内持ち込み」については、海外では国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあります。

乗り継ぎ便や帰国便など海外から出発する飛行機を利用する際は、各航空会社のHPなどを確認することをおすすめします。

(国際線)日焼け止めの預け入れルール

(国際線)日焼け止めを預け入れする時

預け入れの条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

預け入れの条件(国際線)

・各日焼け止めは、500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること


(※機内持ち込みの時のように透明プラスチック袋に入れる必要はありません。)


500ml以下の容器に入っていること


「すべて合わせて2000ml(2000g)以下」ということなので、1個あたりが500ml(500g)以下であれば、2個以上預けることも可能です。

ただし、すべての個数を合わせた容量が2000ml(g)を超えないようにしましょう。

※2000ml(g)とは、日焼け止めクリーム・ジェル・ローション・スプレー・パウダーなどを全て合わせた合計です。また、預け入れする分だけでなく、機内(客室)に持ち込む分も合わせた合計になります。


さらに、日焼け止め以外にも化粧品や医薬品類、スプレーなどがある場合は、それらも合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計


化粧品や医薬品などのルールについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。(「預け入れに制限がある液体物」の項目に、化粧品や医薬品類についてまとめています。)

▶︎▶︎液体物の預け入れルールまとめ


また、日焼け止め以外のスプレー缶については、こちらの記事で別途ルールを確認してくださいね。

▶︎▶︎スプレー缶の預け入れルールまとめ


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



日焼け止めを日本に持ち込むときは個数制限にも注意!

日本に持ち込みできる日焼け止めは24個まで

海外に行ったときは、日焼け止めをお土産として購入することもあるかと思います。

しかし、個人が日焼け止めなどの化粧品類を日本国内に持ち込むときは、次のように個数の制限があるので注意が必要です。


化粧品類を日本に持ち込むときの個数制限

標準サイズで1品目につき24個まで

※「標準サイズ」とは、一般家庭で使用する目的で市販されているサイズです。(ドラム缶などの業務用サイズは持ち込みNGです。)

60ml(g)以下の少量のものの場合は、1品目につき120個まで


これを超える分の持ち込みには厚生労働省の手続きが必要になるため、超えた分は廃棄されてしまいます。

お土産用などで大量に購入する場合は、容量の制限だけでなく、個数の制限にも気をつけてくださいね。


参考:税関「海外旅行者の皆様へ 通関案内」
参考:税関「医薬品・化粧品等の個人輸入について」
参考:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)



【国際線】日焼け止めの持ち込み・預け入れルールまとめ

日焼け止めの持ち込みルールまとめ

✔︎ 日焼け止めは、機内持ち込み・預け入れともOK

(→ クリーム・ジェル・ローションタイプの他、スプレー缶タイプ、パウダータイプもOK)


✔︎ ただし、持ち込み・預け入れできる日焼け止めの量には制限がある


✔︎ 国際線「機内持ち込み」の条件は

① 100ml(100g)以下の容器に入っていること
② 日焼け止めの容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること

(→ ただしパウダータイプは除く)


✔︎ 国や地域、路線によっては、液体物だけでなく、粉末類の機内持ち込みについても独自のルールや制限を設けていることもある

(→ パウダータイプの日焼け止めは注意する)


✔︎ 国際線「預け入れ」の条件は

① 500ml(500g)以下の容器に入っていること
② 1人あたり合計2000ml(2000g)以下であること


✔︎ スプレー缶タイプの日焼け止めの持ち込み・預け入れは、「キャップが付いていること」が条件

(→ 噴射弁が押されないように保護をする)


✔︎ 海外で購入した日焼け止めを日本に持ち込むときは、24個までの個数制限がある

(→ ただし、60ml〈g〉以下の少量の場合は、120個までOK)


✔︎ 国や地域、航空会社や路線によっては、独自のルールや制限を設けていることもある。また海外の場合は、日本より厳しい制限があることが多いので注意する。

(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)



参考ページ一覧

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを掲載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめています。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量や化粧品類の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)
液体物の持ち込みについて(国際線)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について
液体物持込制限品

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
セキュリティガイド
液体物の持ち込みについて

◆福岡空港
液体物持ち込み制限について(国際線)

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・化粧品類の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
手荷物について
航空機内への液体物持ち込み制限について

◆ANA(全日空)
手荷物について
液体の機内持ち込み

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
液体物の機内持ち込み

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
液体の持ち込み

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について

◆ジップエアー(ZIPAIR)
荷物について

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
手荷物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
機内持ち込み手荷物
預入れ荷物

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)
手荷物に関する規定(受託手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
手荷物に関する情報
液体の機内への持ち込み

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
荷物について
液体類について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について



さいごに

さいごに

飛行機に持ち込むことのできる手荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

たとえ使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。

持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。