【国際線】スプレー缶の持ち込み&預け入れルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷う方も多いはず。

特に「スプレー缶(高圧ガスの入った鉄製の容器のスプレー)」については

「保安検査で引っかからないか心配…」
「そもそもスプレー缶って持ち込みや預け入れOKなの?」

と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にきちんとルールや制限について確認しておきたいですよね。


そこでここでは

国際線の機内にスプレー缶を持ち込みしたいけど、持ち込みOKな物なのかよく分からない

どのようなスプレー缶が持ち込みOKなのか、またNGになるのかを確認したい

預け荷物(スーツケース)にスプレー缶を入れる時のルールについても知りたい


といった方に向けて

Check
★ スプレー缶を飛行機へ持ち込む時に最低限知っておきたいポイント
★ 機内(客室)に持ち込みできるスプレー缶とできないものの具体例
★ 預け荷物(スーツケース)に入れてOKなスプレー缶とNGなものの具体例
★ 機内に持ち込みする時・預け入れする時に守らなければいけないルール
★ 国際線の乗り継ぎがある場合の注意点


などについてまとめています。空港に行く前に一度確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩

※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国際線】飛行機にスプレー缶を持ち込む時のルールとポイント

スプレー缶を飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機にスプレー缶を持ち込むときのルールは、「国内線」と「国際線」によって、またスプレー缶の種類によってそれぞれ異なります。

国際線のルール」をざっくりまとめると下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

(表)スプレー缶のルール/国際線

・機内持ち込み手荷物・・・身につけて機内(客室)まで持ち込む手荷物(ハンドバッグなど)
・預け荷物・・・チェックインカウンターで預ける大きな荷物(スーツケースなど)

※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。


この記事では「国際線」のルールについてのお話をしていきますね。
「国内線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

また国際線の乗り継ぎがある方は、この記事の後半にある「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」もあわせてチェックしてくださいね。

スプレー缶の持ち込み&預け入れ時のチェックポイント

スプレー缶は種類と容量をチェック

上記で簡単にまとめてみましたが、スプレー缶のルールについては規定が細かいので

「具体的にどのように判断すればいいの?」
「どのような基準で決められているの?」

と思う方も多いはず。


でも大丈夫!
下記の順番にポイントをチェックしていけばスプレー缶の持ち込み&預け入れも問題ありません^^

チェックするべきポイントは次のとおり。

チェックポイント
ポイント1) まずスプレー缶の種類をチェック
→持ち込みや預け入れがOKな種類か?を確認する

ポイント2) 次にスプレー缶の容量をチェック
→持ち込み・預け入れできる上限量を超えていないか?を確認する



それでは順番に説明していきますね。



【国際線】ポイント1)スプレー缶の種類を確認する

飛行機でのスプレー缶の種類

ではまず、スプレー缶の種類について詳しく見ていきましょう!

自分の持っていきたいスプレー缶が、機内(客室)に持ち込みOKな種類か、または預け荷物(スーツケース)に入れてもOKな種類かを確認してくださいね。


飛行機のルール上では、スプレー缶は次の4つの種類に分類されます。

スプレー缶の分類
① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
③ 日用品
④ スポーツ用品


それぞれがどのようなものか?については、後ほど解説していきますね。


そして
機内に持ち込みOKなものは

機内に持ち込みOKなスプレー缶の種類
① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
(※航空会社によってルールが異なる場合もあります。)


機内持ち込みOKのスプレー缶の種類

預け荷物に入れてもOKなものは

預け入れがOKなスプレー缶の種類
① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
③ 日用品(※ただし毒性や腐食性、引火性がないものに限る)
④ スポーツ用品(※ただし毒性や腐食性、引火性がないものに限る)
(※航空会社によってルールが異なる場合もあります。)


預け入れOKのスプレー缶の種類


そして①〜④以外のスプレー缶は、機内持ち込みも預け荷物もNGなもの、つまり飛行機に一切持ち込めないものになります。


それでは下記で、それぞれの種類について見ていきましょう。

機内に持ち込みOKなスプレー缶について

機内に持ち込みOKなスプレー缶について

機内(客室)に持ち込みしてOKなスプレー缶は

① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品


のスプレー缶でしたね。

つまり「化粧品」「医薬品・医薬部外品」以外のものは、機内には持ち込みできないということになります。
(※航空会社によってルールが異なる場合もあります。)

その場合は預け荷物(スーツケース)に入れられるかを確認してくださいね。


ここで疑問になるのが

「化粧品や医薬品・医薬部外品のスプレー缶ってどんなもの?」
「どうやって判断するの?」

ということだと思います。


下記で詳しく説明していきますね。

「化粧品」「医薬品・医薬部外品」のスプレー缶とは?

化粧品や医薬品類は直接肌につけられるもの

「化粧品」や「医薬品・医薬部外品」のスプレー缶は、肌や髪、身体に直接つけて使うものになります。

つまり、直接肌につけて使うものは機内(客室)へ持ち込みOKですが、肌につけずに使用するスプレー缶は全て、機内への持ち込みがNGになります。
(※航空会社によってルールが異なる場合もあります。)

簡単に言うと「人」に向けて使うものは機内持ち込みOKで、「モノ」に向けて使うものは機内持ち込みNGということですね。


具体的には、下記のようなものが「化粧品」や「医薬品・医薬部外品」のスプレー缶(=機内持ち込み可能なもの)になります。

化粧品や医薬品類のスプレー缶の例

・美容スプレー、美白スプレー
・日焼け止めスプレー
・ヘアスプレー、ヘアムース(ケープ、VO5など)
・育毛スプレー、育毛ムース
・シェービングフォーム
・虫さされ、かゆみ止めスプレー、虫除けスプレー(部屋用の蚊取りスプレーはNG)
・消炎鎮痛スプレー
・身体用の消臭スプレー、芳香スプレー
・制汗スプレー、清涼スプレー、冷却スプレー(8X4など)
・身体用の除菌スプレー、消毒スプレー

など


※ただし、最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。
検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。


またスプレー缶を持ち込む時は

キャップが付いていること(噴射弁が押されないように保護すること)

が条件になります。

スプレー缶は噴射弁を保護する

規定では「偶発的に中身が漏れるのを防ぐためキャップなどで噴射弁を保護してあること」が条件として記載されています。

つまり、カバンの中などでスプレー缶の弁が勝手に押されてしまうことがないように、対策しておく必要があるのです。(キャップはそのために必要になります。)


通常スプレー缶にはキャップがついていると思うので、忘れないようにキャップも一緒に持っていきましょう。

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)


スポンサーリンク


預け荷物に入れてもOKなスプレー缶について

預け入れOKなスプレー缶について

預け荷物(スーツケース)に入れてもOKなスプレー缶は

① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
③ 日用品(※ただし引火性・毒性・腐食性がないもの)
④ スポーツ用品(※ただし引火性・毒性・腐食性がないもの)


のスプレー缶でしたね。

預け入れOKなスプレー缶の種類

ここでも「化粧品」と「医薬品(医薬部外品)」のスプレー缶が出てきましたが、この2種類のスプレー缶のみ、機内(客室)への持ち込みと預け荷物(スーツケース)の両方がOKということになります。
(※航空会社によってルールが異なる場合もあります。)


また「日用品」「スポーツ用品」のスプレー缶については、預け荷物に入れる場合のみOKですが、毒性や腐食性があるものや、引火性のガスが使用されているものはNGになります。

(その場合は飛行機には持ち込みできないので、渡航先に持っていくことは諦め、到着後に現地で購入するようにしましょう。)


ここで気になるのが

「日用品やスポーツ用品のスプレー缶ってどんなもの?」
「引火性ガスが使われているかどうかって何で確認するの?」
「毒性や腐食性があるスプレー缶ってどんなもの?」

ということだと思います。


下記で詳しく説明していきますね。

※「化粧品」「医薬品(医薬部外品)」のスプレー缶がどんなものか?についてはすでにお伝えしているので、ここでは省略しますね。

「日用品」「スポーツ用品」のスプレー缶とは?

日用品・スポーツ用品のスプレー缶について

「日用品」「スポーツ用品」のスプレー缶は、一般的に肌や髪、身体以外に使うものになります。

具体的には次のようなもの。

日用品・スポーツ用品のスプレー缶の例

・防水スプレー
・静電気防止スプレー
・滑り止めスプレー
・スキーやスノボ用のワックススプレー
・衣類用のスプレーのり
・シワ取りスプレー
・部屋用・衣類用などの除菌・消臭・芳香スプレー

など


※ただし預け荷物(スーツケース)に入れられるのは「引火性ガスが使用されていないもの」「毒性や腐食性がないもの」が前提条件


またスプレー缶を預ける時は

キャップが付いていること(噴射弁が押されないように保護すること)

が条件になります。

スプレー缶は噴射弁を保護する

規定では「偶発的に中身が漏れるのを防ぐためキャップなどで噴射弁を保護してあること」が条件として記載されています。

つまり、スーツケースの中などでスプレー缶の弁が勝手に押されてしまうことがないように、対策しておく必要があるのです。(キャップはそのために必要になります。)


通常スプレー缶にはキャップがついていると思うので、忘れないようにキャップも一緒に持っていきましょう。

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

引火性ガスが使われているかを確認する方法は?

日用品・スポーツ用品のスプレー缶は表示を確認

「日用品」や「スポーツ用品」のスプレー缶であっても、引火性のガスが使用されたものは預け荷物(スーツケース)に入れることはできません。

そこで重要なのが、スプレー缶に引火性ガスが使用されていないことを、あらかじめ確認することです。


確認方法はとっても簡単。スプレー缶本体の表示を見れば確認できます。

引火性のガスが使用されているスプレー缶には、商品に『火気注意』や『火気厳禁』『火気と高温に注意』などの表示がされています。

分かりやすく言うと、『火気』という言葉が使われていれば「引火性あり」ということ。

一方『高温に注意』といった表示がされているスプレー缶は、引火性のガスは使用されていません。
『火気』という言葉が使われていない場合は「引火性なし」ということです。


つまり

『火気』という表示があるものは、引火性があるので預け荷物(スーツケース)に入れることはNG

『火気』という表示がないものは、引火性はないので預け荷物(スーツケース)に入れてもOK


ということになります。


※ただしこれは「日用品」「スポーツ用品」のスプレー缶に適用されるルールです。
「化粧品」や「医薬品・医薬部外品」のスプレー缶については、引火性のガスが使用されているもの(『火気』という表示があるもの)でも、機内持ち込み・預け入れともにOKです。

化粧品・医薬品類のスプレー缶は例外

毒性や腐食性のあるスプレー缶とは?

「日用品」や「スポーツ用品」のスプレー缶であっても、毒性や腐食性のあるものは預け荷物(スーツケース)に入れることはできません。

毒性や腐食性のあるスプレー缶は、次のようなものになります。

毒性や腐食性があるスプレー缶はNG

・殺虫剤(キンチョール、虫コロリアースなど)
・農薬のスプレー
・塗料スプレー
・ニス

など


上記のようなスプレー缶は危険物に該当するため、預け荷物に入れることはできません。

機内(客室)への持ち込みもNGなので、飛行機での旅行に持って行くことは諦めましょう。


※預け荷物の制限については随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)

機内持ち込みも預け荷物もNGなスプレー缶

預け入れできないスプレー缶

最後にここでは、機内(客室)への持ち込みも預け荷物(スーツケース)に入れることも禁止されているもの、つまり飛行機には一切持ち込むことができないスプレー缶についてご紹介します。


ここまででご紹介した

① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
③ 日用品(※引火性・毒性・腐食性がないもの)
④ スポーツ用品(※引火性・毒性・腐食性がないもの)

以外のスプレー缶は、全て持ち込み&預け入れNGになります。


例えば次のようなもの。

・引火性ガスが使用されたスプレー缶(「化粧品」と「医薬品・医薬部外品」は除く)
・毒性・腐食性ガスが使用されたスプレー缶
・酸化性物質が使用されたスプレー缶
・その他高圧ガスが使用されたスプレー缶



下記で具体的を掲載しておきますね。

・殺虫剤(キンチョール、虫コロリアースなど)
・農薬のスプレー
・塗料スプレー
・その他の工業用スプレー
・スポーツ用の酸素スプレー
・小型酸素発生器
・漂白剤
・カセットコンロ用のガス缶
・キャンプ用のガス缶
・ライター用の補充ガス缶

など


このようなスプレー缶は、飛行機には一切持ち込むことはできません。

参考:政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国際線】ポイント2)スプレー缶の容量を確認する

持ち込み・預け入れが可能な容量をチェック

スプレー缶の種類の確認ができたら、次はスプレー缶の容量をチェックしましょう。

持ち込みや預け入れがOKなスプレー缶であっても、持ち込み・預け入れできる量には制限があるので注意が必要です。


スプレー缶を機内(客室)に持ち込みする場合と、預け荷物(スーツケース)に入れる場合のそれぞれに分けて説明していきますね。

機内(客室)に持ち込みできるスプレー缶の容量は?

機内持ち込み可能な容量は100ml以下

機内(客室)に持ち込みOKなスプレー缶の種類は

①化粧品
②医薬品・医薬部外品

の2種類でしたね。


これらのスプレー缶は全て、下記の条件で持ち込みが可能です。

スプレー缶の機内持ち込み条件
100ml(100g)以下の容器に入っていること
・スプレー缶は全て容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること

保安検査時の液体物持ち込みルール

国際線では、液体物を機内(客室)に持ち込むときに、国内線よりも厳しいルール(液体物の機内持ち込み制限)があります。

※液体物を機内に持ち込む時は、100ml(g)以下の容器に入ったものでなければ保安検査(手荷物検査)を通過できないことになっています。

スプレー缶も液体物として扱われるので、このルールを守らなければいけません。


保安検査前に購入した液体物(スプレー缶)を機内に持ち込むときは、下記の①〜③の条件を満たした状態でなければ認められないので気をつけてくださいね。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール


それでは順番に説明していきますね。

①各液体(スプレー缶)は100ml(g)以下の容器に入っていること

液体物は全て100ml以下の容器に入れる

機内に持ち込みできる液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみになります。

100ml(g)を超えている場合はNGになり、検査場で放棄しなければいけなくなるので注意しましょう。

容器に残っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。

②液体の入った容器は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること

液体の容器は全て1リットル以下の透明な袋に入れる

液体の入った100ml(g)以下の容器は全て、透明なプラスチック袋に入った状態でなければ持ち込みできません。

この時使用できる透明プラスチック袋は

・容量1リットル以下であること
・再封可能であること(ジッパーなどで開け閉めができること)

が条件です。

③1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

プラスチック袋は1袋のみ持ち込みOK

1つのプラスチック袋に入りきらない液体物は、機内に持ち込むことはできません。(袋は完全に閉まっていないとNGです。)

※袋に入りきらない液体物がある場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。


もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎液体物をジップロックに入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ


※また「液体物の機内持ち込み」については、海外では国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあります。

乗り継ぎ便や帰国便など海外から出発する飛行機を利用する際は、各航空会社のHPなどを確認することをおすすめします。

保安検査の後に購入した液体物は100ml(g)を超えるものでもOK

保安検査の後に購入した物は100mlを超えてもOK

液体物の持ち込み制限やパッキング方法は、保安検査(手荷物検査)の「前」に購入したものについてのルールになります。

保安検査が終わった「あと」に、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で購入した液体物については、100ml(g)を超えたものでも機内へ持ち込みOKなので安心してくださいね。
(透明プラスチック袋にも入れなくてOKです。)

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は、安全性が保証されているためです。


※ただし国際線の乗り継ぎがある場合は注意が必要です。
乗り継ぎ地(経由地)では再度保安検査があるため、100ml(g)を超える液体物を持ったままでは保安検査を通過できません。

詳しくは下記「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」をチェックしてくださいね。



※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)

預け荷物(スーツケース)に入れられるスプレー缶の容量は?

預け入れ可能な容量は500ml以下

預け荷物(スーツケース)に入れてもOKなスプレー缶の種類は

① 化粧品
② 医薬品・医薬部外品
③ 日用品(※引火性・毒性・腐食性がないもの)
④ スポーツ用品(※引火性・毒性・腐食性がないもの)

の4種類でしたね。

預け入れ可能な容量は500ml以下


これらのスプレー缶は全て、下記の条件で預け入れが可能です。

スプレー缶の預け入れ条件
500ml(500g)以下の容器に入っていること
1人あたり合計2000ml(2000g)以下であること


(※機内持ち込みの時のように透明プラスチック袋に入れる必要はありません。)


スプレー缶の預け入れ可能量


ただし、機内(客室)に持ち込みする分のスプレー缶も合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

また、スプレー缶以外の化粧品・医薬品などがある場合は、それらも合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

※航空会社によっては、独自のルールや制限がある場合があります。あらかじめ利用する航空会社のホームページなども確認しておくと安心です。


※預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点

国際線を乗り継ぐ時は液体物の持ち込みに注意

保安検査(手荷物検査)が終わった後に購入した液体物については、100ml(g)を超えたものでも機内(客室)に持ち込みOK、ということはすでにお伝えしたとおり。

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は安全であることが保証されているからです。


しかし、目的地まで直行便で向かわず、国際線を乗り継ぎする場合には、乗り継ぎ空港(経由地)で再度手荷物の検査があるので注意が必要です。

乗り継ぎ空港では再度セキュリティーチェックがある

乗り継ぎ空港では再度保安検査がある

目的地まで国際線を乗り継ぎして向かう場合は、乗り継ぎ空港では再度、手荷物のチェック(保安検査)を受けることになります。

そのため乗り継ぎ空港では、100ml(g)を超える液体物を持ったまま保安検査を通過することはできません。

もしそこで、100ml(g)を超える液体物を持っていた場合は、放棄することになってしまいます。

それを避けるために、空港で液体の免税品を買いたい場合は、出発空港ではなく乗り継ぎ空港での保安検査後に買うのが一般的です。


しかし例外として、STEBs(不正開封防止袋)という特別な袋に入った免税品(液体物)については、別のルールが適用されることになっています。

100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入っていなくても、保安検査を通過でき、乗継ぎ便への機内持ち込みも可能になります。(※ただし導入空港のみ)


ここで
「ん?STEBs(不正開封防止袋)ってなに?」
と思う方も多いはず。

次で詳しく見ていきましょう。

STEBs(不正開封防止袋)について

不正開封防止袋について

数年前から一部の空港のみですが、出発空港で購入したもの(免税品の液体類など)も、条件を満たしたものは乗り継ぎ空港(経由地)でも放棄せずに、乗り継ぎ便へ持ち込みできるようになりました。

※ 「STEBs(不正開封防止袋)」という特別な袋を導入している空港が対象になります。

詳しくは下記のとおりです。

STEBs(不正開封防止袋)とは?

STEBsとは 「Security Tamper Evident Bags = 不正開封防止袋」と呼ばれる国際的にルール化された特別なプラスチック袋です。

液体物がクリーンエリア(保安検査後の搭乗エリア)で買われたものであることを証明し、外部の液体物が不正に持ち込まれることを防止するための袋になります。


STEBs(不正開封防止袋)を利用することで、空港内の免税店で購入した100ml(g)を超える液体物についても、乗り継ぎ空港で放棄することなく最終目的地の空港まで持って行くことが可能になります。

※ただし、保安検査で問題無しと判断された物品のみが対象です。現地の保安検査官の判断により、自主放棄になる場合もあります。

STEBs(不正開封防止袋)を利用する時の注意点

不正開封防止袋は開封NG

・STEBs(不正開封防止袋)は絶対に開封しない
・購入を証明するレシートが同封されていること

STEBs(不正開封防止袋)は、一度開封すると証拠が残る仕組みになっています。

そして一回でも開封してしまった袋は、中身の安全性が証明されなくなり無効になってしまうので気をつけてくださいね。

つまり開封済みのSTEBs(不正開封防止袋)は、乗り継ぎ空港での保安検査を通過できず、乗り継ぎ便に持ち込みすることができなくなってしまいます。


STEBs(不正開封防止袋)を利用するときは、最終の保安検査が終わるまでは絶対に袋を開封しないことが条件になります。

また袋の中には、購入を証明するレシートが入っていることも条件です。

STEBs(不正開封防止袋)の導入空港

不正開封防止袋は未導入の空港もある

・STEBs(不正開封防止袋)は、一部の空港でしか導入されていない

このSTEBs(不正開封防止袋)は、世界中どこでも導入されているわけではありません。国や地域によってはSTEBs(不正開封防止袋)がまだ制度として導入されていない場所もあります。

もし未導入の国や地域を経由する場合は、例えSTEBs(不正開封防止袋)に入った液体物(免税品)でも、そこで放棄されることになってしまうので注意が必要です。


STEBs(不正開封防止袋)を利用する時には、あらかじめ乗り継ぎ空港の情報を確認するようにしてくださいね。
(商品を購入する前に、免税店のスタッフの方に確認するようにしましょう。)

STEBs(不正開封防止袋)についての参考リンク

▶︎▶︎成田空港「STEBsの導入について」
▶︎▶︎中部国際空港「STEBsについて」
▶︎▶︎関西国際空港「STEBsの導入について」

▶︎▶︎国土交通省「空港内免税店における液体物の取扱い変更について1」
▶︎▶︎国土交通省「空港内免税店における液体物の取扱い変更について2」


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国際線】スプレー缶の持ち込み・預け入れのルールまとめ

【国内線】スプレー缶の持ち込みルールまとめ

✔︎ スプレー缶の飛行機への持ち込みは、スプレーの種類によってルールが異なる

✔︎ 機内(客室)に持ち込みできるスプレー缶は「化粧品」「医薬品(医薬部外品)」に該当するもののみ

✔︎ 預け荷物(スーツケース)に入れられるスプレー缶は、「化粧品」「医薬品(医薬部外品)」「日用品」「スポーツ用品」に該当するもの
(→ ただし「日用品」「スポーツ用品」の場合は、毒性や腐食性のないもの、引火性ガスが使用されていないものに限られる

✔︎ 機内持ち込み・預け入れできるスプレー缶は「キャップが付いていること」が条件
(→ 噴射弁が押されないように保護をする)

✔︎ 「機内持ち込みOKなスプレー缶」「預け荷物OKなスプレー缶」以外のものは、飛行機には一切持ち込むことはできない

✔︎ 機内持ち込み・預け入れできるスプレー缶の量には制限がある
(→ 機内持ち込みと預け入れではルールが異なる)

✔︎ 機内持ち込みの場合は、①100ml(100g)以下の容器に入っていること ②スプレー缶は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていることが条件

✔︎ 預け入れの場合は、①500ml(500g)以下の容器に入っていること ②各スプレー缶の総量は、1人あたり合計2000ml(2000g)以下であることが条件

✔︎ 保安検査(手荷物検査)の後に搭乗待合エリア(売店や免税店など)で購入したスプレー缶については、100ml(g)を超えたものでも機内持ち込みOK
(→ ただし乗り継ぎがある場合は、乗り継ぎ空港で再度手荷物の検査があるので注意)

✔︎ 国や地域、航空会社によっては独自のルールや制限を設けていることもある
(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを記載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・外務省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめています。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・国別(渡航先)の持ち込み禁止物や免税範囲
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量やスプレー缶の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

外務省などの関連ホームページ

外務省「海外安全ホームページ」
※地図で情報を調べたい国を選択→「安全対策基礎データ」→「査証、出入国審査等」でご確認いただけます。

外務省「在日外国公館ホームページ」

税関「海外旅行者の免税範囲」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)
液体物の持ち込みについて(国際線)
よくある質問(化粧品・身だしなみ品)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について
液体物持込制限品

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
セキュリティガイド
液体物の持ち込みについて

◆福岡空港
液体物持ち込み制限について(国際線)

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・スプレー缶の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
手荷物について
航空機内への液体物持ち込み制限について

◆ANA(全日空)
手荷物について
液体の機内持ち込み
手荷物 Q&A「スプレーの持ち込み」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
液体物の機内持ち込み

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
液体の持ち込み

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
手荷物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
機内持ち込み手荷物
預入れ荷物

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)
手荷物に関する規定(受託手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
手荷物に関する情報
液体の機内への持ち込み

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
荷物について
液体類について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について



さいごに

さいごに

飛行機に持ち込むことのできる荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

例え使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。