【国際線】化粧品の持ち込み&預け入れルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。

ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷ってしまいますよね。


特に女性の必需品の「化粧品やコスメ類、メイク道具」については

「荷物検査で引っかからないか心配…」

「そもそも化粧品って持ち込みできるの?」


と不安に思う方も多いのではないでしょうか。


空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にきちんとルールや制限について確認しておきたいところです。


そこでこの記事では、初心者でも安心して飛行機に乗れるように

Check

★ 手荷物検査でNGにならない化粧品の持ち込み方

★ 検査のときに注意が必要な化粧品とメイク道具の具体例

★ 預け荷物(スーツケース)に化粧品を入れる時の制限


などについてまとめています。空港に行く前に一度確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩

※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国際線】飛行機に化粧品/メイク道具を持ち込む時のルールとポイント

化粧品を飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機に化粧品を持ち込むときのルールは、「国内線」と「国際線」でそれぞれ異なります。

国際線のルール」をざっくりまとめると下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

(表)化粧品・メイク道具のルール/国際線


※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。また同じ航空会社でも、発着する国(路線)によってルールが異なる場合もあります。


この記事では「国際線」のルールについてのお話をしていきますね。

「国内線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ポイント① 国際線では化粧品やメイク道具は機内持ち込みに制限がある

液体状の化粧品は機内持ち込みに制限がある

まず大切なポイントは、化粧品やコスメ類、メイク道具の中には機内(客室)への持ち込みが制限されている物があるということ。

上の表のとおり国際線の飛行機では、保安検査(手荷物検査)の前に買った化粧品やコスメ類は、基本的には機内に持ち込みすることができますが、液体状の化粧品については機内に持ち込みできる量に制限があります。


※国際線では液体物の機内持ち込みに制限があり、液体状の化粧品やコスメ類は100ml(100g)以下の容器に入ったものしか機内に持ち込むことができません。

(どのようなものが液体状の化粧品なのか、どのようにすれば持ち込みできるのか、などの詳細は後ほど解説していきますね。)


またメイク道具の中には、一部危険物として扱われるものがあるので注意が必要です。

刃がついた物や先端が尖った物は持ち込みNG

刃がついたもの(眉毛ハサミ、シェーバー、ヒゲ剃り用のカミソリなど)や、先端が尖ったもの(毛抜き、ピンセットなど)は危険物と見なされて、機内への持ち込みがNGになるケースがほとんどです。

後ほど解説するルールをきちんと確認してくださいね。

ポイント② 預け荷物に入れる化粧品は100mlを超えるものでもOK

預け入れの場合は100mlを超える容器でもOK

化粧品やコスメ類を預け荷物(スーツケース)に入れる場合は、液状のものであっても、また容量が100ml(g)を超えていてもOKです。

ただし1容器あたりの容量や1人あたりの預け入れ可能な量には上限が決められています。

(こちらも詳しくは後ほど解説していきますね。)

ポイント③ 国際線では出入国時の関税・検疫にも注意が必要

海外では関税にも注意

国際線の飛行機を利用する場合、渡航先の国・地域によっては関税や検疫の面から、入国時の持ち込みや出国時の持ち出しに制限があるものがあるので注意が必要です。

もし国際線の飛行機に、大量の化粧品や高額な化粧品、また植物関係のものを持ち込む場合は、きちんとルールを確認してくださいね。

(こちらのルールについても後ほど詳しく解説していきますね。)



ポイントはざっくりと確認できたでしょうか?^^

不安や疑問を解消するために、下記で詳しく内容を確認していきましょう。


ここでは

① 化粧品/メイク道具を機内(客室)に持ち込みする場合【保安検査の時】の注意点

②【保安検査の後】の注意点

③ 機内に持ち込まず【預け荷物(スーツケース)に入れる時】の注意点

④ その他【関税・検疫】の注意点


について、それぞれ順番に解説していきますね。



① 化粧品/メイク道具を機内に持ち込む時(保安検査の時の注意点)

化粧品を機内に持ち込む時のルール

ではまず、保安検査(手荷物検査)のときに気をつけたいポイントについて確認していきましょう。

保安検査の前に購入した化粧品やコスメ類は、機内(客室)に持ち込みしてもOKですが、液体状のものについては、国際線では持ち込み可能な量に制限があるということでしたね。

国際線では液体物の機内持ち込みに制限があり、100ml(100g)以下の容器に入ったものでなければ保安検査を通過できないことになっているからです。

そしてこのルールは化粧品にも適用されます。


そのため、保安検査の前に買った液体状の化粧品をどうしても機内に持ち込みたい場合は、100ml(g)以下の容器に入ったものを選ぶ、もしくは100ml(g)以下の容器に移し替える必要があります。

(詳しくは下記「液体の化粧品を国際線の機内に持ち込む方法」でお伝えしていきます。)



ここで疑問になるのが

「どのようなものが液体状の化粧品になるの?」

ということですよね。


次で詳しく見ていきましょう。

液体状の化粧品(持ち込みに制限のある化粧品)ってどんなもの?

ジェル状・クリーム状のものなども液体物になる

液体物として扱われる化粧品には、液状のものはもちろん、ジェル状・クリーム状・スプレー缶・ミスト状のものなども含まれます。


その他、下記で掲載している化粧品やコスメ類は「液体物」として扱われるものの例になります。

このような化粧品を機内(客室)に持ち込む場合は、100ml(100g)以下の容器に入ったものを選んでくださいね。

(具体的な持ち込み方は下記「液体の化粧品を国際線の機内に持ち込む方法」で後ほど解説していきます。)


※また最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。

液体物の例(メイク用品)

メイク用品の例

・液状のファンデーション、リキッドファンデーション
・化粧下地クリーム
・bbクリーム
・液状のコンシーラー
・グロス
・ジェル状の口紅やリップクリーム
・液状のマスカラ
・液状のアイライナー
・液状のアイブロウ
・練りチーク、クリームチーク
・ティント(液状タイプのもの)
・日焼け止めクリーム
・日焼け止めスプレー

など

液体物の例(スキンケア用品)

スキンケア用品の例

・化粧水
・乳液
・ローション
・保湿クリーム
・ハンドクリーム、ボディークリーム
・洗顔フォーム
・クレンジングオイル、メイク落とし
・シャンプー
・リンス、トリートメント
・液体ソープ(ボディーソープ、ハンドソープ)
・シェービングクリーム、シェービングフォーム
・髭剃りクリーム

など

液体物の例(ヘアケア用品)

ヘアケア用品の例

・整髪料、寝癖直し
・ヘアスプレー(ケープ、VO5など)
・ヘアオイル(椿油など)
・ヘアワックス
・ヘアムース
・ヘアトニック
・育毛剤スプレー
・ヘアカラー、白髪染め

など

液体物の例(ネイルケア用品)

ネイルケア用品の例

・マニキュア
・除光液
・ネイルアート用品

など

液体物の例(香水類)

香水類の例

・香水
・練り香水
・コロン
・トワレ

など

液体物の例(マウスケア用品)

マウスケア用品の例

・歯磨き粉
・マウスウォッシュ(モンダミンなど)
・口臭スプレー

など

液体物の例(医薬品・医薬部外品類)

医薬品・医薬部外品の例

・使い捨てコンタクトレンズ
・コンタクトレンズ洗浄液
・塗り薬、軟膏
・薬用クリーム
・点鼻薬
・虫除けスプレー、虫さされ
・鎮痛剤

など

液体物の例(その他)

・制汗スプレー、消臭スプレー(シーブリーズ、8X4、ファブリーズなど)
・液状・ジェル状の入浴剤
・バスオイル
・アロマオイル(精油)
・液状・ジェル状の洗剤(※漂白剤・カビ取り剤は除く)

など

参考:国土交通省「国際線の航空機客室内への液体物持込制限について」


スポンサーリンク


持ち込み制限の対象にならない化粧品【液体物ではないもの】

制限のない化粧品類の例

ここからは、液体物の扱いにならない化粧品やコスメ類についてもご紹介していきますね^^

下記で掲載している化粧品は「液体物にはならない」ので、機内(客室)に持ち込む時に量の制限はありません。

つまり、100ml(100g)を超える容器に入っていても持ち込みOKです。


・粉、パウダー状のファンデーション
・粉、パウダー状のチーク
・固形の口紅やリップクリーム
・アイブロウペンシル
・ペンシルタイプのアイライナー
・ふき取りクレンジングシート、メイク落としシート
・フェイスパック、顔パック、美容パック
・ウェットティッシュ
・濡れマスク
・汗拭きシート、ボディシート
・ベビーパウダー
・固形の石鹸
・粉末状・粒状の洗剤
・粉末状・粒状の入浴剤

など

参考:国土交通省「国際線の航空機客室内への液体物持込制限について」


※ただし、最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。


※また国際線の飛行機では、国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあるので注意が必要です。(粉、パウダー状の化粧品であっても機内への持ち込みに制限があるケースもあります。)

詳しくは下記「国や地域、路線ごとの独自ルールに注意」で別途まとめているのであわせてチェックしてくださいね。

スプレー缶に入った化粧品は持ち込みできる?

スプレー缶に入った化粧品も持ち込みOK

スプレー缶(高圧ガスを含んだ鉄製の容器のスプレー)に入った化粧品についても、100ml(100g)以下の容器に入ったものであれば機内に持ち込みOKです。


スプレー缶の飛行機への持ち込みについては、スプレー缶の種類によってルールが決められています。

種類が「化粧品」や「医薬品・医薬部外品」に該当するスプレー缶については、利便性を考慮して機内への持ち込みが特別に認められているので安心してくださいね。

※預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。

【補足】

※「化粧品」「医薬品・医薬部外品」のスプレー缶とは、直接肌につけて使うもので下記のようなものになります。

・美容スプレー、美白スプレー
・虫さされ、かゆみ止めスプレー、虫除けスプレー(※殺虫剤は機内持ち込み・預け荷物ともにNG)
・身体用の消臭スプレー
・制汗スプレー、冷感スプレー
・ヘアスプレー
・シェービングフォーム
・身体用の除菌スプレー、消毒スプレー

など



ただしスプレー缶を持ち込む時は

キャップが付いていること(噴射弁が押されないように保護すること)

が条件になります。

スプレー缶は噴射弁を保護する

規定では「偶発的に中身が漏れるのを防ぐためキャップなどで噴射弁を保護してあること」が条件として記載されています。

つまり、カバンの中などでスプレー缶の弁が勝手に押されてしまうことがないように、対策しておく必要があるのです。(キャップはそのために必要になります。)


通常スプレー缶にはキャップがついていると思うので、忘れないようにキャップも一緒に持っていきましょう。



またスプレー缶の持ち込みルールについては、別途こちらの記事にもまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

【リンク】スプレー缶の持ち込みルールはこちら


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)

液体の化粧品を国際線の機内に持ち込む方法

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール

国際線の機内(客室)に液体状の化粧品やコスメ類を持ち込む時は、100ml(100g)以下の容器に入ったものしか持ち込みできない、ということでしたね。

そこでここでは、具体的にどのようにして持ち込めば保安検査(手荷物検査)で問題ないのか、液体物の持ち込み方について確認しておきましょう。


保安検査前に購入した液体物(化粧品)を機内に持ち込むときは、下記の①〜③の条件を満たした状態でなければ認められないので気をつけてくださいね。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール


それでは順番に説明していきますね。

① 各液体(化粧品)は100ml(g)以下の容器に入っていること

液体物は全て100ml以下の容器に入れる

機内に持ち込みできる液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみになります。

化粧品のほか、全ての液体物は100ml(g)を超えていると持ち込みNGになり、検査場で放棄しなければいけなくなるので注意しましょう。


※容器に残っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体の容量(容器に表示されている内容量)が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。


もし機内に持ち込みたい化粧品が100ml(g)を超えている場合は、100ml(g)以下の別の容器に詰め替えるようにしましょう。

(詰め替え用のボトルや容器は、百均や無印、旅行用品店などで購入できます。)

② 液体の入った容器は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること

液体の容器は全て1リットル以下の透明な袋に入れる

液体の入った100ml(g)以下の容器はすべて、透明なプラスチック袋に入った状態でなければ持ち込みできません。


このとき使用できる透明プラスチック袋は

・容量1リットル以下であること
・再封可能であること(ジッパーなどで開け閉めができること)

が条件です。

③ 1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

プラスチック袋は1袋のみ持ち込みOK

1つのプラスチック袋に入りきらない液体物は、機内に持ち込むことはできません。

(袋は完全に閉まっていないとNGです。)

※袋に入りきらない液体物がある場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。


もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎液体物をプラスチック袋に入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ



※乗り継ぎ便や帰国便など海外から出発する飛行機では、国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあります。

(詳しくは下記「国や地域ごとの独自ルールに注意」をチェックしてくださいね。)



また、医薬品類(使い捨てコンタクトレンズ、コンタクトレンズ洗浄液など)は例外として、100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入れなくても、特別に持ち込みできるようになっています。

詳しくは、こちらの記事内にある「液体物の持ち込み制限 例外アイテムについて」でまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

持ち込みに注意が必要なメイク道具

化粧品と一緒にメイク道具(ビューラー・毛抜き・ピンセット・ブラシ・シェーバー・眉バサミなど)を持ち込む方も多いと思います。

でもメイク道具の中には、一部危険物として扱われるものがあるので注意が必要です。

刃がついた物や先端が尖った物は持ち込みNG

具体的には、刃がついたもの(眉毛ハサミ、シェーバー、ヒゲ剃り用のカミソリなど)や、先端が尖ったもの(毛抜き、ピンセットなど)は危険物と見なされ、機内(客室)への持ち込みがNGになるケースがあります。

機内に持ち込みできないものは、あらかじめ預け荷物(スーツケース)に入れておくようにしてくださいね。詳細は下記のとおりです。


※ちなみに爪切りは基本的には機内持ち込みOKです。ただし航空会社によっては持ち込みを禁止していることもあるのでご確認ください。

(また甘皮切りの小型ナイフが装着されている爪切りは持ち込みNGです。)


※ビューラーやブラシ類は問題なく機内持ち込みOKです。

持ち込みOKなメイク道具の例

眉毛はさみ

規定には

「刃体が6cm以下で先端が丸いものは持ち込み可能」

「小さな眉毛切りハサミや鼻毛切りハサミなどの化粧用ハサミは持ち込み可能」

とありますが、検査する人によって判断が異なり、機内への持ち込みがNGになるケースもあります。

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


※また海外発の飛行機に乗る際はその国のルールが適用されます。はさみの取り扱いについて独自のルールが設けられている場合もあるのでご注意ください。

例えばマニラから出発する便では、はさみはサイズや丸みに関わらず全て持ち込みNGとなっています。

参考:ANA「各国・地域・空港特有の制限があるもの」

シェーバー、カミソリ

規定には

「T字型のカミソリや、化粧用の小さなカミソリ(眉毛用など)は機内持ち込み可能」

「電気カミソリ(電気シェーバー)は持ち込み可能」

とありますが、検査する人によって判断が異なり、機内への持ち込みがNGになるケースもあります。

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


※また海外発の飛行機に乗る際はその国のルールが適用されます。シェーバーやカミソリの取り扱いについて独自のルールが設けられている場合もあるのでご注意ください。

例えばバンコクから出発する便では、T字型カミソリは全て持ち込みNGとなっています。

参考:ANA「各国・地域・空港特有の制限があるもの」

ピンセット

規定には

「先端が丸みをおびていて、強度がないものは持ち込み可能」

とありますが、検査する人によって判断が異なり、機内への持ち込みがNGになるケースもあります。

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」



※最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。

※航空会社によっては独自のルールや制限がある場合があります。あらかじめ利用する航空会社のホームページなども確認しておくと安心です。

国や地域、路線ごとの独自ルールに注意

液体物の機内持ち込みルールは国や地域によって異なることも

ここまでは、国際線の機内(客室)に化粧品や液体物を持ち込みする時の基本的なルールについてご紹介してきました。

しかし国際線の飛行機に乗るときは、国や地域によって保安検査(手荷物検査)で独自のルールがあることもあるので注意が必要です。


例えば

・アメリカ行きの国際線では、粉末類の持ち込みにも制限がある

・オーストラリア発の国際線でも、粉末類の持ち込みに制限がある


というような独自のルールがあります。


下記で簡単にご紹介しておきますね。

アメリカ行きの国際線は粉末類の持ち込みに制限がある

アメリカ行きの国際線では、機内に350g(ml)以上の粉末類を持ち込みすることができません。

パウダー状の化粧品(ボディパウダー、ベビーパウダーなど)を機内に持ち込む場合はご注意ください。


もし350g(ml)以上の粉末類を持っている場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしてくださいね。

また少量の場合でも、粉末状のものは機内には持ち込まないようにする方が保安検査がスムーズです。

参考:JAL「米国線日本出発時の粉末の機内持ち込み制限について」
参考:ハワイアン航空「機内持ち込みおよび受託手荷物の制限品目」

オーストラリア発の国際線では粉末類の持ち込みに制限がある

オーストラリアから出発する国際線でも、350g(ml)以上の粉末類は機内に持ち込みすることができません。

もし350g(ml)以上の粉末類を持っている場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしてくださいね。

参考:JAL「オーストラリア出発国際線の粉末の機内持ち込み制限について」
参考:スクート「手荷物について(オーストラリアを出発するすべての便に対する荷物検査)」



ここでご紹介した以外にも、国や地域、路線によっては独自のルールが設けられている場合があります。

国際線の飛行機を利用する際は、航空会社のホームページなどをあらかじめ確認しておくと安心です。



② 化粧品/メイク道具を機内に持ち込む時(保安検査の後の注意点)

保安検査後に購入した液体物は100mlを超えてもOK

液体物の持ち込み制限やパッキング方法は、保安検査(手荷物検査)の「前」に購入したものについてのルールになります。

保安検査が終わった「あと」に、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で購入した化粧品やコスメ類については、100ml(g)を超える液体状・ペースト状のものでも機内へ持ち込みOKなので安心してくださいね。

(透明プラスチック袋にも入れなくてOKです。)

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は、安全性が保証されているためです。


※ただし国際線の乗り継ぎがある場合は注意が必要です。

乗り継ぎ空港(経由地)では再度保安検査があるため、100ml(g)を超える液体物を持ったままでは保安検査を通過できません。

詳しくは下記「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」をチェックしてくださいね。



さらに注意点がもう一つ。

保安検査後に購入した化粧品は100ml(g)を超えたものでも機内に持ち込みOKですが、上限なく好きな量だけ持ち込みできるわけではありません。

化粧品は持ち込み可能な上限量が決められているので注意が必要です。


詳しくは下記のとおり。

化粧品を持ち込む時の上限量について

保安検査後に購入した化粧品の上限量

化粧品やコスメ類は、下記の通り持ち込み可能な上限量が決められているので気をつけてくださいね。

化粧品の制限(保安検査後)

・各化粧品は500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること


※2000ml(g)とは、機内に持ち込む分だけでなく、預け荷物(スーツケース)に入れる分も合わせた合計になります。


※また保安検査の後に購入する化粧品類は、渡航先(目的地の国)での免税範囲を超えないように注意が必要です。

詳しくは下記「化粧品関係の関税や検疫について」をチェックしてくださいね。


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



③ 化粧品/メイク道具を預け荷物に入れる時の注意点

化粧品を預け荷物に入れる時のルール

次にここでは、化粧品やメイク道具を機内(客室)に持ち込まず、預け荷物(スーツケースなど、航空会社のチェックインカウンターに預ける荷物)に入れる時のお話をしていきますね。


化粧品やコスメ類を預け荷物に入れる場合は、100ml(g)を超える液状・ペースト状のものを入れてもOKです。

1リットル以下の透明プラスチック袋にも入れる必要はありません。

預け入れする場合は100mlを超えてOK


また、刃がついたメイク道具(眉毛ハサミ、シェーバー、ヒゲ剃り用のカミソリなど)や、先端が尖ったメイク道具(毛抜き、ピンセットなど)も、預け荷物に入れる場合は問題なくOKなので安心してくださいね。

刃がついたものや先端が尖ったものも預け入れOK


ただし預け荷物に化粧品を入れる場合は、下記の点に注意が必要です。

・預け入れ可能な量の制限に注意

・水漏れや容器の破損に注意

・関税や検疫に注意


それでは、それぞれ簡単に見ていきましょう。

預け入れ可能な量の制限に注意

化粧品を預ける時の上限量

化粧品やコスメ類は、預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも上限量が決められているので注意が必要です。

化粧品の制限

・各化粧品は500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること


500ml以下の容器に入っていること


「すべて合わせて2000ml(2000g)以下」ということなので、1個あたりが500ml(500g)以下であれば、2個以上預けることも可能です。

ただし、すべての個数を合わせた容量が2000ml(g)を超えないようにしましょう。

※2000ml(g)とは、預け入れする分だけでなく、機内(客室)に持ち込む分も合わせた合計になります。

容器の破損や水漏れに注意

容器の破損や水漏れに注意

ガラスや瓶に入った化粧品やコスメ類は、飛行機への積み下ろしや運搬時の衝撃などで容器が破損してしまう可能性があるので注意が必要です。

また一度開封した容器は、きちんとフタをして密閉していないと中身や水分が漏れてしまうこともあるので、きちんと対策しておきましょう。

(※スプレー缶に入った化粧品は「キャップが付いていること」が条件でしたね。)

水漏れや容器の破損を防ぐには?

スーツケースの中を濡らさないために、化粧品を預け荷物に入れる場合は、ビニール袋などに入れて密閉しておくと万が一中身が漏れた場合でも安心です。

またパッキング(荷造り)をするときに、タオルや洋服などをうまく利用して入れるようにすると衝撃の緩衝材になります。

特にガラスや瓶に入った化粧品は割れやすいので気をつけてくださいね。


もしスーツケースの中で液体が漏れてしまった場合は、すべて自己責任になってしまうので、割れやすい容器に入った化粧品は、特に気をつけて荷造りするようにしましょう。

関税や検疫に注意

入国・出国時の関税や検疫に注意

預け荷物に大量の化粧品や高額な化粧品を入れる場合は、渡航先(目的地の国)での免税範囲を超えないように注意が必要です。

また植物関係のものがある場合は、植物検疫にも注意しましょう。


詳しくは下記「化粧品関係の関税や検疫について」をチェックしてくださいね。


※預け荷物の制限については随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



④ その他 国際線での注意点(関税や検疫について)

国際線では関税や検疫に注意

ここでは、国際線の飛行機を利用するときに気をつけたい、化粧品・コスメ関係の関税や検疫についてご紹介していきますね。

化粧品を日本に持ち込むときは個数制限や免税範囲にも注意!

海外に行ったときは、化粧品やコスメ類をお土産として購入することも多いかと思います。

ここで注意が必要なのが、日本に持ち込みできる化粧品類には個数の制限があるということ。

まとめて大量に購入する場合は、個数の制限にも注意しましょう。


また個数に関係なく、お土産全体で20万円を超える場合は、別途課税の対象になります。

高額なものを購入する場合は気をつけてくださいね。


それでは下記で詳しく説明していきますね。

日本に持ち込みできる化粧品の個数は1品目につき24個まで

個人が化粧品や医薬品類を日本国内に持ち込みするときは、「標準サイズで1品目につき24個まで」と決められています。

これを超えると、厚生労働省の手続きが必要になり、超えた分は廃棄されてしまうので気をつけてくださいね。


※「標準サイズ」とは、一般家庭で使用する目的で市販されているサイズです。

(ドラム缶などの業務用サイズは持ち込みNGです。)


※また「品目」とは、具体的に次のようなものになります。

【クリーム類】
ハンドクリーム、日焼け止めクリーム、クレンジングクリーム など

【化粧水類】
一般化粧水、ハンドローション、日焼け止めローション など

【パック類】
パック用化粧料

【ファンデーション類】
クリーム状ファンデーション、液状ファンデーション、固形ファンデーション など

【白粉打粉類】
粉おしろい、ベビーパウダー、ボディバウダー など

【化粧用油類】
美容オイル、ベビーオイル など

【口紅類】
口紅、リップクリーム など

【眉目頰化粧品類】
アイクリーム、アイシャドー、アイライナー、マスカラ、チーク など

【爪化粧品類】
マニキュア、除光液 など

【香水類】
一般香水、練り香水、粉末香水 など

【浴用化粧品類】
バスオイル、バスソルト など

【洗顔料類】
洗顔クリーム、肌洗い粉、洗顔フォーム など

【石けん類】
固形石鹸、ハンドソープ など

【歯磨き類】
歯磨き粉、マウスウォッシュ など

【頭皮用化粧品類】
ヘアクリーム、ヘアトニック、ヘアスプレー など

【洗髪用化粧品類】
シャンプー、リンス、トリートメント など


「1品目」とは、上記の類別(例えばクリーム類といった大きなくくり)ではなく、その中の小さな分類(例えばハンドクリーム、日焼け止めクリーム、クレンジングクリームなど)を指します。

つまり、ハンドクリーム24個と日焼け止めクリーム24個の持ち込みは、品目が異なるのでOKということです。


参考:税関「海外旅行者の皆様へ 通関案内」
参考:税関「医薬品・化粧品等の個人輸入について」
参考:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)

海外で購入したものの免税範囲は20万円まで

海外で購入したものは、合計額が20万円以内に収まる品物が免税になり、その残りの品物は課税されてしまいます。

(化粧品のほか、衣類やアクセサリー類など、海外で購入したものは全て含みます。)

高額なものを購入したり、お土産などで大量に購入する場合は、金額にも注意しましょう。



※香水の免税範囲はこのルールとは異なります。

香水のルールについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】香水の持ち込み・預け入れルールまとめ



もし、国際線の飛行機に大量の化粧品や高額な化粧品を持ち込む予定の方は、あらかじめ税関・外務省などのホームページで情報を確認するようにしてくださいね。

(主な関連リンクは下記に掲載しています。)

植物検疫に注意

天然植物類の持ち込み・持ち出しに注意

国際線の飛行機を利用する場合、渡航先の国・地域によっては入国時の持ち込みや出国時の持ち出しが禁止または制限されている植物があるので注意が必要です。

(植物の病害虫の侵入を防ぐのが主な目的)


日本の場合では、入国時に植物やドライフラワーなどを持ち込む場合は、輸出国の検査証明書を取得して輸入検査を受けなければいけないケースがあります。

天然の植物やハーブなどを使った美容グッズや日用品を持ち込む場合は注意しましょう。


例えば、タイのマッサージ店でよく見られるハーバルボール(ハーブボール)は、布の中に天然ハーブが使用されていることから、日本へお土産として持ち込むには検査証明書を添付しなければいけません。

参考:タイ政府観光庁「重要なお知らせ」



その他にも、渡航先の国・地域によって持ち込みが禁止・制限されている植物などがたくさんあります。

天然の植物などが使われたものを持ち込む予定の方は、あらかじめ渡航先の情報を確認するようにしてくださいね。(主な関連リンクは下記に掲載しています。)


※実際の判断は、現場の検疫官に委ねられます。また同じ国であっても、検疫官によっては判断が異なることがあります。



乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点

国際線を乗り継ぐ時は液体物の持ち込みに注意

保安検査(手荷物検査)が終わった後に購入した化粧品やコスメ類については、100ml(g)を超える液体状・ジェル状・クリーム状などのものであっても機内(客室)に持ち込みOK、ということはすでにお伝えしたとおり。

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は安全であることが保証されているからです。


しかし、目的地まで直行便で向かわず、国際線を乗り継ぎする場合には、乗り継ぎ空港(経由地)で再度手荷物の検査があるので注意が必要です。

乗り継ぎ空港では再度セキュリティーチェックがある

乗り継ぎ空港では再度保安検査がある

目的地まで国際線を乗り継ぎして向かう場合は、乗り継ぎ空港で再度、手荷物のチェック(保安検査)を受けることになります。

そのため乗り継ぎ空港では、100ml(g)を超える液体物を持ったまま保安検査を通過することはできません。

もしそこで、100ml(g)を超える液体物(液体状の化粧品など)を持っていた場合は、放棄することになってしまうので気をつけてくださいね。


しかし例外として、STEBs(不正開封防止袋)という特別な袋に入った免税品(液体物)については、別のルールが適用されることになっています。

100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入っていなくても、保安検査を通過でき、乗継ぎ便への機内持ち込みも可能になります。(※ただし導入空港のみ)


このSTEBs(不正開封防止袋)について詳しく知りたい方は、こちらの記事内にある「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」をチェックしてくださいね。

(使い方のルールや注意点についてまとめています。)



【国際線】化粧品/メイク道具の持ち込みルールまとめ

化粧品の持ち込みルールまとめ

✔︎ 国際線では、化粧品やメイク道具の機内(客室)への持ち込みは、種類によってルールが異なる

(→ 水分が多く含まれる液体状・クリーム状・ジェル状・スプレー缶などの化粧品は、持ち込みできる量に制限あり


✔︎ 液体状・クリーム状・ジェル状・スプレー缶などの化粧品は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみ条件付きで機内持ち込みOK

(→ 各容器は容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること)


✔︎ メイク道具については、刃がついた道具(眉毛ハサミ、シェーバー、ヒゲ剃り用のカミソリなど)や、先端が尖った道具(ピンセットなど)は危険物に該当し、機内に持ち込みできないことがある

(→ 機内に持ち込みできないものは、あらかじめ預け荷物に入れておく)


✔︎ 国や地域、航空会社によっては、液体物や粉末類の持ち込みについて独自のルールや制限を設けていることもある

(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)


✔︎ 保安検査(手荷物検査)の後に搭乗待合エリア(売店や免税店など)で購入した化粧品については、液体状・クリーム状・ジェル状・スプレー缶のものであっても機内持ち込みOK、また100ml(g)を超えるものでも機内持ち込みOK

(→ ただし乗り継ぎがある場合は、乗り継ぎ空港で再度手荷物チェックがあるので注意)


✔︎ 預け荷物(スーツケース)に化粧品を入れる場合は、100ml(g)を超える容器に入ったものでもOK、また透明プラスチック袋に入れなくてもOK

(→ ただし、① 500ml(500g)以下の容器に入っていること ② 各化粧品の総量は、1人あたり2000ml(2000g)以下であることが条件)


✔︎ 日本に持ち込みできる化粧品の個数は、1品目につき24個まで

(→ 国際線の場合は、渡航先の国や地域の免税範囲や検疫などにも注意する。税関・検疫・外務省などのホームページで渡航先の情報を確認すること)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを記載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・税関・検疫の関連ホームページ
・外務省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめています。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・国別(渡航先)の持ち込み禁止物や免税範囲
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量や化粧品の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

税関・検疫の関連ホームページ

税関「海外旅行者の免税範囲」

税関「海外旅行者の皆様へ 通関案内」

税関「医薬品・化粧品等の個人輸入について」

医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)

植物防疫所「旅行者向け植物検疫情報」

植物防疫所「海外へ野菜や果物を持ち出す際の規制」

植物防疫所「海外から野菜や果物を持ち込む際の規制」

外務省の関連ホームページ

外務省「海外安全ホームページ」
※地図で情報を調べたい国を選択→「安全対策基礎データ」→「査証、出入国審査等」でご確認いただけます。

外務省「在日外国公館ホームページ」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)
液体物の持ち込みについて(国際線)
よくある質問(化粧品・身だしなみ品)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について
液体物持込制限品

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
セキュリティガイド
液体物の持ち込みについて

◆福岡空港
液体物持ち込み制限について(国際線)

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・化粧品の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
手荷物について
航空機内への液体物持ち込み制限について

◆ANA(全日空)
手荷物について
液体の機内持ち込み
手荷物 Q&A「化粧品の持ち込み」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
液体物の機内持ち込み

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
液体の持ち込み

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
手荷物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
機内持ち込み手荷物
預入れ荷物

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)
手荷物に関する規定(受託手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
手荷物に関する情報
液体の機内への持ち込み

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
荷物について
液体類について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について



さいごに

さいごに

飛行機に持ち込むことのできる手荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

たとえ使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。

持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。