液体物の持ち込み&預け入れのルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷う方も多いはず。

特に「液体物の持ち込み」についてはルールが細かくて厳しいので

「ややこしくてよく分からない」
「保安検査で引っかからないか心配…」

と思ってしまいますよね(> <)


そこでここでは

国際線の飛行機内に液体物を持ち込みたいけど、どのような液体物なら持ち込みして大丈夫なのかを確認したい

どのようにすれば機内に液体物を持ち込みできるのか、持ち込み方のルールがよく分からない

預け荷物(スーツケース)に液体物を入れる時のルールについても知りたい


といった方に向けて

Check
★ 液体物を飛行機へ持ち込む時に最低限知っておきたいポイント
★ どのような液体物が制限されるのかの具体例
★ 液体物を機内に持ち込む時のルールと持ち込み方
★ 預け荷物(スーツケース)に液体物を入れる場合の注意点
★ 国際線の乗り継ぎがある場合の注意点


などについてまとめています。

空港で焦ったり困ったりしなくてもいいように、事前にきちんとルールや制限について確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩

※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国際線】液体物を持ち込みする時のルールについて

液体物を飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機に飲み物や化粧品などの液体物を持ち込むときのルールは「国内線」と「国際線」で異なります。

ざっくりまとめると下記の表のとおり。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

飛行機への液体物の持ち込みルール


この記事では「国際線」のルールについてのお話をしていきますね。
「国内線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

※また国際線の乗り継ぎがある方は、この記事の後半にある「乗り継ぎ便での液体物の持ち込みについて」もあわせてチェックしてくださいね。

国際線では機内に持ち込みできる液体物の量に制限がある

100ml以下の容器のみOK

まず大切なポイントは、国際線では液体物を機内(客室)へ持ち込むには制限があるということ。

上の表のとおり、保安検査(手荷物検査)の前に買った液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったものしか機内に持ち込みできないことになっています。

そのため、液体物(飲み物や化粧品など)を機内に持ち込みたい場合は、100ml(g)以下の容器に入ったものを選ぶ、もしくは100ml(g)以下の容器に移し替える必要があるのです。


ここで疑問になるのが

「じゃあどのような液体物がこの制限の対象になるの?」
「具体的にどのようにして持って行けば大丈夫なの?」

ということだと思います。


そこで下記では

・制限の対象になる液体物
・そもそも飛行機に持ち込みできない液体物
・機内に液体物を持ち込む時のルールと持ち込み方


について順番に確認していきましょう。


こんなものが液体物!持ち込み制限の対象になるもの

どのような液体物が制限の対象になる?

機内(客室)への持ち込み制限の対象になる「液体物」には、どのようなものがあるのでしょうか。

まずここでは「どんなものが液体物になるのか?」についてチェックしていきましょう♩
(液体物の持ち込み方については、後ほど解説していきますね。)

間違って持ち込んで没収されてしまわないためにも、ここでしっかりと確認しておくことが大切です。意外なものも「液体物」として扱われるので気をつけてくださいね。


実は「液体物」には、液状のものの他、クリーム状、ジェル状、ペースト状のものなども含まれます。分かりやすく言うと「容器に入れておかないと形がくずれてしまうもの」は液体物として扱われるということ。

なので「液体物」には、飲み物はもちろん、水分の多い食べ物、ジェル状・クリーム状の化粧品や日用品、スプレー類なども含まれるのです。

もし判断が難しかったり、液体物になるのかどうかで迷った時は、とりあえず100ml(100g)以下のものを選んでおくと安心です。


それでは次に、液体物の例(機内への持ち込み量に制限があるもの)の具体例を見ていきましょう!

下記で記載しているようなものを機内に持ち込む場合は、全て100ml(g)以下の容器に入ったものにしてくださいね。

液体物持ち込み制限の対象となるもの【①飲み物】

飲み物の例

ペットボトル、缶やビン入り、パック入りなどで、次のような飲み物は「液体物」として扱われます。

清涼飲料

野菜ジュース、果汁ジュース、トマトジュース、シェイク、スムージー、タピオカドリンク、コーラ、ラムネ、サイダー、ジンジャーエール、コーヒー、ココア、紅茶、日本茶、中国茶、水、炭酸水、スポーツドリンク、栄養ドリンク、ゼリー飲料、ノンアルコールビール など

乳飲料

牛乳、豆乳、ミルクセーキ、飲むヨーグルト、ヤクルト、ミルミル など

アルコール飲料・お酒

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、ブランデー など


また、飲み物やお酒についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】ペットボトル・飲み物の持ち込みと預け荷物のルールまとめ
▶︎▶︎【国際線】お酒・アルコールの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

液体物持ち込み制限の対象となるもの【②食べ物】

食べ物の例

缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ詰め、レトルトパック詰め、ふくろ詰め、真空パック詰め、カプセル詰めなどで、次のような食べ物は「液体物」として扱われます。

ジャム類

ジャム、ピーナッツバター、チョコクリーム、カスタードクリーム、マーマレード、フルーツソース、ピザソース、マーガリン、コンデンスミルク、ホイップクリーム、生クリーム、ハチミツ、ガムシロップ、水飴、練りあん、こしあん、バニラエッセンス など

調理品

カレー、シチュー、雑炊、リゾット、おかゆ、クッパ、コーンスープ、クラムチャウダー、パンプキンスープ、野菜の缶詰め、おでんの缶詰め など

※プラスチック容器詰めのご飯は除く
※固形・顆粒状のスープは除く(コンソメスープの素など)

漬物類

塩辛、しば漬け、ぬか漬け、甘露煮、キムチ、らっきょう、酢漬けの梅干し、福神漬け など

※干し梅、かりかり梅など、含有される液体が非常に少ないものは除く

水物

豆腐、こんにゃく、生湯葉、ところてん、生春雨 など

健康食品・栄養食品

プルーンエキス、高麗人参エキス、ロイヤルゼリー、漢方酒、ドリンク剤 など

デザート・スイーツ

ヨーグルト、プリン、ババロア、ゼリー、杏仁豆腐、ムース、みつ豆、おしるこ、ぜんざい、あんみつ、くずきり、アイスクリーム、かき氷、果実・デザート缶 など


また、食べ物についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】食べ物・お菓子の持ち込みと預け荷物のルールまとめ

液体物持ち込み制限の対象となるもの【③油・調味料】

調味料の例

缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ詰めなどで、次のようなものは「液体物」として扱われます。


醤油、味噌、お酢、みりん、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、たれ、つゆ、ドレッシング、練りからし、練りわさび、豆板醤、オイスターソース、おろし生姜、おろしニンニク、タバスコ、ゆず胡椒、ごま油、サラダ油、オリーブオイル、ラー油、ガーリックオイル など

液体物持ち込み制限の対象となるもの【④化粧品・日用品】

化粧品・日用品の例

スプレー類

以下のスプレー缶、ミストスプレー、霧吹き式スプレーは「液体物」として扱われます。


ヘアスプレー、ヘアムース、美容スプレー、美白スプレー、虫さされ、かゆみ止め、消臭スプレー、除菌スプレー、制汗スプレー、殺菌・消毒スプレー、シェービングフォーム、育毛スプレー など

クリーム・ローション

軟膏、塗り薬、日焼けローション、保湿クリーム、ハンドクリーム、薬用クリーム、化粧水、液状コンシーラー、化粧下地クリーム、液状(リキッド)ファンデーション、ボディローション、制汗ジェル、クレンジング など

その他液状の化粧品

ジェル状リップ、グロス、液体マスカラ、液体アイライナー など

液状せっけん

ハンドソープ、ボディソープ、洗顔フォーム、シャンプー、リンス、トリートメント など

入浴剤

液状・ジェル状の入浴剤 など

※粒状、粉末状のものを除く

マウスケア用品

歯磨き粉、マウスウォッシュ、口臭スプレー など

香水・ネイル

香水、トワレ、コロン、マニキュア、除光液、ネイルアート用品 など


また、化粧品やスプレー類についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】化粧品・メイク道具の持ち込みと預け荷物のルールまとめ
▶︎▶︎【国際線】スプレー缶・ミストスプレーの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

液体物持ち込み制限の対象となるもの【⑤その他】

氷、水のり、修正液、万年筆のインク、墨汁、水性絵の具、洗剤、靴クリーム など

※接着剤、漂白剤などは危険物に該当するため持ち込みNG

参考:国土交通省「量的制限の対象となる液体物のリスト」


どのようなものが「液体物」に該当するのか?については確認できましたか?^^

次は「液体物ではないもの」についても同じように確認していきましょう。


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)


スポンサーリンク



持ち込み制限の対象にならないもの【液体物ではないもの】

液体物ではないもの

次にここでご紹介するものは、液体物の持ち込み制限の「対象外」となるものです。

つまり「液体物」にはならないため、保安検査(手荷物検査)の前であっても、100ml(100g)以下の容器に入れる必要はありません。

※ただし、最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。


それではどのようなものが液体物にならないのか、具体的な例をご紹介していきます!

液体物持ち込み制限の対象外のもの【①食べ物】

・チーズ、納豆、生卵、果物、乾燥野菜、ごま、焼き海苔、青のり、乾燥わかめ、とろろ昆布、だし昆布、煮干し、いりこ、かつお節 など

・以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、真空パック詰めのもの(液体の含有量が多いものは除く)
ウニ、いくら、明太子、キャビア、鮭フレーク、ちりめん など

・乾燥香辛料(唐辛子、胡椒、カレー粉 など)

・固形・顆粒状のスープの素(コンソメスープの素、鶏ガラスープの素 など)

液体物持ち込み制限の対象外のもの【②お菓子】

・キャンディ、キャラメル、チョコレート、ガム、ビスケット、クッキー、おせんべい など

・スナック菓子(ポテトチップス、ポップコーン、えびせん など)

・和菓子(団子、お餅、大福、おはぎ、羊羹、まんじゅう、どら焼き、最中 など)

・生菓子(ケーキ、シュークリーム、パイ、カステラ、ドーナツ など)

液体物持ち込み制限の対象外のもの【③化粧品】

ウェットティッシュ、フェイスパック、美容パック、保湿パック、ふき取りクレンジングシート など

液体物持ち込み制限の対象外のもの【④日用品】

万年筆、ボールペン など

※補充用のインクは除く

液体物持ち込み制限の対象外のもの【⑤その他】

ジェル入りのブラジャーなど

参考:国土交通省「量的制限の対象となる液体物のリスト」


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【注意】飛行機に持ち込みできない液体物もある!

飛行機への持ち込みが禁止されている液体物

ここまでは

「機内持ち込み制限の対象になる液体物」
「制限の対象にならない液体物」

についてそれぞれご紹介してきましたが、液体物の中には持ち込み量にかかわらず、飛行機に一切持ち込みできない物もあるので注意が必要です。


そこでここでは、「飛行機に持ち込むことが禁止されている液体物」についても確認しておきましょう。

下記のような液体物は危険物に該当するので、たとえ少量であっても(100ml以下であっても)持ち込みNGです。

※預け荷物(スーツケース)に入れることもNGなので気をつけてくださいね。

飛行機に持ち込みできない液体物の例(危険物)

・漂白剤
・カビ取り剤
・ペンキ、塗料、ニス
・殺虫剤、農薬
・ガソリン、灯油、軽油
・シンナー
・エタノール
・ライター用燃料
・カセットコンロ用のガス缶
・商品に『塩素系』『まぜるな危険』と書かれたもの
・商品に『火気注意』『火気厳禁』『火気と高温に注意』と書かれたスプレー缶(ただし化粧品、医薬品類はOK)
・アルコール度数が70%を超えるお酒

など

参考:国土交通省「機内持込み・預け荷物における危険物の代表例」



【国際線】液体物の持ち込み方とルール

機内に液体物を持ち込む時のルールは?

国際線の機内(客室)に液体物を持ち込む時は、100ml(100g)以下の容器に入ったものに制限されるということでしたね。

ここまでは、どのような液体物がその制限の対象になるのか?についてご紹介してきました。

そしてここからは、具体的にどのようにして制限の対象になる液体物を持ち込めば良いのか、ルールや持ち込み方法について確認していきましょう。

液体物の機内持ち込みルール(保安検査前)

国際線の機内へ液体物を持ち込む時は、下記の①〜③の条件(ルール)を満たした状態でないと保安検査を通過できず持ち込みすることができません。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のポイント
それでは順番に解説していきますね。

①各液体を100ml(g)以下の容器に入れる

100ml 以下のみOK

※容器に入っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。

※またお酒は別の容器に詰め替えNGです。

②各100ml(g)以下の容器は、容量1リットル以下の再封可能な透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入れる

使用できるジップロックの条件

※プラスチック袋の大きさは、縦横の長さの合計が40cm以内が容量1リットルの目安です。

③1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

2つ目の袋は持ち込みNG

※1つのプラスチック袋に入りきらないものは預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。

もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】液体物をジップロックに入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ


※海外から出発する飛行機では、国や地域によって液体物の持ち込みについて独自のルールや制限がある場合もあります。(詳しくは下記「国や地域ごとの独自ルール」をチェックしてくださいね。)


また医薬品やベビーミルクなどは例外として、100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入れなくても持ち込みできるようになっています。

次で簡単に解説していきますね。

「医薬品」「ベビーミルク」などの持ち込みは例外

医薬品やベビーミルクなどは例外アイテム

ここまでは、液体物の機内への持ち込み方(パッキング方法)についてご説明してきましたが、実は「医薬品」や「ベビーミルク」などは例外として、液状であってもこのようなパッキング方法をせずに持ち込みできることになっています。

つまり、100ml(g)以下の容器やプラスチック袋に入れなくても持ち込みOKということです。

※ただし持ち込みには、保安検査の時に申告が必要です。
※また持ち込みできる量は、機内で必要な量に限ります。


保安検査員に申告する際は、医薬品の場合は診断書や処方箋など、その医薬品が必要なことを証明するものを用意しておきましょう。

またベビーミルクや離乳食などを申告する場合は、乳幼児が同伴していることが条件になります。

※しかし、最終の判断は現場の保安検査員に委ねられます。検査員の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従いましょう。


もし上記の申告が面倒であれば、他の液体物と同じように100ml(g)以下の容器&透明プラスチック袋に入れて持ち込む方がスムーズです。

まとめると

検査員に申告する場合
「医薬品」や「ベビーミルク」は、100ml(g)以下の容器&1リットル以下のプラスチック袋に入れなくてもOK

検査員に申告しない場合
「医薬品」や「ベビーミルク」も、他の液体物と同じように100ml(g)以下の容器&1リットル以下のプラスチック袋に入れる


と覚えておきましょう。


医薬品やベビーミルクなどを申告する時としない時


「医薬品」「ベビーミルク」の申告方法については、こちらの記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はあわせてチェックしてみてくださいね。また利用する航空会社にもあらかじめ問い合わせをするようにしてくださいね。

国や地域、路線によって独自ルールがあることも

液体物の機内持ち込みルールは国や地域によって異なることも

ここまでは、国際線の機内(客室)に液体物を持ち込みする時の基本的なルールについてご紹介してきました。

しかし海外発の飛行機に乗るときは、国や地域によって保安検査(手荷物検査)で独自のルールがあることもあるので注意が必要です。


例えば中国国内線では、「液体物の機内への持ち込みは基本的にNG」というような独自ルールがあります。詳細は下記のとおり。

中国国内線では液体物の持ち込みは原則不可

中国国内線では、全ての便において機内(客室)への液体物の持ち込みは「原則不可」となっているそうです。そのため液体物は、全て預け荷物(スーツケース)に入れる必要があります。

ただし液体化粧品は、下記の条件付きで機内に持ち込みできるようになっています。

・1人1個のみ
・容量は100ml以下のもののみ
・単独のビニール袋に入れる
・保安検査で開封確認を受ける


また空港で購入した免税品は、下記の条件付きで機内に持ち込みできるようになっています。

・透明ビニール袋で密閉包装されていること
・免税品の領収書を提示すること
・保安検査で安全性の確認を受けること

参考:JAL「航空機内への液体物の持ち込み制限について(中国国内線をご利用のお客さまへ)」


上記でご紹介した以外にも、国や地域、路線によっては独自のルールが設けられている場合があります。海外発の飛行機を利用する際は、航空会社のホームページなどをあらかじめ確認しておくと安心です。

※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)

保安検査後の液体物の取り扱いについて

クリーンエリアで購入した液体物は100mlを超えてもOK

ここまでご紹介してきた液体物の持ち込み方や制限については、保安検査(手荷物検査)の「前」のお話でした。

そしてここからは、保安検査が終わった「あと」のお話についても簡単にしておきますね。


機内(客室)に持ち込みする液体物を100ml(g)以下の容器に入れておく必要があるのは、保安検査の時のことなので、保安検査を終えた後に購入した液体物については、100ml(g)を超える容器に入ったものでも機内に持ち込みOKです。
(もちろん1リットル以下の透明プラスチック袋に入れなくてもOK)

これは、クリーンエリア(搭乗待合エリア)で販売されている商品は、安全性が保証されているためです。


※ただし国際線の乗り継ぎがある場合は注意が必要です。
乗り継ぎ空港(経由地)で再度手荷物の検査があるため、100ml(g)を超える液体物を持ったままでは保安検査を通過できません。

詳しくは下記「乗り継ぎ便での液体物の持ち込み」のとおり。


また機内に持ち込むことのできる手荷物の数や大きさには制限があるので、保安検査後にお土産などをたくさん買う予定の方は、あらかじめ航空会社のホームページなどを確認しておくと安心です。


さらに航空会社によっては、独自のルールによって機内への飲食物の持ち込みを制限・禁止している場合もあるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。

LCCでは飲食物の持ち込みがNGの場合もある

持ち込みしたものは機内で飲食できない航空会社もある

エアアジア、香港エクスプレス、Scoot(スクート)など一部のLCC(格安航空会社)では、機内に飲食物を持ち込むことを制限していたり、外部から持ち込んだ物の機内での飲食を禁止している場合もあるので注意が必要です。
(一般的にLCCでは機内での飲食物を有料で販売しているため。)


LCCを利用する際には事前に航空会社のホームページなどを見て、機内での飲食や飲食物の持ち込みができるかを確認しておきましょう。

ちなみに、保安検査を通過後に飛行機への搭乗時間までの間に待合エリアで飲食する分には問題ありません。

参考:エアアジア「飲食物の機内持ち込み」
参考:香港エクスプレス「食事と飲み物の持ち込み」
参考:スクート(Scoot)「食べ物・ドリンクの機内持ち込み」(英語)



【国際線】液体物を預け荷物に入れる場合の注意点

液体物を預け荷物に入れる時

次にここでは、液体物を機内(客室)に持ち込まず、預け荷物(スーツケース)に入れる時のお話をしていきますね。

機内でどうしても必要な液体物以外は、可能な限り預け荷物に入れることをオススメします。その方が保安検査(手荷物検査)をスムーズに終えることができ、万が一のトラブルや混乱も防げるからです。


※ただし預け荷物に入れる場合は、容器の割れや破損、水漏れなどに注意してくださいね。割れやすい容器は、ビニール袋やタオル、洋服に包むなどして対策しましょう。

※また繰り返しになりますが、上記でご紹介した「飛行機に持ち込みできない液体物(危険物)」は、預け荷物に入れることもできないのでご注意くださいね。


もし1リットル以下のプラスチック袋に入りきらない液体物があった場合も、預け荷物へ入れることを検討しましょう。

預け荷物に入れる場合は、100ml(100g)を超えた液体物でもOK、また1リットル以下のプラスチック袋に入れなくてもOKなので、安心してくださいね。


液体物を預け荷物に入れる場合


ただし下記の液体物は、預け荷物に入れる際にも量の制限があるので注意が必要です。

預け入れに制限のある液体物
・化粧品
・医薬品、医薬部外品
・お酒(アルコール飲料)


下記でそれぞれご説明していきますね。

化粧品を預け荷物に入れる場合

化粧品を預け荷物に入れる場合

化粧品は、預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。

化粧品の制限
・各化粧品は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・化粧品の総量は、1人につき2kg(2リットル)以下であること


※機内に持ち込みする分の化粧品もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また化粧品の他に、スプレー類や医薬品類などがある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


また、化粧品やスプレー類についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】化粧品・メイク道具の持ち込みと預け荷物のルールまとめ
▶︎▶︎【国際線】スプレー缶・ミストスプレーの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

医薬品・医薬部外品を預け荷物に入れる場合

医薬品類を預け荷物に入れる場合

医薬品や医薬部外品を預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも、量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。(化粧品の場合と同じです。)

医薬品類の制限
・各医薬品(医薬部外品)は500ml(500g)以下の容器に入っていること
・総量は1人につき2kg(2リットル)以下であること


※機内に持ち込みする分の医薬品類もあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

※また医薬品類の他に、化粧品やスプレー類などもある場合は、それらもあわせて2kg(2リットル)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

お酒・アルコール飲料を預け荷物に入れる場合

お酒を預け荷物に入れる場合

お酒やアルコール飲料を預け荷物(スーツケース)に入れる場合にも、量の制限があるので注意が必要です。

詳細は下記のとおり。(度数によってルールが異なります。)

アルコール飲料の制限
・アルコール度数が24%以下のものは量の制限なく預け荷物に入れてOK
・アルコール度数が24%を超え70%以下のものは1人につき5リットルまでOK
・アルコール度数が70%を超えるものは預け入れは一切NG(飛行機に持ち込むことはNG)

参考:国土交通省「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」


※また別途、渡航先の国によっては入国時に持ち込むことのできるアルコール量に制限があるので注意してくださいね。

お酒・アルコール飲料についてのルールはこちらの記事でも詳しくまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】お酒・アルコールの持ち込みと預け荷物のルールまとめ

預け荷物自体の重量オーバーに注意

航空会社による規定の重量を超えるとNG

ここまでは、預け入れが可能な量に制限のある液体物について確認してきましたね。


そしてもう一つここで注意が必要なのが、預け荷物にするスーツケース自体の重さが規定の重量をオーバーしないようにするということです。

液体物は意外と重量があるので(水1リットルだと約1kg)、たくさん入れ過ぎてしまうと重量オーバーになる可能性もあります。

もし重量オーバーになった場合は、チェックインカウンターで追加料金を支払えば対応してくれます。

ただしLCC(格安航空会社)の場合は、追加料金での対応ができないこともあり、預け入れ自体を拒否されてしまうケースもあるので注意が必要です。


預けることのできる荷物の重さは、各航空会社や座席のクラスなどによって異なるので、事前に利用する航空会社のホームページなどをチェックするようにしてくださいね。


※また預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



乗り継ぎ便での液体物の持ち込みについて

国際線を乗り継ぐ時は液体物の持ち込みに注意

保安検査(手荷物検査)が終わった後に購入した液体物(飲み物や化粧品など)については、100ml(g)を超えたものでも機内(客室)に持ち込みOK、ということはすでにお伝えしたとおり。

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は安全であることが保証されているからです。


しかし、目的地まで直行便で向かわず、国際線を乗り継ぎする場合には、乗り継ぎ空港(経由地)で再度手荷物の検査があるので注意が必要です。

乗り継ぎ空港では再度セキュリティーチェックがある

乗り継ぎ空港では100mlを超える液体を持ったまま保安検査を通過できない

目的地まで国際線を乗り継ぎして向かう場合は、乗り継ぎ空港で再度、手荷物のチェック(保安検査)を受けることになります。

そのため乗り継ぎ空港では、100ml(g)を超える液体物を持ったまま保安検査を通過することはできません。

もしそこで、100ml(g)を超える液体物やプラスチック袋に入っていない液体物を持っていた場合は、放棄することになってしまうので気をつけてくださいね。

それを避けるために、空港で免税品(お酒や化粧品などの液体物)を買いたい場合は、出発空港ではなく乗り継ぎ空港での保安検査後に買うのが一般的です。


しかし例外として、STEBs(不正開封防止袋)という特別な袋に入った免税品(液体物)については、別のルールが適用されることになっています。

100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入っていなくても、保安検査を通過でき、乗継ぎ便への機内持ち込みも可能になります。(※ただし導入空港のみ)


ここで
「ん?STEBs(不正開封防止袋)ってなに?」
と思う方も多いはず。

次で詳しくみていきましょう。

STEBs(不正開封防止袋)について

不正開封防止袋について

数年前から一部の空港のみですが、出発空港で購入したもの(免税品のお酒や化粧品など)も、条件を満たしたものは乗り継ぎ空港(経由地)でも放棄せずに乗り継ぎ便へ持ち込みできるようになりました。

※ 「STEBs(不正開封防止袋)」という特別な袋を導入している空港が対象になります。

詳しくは下記のとおりです。

STEBs(不正開封防止袋)とは?

STEBsとは 「Security Tamper Evident Bags = 不正開封防止袋」と呼ばれる国際的にルール化された特別なプラスチック袋です。

液体物がクリーンエリア(保安検査後の搭乗エリア)で買われたものであることを証明し、外部の液体物が不正に持ち込まれることを防止するための袋になります。


STEBs(不正開封防止袋)を利用することで、空港内の免税店で購入した100ml(g)を超える液体物についても、乗り継ぎ空港で放棄することなく最終目的地の空港まで持って行くことが可能になります。

※ただし、保安検査で問題無しと判断された物品のみが対象です。現地の保安検査官の判断により、自主放棄になる場合もあります。

STEBs(不正開封防止袋)を利用する時の注意点

不正開封防止袋は開封NG

・STEBs(不正開封防止袋)は絶対に開封しない
・購入を証明するレシートが同封されていること

STEBs(不正開封防止袋)は、一度開封すると証拠が残る仕組みになっています。そして一回でも開封してしまった袋は、中身の安全性が証明されなくなり無効になってしまうので気をつけてくださいね。

つまり開封済みのSTEBs(不正開封防止袋)は、乗り継ぎ空港での保安検査を通過できず、乗り継ぎ便に持ち込みすることができなくなってしまいます。

STEBs(不正開封防止袋)を利用するときは、最終の保安検査が終わるまでは絶対に袋を開封しないことが条件になります。

また袋の中には、購入を証明するレシートが入っていることも条件です。

STEBs(不正開封防止袋)の導入空港

不正開封防止袋は導入されていない空港もある

・STEBs(不正開封防止袋)は、一部の空港でしか導入されていない

このSTEBs(不正開封防止袋)は、世界中どこでも導入されているわけではありません。国や地域によってはSTEBs(不正開封防止袋)がまだ制度として導入されていない場所もあります。

もし未導入の国や地域を経由する場合は、例えSTEBs(不正開封防止袋)に入った液体物(免税品)でも、そこで放棄されることになってしまうので注意が必要です。


そうならないためにも、STEBs(不正開封防止袋)を利用する時には、あらかじめ乗り継ぎ空港の情報を確認するようにしてくださいね。
(商品を購入する前に、免税店のスタッフの方に確認するようにしましょう。)

STEBs(不正開封防止袋)の参考リンク

▶︎▶︎成田空港「STEBsの導入について」
▶︎▶︎中部国際空港「STEBsについて」
▶︎▶︎関西国際空港「STEBsの導入について」

▶︎▶︎国土交通省「空港内免税店における液体物の取扱い変更について1」
▶︎▶︎国土交通省「空港内免税店における液体物の取扱い変更について2」


※機内持ち込み手荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国際線】液体物の持ち込みルールまとめ

【国際線】液体物の持ち込みルールまとめ

✔︎ 国際線の飛行機では機内(客室)に持ち込みできる液体物の量に制限がある
(→ 液体物の持ち込み制限が適用される)

✔︎ 液体物とは、液状のものの他、クリーム状、ジェル状、ペースト状のものなども含まれる
(→ 容器に入れておかないとその形状を保てないものは全て液体物)

✔︎ 液体物の持ち込み制限の対象になるものは、飲み物や水分の多い食べ物、液状・クリーム状の化粧品や日用品、スプレー類なども含まれる

✔︎ 液体物の中には、飛行機に一切持ち込みできないもの(危険物となるもの)もあるので注意
(→ 機内持ち込みはもちろん、預け荷物に入れることもNG)

✔︎ 持ち込み制限の対象になる液体物を機内に持ち込む場合は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみOK
(→ 容器に入っている液体の量が100ml(g)以下であっても、容器自体の大きさが100ml(g)を超えるものはNG

✔︎ 各100ml(g)以下の容器は、1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入れる
(→ 袋の縦と横の長さを足した合計が40cm以内が容量1リットルの目安)

✔︎ 1人あたりが持ち込めるプラスチック袋は1つのみ
(→ 1つの袋に入りきらない分は、預け荷物に入れる)

✔︎ 例外として、医薬品やベビーミルクなどは、100ml(g)以下の容器&透明プラスチック袋に入れなくても条件つきで持ち込み可能
(→ ただし保安検査の時に申告が必要)

✔︎ 保安検査(手荷物検査)の後に搭乗待合エリア(売店や免税店など)で購入した液体物は、100ml(g)を超えたものでも機内に持ち込みOKまた透明プラスチック袋に入れなくてもOK
(→ ただし国際線への乗り継ぎがある場合は、再度手荷物チェックがあるので注意すること)

✔︎LCC(格安航空会社)を利用する場合は、航空会社独自のルールによって機内への飲食物の持ち込みや持ち込んだ物の飲食がNGの場合あり
(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)

✔︎ 国や地域、航空会社によっては、液体物の持ち込みについて独自のルールや制限を設けていることもある
(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)

✔︎ 液体物を預け荷物(スーツケース)に入れる場合は、100ml(g)を超える容器に入ったものもOK
(→ ただし化粧品や医薬品、お酒などは量の制限あり)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧(リンク集)

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを記載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・税関・外務省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめてみました。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・国別(渡航先)の持ち込み制限品や免税範囲
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量や液体物の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

税関・外務省の関連ホームページ

税関「海外旅行者の免税範囲」

外務省「海外安全ホームページ」
※地図で情報を調べたい国を選択→「安全対策基礎データ」→「査証、出入国審査等」でご確認いただけます。

外務省「在日外国公館ホームページ」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
液体物の持ち込みについて(国際線)
よくある質問(飲食物)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
液体物持込制限品
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
液体物の持ち込みについて
セキュリティガイド
機内へ持ち込める物と持ち込めない物の代表例

◆福岡空港
液体物持ち込み制限について(国際線)

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・液体物の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
航空機内への液体物持ち込み制限について
手荷物について
機内持ち込み手荷物
預け手荷物
制限のある手荷物
手荷物 Q&A一覧

◆ANA(全日空)
液体の機内持ち込み
手荷物について
機内に持ち込める手荷物
飛行機に預けられる荷物
制限のある手荷物
よくある質問「手荷物」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について
機内持込手荷物
預け手荷物
制限のある手荷物
お問い合わせが多いもの、注意が必要な物品の具体例

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内
手荷物の機内持ち込み
手荷物のお預かり
制限のある手荷物
よくある質問「手荷物について」

◆ピーチ(Peach)
液体物の機内持ち込み
手荷物について
機内持ち込みの手荷物について
預け手荷物について
手荷物に関する質問

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
液体の持ち込み
荷物について
荷物で禁止されているもの

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス
よくある質問

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
預かり手荷物
機内持ち込み手荷物
輸送制限品

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定
よくある質問「手荷物」

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について
よくある質問「手荷物」

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
機内持込み手荷物
受託手荷物に関する規定
受託手荷物の注意点
危険物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物
手荷物の制限

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール
よくある質問

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
特殊手荷物
危険物

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
手荷物制限

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
機内持ち込み手荷物
預入れ荷物

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)
手荷物に関する規定(受託手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
液体の機内への持ち込み
手荷物に関する情報
制限品および禁止品

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
手荷物制限

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について
よくあるお問い合わせ

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
液体の持ち込み
荷物について
荷物で禁止されているもの

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
液体類について
荷物について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
液体の持ち込み
荷物について
荷物で禁止されているもの

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
危険物

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
危険物

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
持ち込み制限品目や禁止品目について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
制限品目

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報
機内持ち込みおよび受託手荷物の制限品目

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
制限品・危険品

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
危険物

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き
機内持込手荷物
預け手荷物
禁止・制限の対象となるもの

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
受託手荷物
危険な手荷物の制限

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
預け入れ荷物
禁止・制限品目

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物
機内持込制限品

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について
機内持ち込み手荷物
預け手荷物
持ち込みが制限&禁止されている品目

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について
機内持込手荷物
預け手荷物
危険物について(英語)

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について
機内持込手荷物
受託手荷物

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について
機内手荷物
受託手荷物
危険物ガイド

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について
制限のある手荷物



さいごに

さいごに(国際線)

飛行機に持ち込むことのできる荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

例え使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。