記事トップ画像
タイを代表する人気のお祭り「ソンクラーン」こと水かけ祭り。タイのいろんな街で開催されているので、参加場所に迷う方も多いはず。ここではバンコクに次ぐ人気開催地、チェンマイのソンクラーン祭りについて簡単にご紹介します。
チェンマイでの水かけ祭りの日程はいつ?会場や場所はどこ?お祭りの様子は?そしてどんな人が行くべき場所??気になるチェンマイのソンクラーン祭りについて早速見ていきましょう。

Sponsor Link



Contents

タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)とは?

記事中画像1

ソンクラーン祭りは、日本では別名「水かけ祭り」とも呼ばれているタイを代表するお祭りです。その名の通り参加者がお互いに水を掛け合って派手に楽しむお祭りです。水を掛け合うことで言葉が通じ合わなくても、いろんな国の人たちと交流できるのがこのお祭りの最大の魅力であり人気の理由。毎年お祭りの時期は、このソンクラーンを目当てにたくさんの観光客が世界中からタイを訪れます。


ソンクラーン祭りの意味や由来、歴史や起源などについて、お祭りの参加前に知っておきたい方は、こちらの記事もオススメです。

▶︎▶︎タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)とは?意味や歴史について


チェンマイ【Chiang Mai】のソンクラーン祭り(水掛け祭り)の特徴は?

記事中画像2

チェンマイはタイ北部最大の都市で、歴史的な寺院が数多く残る美しい古都です。人気の観光地のため、ソンクラーン祭りでもバンコクと並ぶ人気の場所となっています。

チェンマイのソンクラーンはこんな人にオススメ

記事中画像3

歴史的な街並みの中で水かけ祭りを楽しみたい方、従来の伝統的なお祭りのスタイルも体験したい方、バンコクのソンクラーンを体験済みで他の都市の雰囲気も楽しんでみたい方、早めに日程確保ができる方など

チェンマイならではのソンクラーンの魅力は?

記事中画像4

チェンマイのソンクラーンは、歴史的な古都の雰囲気漂うそのロケーションと、パレードや美人コンテストなどの大きなイベントが充実している事などが魅力です。他にも従来の伝統的な仏教儀式が行われ、ソンクラーンの歴史や文化に触れることもできます。また砂で仏塔(パゴダ)を作り、美しさを競い合うイベントはチェンマイならでは。伝統舞踊や文芸芸術の上演も行われます。


チェンマイの水かけ祭り2018の日程

記事中画像5

チェンマイのソンクラーン祭りの日程は、毎年4月13日〜4月15日の3日間に開催されることになっています。しかしこの2018年は、4月12日も臨時で休日になることが決まったそうです。
なので2018年の日程は、4月12日(木)・4月13日(金)・4月14日(土)・4月15日(日)の4日間が基本の開催期間となります。

また水かけ合戦以外のイベントについては、ぞれぞれ開催日や時間が決まっているものもあるので、現地でご確認ください。


チェンマイの水かけ祭りの場所と会場

記事中画像6

チェンマイの水かけ合戦やイベントの会場は、比較的集中しているので、移動がしやすく便利です。それぞれイベント内容が異なるので、数カ所をハシゴして楽しむのもオススメです。ここでは特に人気のスポットを4箇所ご紹介します。


記事中画像7

チェンマイの水かけスポット① 旧市街地のお堀周辺

記事中画像8

チェンマイの水かけスポットと言えばココ。

旧市街地のお堀周辺の地図

記事中画像9

チェンマイには、旧市街地を取り囲むようにお堀があります。

旧市街地のお堀周辺でのイベント内容

旧市街地のお堀周辺では、毎年派手な水掛け合戦が行われます。大勢の観光客で賑わう人気スポットです。お堀周辺の中でも特にターペー門周辺は、水かけ以外のイベントも開催されるため大混雑します。

チェンマイのイベントスポット② ターペー門

記事中画像10

ターペー門周辺では、水かけはもちろん、チェンマイ名物のイベントも開催されます。

ターペー門【Tha Pae Gate】の地図

記事中画像11

ターペー門はチェンマイ旧市街の東側に位置する旧市街への入り口。

ターペー門でのイベント内容とお祭りの様子

チェンマイの名物、美人パレードコンテストや、ミス&ミスターソンクラーンコンテストなどのイベントが開催されます。

Sponsor Link

チェンマイのイベントスポット③ ワット・プラシン周辺

記事中画像12

ワット・プラシン周辺では、チェンマイならではの伝統的なソンクラーンのイベントが行われます。

ワット・プラシン【Wat Phra Sing】の地図

記事中画像13

ワット・プラシンは、チェンマイで最も格式の高い寺院。

ワット・プラシン周辺でのイベント内容とお祭りの様子

ワット・プラシン周辺では、チェンマイの守護神「プラ・プッタシヒン」への水掛けパレードが行われます。

チェンマイのイベントスポット④ ワット・ジェットリンとワット・フォンソイ

記事中画像14

チェンマイのソンクラーンならではの伝統的な儀式やイベントが行われます。

ワット・ジェットリン【Wat Cet Lin】とワット・フォンソイ【Wat Fon Soi】の地図

記事中画像15

ワット・ジェットリンとワット・フォンソイはチェンマイ門の近くにある小さな寺院。

ワット・ジェットリンとワット・フォンソイでのイベント内容とお祭りの様子

砂で仏塔(パゴダ)づくりが行われ、その出来栄えを競うイベントや、托鉢の僧侶に食べ物を献上したりする伝統的な仏教儀式が行われます。


チェンマイの水かけ祭りへの行き方・アクセス

記事中画像16

ここでは、チェンマイでのソンクラーンの各会場までの行き方とアクセス方法を簡単にご紹介します。なお最新の交通情報は予告なく変更になる場合もありますのでご了承ください。

バンコクからチェンマイまでの行き方・アクセス

記事中画像17

チェンマイまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからは飛行機、バス、鉄道などでチェンマイまでアクセスすることができます。


また各交通機関別の詳細情報については、下記の記事内の【ソンクラーン祭りのある主な町への行き方】→【チェンマイへのアクセスと行き方】をご確認ください。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」はどこで開催される?場所・地図と行き方について

水かけ祭りのスポット、会場までのアクセス

記事中画像18

チェンマイの空港から市街地までは、エアポートタクシーやメータータクシーでアクセスします。
またバスターミナルから市街地までは、タクシーやソンテオ(乗合バス)、トゥクトゥクやモーターサイ(オートバイ)などを利用してアクセスします。鉄道の駅からはトゥクトゥクやソンテオ(乗合バス)が便利です。

Sponsor Link



まとめ

記事中画像19

チェンマイのソンクラーンは、バンコクに次いで人気の場所で、派手な水かけ合戦が特徴です。
水かけが盛り上がるのは旧市街地のお堀周辺、特にターペー門周辺です。

また日程は、毎年4月13日〜4月15日の3日間に開催されることになっています。(2018年は、4月12日も臨時で休日になることが決定)
ソンクラーンの時期は、バンコクからチェンマイへ行く交通機関は大混雑するので、早めに確保しておくと安心です。


またソンクラーンに参加する時の持ち物やアドバイス、注意点などについてはこちらの記事でご確認いただけます。

▶︎▶︎ソンクラーン祭り(水かけ祭り)を楽しむための持ち物や服装、準備について
▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」楽しみ方のアドバイスと注意点


さいごに

記事中画像20

チェンマイはタイ北部を代表する人気の観光地です。ソンクラーン祭りの参加場所としても人気で、派手な水かけ合戦で有名です。さらに伝統的な仏教儀式も開催されるなど魅力がたくさんある街です。お祭りに参加をして楽しむだけではなく、歴史や文化にも触れることで新しい価値観にも出会え、また違った見方や考え方を持つようになるかもしれません。お祭りはそんな気づきをたくさん与えてくれる貴重なものだと思います。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら