記事トップ画像(バンコク)

タイを代表する人気のお祭り、ロイクラトン。バンコクのロイクラトン祭りでは、チャオプラヤ川沿いなどで灯籠流しの他にも様々なイベントが行われます!ここでは、バンコクでのロイクラトン祭りの主な会場の場所と、その行き方・アクセス方法、またイベント内容などの情報をまとめましたのでご覧ください。

Sponsor Link



Contents

タイのロイクラトン祭りとは?

記事中画像フォーマット (バンコクロイクラトン)_Fotor1

タイのロイクラトン祭りってどんなお祭りなの? ロイクラトンについて簡単にご紹介します♪

ロイクラトンってどんなお祭り?

ロイクラトン祭りは、タイで毎年行われる灯篭流しの仏教行事です。
お祭りの時期には、ロウソクや線香、花などで美しく飾った灯篭を、川に流す人々の姿がタイ全国で見られます。夜空に輝く満月と、海や川にほんのり灯る光のラインが作り出す「灯篭流し」の光景は、まさにこの時期にしか見られないもの。ロイクロトンは、タイを象徴する代表的なお祭りなのです。


また、ロイクラトンで行われる「灯籠流し」の意味や起源などについて、より深く知りたい方はこちらの記事でご覧いただけます。
▶︎▶︎タイのロイクラトン祭りの意味と由来、歴史と起源について

ロイクラトンってコムローイ祭りとは違うの?

記事中画像フォーマット (ロイクラトン)_Fotor4

ロイクラトンと同じ時期にタイで開催されるお祭りで、もう一つ有名なのが「コムローイ祭り」。実は、ロイクラトンとコムローイ祭りって一緒のお祭りに思われがちですが、違うお祭りなんです!

詳しくはこちらの記事にまとめていますのでご覧ください^^
▶︎▶︎コムローイ祭りとロイクラトンの違いは??


バンコクのロイクラトン祭りの見どころと特徴は?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor4

バンコクのロイクラトンの魅力は、大都会の華やかさと伝統的なお祭りの優美な雰囲気を同時に満喫できるところです。またバンコクのロイクラトン祭りは、他の都市と比べても会場やイベントの種類が多いのも特徴のひとつ。中でもチャオプラヤ川沿いで開催されるイベント「ザ・リバーフェスティバル(The River Festival)」と花火は必見!川沿いに点在する歴史的な寺院はライトアップされ、チャオプラヤ川では灯篭の光が作り出す天の川のような幻想的な光景が見られます。


バンコクのロイクラトンの時期はいつ?

記事中画像フォーマット (バンコクロイクラトン)_Fotor4

バンコクのロイクラトン祭りは、毎年11月中旬ごろの時期(陰暦での12月の満月の夜)に開催されます。そのため、いつ開催されるのか?ということは、その年によって異なります。さらに毎年、タイ政府の公式発表があるまでは、正式な日程は分からないのです(><)

またお祭りの開催期間は同じタイでも都市によって異なり、数日で終わるところもあれば、1週間くらい続くところもあります。そしてお祭りのイベント内容も都市によって異なります。


バンコクのロイクラトン2018の日程は?

記事中画像フォーマット (バンコクロイクラトン)_Fotor5

2018年のバンコクのロイクラトン祭りの日程はまだ正式発表はされていません。発表がありましたら、こちらに記載させていただきます。

ちなみにタイ北部の都市、チェンマイのロイクラトン祭りの日程は2018年11月21日(水)〜23日(金)と発表されています。

また、コムローイ(ランタン)の打ち上げが行われるのは、ロイクラトン祭りではなく、チェンマイのコムローイ祭りになります。コムローイ祭りの日程についてはこちらの記事をご覧ください。

コムローイ・日程へ


バンコクのロイクラトン祭りイベント内容と会場の場所、アクセス方法について

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor5

バンコクのロイクラトン祭りは、他の都市と比べても会場やイベントの種類が多いのが特徴で魅力でもあります!バンコクのロイクラトンの主なイベントと会場の場所、行き方は下記の通りです。

① ロイクラトンのメインイベント「灯篭流し」

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor6

ロイクラトン祭りと言えば「灯籠流し」ですよね♪ この灯籠流しはロイクラトンのメインイベント。

「灯篭流し」の会場の場所と行き方は?

メインイベントの灯篭流しが行われる場所は、チャオプラヤ川やベンチャシリ公園、ベンチャキティ公園などになります。

チャオプラヤ川(Chao Praya)

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor12
バンコク中心部を流れる大きな川。チャオプラヤ川沿いにはたくさんの寺院やホテル、観光地が並びます。

地図_Fotor1

《チャオプラヤ川へのアクセス》

バンコク市内中心部のどこからでもアクセス可。徒歩、トゥクトゥク、タクシーなどでアクセス。

ベンチャシリ公園(Queen Sirikit Park)

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor13
高層ビルの立ち並ぶ都会に広がる大きな公園。ジョギングや散歩をする人、おしゃべりを楽しむ人などいろんな人がそれぞれの時間を過ごしてます。

1

《ベンチャシリ公園へのアクセス》

BTSスクムウィット(スクンビット)線プロンポン(Phrom Phong)駅6番出口よりすぐ。

地図_Fotor7

ベンチャキティ公園

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor14
ベンチャシリ公園の近くにあり、ベンチャシリ公園よりも大きな都会の公園。

2

《ベンチャキティ公園へのアクセス》

BTSアソーク(Asok)駅、BTSシリキットコンベンションセンター(Sirikit Convention Centre)駅から徒歩5〜10分

地図_Fotor8

② 灯篭の手作り体験イベント

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor7

灯篭を自分の手で手作りができる体験イベントも行われます。買った灯篭を流すよりも、よりいっそう想いの込もった灯籠流しができそうですね。

Sponsor Link

「灯篭の手作り体験イベント」の会場の場所はどこ?

灯篭作りのイベントが行われる場所は、パーク・クローン市場(ヨッピマン花市場)になります。24時間オープンしていて、花や野菜、果物などがたくさん並ぶ市場です。市場のチャオプラヤ川沿いの部分はリニューアルされて「ヨートピマーン・リバー・ウォーク」となり、カフェやショップもオープンしています。

《住所》
10200, 225 Chakphet Rd.

地図_Fotor4

「パーク・クローン市場(ヨッピマン花市場)」への行き方とアクセス

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor15

《アクセス》

・市場近くを通過するバスを利用
→ 1、25、73、529番のバスに乗車
・チャオプラヤー・エクスプレス・ボートを利用
→ N6/1 パーク・クローン・タラート(Pak Klong Talard)船着場からすぐ

地図_Fotor9

③ ザ・リバーフェスティバル(The River Festival)

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor8

チャオプラヤ川沿いに点在する歴史的な寺院がライトアップされ、それぞれに用意されたエキシビジョンや演奏会、マーケットなどを楽しむことができる人気のイベントです。

「ザ・リバーフェスティバル(The River Festival)」の会場の場所はどこ?

ザ・リバーフェスティバルの会場の場所は、ラマ8世橋から、アジアティーク・ザ・リバーフロントにかけてのチャオプラヤ川沿い一帯(ワットアルン、ワットポー、ワットプラヨーン、ワットカンラヤーナミット、パーク・クローン市場、アジアティーク・ザ・リバーフロントなど)になります。

地図_Fotor5

「ザ・リバーフェスティバル(The River Festival)」の会場への行き方は?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor17

ザ・リバーフェスティバルはチャオプラヤ川沿い一帯が会場になるので、お祭り期間中は無料のシャトルボートがチャオプラヤ川を運航しています。

【シャトルボート運行ルート】
(ルート①)ヨッピマン花市場➡︎ターティアン➡︎ワットアルン➡︎ワットカルヤ➡︎ワットプラヨーン

(ルート②)アジアティーク・ザ・リバーフロント➡︎ヨッピマン花市場➡︎アジアティーク・ザ・リバーフロント

【シャトルボート運行時間】
17時〜23時前後(日によって違います)

【シャトルボート所要時間】
約20分〜25分

※情報は変更されている場合があるのでご了承ください。

④ 花火の打ち上げ

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor9

灯篭流しと花火の美しいコラボレーションはバンコクならではのイベントです!

「花火の打ち上げ」の会場の場所はどこ?

花火の会場の場所はチャオプラヤ川周辺になります。

「花火の打ち上げ」の会場への行き方は?

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor12

《アクセス》

バンコク市内中心部のどこからでもアクセス可。徒歩、トゥクトゥク、タクシーなどでアクセス。

⑤ ロイクラトンにちなんだ催しや体験イベント

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor10

タイの伝統的な食べ物やお土産が買えたり、伝統衣装での写真撮影などが体験できるイベントも行われます。

「ロイクラトンにちなんだ体験イベント」の会場の場所はどこ?

会場の場所は市内の各ホテルや「アジアティーク・ザ・リバーフロント(ASIATIQUE The Riverfront)」などです。「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は、古い倉庫を再開発しておしゃれなショッピングスポットとしてオープンした話題のナイトマーケットです。

《住所》
2194 Charoen Krung Rd.

地図_Fotor6

「アジアティーク・ザ・リバーフロント」への行き方とアクセス

記事中画像(ロイクラトン)_Fotor16

《アクセス》

BTSサパーン・タークシン(Saphan Taksin)駅から徒歩25分、タクシー10分、無料シャトルボート10分

地図_Fotor10

◾️無料シャトルボート情報◾️

・乗船場:サートーン(CEN Sathorn)船着場
・乗船場所:BTSサパーン・タークシン(Saphan Taksin)駅直結(駅の2番出口付近)
・運航時間:15分間隔で運航。最終は23時30分

《URL》
アジアティック・ザ・リバーフロント HP


バンコクのロイクラトン祭り2018情報まとめ

記事中画像(バンコク)
バンコクのロイクラトンは、メインイベントの灯籠流しの他、チャオプラヤ川一帯では「ザ・リバーフェスティバル」や花火などのイベントが開催されます。チャオプラヤ川沿いの寺院や観光スポットはライトアップされ、とても賑わうので是非足を運んでみてください♪


Sponsor Link



さいごに

記事中画像ラスト(バンコク)

ロイクラトン祭りはタイのいろんな都市で開催されていますが、中でもバンコクのロイクラトンはアクセスがしやすく、チャオプラヤ川沿いだけではなく、街のいろんなところでイベントが開催されているので参加がしやすいのが魅力です。バンコクのロイクラトン祭りに参加する際は、ぜひ市内観光も一緒に楽しんでくださいね^^


▶︎▶︎「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら