記事トップ画像フォーマット_Fotor1
タイのチェンマイで毎年開催されるコムローイ祭り。今年こそは参加してみたいけど、会場はどこにあるの?会場まではどうやって行くの?お祭りにはどうやって参加するの?? などいろんな疑問が出てきますよね。ここでは、そんな疑問を解決できるような情報をまとめました。ぜひ参考にしてください。


※記事内のお金の単位は一部【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



Contents

コムローイ祭りとは?

記事中画像フォーマット _Fotor1

コムローイ祭りとはそもそもどんなお祭りなの? まずはお祭りの概要を簡単にチェックしましょう!

コムローイ祭りの意味や歴史についても勉強しておくと、より楽しめます♪
▶︎▶︎コムローイ祭りの意味と由来・歴史と起源について

タイで行われる世界最大規模の仏教のお祭り

コムローイ祭りは、年に1度タイのチェンマイで開催される仏教のお祭りです。メインイベントでは、ブッタへの敬意を込めて「コムローイ」と呼ばれる熱気球(ランタン)に火を灯し、一斉に空に放ちます。
この熱気球(ランタン)を夜空に打ち上げる様子は、息をのむほどの美しさ。その幻想的な光景は、SNSやメディアなどでも話題となり、日本でもますます注目度が高まっています。

コムローイ祭りには外国人向けと現地人向けがある

コムローイ祭りは2013年より、外国人向けのものとローカル・現地人向けのものの2つに分かれて開催されるようになりました。外国人向けのものが「イーペン・ランナー・インターナショナル」、ローカル・現地人向けのものは「イーペン・サンサーイ」と呼ばれています。

しかし現在は、ローカル・現地人向けの「イーペン・サンサーイ」は開催されなくなってしまいました。その代わり、コムローイ(ランタン)の一斉打ち上げが行われる場所は年々増えてきており、新たな会場ができています。

イーペンランナー&イーペンサンサーイ1


コムローイ祭りの会場はどこ?

記事中画像フォーマット _Fotor4

私たちが普段よく見るランタンが一斉に放たれている写真は、外国人向けのお祭りの様子です。

ちなみに「イーペン・サンサーイ」は、ローカル・現地人向けのお祭りですが、私たち観光客も参加できます。つまり外国人は、2つのお祭りに参加できるのですね。※「イーペン・サンサーイ」は現在はなくなっております。

じゃあ、お祭りの会場はどこにあるの??

外国人向け「イーペン・ランナー・インターナショナル」の会場

記事中画像フォーマット _Fotor5

外国人向けのコムローイ祭りは「イーペン・ランナー・インターナショナル」でしたね。この「イーペン・ランナー・インターナショナル」が行われる会場は、チェンマイ郊外にあるメージョー大学近くの寺院になります。会場の規模は年により若干異なりますが、5000席前後となっています。

メージョー大学説明

メージョー大学はどこにあるの?

メージョー大学の場所は下記の地図をご確認ください。

地図メージョー大学

メージョー大学近くにある会場の寺院とは?

トゥドンカッサターンランナー寺院

便宜上「イーペン・ランナー・インターナショナル」の会場は「メージョー大学」と記載される場合も多いですが、正式な会場は近くの寺院(トゥドンカッサターンランナー寺院)となります。

トゥドンカッサターンランナー寺院の場所は下記の地図をご確認ください。

地図トゥドンカッサターンランナー寺院

「イーペン・ランナー・インターナショナル」に参加するには?

イーペン・ランナー・インターナショナルに参加をするには、あらかじめ入場チケットを入手しておくことが必要です。チケットは完全予約制で枚数も限られているので、できるだけ早く確保しておくことをオススメします。


チケットの入手方法についてはこちらの記事をご覧ください。
▶︎▶︎コムローイ祭りのチケット情報

現地人向け「イーペン・サンサーイ」の会場

記事中画像フォーマット _Fotor6

現地人向けのコムローイ祭り「イーペン・サンサーイ」の会場も、外国人向けと同じメージョー大学近くの寺院です。なので同じ敷地に2つの会場があることになります。

※現在は「イーペン・サンサーイ」は開催されなくなっています。

「イーペン・サンサーイ」に参加するには?

イーペン・サンサーイは現地人向けのコムローイ祭りですが、私たち観光客も無料で参加することができます。チケットなどの必要もありませんが、会場はかなり混雑するとのこと。早めに会場に行き、場所取りをする必要があります。

※現在は「イーペン・サンサーイ」は開催されなくなっています。


Sponsor Link

新会場「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」が新たに登場!

新会場たち(コムローイ)_Fotor

私たちに朗報です!コムローイ祭りでランタンの一斉打ち上げができる場所が増え、2016年より新たな会場ができました。会場の場所はチェンマイ郊外の「ドイサケット地区」「ランプーン地区」「メーリム地区」など。メージョー大学方面よりも規模は少し小さめですが(メージョー大学方面の会場規模は5000席前後)新会場でも同じようにコムローイの一斉打ち上げが行われています。

新会場はどこにあるの?

それでは早速、気になる新会場の場所を見ていきましょう。
※会場の場所はその年により変更になる場合もありますのでご了承ください m(_ _)m またこちらでご紹介する会場の他にも、新たな会場が追加される可能性もあります。

新会場①ドイサケット

ドイサケット地区の会場は、2016年より新たにできた会場です。会場規模は2016年は500席ほど、2017年は1500席ほどでした。
会場の場所は「ドイサケット温泉付近」になります。

地図ドイサケット温泉

新会場②ランプーン

ランプーン地区の会場は、2016年より新たにできた会場です。会場規模は2016年、2017年とも700席ほどでした。
会場の場所は「ワット・ドイティ(ドイティ寺院)」になります。

地図ワットドイティ

新会場③メーリム

メーリム地区の会場は、2017年より新たにできた会場です。会場規模は2017年は2000席前後でした。
会場の場所は「Northern Study Center(ノーザンスタディセンター)」になります。

地図ノーザンスタディーセンター

新会場「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」のコムローイ祭りに参加するには?

新会場の「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」などでのコムローイ祭りも、参加するためには完全予約制のチケットが必要となります。

また、2018年の新会場でのコムローイ祭り現地ツアーの予約もスタートしています。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

▶︎▶︎コムローイ祭りの日程について
▶︎▶︎コムローイ祭り現地ツアーの参加方法


コムローイ祭りの会場までの行き方・アクセス

記事中画像フォーマット _Fotor8

コムローイ祭りの一番大きな会場「メージョー大学方面」は、チェンマイ中心部から車で40分ほどと少し離れています。また他の会場のある「ドイサケット」「ランプーン」「メーリム」なども、チェンマイ中心部からは少し離れた不便な場所にあります。
チェンマイには地下鉄やモノレールなどの交通手段はないので、会場までは乗り合いタクシーかトゥクトゥクなどでアクセスしましょう!

また、現地ツアーなどに申し込みをしている場合は指定の集合場所(ホテルのロビーなど)からバスでアクセスすることになります。

チェンマイまでの行き方は?

コムローイ祭り開催場所チェンマイまでは、日本からバンコク経由でアクセスすることができます。バンコクからは飛行機、バス、鉄道などでチェンマイまでアクセスすることができます。

【飛行機】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor10

バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空や、エアアジアなどの格安航空が運航しています。
(値段)2535 B(バーツ)〜
(所要時間)1時間10分
(運航時間)毎日10〜13便

【バス】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor11

・北バスターミナルから
(値段)419 B(バーツ):2等バス
(所要時間)9時間〜11時間
(バスの運行時間)6時30分〜22時00分の間に30分〜1時間おきに運行

【鉄道】でバンコクからチェンマイへ

記事中画像個人_Fotor12

・クルンテープ駅から
(値段)641 B(バーツ):ディーゼル特急〜(※列車の種類により料金は異なります)
(所要時間)12時間
(列車の運行時間)4時20分〜22時00分の間に1日6本運行


コムローイ祭り会場での注意点

記事中画像フォーマット _Fotor9

ここでは、コムローイ祭りの会場での注意点をいくつかご紹介します。

トイレは早めに余裕を持っていく

コムローイ祭りの会場にはトイレがありますが、セレモニー開始前は特に大混雑します。時間帯によっては30分以上待つことも。。お祭り中のトイレは余裕を持って行くことをオススメします。

昼夜の気温の変化にご注意を!

チェンマイの夜は涼しくなって、日中とは対照的に冷えることもあります。冷え対策として、ストールや羽織物があると便利です。

フリータイムの暇つぶしグッツを用意しておく

ツアーなどで参加をする場合は早めに会場へ到着し、その後フリータイムがある場合がほとんどです。そんなとき、待ち時間の暇つぶしグッツ、トランプや本など、またレジャーシートなどもあれば重宝します♪

Sponsor Link



コムローイ祭りの会場まとめ

記事中画像フォーマット _Fotor10

コムローイ祭りは外国人向けのお祭りと、現地・ローカルの人向けのお祭りに分かれていて開催されていましたが、現在は現地人向けのお祭りは開催されなくなっています。
外国人向けのお祭り「イーペン・ランナー・インターナショナル」の会場は、チェンマイ郊外のメージョー大学近くの寺院になります。
また、2016年より新たな会場がドイサケット地区、ランプーン地区、メーリム地区にも設けられました。どの会場もチェンマイ中心部より少し離れているので、ツアーに参加して行くか、タクシーやトゥクトゥクなどを利用してアクセスしましょう!


さいごに

記事中画像フォーマット _Fotor11

コムローイ祭りの光景は年に1度だけしか見ることのできない貴重なもの。会場にはその光景を一目見ようと、世界中からたくさんの観光客が足を運びます。コムローイ(ランタン)を夜空に放つ瞬間は、会場にいるすべての人との一体感が生まれる感動的なもの。言葉も文化も国籍も違うたくさんの人たちとこの貴重な体験を共有できることは、コムローイ祭りの醍醐味だと思います。このようなお祭り、イベントが世界中にもっともっと増えれば、より素敵な世の中、世界になるのだろうなと思いました。


▶︎▶︎「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら