記事トップ画像
タイを代表する人気のお祭り「ソンクラーン」こと水かけ祭り。街中で行われる豪快な水かけ合戦は、一生に一度は体験してみたいお祭りです。そこで気になるのがお祭りの日程ですよね。ここでは、そんな気になるソンクラーンの日程について、主な開催都市別に簡単にまとめています。是非旅行の計画の参考にしてください。


また、お祭りの開催場所についてはこちらの記事にまとめていますので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」はどこで開催される?場所・地図と行き方について


Sponsor Link



タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)とは?

記事中画像1

ソンクラーン祭りは、日本では別名「水かけ祭り」とも呼ばれているタイを代表するお祭りです。その名の通り参加者がお互いに水を掛け合って、派手に楽しむお祭りです。水を掛け合うことで言葉が通じなくてもいろんな国の人たちと交流できるのが、このお祭りの最大の魅力であり人気の理由。毎年お祭りの時期は、このソンクラーンを目当てにたくさんの観光客が世界中からタイを訪れます。


ソンクラーン祭りの意味や由来、歴史や起源などについて、お祭りの参加前に知っておきたい方は、こちらの記事もオススメです。

▶︎▶︎タイのソンクラーン祭り(水かけ祭り)とは?意味や歴史について


ソンクラーンの開催時期はいつ?

記事中画像2

ソンクラーン(水かけ祭り)は、いつ開催されるの? 開催時期は決まっているの?

ソンクラーンの開催はタイの旧正月の時期

ソンクラーンが開催されるのはタイの旧正月の時期になります。この時期は、太陽の軌道が1年の周期を終えて、また新たな周期がスタートする時期です。ソンクラーンは、そんな新たな1年のスタートをお祝いする伝統的な行事なのですね。

タイ人にとっては長期休暇に入るお休みの時期

ソンクラーンの時期はタイでは祝日に定められているため、休日になります。そのためタイ国内では、長期休暇を利用して出かける人が増え、空港などは毎年大混雑します。この時期に飛行機などを利用する人は、余裕を持って予約・移動することをおすすめします。


ソンクラーン祭り2018の日程・期間

記事中画像3

ソンクラーン(水かけ祭り)は、タイの旧正月に開催されるのですね。じゃあ2018年の開催日はいつになるの?

ソンクラーン祭りの期間は毎年同じ日程

ソンクラーン祭りの日程は、現在は毎年4月13日〜4月15日の3日間の期間に開催されることになっています。しかしこの2018年は、4月12日も臨時で休日になることが決まったそうです。

なので2018年の日程は、4月12日(木)・4月13日(金)・4月14日(土)・4月15日(日)の4日間が基本の開催期間となります。

※都市によっては、基本の開催日とは日程が異なるところもあります。詳しくは下記【基本の日程・期間と異なる都市】をご覧ください。

バンコクでは前日に前夜祭を開催

記事中画像4

毎年バンコクでは、お祭り前日の12日に前夜祭も開催されています。しかし2018年は、12日も休日となり、お祭りの期間が例年よりも1日早まりました。その関係で、今年は前夜祭が行われるのかどうかは、まだはっきりしておりません。ご了承ください。

Sponsor Link

基本の日程・期間と異なる都市

記事中画像5

バンコク郊外のプラプラデーンやパタヤ、プーケットなどで開催されるソンクラーン祭りは、上記の基本日程・期間とは異なります。

プラプラデーン【Phra Pradaeng】での日程

記事中画像6

バンコク郊外のプラプラデーンのソンクラーンはタイの中でも最大級のお祭りが開催されます。プラプラデーンのソンクラーン祭りは、基本日程の初日(4月13日)の1週間後の週末に開催されます。

2018年は、4月20日(金)・21日(土)・22日(日)がその日にちとなります。

パタヤ【Pattaya】での日程

記事中画像7

パタヤはバンコクからアクセスしやすい人気のビーチリゾート、観光都市です。パタヤでのソンクラーン祭りは、他の都市よりも長く開催されます。

2018年は4月12日(木)〜4月19日(木)までの1週間。他の都市とあわせて行くと良さそうですね。

プーケット【Phuket】での日程

記事中画像8

プーケットはタイを代表する人気ビーチリゾートです。プーケットでのソンクラーン祭りの日程は、毎年4月13日に開催されることになっています。そして前日の12日は前夜祭として、フライングして夕方くらいから水かけがスタートします。

ソンクラーン祭りの最終日は?

記事中画像9

お祭りの最終日も都市によって異なります。バンコクやアユタヤ、チェンマイなどは、基本の日程通り4月15日が最終日です。そしてパタヤは4月19日、プラプラデーンは4月22日が最終日となる予定です。


ソンクラーン祭りが中止される事はある?

記事中画像10

ソンクラーンは基本的に開催が中止されることはありません。またこの時期は、タイはまだ雨季に入っておらず、雨がたくさん降る心配もありません。

ただ、2016年10月にタイの前国王が逝去された時は、1年間タイ全土が服喪期間となりました。そのためこの期間は、娯楽的な活動を自粛していました。このように例外的・突発的な事がない限りは、ソンクラーン祭りは例年通り開催されます。

ちなみに2017年は服喪期間でしたが、国王逝去から半年以上経過しているなどの理由により、中止にはなりませんでした。なので、今年も中止の可能性はほぼゼロと言えるので、ご安心ください。

Sponsor Link



まとめ

記事中画像11

タイのソンクラーン祭り(水掛け祭り)は、タイの旧正月の時期に開催されます。現在は、毎年4月13日〜15日の3日間が祝日となっていて、この期間に開催されることになっています。

ただし2018年は、4月12日も臨時で休日となることが決定しています。その関係で、今年は例年とは違った日程となり、4月の12日〜15日の期間に開催される予定です。

またこの開催期間は、基本の日程で、都市によっては異なるところもあるのでご注意ください。



またソンクラーンのルールや楽しみ方などのアドバイス、持ち物や服装などについては、こちらの記事にまとめていますので、あわせてご確認ください。

▶︎▶︎タイの水かけ祭り「ソンクラーン」楽しみ方のアドバイスと注意点
▶︎▶︎ソンクラーン祭り(水かけ祭り)を楽しむための持ち物や服装、準備について


さいごに

記事中画像12

ソンクラーン祭りは年に一度、数日間しか開催されないお祭りです。タイミングが合う方は是非思い切って参加してみることをオススメします。日本では決してできない街全体での水かけ合戦を、是非体験してみてください。新たな体験を通して、きっと未知の発見や新たな出会いがあるはずです。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら