画像①ワットポー_Fotor
タイのワットポーに行く時はどんな服装で行けば良いの
初めての国・場所に行くときは文化や気候が分からず服装に悩みますよね・・・
タイには暑季、雨季、乾季と3つの季節がありますが、基本的には年間を通して気温が高く、いつ訪れても日本の夏服で問題ありません

でも、ワットポーの観光には服装にいくつか留意点がありますので、下記にまとめています。
私も事前に確認をして行ったので、スムーズに観光できましたよ^^
ワットポーに行く予定の方は、渡航前の服装の準備の段階でチェックしてみてください!
 
またワットポーの他、クラブやレストランの服装や注意点についてはこちらをご覧ください。



ワットポーの服装の注意点

・ラフすぎず露出を控えた服を
ノースリーブやショートパンツなど、露出の高い服装をしていると、ワットポーの中に入れてくれないこともあります
最初から規定にあった服装で出かけた方が手間もなくスムーズです。
また、ワットポーでは上着等の貸し出しをしていましたので、そちらを借りることも可能です。
でもせっかくのワットポー!おしゃれな服装できちんと写真に写りたい!笑
写真撮影などで服装が気になる方は、あらかじめ露出を控えた規定に合った服装で行きましょう!
また、建物内は帽子やサングラスの着用も禁止されています。
 
・靴の脱ぎ履きがしやすい靴を
ワットポーの建物内は下足での立ち入りが禁じられている場所も多く、観光の際は頻繁に靴の脱ぎ履きをしなければいけません。できるだけ楽な、脱いだり履いたりしやすい靴を選びましょう。
またその際、自分の靴を持ったまま建物内の観光をする場所と、そうでない場所(入り口等に置いたまま)があります。靴の盗難や履き間違いなどが心配な方は、あらかじめ大切な靴や高価な靴は避けたもので行きましょう
 
・赤・黄色・迷彩柄の服装はなるべく避ける
赤や黄色はデモやクーデターを起こしている派閥のテーマカラーなのでワットポーでの服装だけに限らず、タイではできるだけ避けた方が無難です。
またタイでは迷彩柄の服は軍人が着用するものです。日本ではファッションとして着用しますが、タイでは避けましょう。
 

その他、服装について

タイでは、安くて可愛い服がたくさん手に入るので、現地で買い物をして服装のコーディネートを楽しむのもオススメです♪
現地で買った服装は、そのまま自分へのお土産にもなりますよね^^

関連記事はこちら