記事トップ画像

タイを代表する観光地ワットポー。大きな寝釈迦仏で有名なお寺ですが、実はタイの伝統的なマッサージが受けられたり、「ルーシーダットン」と呼ばれる朝ヨガに参加できることでも人気を集めています。

そこでここでは、ワットポーで体験したい「タイ古式マッサージ」と「ルーシーダットン」について

★場所や参加方法
★営業時間とお休み
★予約や料金
★チップの目安
★参加するときの服装

などについてご紹介していきます。
前半でタイ古式マッサージについて、後半で朝ヨガ(ルーシーダットン)について解説していますので、是非参考にしてくださいね。

それでは早速チェックしていきましょう!


※記事内のお金の単位はすべて【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



Contents

ワットポーとは?

記事中画像1

ワットポーはタイを代表する人気観光地の1つ。そしてバンコクで最も古いお寺でもあります。

そんなワットポーが人気を集めているのは、バンコクの象徴とも言える大きな寝釈迦仏が見られるからです。

またワットポーはタイ古式マッサージの総本山としても有名で、敷地内ではマッサージを受けることもできます!観光とあわせてワットポーでマッサージを受けるのも定番の楽しみ方となっています。


ワットポーの意味や歴史、見どころなどについてより詳しく知っておきたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎バンコクのワットポーとは?知っておきたい歴史や意味、観光の見どころ等まとめ


ワットポーでのタイ古式マッサージ

記事中画像2

ではさっそく、ワットポーで受けられるタイ古式マッサージの情報について見ていきましょう。

マッサージの受けられる場所はどこ?

ワットポーでのマッサージは、境内にある【マッサージ小屋】で受けることができます。

マッサージ小屋の場所は?

下記がマッサージ小屋の簡単な地図になります。ワットポーの入り口からは歩いて5分程度です。

マッサージ小屋マップ

マッサージの営業時間はいつ?

記事中画像3

マッサージは【毎日8時〜19時まで】営業しています。

比較的空いている時間帯は、朝の8時〜10時ごろです。

お休みや定休日はあるの?

マッサージは定休日などはなく、基本的に年中無休で営業しています。

マッサージの予約は必要?

記事中画像4

マッサージの予約は不要です。そのまま直接行って受けることができます。

マッサージのメニューと料金は?

記事中画像5

マッサージのメニューは大きく分けて、全身のタイマッサージ(Thai massage)と足だけのフットマッサージ(Foot massage)になります。
※料金は変更になる場合もあるので現地でご確認くださいね。

タイマッサージの料金

30分:320B
60分:540B

フットマッサージの料金

30分:340B
60分:580B

オイルマッサージの料金

60分:680B

マッサージのチップは必要?

記事中画像6

満足のいくサービスが受けられなかった場合は除きますが、マッサージのチップは基本的にあった方がスマートです。

あらかじめ準備をしておくとスムーズですね!そして何より相手にも喜ばれます。

チップの目安は?

1時間のマッサージの場合で、20〜50B程度が目安になります。でも金額はあくまでも目安になるで、サービスの質や満足度に応じて調整してくださいね。

Sponsor Link

マッサージを控えた方が良い人は?

記事中画像7

下記の場合はマッサージを控える、もしくは日にちや時間を変えて受けるようにしましょう。

・お酒を飲んでいる時
・熱がある時
・食事の直後(1.5時間以内)の時
・生理中の時

タイ古式マッサージとは?

記事中画像8

タイ古式マッサージとは、タイの伝統医療に基づくマッサージです。約2500年も前に、仏教と共にタイに伝わったと言われています。

タイ古式マッサージの特徴は?

タイ古式マッサージの特徴は、基本の型が100以上もあるということ。この基本の型を行うことで、セン(身体中のツボのようなもの)を刺激し、健康な体へと導いてくれます。

タイ古式マッサージとワットポーの関係は?

記事中画像9

ワットポーは、タイ古式マッサージの教えを広める場所、総本山として古くから活動してきました。

そのためタイでは、ワットポーだけではなく街の至るところでマッサージのお店が見られます。街中を歩いていると、マッサージがタイの人たちの生活の一部になっていることを感じることができます。

タイ古式マッサージの基本的な流れは?

記事中画像10

お店や人によって異なりますが、ここではマッサージの流れの一例をご紹介します。

重点的にしてほしい箇所や触れて欲しくない箇所がある場合は、あらかじめ伝えておくと良いですよ♪

① 仰向けになる
・足裏→くらはぎ→太もも→手と腕の順でマッサージ

② 横向きになる
・足→太もも→腰→腕→指の順でマッサージ
・体をひねり、関節の可動域を広げる

③うつ伏せになる
・足のマッサージとストレッチでむくみを取る
・背中や肩甲骨のストレッチ

④ 仰向けに戻る
・足と腰を中心にストレッチ

⑤ 座った状態になる
・肩や首、頭を中心にマッサージをして凝りをほぐす
・脊椎と股関節のストレッチ

⑥ 仕上げに足のストレッチをして終了


ワットポーでの朝ヨガ「ルーシーダットン」

記事中画像11

ワットポーで行われているのはタイ古式マッサージだけではありません。ここでは同じくワットポーで人気の朝ヨガ、体操(ルーシーダットンと呼ばれています)についてご紹介します。

だれでも簡単にできる体操なので、初めての方もぜひ気軽に参加してみてくださいね。

ルーシーダットンとは?

記事中画像12

ルーシーダットンとはタイに伝わる自己整体法のこと。もともとは僧侶や修行者たちが、座禅や瞑想などの修行によって疲れた自分の体を元の状態に戻し、矯正するためにしていた体操です。

ワットポーでは朝ヨガとも呼ばれていますが、正式にはヨガとは異なり、細かい呼吸法や難しいポーズも少ないのが特徴です。

ルーシーダットンとワットポーの関係は?

ワットポーで行われているルーシーダットンは、もともとはマッサージ師の準備体操として取り入れられ行われるようになりました。

今では誰でも自由に参加できるようになったため、観光客にも人気となっています。

Sponsor Link

朝ヨガ(ルーシーダットン)に参加する方法は?

記事中画像13

ルーシーダットンは誰でも自由に参加ができます。直接、集合場所に行けば大丈夫です。

朝ヨガ(ルーシーダットン)が行われる場所は?

記事中画像14

ルーシーダットンは、ワットポー寺院内の【マッサージ小屋の前】で行われます。
集合場所もここになります。

マッサージ小屋の場所は?

下記がマッサージ小屋の簡単な地図になります。ワットポーの入り口からは歩いて5分程度です。

朝ヨガ地図

朝ヨガ(ルーシーダットン)が行われる時間は?

記事中画像15

ルーシーダットンは、【朝の8時〜8時30分】の時間帯に行われます。

集合時間は?

集合時間は決まっていませんが、5分〜10分前には到着しておくと安心です。

集合場所(マッサージ小屋の前)までは入り口から5分程度かかるのでその分も余裕を持っておきましょう。

お休みや定休日はあるの?

ルーシーダットンは基本的に年中無休です。ただし【雨の日は中止】になるのでご注意ください。

朝ヨガ(ルーシーダットン)の予約は必要?

記事中画像16

ルーシーダットンの予約は必要ありません。直接、集合場所に行けば大丈夫です。

朝ヨガ(ルーシーダットン)の料金は?

記事中画像17

ルーシーダットンは無料で参加することができます。
正確には、寺院に入るための入場料(100B)を払う必要がありますが、レッスン自体は無料になります。

朝ヨガ(ルーシーダットン)に参加する時の服装は?

記事中画像18

ルーシーダットンは寺院内で行われるので、基本的には露出の少ない動きやすい服装がベターです。

女性の場合はスカートはNGなので注意しましょう。またルーシーダットンは基本は裸足で行います。汚れが気になる方は、足を拭くものがあると便利です。

Sponsor Link



ワットポーのマッサージと朝ヨガ【まとめとポイント】

記事中画像19

タイ古式マッサージも朝ヨガ(ルーシーダットン)も、予約などは必要なく誰でも自由に参加・体験することができます。
また場所も同じで【マッサージ小屋】で行われます。(朝ヨガは小屋の外になります)

ただし時間や料金はそれぞれ異なるのでご注意ください。
マッサージは毎日【8時〜19時】
朝ヨガは毎日【8時〜8時30分】に行われます。(※朝ヨガは雨の日は中止)

マッサージはメニューによって料金が異なりますが、朝ヨガ(ルーシーダットン)は無料で参加することができます。


またワットポーへの行き方や拝観時間、入場料や服装などについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎【交通手段別】バンコクのワットポーの行き方は?主な観光地からのアクセスについて
▶︎▶︎ワットポーに行く前に知っておきたい!服装や入場料、拝観時間、見どころなどの情報まとめ


さいごに

記事中画像20

異国の地では、ただ観光地をまわるだけでも十分に楽しむことができますよね。でもせっかく行くなら、現地に根付く文化や習慣に触れて体験するのもオススメの旅の楽しみ方です。

現地の人たちとの交流も生まれ、また違った旅の思い出ができること間違いなしです!旅の新たな楽しみ方や魅力の発見につながれば嬉しいです♩


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら