トップ画像(ガネーシャ参拝)

タイの観光で今 “人気急上昇中の場所” と言えば、ピンクの象(ガネーシャ像)で有名な「ワットサマーンラッタナーラーム」!ここにいる大きなピンクの象の神様は、たくさんの参拝者を惹きつけてやまない人気者となっています。

ここでは、そんな今注目の「ピンクガネーシャ」について

★参拝前に知っておきたい簡単な歴史や意味
★ご利益とその効果を高める参拝方法
★生まれた日の曜日の調べ方と、各曜日の特徴
★お守りやグッツ情報

などについてご紹介していきます!ぜひ参考にしてくださいね。
それではさっそくチェックしていきましょう♩


Sponsor Link



ピンクの象「ピンクガネーシャ」とは?

ピンクガネーシャ参拝1

ピンクの象(ピンクガネーシャ)のいるワットサマーンラッタナーラームとは、どういうお寺なの?そして、どのようなご利益があるの?

さっそくチェックしていきましょう。

願い事がすぐに叶うことで有名なパワースポット

ワットサマーンラッタナーラームは、祈願成就までのスピードがとても早いことで有名なタイ屈指のパワースポットです。

その早さはなんと通常の3倍と言われています!ピンクの象(ガネーシャ)が、願いを迅速に叶えてくれるということで、特に金運アップのご利益を求め、毎日多くの参拝者が訪れています。

ちなみにワットサマーンラッタナーラームの英語表記(つづり)は「Wat Saman Rattanaram」になります。

ピンクガネーシャはいつ祀られたの?

ピンクガネーシャ参拝2

ピンクの象(ガネーシャ像)は、2011年に完成したものだそうです。前プミポン国王の83歳の誕生日を記念して建てられました。

ピンクの象(ガネーシャ)の大きさは?

ピンクガネーシャ参拝3

ワットサマーンラッタナーラームにいるピンクの象(ガネーシャ)の大きさは、幅16m、高さ22mになります。22mは、5〜6階建てのビルの高さくらいの大きさです。

ちなみにバンコクのワットポーで見られる有名な寝釈迦仏の大きさは、長さ46m、高さ15mです。

ガネーシャとは?

ピンクガネーシャ参拝4

ガネーシャは人間の身体に象の頭を持つ、ヒンドゥー教の神様です。片方の牙は折れていて腕は4本あり、ネズミを使い(乗り物)としているといった特徴があります。

ちなみにタイは仏教の国ですが、ヒンドゥー教の神様も信仰されています。タイは昔からインドとの交易が盛んだったことからインド文化の影響も受けており、そのことなどがタイでもガネーシャが信仰されている背景としてあるそうです。

またガネーシャのお腹が大きい理由は、良い事も悪い事も消化できる力を表しているためです。

Sponsor Link

ピンクガネーシャのご利益と効果

ピンクガネーシャ参拝5

ガネーシャは、あらゆる障害や災い、そして厄を取り除き、財運向上と成功へと導いてくれる神様とされています。

詳細は下記のとおり。

富と繁栄がもたらされる

ガネーシャは現世利益をもたらす富と繁栄の神とされています。

また知恵を司る学問の神、文化や芸術を司る技芸の神、商売繁盛をもたらす幸運の神としても大きな信仰を集めています。

あらゆる障害が取り除かれる

ガネーシャはあらゆる障害や災いを取り去る力を備えているとされています。そのため、何か事を始めたり継続したりする時に祈りを捧げると、障害が取り除かれて成功に導いてくれると言われています。

また、病気の苦しみからの解放をもたらす医術の神、あらゆる事象を司る万能の神としても信仰されています。


ピンクガネーシャ「ワットサマーンラッタナーラーム」での服装や時間、入場料などの基本情報については、下記の記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ピンクのガネーシャ像【服装・時間・入場料・周辺情報】基本情報まとめ


ピンクガネーシャの参拝方法・お願いの仕方

ピンクガネーシャ参拝6

では次に、ピンクガネーシャへお願い事を届ける方法についてチェックしていきましょう。

タイでは、曜日ごとに色や仏像、吉方位などが決まっています。そして自分の生まれた曜日の色のものを身につけたり、自分の曜日の仏像に拝んだりすることで幸運がもたらされると深く信じられています。

そんなタイの文化が、ピンクガネーシャにお願いする方法とも深く関係しているのです!

ピンクガネーシャのお参りの仕方

ピンクガネーシャ参拝7

ピンクガネーシャへのお参りの仕方は、直接ガネーシャにお願い事を伝えるのではなく、ガネーシャの周りにいるネズミに伝えることになっています。

ガネーシャの周りには7つのネズミの像があり、曜日ごとに色分けされています。(その他、曜日に関係なく金運にご利益のある2つのネズミの像もあります。)

自分の誕生日の曜日と同じ色のネズミにお願いすることで、ネズミが私たち祈願者の代わりにガネーシャに願い事を伝えてくれます。(自分が生まれた曜日の調べ方は次の章でご案内しますね。)


【お願いの仕方】
①自分の誕生日色のネズミ(もしくは金運のネズミ)のところへ行く
踏み台がある場合は、靴を脱いで踏み台の上に立つ(靴を脱いでいない人もいます。)

②ネズミの左右どちらかの耳に口元を近づける
この時、もう片方の耳は手で塞ぎ、願い事が外に漏れないようにします。

③お願い事をする
自分の名前と住所、参拝できたことへの感謝の気持ちもお伝えしましょう。

より参拝の効果を高めるには?

これは当たり前のことだと思いますが、お願い事をしただけで、その後何もせずにじっと待っているだけでは、ピンクガネーシャのご利益をなかなか活かすことはできません。

お願い事をした後は「行動すること」が何よりも大切です。

たとえば何かをひらめいたり、ふと「やりたい」と思ったりしたことは、すぐに行動に移すこと。これはガネーシャや宇宙からのサインです。
そうやって小さなことからでも少しずつ行動に移し、積み重ねていくことで、夢や願い事に一歩ずつ近づいていくことができるのですね♩

また、今ないモノ・持っていないモノばかりに目を向けるのではなく、今あるモノ・持っているモノ=すでに与えられているものに目を向け、きちんと感謝をすることも大切です。
日々自分の魂を磨き、高めていこうとする人はガネーシャも可愛がりたくなるはずです!

なぜネズミにお願いするの?

ピンクガネーシャ参拝8

お願い事をネズミに取り次いでもらう理由は、ガネーシャがネズミを使い(乗り物)にしているからです。そしてガネーシャがネズミを乗り物にしているのにも理由があります。

いつもせわしなく動いているネズミは、感情で揺れ動く私たちの心の象徴なんだそうです。そしてガネーシャ(一番大きな動物である象の頭を持つ神)がネズミに乗ることで、私たちの落ち着かない心をコントロールしている、という意味があるのだそうです。

Sponsor Link


ネズミの色と曜日の色について

ピンクガネーシャ参拝9

ガネーシャへお願い事を伝える方法は確認できましたか?ピンクガネーシャを参拝するには、まず自分の誕生日の曜日を知っておく必要があるのですね。

そこでここでは、自分の生まれた曜日の調べ方とそれぞれの曜日の特徴について簡単にご紹介していきます。

誕生日の曜日を調べるには?

下記のサイトで自分の生まれた日の曜日を簡単に計算して知ることができます。まずはこちらで自分の曜日を調べてくださいね。

▶︎▶︎自分の誕生日の曜日を調べる

曜日の色と性格について

ピンクガネーシャ参拝10

つぎに、各曜日の色や特徴を見ていきましょう。

タイでは、自分の生まれた誕生日の曜日で、性格や相性を占うことがよくあります。ここでは、それぞれの曜日の色と性格を簡単にご紹介します。(※水曜日だけ、午前と午後の2つに分かれています)

日曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝11

【曜日の色】赤色

【性格と特徴】リーダーシップ・世話好き
・芯が強くリーダーシップがある。常に中心的な役割を果たす。
・世話好きで面倒見が良い。人に頼られる。
・自由に行動することを好む。自立心が旺盛。
・実直で活動的な合理主義。情熱的で努力家。
・自尊心と自己愛が強い。自信過剰で自己主張が強くなりがち。
・野心が強く名誉・名声を尊ぶ。いつも周囲から注目を浴びていたい。
・物事に細かくせっかち。貯金が苦手。

月曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝12

【曜日の色】黄色

【性格と特徴】平和主義・ロマンチスト
・平和主義で争いを好まない。
・自己表現が豊かでロマンチスト。直感力があり想像力が豊か。
・物腰が柔らかくて温和。おっとりとした雰囲気を持つ。
・優しい性格で母性愛に溢れる。お人好しで人を簡単に信じる。
・礼儀正しい。堅実で完璧主義。
・勤勉でコツコツと努力をする。物事を現実的にとらえる。
・心変わりがしやすく気分屋。すぐに動揺しやすい。表現がオーバーになりがち。

火曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝13

【曜日の色】ピンク

【性格と特徴】チャレンジ精神旺盛・意思が強い行動派
・チャレンジ精神が旺盛。変化と冒険を好む情熱家。
・意思が強く行動力がある。考えるより先に行動する。
・忍耐強い。力強く不屈の精神を持つ。
・親切で明るく愛情豊か。愛嬌があり愛され上手。
・学問と研究を愛する。
・頑固で他の人を認めない。自分の判断が絶対的。
・真面目で物事をはっきりと言う。頑固で理屈っぽいところがある。
・行動力があり過ぎ、他の人を振り回してしまいがち。

水曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝14

【曜日の色】緑色

【性格と特徴】※水曜日だけ、午前と午後によって違います。

(午前生まれの人:自由主義・好奇心が旺盛)
・自由を愛する自由主義者。行動的で趣味を大切にする。
・流行に敏感で好奇心が旺盛。一つの物事に集中するのが難しい。
・やさしく穏やか。容易に他人に合わせられる。
・夢見がちだが冷静。論理的に物事を検証している。
・頭の回転が速く多角的に物事を見る。時代を先読みする。
・他人を気にしてストレスを感じやすい。

(午後生まれの人:直感力が豊か・秘密主義)
・直感力に優れ直感を大切にしている。神秘的なことに興味を持ち惹かれる。
・何事に対しても真剣に取り組む。
・強気で一度思い込むと考えを変えない。
・孤独を好む。冷静で秘密主義。他人にあまり心を開かない。
・他の人を認めず好き嫌いが激しい。機嫌が良ければ口上手になる。
・短期で移り気なところがある。何事も中途半端に終わりがち。
・怖いもの知らず。後のことを考えずに突っ走ってしまうところがある。

木曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝15

【曜日の色】オレンジ

【性格と特徴】意思が強い・理想を求める努力家
・自分の意思と揺るぎない精神を持つ。
・知識を追求することを好む。バランス感覚に優れ極端に走ることもない。
・道徳観念があり、誠実で人が良い。
・努力家で頑張り屋。まっすぐに前進する。人前では弱みを見せない。
・神経質で生真面目。融通が利かない堅い人として見られがち。
・プライドが高く自信家。自分の意思や考えを第一とする。
・個性的で風変わりな印象を持たれやすい。

金曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝16

【曜日の色】青色

【性格と特徴】感受性豊か・楽しいことが大好き
・繊細で感受性が豊か。芸術や音楽を愛する。美意識が高く優れたセンスを持つ。
・楽しいことを常に追い求める。個性的で変わり者。
・社交性があり人を惹きつける魅力がある。オープンな性格で友達が多い。
・物事を手早くこなし要領が良い。
・他人の目を気にしすぎるところがある。
・プライドが高い。セレブ志向で見栄を張りすぎてしまう。

土曜日が誕生日の人

ピンクガネーシャ参拝17

【曜日の色】紫色

【性格と特徴】マイペース・自立心があり我が道をいく
・静かでマイペース。他人にペースを乱されることを嫌う。
・他人の目を気にすることなく我が道を行く。自立心があり独自の世界観を持つ。
・頭脳明晰で向上心が強く思考力に長けている。面白いものや興味のあるものにはのめり込む。
・忍耐力があり努力家。ひとつのことに向かって突き進む。いつも落ち着いていて堅実に物事をこなす。
・物事をしっかり見極め善悪を素早く判断する。偽善やごまかしを嫌う。堅実な生き方を選ぶ。
・孤独を好み、ストレスを感じやすい。心配性。常に心に何かの苦しみを抱える傾向がある。
・口数が少なく心の奥に何かを秘めている。マイペースすぎて変わり者として見られがち。


ワットサマーンラッタナーラームのお守りとグッツ

ピンクガネーシャ参拝18

ピンクガネーシャにお願い事をしたら、お守りやグッツも一緒に持ちたいですよね。

ここでは最後に、ワットサマーンラッタナーラームで買えるお守りやグッツなどの開運アイテムについてご紹介します。

ピンクガネーシャのお守りとグッツ

ピンクガネーシャ参拝19

ワットサマーンラッタナーラームで、私たち観光客に人気の開運アイテムがガネーシャの絵が描かれたボールペン。お手頃な値段と、各曜日ごとに色の違うものが用意されているのが人気の理由です。

またボールペンのほかにも、ペンダントトップやガネーシャの置物などもあります。

お守りやグッツはどこで買える?

お守りやグッツなどの開運アイテムやお土産は、ピンクのガネーシャ像がいる台座の部分がお店になっていて、ここで買うことができます。お店への入り口は裏側にあります。

ピンクガネーシャ参拝20

ピンクガネーシャ像の写真を待ち受けにする

お守りやグッツを持つこと以外にも、ガネーシャ像の写真をスマホの待ち受けにするのもオススメです!スマホだと毎日何度も目にするので、ガネーシャのパワーをたくさんいただけそうですね♩

Sponsor Link



ピンクガネーシャのご利益と参拝方法まとめ

ピンクガネーシャ参拝21

ピンクガネーシャのいるワットサマーンラッタナーラームは、祈願成就までのスピードがとても早いことで有名なバンコク郊外にあるお寺です。

そのご利益は、あらゆる障害が取り除かれることで財運向上、成功へと導いてくれるとされています。

参拝方法は、ガネーシャ像の周りにいるネズミにお願い事をささやくことで、ネズミがお願いをガネーシャに伝えてくれます。ネズミは曜日ごとに色分けされた7匹と、金運の2匹がいます。お願いするときは、自分の生まれた誕生日の曜日のネズミか、金運のネズミにしてくださいね。


またピンクガネーシャ「ワットサマーンラッタナーラーム」への行き方については、下記の記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎バンコクからピンクのガネーシャ像に行く方法は?アクセス方法まとめ


さいごに

ピンクガネーシャ参拝22

日本では血液型占いや星座占いが人気ですが、国が違えば占い方もその国特有のものがあって面白いですよね。タイの曜日占いも結構当たっている!と思うのは私だけではないはずです。

さまざまな国で現代でも占いが活用されているのは、占いが人生に迷ったときの道しるべや心の支えになるからだと思います。曜日占いも上手に活用して、自分らしい人生の手引きとしていきたいですね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら