トップ画像(ガネーシャ基本情報)

タイの観光で今 “人気急上昇中の場所” と言えば、ピンクの象(ガネーシャ像)で有名な「ワットサマーンラッタナーラーム」!巨大なピンクガネーシャのいるこのお寺は、バンコクの有名寺院とはまた趣が異なり、タイの地元民に愛されるローカル感満載の場所となっています。

ここでは、そんな今注目の「ピンクガネーシャ」について

★行く前に知っておきたい服装や持ち物
★営業時間や入場料、観光の所要時間
★食事やお土産の情報
★周辺の観光スポット

などの基本情報についてご紹介していきます!ぜひ参考にしてくださいね。
それではさっそくチェックしていきましょう♩


Sponsor Link



タイのピンクのガネーシャ像とは?

ピンクガネーシャ基本情報1

ピンクの象(ガネーシャ像)は「ワットサマーンラッタナーラーム」というバンコク郊外のお寺にあります。

祈願成就までのスピードがとても早いことで有名で、タイのパワースポットとして知られています。もともとはタイの地元民の間で人気のあるお寺でしたが、そのインパクトある姿が写真映えするということで今では観光客の間でも人気が出ているお寺です。


そんなピンクガネーシャ像「ワットサマーンラッタナーラーム」のご利益や参拝方法などについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ピンクのガネーシャ像【参拝方法とご利益】ワットサマーンラッタナーラームとは?


ワットサマーンラッタナーラームでの服装は?

ピンクガネーシャ基本情報2

タイの寺院では服装の規定があったり、入り口で服装チェックが行われたりすることもありますが、ピンクガネーシャではどのようになっているのでしょうか。

さっそくチェックしていきましょう!

ピンクガネーシャでは服装の決まりやチェックはある?

ピンクガネーシャのいる「ワットサマーンラッタナーラーム」では、特に服装のチェックなどは行われておらず、服装の決まりなども掲げられていません。

でもこれは、ピンクガネーシャの参拝客のほとんどは、数年前まではタイ人ばかりだったため、必要がなかったからだと思います。(しかし今は日本人観光客も急増しています。)

なので服装の決まりはなくても、私たち観光客も地元の方たちに失礼のないよう、寺院参拝に適した服装を心がけたいところです。
そこでタイの寺院参拝に適した服装について、次で簡単にご紹介します。

ピンクガネーシャの参拝に適した服装は?

ピンクガネーシャ基本情報3

タイの寺院では、肌の露出の多い服装(袖のない服装や膝が出る服装など)は控える必要があります。

そのためピンクガネーシャでも、他の寺院と同じようにノースリーブやショートパンツなどは避けた方が、本来は適切と言えます。(しかしピンクガネーシャ周辺はとても暑いので、実際は露出の多い服装の方もたくさんいました。)

これは必須ではありませんが、もし露出の多い服装で行く場合は、透けない素材のストールなどを持っておくと、必要に応じて肌を隠せるので便利だと思います!

持っておくと便利なものは?

ピンクガネーシャ周辺はとても日差しが強いので、帽子やサングラス、日傘などはあった方がベターです!

また境内のトイレにはトイレットペーパーがないので、ペーパーは持っておくことをオススメします。

Sponsor Link


ピンクのガネーシャ像の営業時間と入場料

ピンクガネーシャ基本情報4

ピンクのガネーシャ像のある「ワットサマーンラッタナーラーム」はバンコク郊外から離れているため、観光のために必要な所要時間や営業時間もあらかじめチェックしておくと安心です。

ワットサマーンラッタナーラームの営業時間

ピンクガネーシャ基本情報5

ピンクガネーシャの営業時間は、毎日8時〜20時になります。

定休日などお休みも特にないのでいつでも参拝できますが、混雑を避けたい方は地元の人で賑わう土日はなるべく避け、平日に行くことをオススメします。

観光の所要時間(滞在時間)は?

ピンクガネーシャ基本情報6

ワットサマーンラッタナーラームには、ピンクのガネーシャ像以外にも、ちょっとしたテーマパークのような場所もあります。

ピンクガネーシャの参拝だけなら30分その他の場所も見て回る場合は1時間くらいが所要時間の目安になります。さらにランチやカフェもしたい方は、+30分ほど見ておくと安心です。

ワットサマーンラッタナーラームの入場料

ピンクガネーシャ基本情報7

ワットサマーンラッタナーラームでは入場料は必要ありません。無料で参拝することができます。


ワットサマーンラッタナーラームでの食事とお土産

ピンクガネーシャ基本情報8

ピンクガネーシャに参拝をしたら、一緒に食事もしたいですよね。またお守りやグッツなど、お土産を買って帰りたい方も多いはず!

ここではピンクガネーシャでの食事とお土産の情報についてご紹介します。

ピンクガネーシャのお寺で食事はできる?

ピンクガネーシャ基本情報9

ワットサマーンラッタナーラームでは、境内にたくさん屋台や食堂、カフェなどがあるので、ランチやカフェも参拝と一緒にすることができます。

ただし現地人向けのお寺なので、カフェ以外はほとんどがタイ料理のお店になります。

食事ができる場所は?

ピンクのガネーシャ像周辺の川沿いに、屋台や食堂がたくさん並んでいます。

ピンクガネーシャ基本情報10

地図(ピンクガネーシャ周辺)

ピンクガネーシャのお土産は買える?

ピンクガネーシャ基本情報11

ワットサマーンラッタナーラームでは売店やお土産ショップがいくつかあり、ガネーシャの置物やタイ雑貨、ポストカードなどのお土産が売られています。

特に私たち観光客に人気のお土産が、ガネーシャの絵が描かれたボールペン。お手頃な値段と、各曜日ごとに色の違うものが用意されているのが人気の理由です。

Sponsor Link

お土産が買える場所は?

ガネーシャのボールペンは、ピンクのガネーシャ像がいる台座の部分がお店になっていて、ここで買うことができます。(お店への入り口は裏側にあります)

その他の売店やお土産ショップは下記の通り。

ピンクガネーシャ基本情報12

地図(ピンクガネーシャ・周辺)2


ピンクガネーシャ周辺の観光スポットは?

ピンクガネーシャ基本情報13

最後に、ピンクガネーシャ周辺の観光スポットについて簡単にご紹介します。バンコクからピンクガネーシャ行きのツアーに参加した時に、一緒に立ち寄ることも多い場所です!


またピンクガネーシャ「ワットサマーンラッタナーラーム」への行き方については、下記の記事にまとめているので参考にしてくださいね。

▶︎▶︎バンコクからピンクのガネーシャ像に行く方法は?アクセス方法まとめ

ワットソートーン(Wat Sothon)

ピンクガネーシャ基本情報14

ワットソートーンはタイで最も崇拝されている仏像の1つ「プラ・プッタソートーン(ルアン・ポー・ソートーン)」が祀られているため、いつもたくさんの参拝者で賑わっているお寺です。参拝者の数は、バンコクのワットプラケオに次いで2番目に多いとのことなので、どれだけ人気なのかが分かりますよね。

ここの本尊であるプラ・プッタソートーン仏像(ルアン・ポー・ソートーン仏像)は、寺院の横を流れるバーンパコン川で漂流しているところを発見され、引き上げられたそうです。白亜の美しい本堂がとっても大きくて魅力的なお寺です。

ワットソートーンの地図

ワットソートーンへはタクシーやトゥクトゥクの他、ソンテオ(乗合タクシー)を利用して行くことができます。

ソンテオは、チャチュンサオの駅やバスターミナルから出ています。

地図(ピンクガネーシャ・周辺)3

百年市場(タラート・バーンマイ・ローイピー)

ピンクガネーシャ基本情報15

レトロな雰囲気が漂う木造家屋でできたタイのローカルな市場です。

市場が賑わうのは土日になるので、週末にピンクガネーシャに行く方は、この百年市場にも立ち寄ってみると良いかもしれません。もちろん市場は毎日空いているので、平日でも楽しむことができます。

中にはカフェもあるのでちょっと休憩するにはちょうど良い場所です。

100年市場の地図

100年市場へはタクシーやトゥクトゥクの他、ソンテオ(乗合タクシー)を利用して行くことができます。

ソンテオは、チャチュンサオの駅やバスターミナルから出ています。

地図(ピンクガネーシャ・周辺)4


ピンクのガネーシャ像の基本情報まとめ

ピンクガネーシャ基本情報16

ピンクのガネーシャ像の祀られている「ワットサマーンラッタナーラーム」は、バンコク有名寺院のような服装の決まりやチェックはなく、自由な服装で参拝することができます。

ただしタイのお寺では、露出の多い服装を控えることは一般的なマナーとなっています。私たち観光客も現地の文化や習慣に配慮して、失礼にあたらないような服装で参拝したいですね。

お寺の参拝時間は毎日8時〜20時で入場料は必要ありません。観光の所要時間は30分〜1時間が目安になります。中に食堂や屋台、カフェなどもあるので、食事をする場合は余分に時間を見ておいてくださいね。

またピンクガネーシャにお参りをした際は、周辺の観光地「ワットソートーン」や「百年市場(タラート・バーンマイ・ローイピー)」なども一緒に観光することができます。

Sponsor Link



さいごに

ピンクガネーシャ基本情報17

ワットサマーンラッタナーラームは有名なピンクのガネーシャ像だけではなく、他にもいろんな見どころがあります。

3つの首を持つ象の神様や大きな観音様、108の手を持つ仏様など、さまざまな神様がいらっしゃいます。

また、あまり知られていませんが寺院には動物たちもいます♩是非ゆっくり見て周って、たくさんの癒しとご利益をいただいて来てくださいね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら