記事トップ画像

タイ、バンコクを代表する人気観光地「ワットポー」。

大きな寝釈迦仏が見られることで有名で、連日多くの観光客で賑わっています。


ここでは、バンコク観光のマストスポット「ワットポー」について

Check

★ 拝観時の適切な服装について

★ 入場料と営業時間

★ 空いている時間帯

★ 見どころと観光の所要時間

★ おすすめ体験(タムブン・占い・マッサージetc)


などをご紹介していきます!ぜひ旅行の計画の参考にしてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩


※記事内のお金の単位はすべて【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ


※ここでご紹介する情報は、記事公開日時点のものになります。最新の情報は変更になっている場合もありますのでご了承ください。m(_ _)m


スポンサーリンク


ワットポーとは?

記事中画像1

ワットポーは、バンコクを代表する人気観光地の1つであり、またバンコクで最も古いお寺でもあります。

そんなワットポーが人気を集めているのは、象徴的な大きな寝釈迦仏が見られるから。


またワットポーは、東洋医学に基づくタイ古式マッサージの総本山としても知られています。


ワットポーの意味や歴史、見どころなどについてより詳しく知っておきたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎ バンコクのワットポーとは?知っておきたい歴史や意味、観光の見どころ等まとめ



ワットポーに行く時の服装は?

記事中画像2

タイは年間を通して気温が高く、いつ訪れても日本の夏服で問題なく過ごすことができます。


ただし、ワットポーなどのタイの寺院に行くときは注意が必要です。

宗教上の理由から、寺院内では細かな服装の規定が設けられている場所も多いのです。

ワットポーでも服装の規定があります!


そのためマナーを守った服装でないと、拝観を断られてしまう場合もあります。

せっかく観光に行くのだから、それは絶対に避けたいですよね。


そこでここでは、ワットポーの他、タイの寺院観光に適した服装についてポイントをお伝えします。


ちなみに、もし服を忘れてしまった場合でも、現地では安くて可愛い服がたくさん手に入ります。

寺院によっては服の貸し出しサービスもあるので(ワットポーもあります!)そんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ^^

ワットポーでの服装チェックはどこである?

記事中画像3

ワットポーでのNGな服装を確認する前に、まずは服装チェックがどこであるのか?について確認しておきましょう。


実はワットポーの寺院の敷地内には、基本的にはどのような服装でも入ることができます。

じゃあ服装チェックはどこであるの?と思いますよね。


ワットポーで服装チェックが行われるのは、【寝釈迦仏のいる礼拝堂】に入るときになります。

ワットポーを訪れる観光客のほとんどは、この寝釈迦仏を見ることが目的だと思います。

なので始めから、この礼拝堂に入れる服装で行くことオススメします!

ワットポーでNGな服装について

記事中画像4

次に、ワットポー(寝釈迦仏のいる礼拝堂)でのNGな服装をご紹介します。


ちなみに礼拝堂の入り口では、規定に合わない服装の人には、無料で肌を隠すための羽織ものを貸し出してくれます。

でも、始めから規定に合った服装で出かけた方が、手間もなくスムーズです!

また現地の文化や風習に敬意を表すためにも、始めからしっかりマナーを守った服装で行きたいところです^^

NG服① 肌の露出の多い服装

記事中画像5

ワットポーの他、タイの寺院や王室関係の施設では、肌の露出の多い服装では見学や拝観ができません。


袖(そで)のないトップスや、膝(ひざ)が見える丈のボトムスなどは、男女ともにNGです。

ズボン(ボトムス)の丈の目安としては、ヒザから下の脚の部分(ふくらはぎ)が半分くらいは隠れていること。


具体的なNG服は、ノースリーブ、タンクトップ、キャミソール、チューブトップ、ショートトップ(おヘソが出る服)、ワイドネック(胸元が大きく開いた服)、オフショルダー、ショートパンツ(短パン)、半ズボン、ミニスカート、ローウエストパンツ(腰パン)などです。


ちなみに、靴についての規定は特になく、サンダルやビーサン、クロックスなどでも問題ありません^^

(ただし、王宮の観光も一緒にする場合は、ラフ過ぎない靴の方がスマートです!)

NG服② 体のラインや線が目立つ服装

記事中画像6

露出の少ない服装であっても、体のラインや線がはっきり分かるようなピタッとした服装や、透けて見えるような服装はNGです。

胸元やヒップ、脚のラインが出過ぎないゆったりめの服装が適しています。


具体的なNG服は、シースルータイプの服、スキニーなどのタイトパンツ、トーンパンツ(ダメージ加工のあるパンツ)などです。

NG服③ 帽子やサングラスの着用

記事中画像7

寝釈迦仏のいる礼拝堂のほか、寺院内の建物の中では、帽子やサングラスの着用も禁止されています。

※建物の外(屋外)では、帽子やサングラスをつけていても問題はないのでご安心ください^^


スポンサーリンク


ワットポーの拝観に適した服装は?

記事中画像8

NG服を確認できたところで、ここでワットポーの拝観に適した服装と、観光客の一般的な服装についてご紹介します。

男性のワットポーに適した服装

記事中画像9

できるだけ露出の少ない服装が適していますが、半袖、長ズボン(ひざ丈よりも長いもの)で大丈夫です。

(※暑いので通気性の良さは重視しましょう。)

ワットポーで男性に多い服装は、半袖のTシャツにダメージ加工のないシンプルなデニムや、スラックスやチノパンなどのパンツスタイルなど。

タイパンツにTシャツ姿の男性もたくさんいます!


暑さなどの理由で、どうしても短パンを履きたい場合は、寺院の入り口で、短パンの上からタイパンツなどゆったりめのズボンを履くなどして、臨機応変に対応しています。

女性のワットポーに適した服装

記事中画像10

体のラインが出ないゆったりめの服装で、なおかつ露出の少ない服装が適しています。

(※暑いので通気性の良さは重視しましょう。)


パンツやスカートは、ひざ丈よりも長くゆったりめのものを選び(目安としては、ふくらはぎが半分くらいは隠れていること)、トップスは袖(そで)のついた半袖タイプのものが適しています。

また袖のない服でも、上からスカーフなどを羽織れば大丈夫です^^


ワットポーで女性に多い服装は、半袖のTシャツ、ノースリーブの上からスカーフやストールを羽織っているスタイルに、ロングスカートやゆったりめのパンツスタイル(ひざ下丈)、袖付きのロングワンピースなど。

タイパンツにTシャツ姿の女性もたくさんいます!


暑さやオシャレのことを考えて、ノースリーブやショートパンツなどをどうしても着たい場合は、寺院の入り口で上から上着を着たり、スカーフを腰に巻いて足を隠すなどして対応しています。

その他ワットポーでの服装についてのアドバイス

記事中画像11

最後に、ここまででご紹介しきれなかった、服装についての知っておきたいポイントをお伝えします。

靴は脱ぎ履きがしやすいタイプがオススメ

ワットポーの建物内は、土足での立ち入りが禁止されている場所も多く、頻繁に靴の脱ぎ履きをしなければいけません。

なので観光の際は、できるだけ脱ぎ履きが楽な靴を選ぶことをオススメします。

朝ヨガ(ルーシーダットン)にも参加する時は、動きやすい服装で

記事中画像12

朝ヨガ(ルーシーダットン)は、ワットポーの寺院内で行われているイベント(体操)です。

観光とあわせて、朝ヨガ(ルーシーダットン)にも参加する予定の方は、動きやすい服装を選ぶことをオススメします。


女性の場合は、スカートはNGなので注意しましょう。


またルーシーダットンは、基本は裸足で行います。

汚れが気になる方は、足を拭くものがあると便利です。


朝ヨガ(ルーシーダットン)の参加方法など詳しい情報については、こちらの記事に別途まとめているので、参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ ワットポーで体験したい!マッサージと朝ヨガ「ルーシーダットン」情報まとめ

迷彩柄の服装はなるべく避ける

迷彩柄は、タイでは一般的に軍人が着用するものというイメージがあるため、ファッションとしてあえて取り入れる人はあまりいません。

(また軍人と間違えてしまうような服装をすることは禁止されています。)


全身ではなく一部に取り入れる程度だと問題はありませんが、少し浮いてしまう可能性も。

どうしても身に付けたい場合を除いては、避けた方が無難です。



ワットポーの入場料と入場時の注意点

記事中画像13

次に、ワットポーに入場するときに必要な入場料やその他の注意点についてお伝えします。

ワットポーの入場料(拝観料)はいくら?

記事中画像14

ワットポーでは、入場時に【100バーツ】が必要になります。

ただし、120cm以下の子供は無料になるので、子供連れの方は気をつけてくださいね。

また入場料は、現金のみの支払いでクレジットカードなどは使えません。

ワットポーの入場料(拝観料)はどこで支払うの?

記事中画像15

入場料(拝観料)は、ワットポーの入り口にあるチケットブースで支払います。

そこで入場料を支払いチケットを購入します。

チケットを購入した後は、係員のいるゲートでチケットを渡して、半券を受け取ると入場できます。


また、チケットとあわせて水の引換券ももらえます。

入り口付近で水をもらうことができるので、引換券も失くさないようにしてくださいね^^

ワットポー入場時の注意点

記事中画像16

ワットポーに入場するときは、入場料の他にも【パスポート】が必要な場合があるようです。

入り口でパスポートの確認が行われ、提示が求められることもあるみたいなので、念のために持っておくことをオススメします。

またパスポートではなくても、顔写真入りの身分が分かるものがあれば大丈夫です。



ワットポーの拝観時間や施設の営業時間は?

記事中画像17

次に、ワットポーの営業時間や観光に必要な所要時間などをチェックしておきましょう。

ワットポーの営業時間

記事中画像18

開館時間:8時

閉館時間:18時30分


※寝釈迦仏のいる礼拝堂の拝観時間は【8時30分〜16時まで】になります。

※タイ古式マッサージの営業時間は【8時〜19時まで】になります。

ワットポーの休館日は?

ワットポーは基本的にはお休みはありません。

年中無休で開いています。

ワットポーの空いている時間帯は?

記事中画像19

ワットポーが空いているオススメの時間帯は午前中になります。

特に朝の早い時間帯(8時〜10時ごろ)が比較的、観光客も少なくゆっくり見学できます。

ワットポー観光の所要時間は?

記事中画像20

ワットポーをどの程度じっくり見て周りたいかにもよりますが、目安として観光客は平均1〜2時間程度は滞在しているようです。

駆け足でポイントをおさえて見て1時間〜、ゆっくり細部まで見て2時間〜が目安になります。


※ワットポー内でのマッサージ体験や朝ヨガ(ルーシーダットン)体験をする場合は、その時間もプラスして考えてくださいね。

雨の日はワットポー観光に影響はある?

記事中画像21

ワットポーは雨の日でも通常通り拝観できます。

見どころの寝釈迦仏は建物の中に安置されているので特に問題はありませんが、仏塔などは屋外にあります。

そのため雨の日は、写真撮影などは少しやりにくいかもしれません。


また、ワットポーで早朝に行われている朝ヨガ(ルーシーダットン)は雨の日は中止になるのでご注意ください。


ワットポーの地図と見どころ、行くべき場所とオススメの体験は?

記事中画像22

ここでは、ワットポーの見どころや、ワットポーに行くなら是非やるべき体験についてご紹介します!

ワットポー境内のマップと案内図

ワットポー寺院内の簡単なマップ・案内図は下記のとおり。

境内マップ


またワットポーへの行き方については、こちらの記事にまとめていますので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ 【交通手段別】バンコクのワットポーの行き方は?主な観光地からのアクセスについて

ワットポーの見どころと行くべき場所は?

記事中画像23

ワットポーの最大の見どころは、何と言っても大きな寝釈迦仏!

ワットポーに行くなら絶対に行くべきマストスポットです。

寝釈迦仏はワットポー内の礼拝堂で見ることができます。


その他の見どころは、ワットポーの本尊(最も大切な信仰の対象となる仏像)が安置されている本堂や、屋外にそびえ立つ仏塔などが定番の見どころになります。

ガイドのサービス利用もあり

ワットポーでは、別料金を払ってガイドさんをつけることもできます。

効率よく回りたい方や、より詳しい解説や説明が聞きたい方は、ガイドのサービスを利用するのもオススメです!


ガイド料は、1人だと300B、2人だと400B、3人以上は500Bになります。

日本語が話せるガイドさんも数人いるそうなので尋ねてみてくださいね。

ガイドの申し込み場所は、入り口のチケット売り場付近になります。

ワットポーで体験すべきことは?

記事中画像24

ワットポーに行くなら、観光だけで帰るのは勿体ない!

と言うことで、ここでは、ワットポーで是非するべきオススメの体験を4つご紹介します。


① タムブン(徳積み)

② 占い

③ タイ古式マッサージ

④ 朝ヨガ(ルーシーダットン)


それぞれ簡単に説明しておきますね。

おすすめ体験① タムブン(徳積み)

記事中画像25

タイと言えば、仏教と関わりの深いタムブン(徳積み)の風習が有名です。

ワットポーでは、観光客でもこのタムブン(徳積み)を気軽に体験することができます。

タムブン(徳積み)とは?

タイの仏教では、現世での行いが来世の幸せにつながると強く信じられています。

そのためタムブンを行うことで徳を積み、現世で良い行いを積み重ねていく風習があるのです。


ワットポーでは、108つある鉢にコインを1つずつ入れていくことで、このタムブン(徳積み)を行うことができます。

鉢にコインを入れることで、108つある煩悩を1つずつ捨てることができ、それが徳積みになるのです!

タムブン(徳積み)に必要な料金は?

タムブン(徳積み)は20Bで行うことができます。


料金を支払うと、サタン硬貨がもらえます。

そのサタン硬貨を1つずつ鉢に入れていきましょう。

タムブン(徳積み)はどこで体験できる?

タムブン(徳積み)は、ワットポー寺院内の寝釈迦仏のいる礼拝堂で行われています。

寝釈迦仏の背中側へ回ると、108つの鉢がずらりと並べられているので、すぐに分かるかと思います。

おすすめ体験② 占い

記事中画像26

「ワットポーに行ってなぜ占いをするの?」と思われる方もいると思いますが、実はワットポーの占いはとても当たるということで、バンコクではとても有名なのです!


また日本語の通訳をしてくれるスタッフさんもいるので安心です。

(※現在は日本語スタッフはいないそうです。言語は英語になります。)

占いが受けられる場所

お土産ショップの店内に占いコーナーがあるので、そこで占いをしてもらうことができます。

占いの料金は?

占いの料金は1回600Bになります。 (チップ代は別になります。)

時間は無制限なのでとってもお得です!

占いの方法は?

手相と生年月日(生まれた時間も分かるとベター)、タロットなどで占ってもらいます。

占い師さんはどんな人?

占い師さんは、日にもよりますが3人ほどいらっしゃいます。

みなさん笑顔で気さくなオジサマです♩


ちなみに、日本語が話せる当たる占い師ということで、日本人に評判のあった「チャトリーさん」は、今はワットポーには常駐されていません。

チャトリーさんに占ってもらいたい方は、予約することで好きな場所で見てもらうことができますよ。


チャトリーさんについてはこちらのHPをご覧ください^^

▶︎▶︎  http://www.astrologyinter.com

おすすめ体験③ タイ古式マッサージ

記事中画像27

ワットポーはタイ古式マッサージの総本山

寺院内にあるマッサージ小屋では、タイの伝統的なマッサージを受けることができます。


タイ古式マッサージの受け方や場所、値段などについての詳細はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎ ワットポーで体験したい!マッサージと朝ヨガ「ルーシーダットン」情報まとめ

おすすめ体験④ 朝ヨガ(ルーシーダットン)

記事中画像28

タイ古式マッサージと並び、「ルーシーダットン」と呼ばれる朝ヨガの体験もワットポーで人気です。

誰でも簡単にできる体操になので、初心者でも安心です^^


朝ヨガ(ルーシーダットン)の体験方法や場所、値段などについての詳細はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎ ワットポーで体験したい!マッサージと朝ヨガ「ルーシーダットン」情報まとめ

ワットポーでお土産を買うには?

記事中画像29

ワットポーでは、寺院内にある売店でポストカードなどのお土産を買うことができます。


ワットポーならではのお土産を買いたい人は、ワットポーオリジナルのマッサージオイルや石鹸などがオススメです♩

オリジナル商品は、寺院内のマッサージ小屋で買うことができます。



ワットポーに行くオプショナルツアーはこちら

海外旅行初心者やタイ旅行が初めての人は、現地発着のオプショナルツアーに参加する方が、満足度が高まるかと思います^^

慣れない土地で道に迷ったり、時間をロスする心配もありませんし、英語が苦手な人でも日本語ガイド付きのツアーもあるので安心です。


また次のような人も、オプショナルツアーの利用がオススメです!


こんな人はオプショナルツアーがおすすめ

・滞在日数が少ない人

・複数の観光地を効率よく周りたい人

・ガイドさんの解説を聞きながら観光したい人



下記に、バンコクのオプショナルツアーを取り扱っている旅行会社やサービスを掲載しているので、参考にしてみてください♩

日本語で事前に予約できるので安心です^^


(オプショナルツアー予約・販売専門の会社)

▶︎▶︎ VELTRA(ベルトラ)
icon・・・ベルトラは、世界各国のオプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門のサイトです。

▶︎▶︎ Klook
・・・Klookは、世界各地のオプショナルツアーや体験、遊びを予約できるサービスです。

▶︎▶︎ KKday(ケイケイデイ)
・・・KKdayは、世界各地のオプショナルツアーやアクティビティを提供する台湾創業の会社です。


(日本の旅行会社)

▶︎▶︎ JTB
・・・大手旅行会社のJTBでも、バンコクのオプショナルツアーを予約可能です。

▶︎▶︎ HIS
・・・大手旅行会社のHISでも、バンコクのオプショナルツアーを予約可能です。


(タイ現地の旅行会社)

▶︎▶︎ パンダバス
・・・パンダバスは、アジアを中心に展開する老舗の旅行会社です。

▶︎▶︎ WENDY TOUR(ウェンディーツアー)
・・・ウェンディーツアーは、東南アジアを中心に展開する日本人向けの現地旅行会社です。

▶︎▶︎ Chiang Mai Happy Tour(チェンマイハッピーツアー)
・・・チェンマイハッピーツアーは、タイに拠点を置く日本人経営の現地旅行会社です。

▶︎▶︎ SPACE BUS(スペースバス)
・・・スペースバスは、タイに拠点を置く日系の現地旅行会社です。



ワットポーの知っておきたい基本情報まとめ

記事中画像30

ワットポーを訪れるときは、露出の多い服装や体のラインが目立つ服装は、できるだけ避けることがポイントです。

万が一、適さない服装と見なされてしまった場合は、肌を隠す羽織ものの貸し出しもしてくれるので、そちらを利用しましょう。


ワットポーの拝観時間は【8時〜18時30分】になりますが、寝釈迦仏のいる礼拝堂は【8時30分〜16時まで】となるのでご注意ください。

入場料は【100バーツ】です。

入場の際はパスポートの提示が求められることもあるので、念のために持っておくことをオススメします。


ワットポーの見どころは、大きな寝釈迦仏のいる礼拝堂や本堂、仏塔などになります。

また観光だけではなく、タムブン(徳積み)体験や占い、タイ古式マッサージや朝ヨガ(ルーシーダットン)の体験なども観光客に人気でオススメです!



さいごに

記事中画像31

ここではワットポーの定番&王道の楽しみ方や見どころをご紹介しましたが、旅の楽しみ方はもちろん人それぞれ。

決まったルートや定番スポットに絞りすぎても、みんなと同じスタイルになってしまい面白くないかもしれません。

ぜひ自分だけの楽しみ方や、自分に合ったスタイルを見つけて、オリジナルの旅を作っていってくださいね♩