【国内線】モバイルバッテリーの持ち込み&預け入れのルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷う方も多いはず。

特に「モバイルバッテリー(携帯充電器)の持ち込み」については

「保安検査で引っかからないか心配…」
「そもそもモバイルバッテリーって持ち込みできるの?」

と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にきちんとモバイルバッテリー(携帯充電器)のルールについて確認しておきたいですよね。


そこでここでは

国内線の飛行機内にモバイルバッテリーを持ち込みたいけど、持ち込みして大丈夫な物なのかよく分からない

どのようなモバイルバッテリーが持ち込みOKなのか、またNGになるのかを確認したい

預け荷物(スーツケース)にモバイルバッテリーを入れる時のルールについても知りたい


といった方に向けて

Check
★ モバイルバッテリーを飛行機へ持ち込む時に最低限知っておきたいポイント
★ 国内線に持ち込みできるモバイルバッテリーとできないものの具体例
★ 飛行機に持ち込みする時に守らなければいけないルール


などについてまとめています。空港に行く前に一度確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩

※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


目次

飛行機にモバイルバッテリー(携帯充電器)を持ち込む時のルールとポイント

モバイルバッテリーを飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機にモバイルバッテリー(携帯充電器)を持ち込むときのルールは、「国内線」と「国際線」によって、またバッテリーの種類(充電式か乾電池式か)によってそれぞれ異なります。

国内線のルール」をざっくりまとめると下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

【充電式タイプの場合】

【国内線】充電式モバイルバッテリーのルール一覧

【乾電池タイプの場合】

【国内線】乾電池式モバイルバッテリーのルール一覧


※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。


この記事では「国内線」のルールについてのお話をしていきますね。
「国際線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

※国内線を利用後に国際線に乗り継ぎをする場合は、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用されます。
国際線(海外)では、日本よりも厳しい制限があることが多いので注意が必要です。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。

【ポイント1】モバイルバッテリーは充電式と乾電池式ではルールが異なる

充電式と乾電池式について

飛行機へモバイルバッテリーを持ち込む時のルールは、バッテリーのタイプ(充電式か乾電池式か)によってルールが異なります。

なのでまずは、バッテリーがどちらのタイプになるのかをチェックしてくださいね。


充電式・・・コンセントで本体を充電して使用するタイプのもの
※リチウムイオン電池が使われているもの(機器本体に「リチウムイオン(Li-ion)」と表記があるもの)です。

乾電池式・・・乾電池を入れて使用するタイプのもの

【ポイント2】充電式のモバイルバッテリーは機内持ち込みのみOK、預け入れは全てNG

充電式は機内持ち込みのみOK

充電式タイプのモバイルバッテリーは、種類や個数にかかわらず、預け荷物(スーツケース)に入れることはできません。

預け入れは全面的に禁止されているので、充電式のバッテリーは全て機内(客室)に持ち込むようにしましょう。

ただし、機内に持ち込む場合でも、バッテリーの容量が大きすぎるものは持ち込みができなかったり、個数の制限があったりするので注意が必要です。

バッテリー容量の確認方法などの詳細は、後ほど説明していきますね。

【ポイント3】乾電池式のモバイルバッテリーは機内持ち込み、預け入れともにOK

乾電池式は機内持ち込み・預け入れともOK

乾電池タイプのモバイルバッテリーは、機内持ち込み・預け入れともにOKです。
充電式とは違ってルールもシンプルで、容量や個数の制限も特にありません。

ただし航空会社によっては、安全のために乾電池の預け入れは避け、機内への持ち込みを勧めている場合もあります。

詳しくは後ほど説明していきますね。



ポイントはざっくりと確認できたでしょうか?

「ん?よく分からない」
「なんだか面倒そう‥」
と思っていても大丈夫ですよ^^

不安や疑問を解消するために、下記で詳しく内容を確認していきましょう。


ここでは分かりやすくするために

① 充電式のモバイルバッテリー(コンセントで本体を充電するタイプ)
② 乾電池式のモバイルバッテリー(乾電池を入れて使用するタイプ)


の2つにわけて、それぞれのルールをご紹介していきますね。


ではまず、充電式タイプのルールから確認していきましょう!

充電式ではなく、乾電池タイプのルールを確認したい場合は
②乾電池タイプのルール
から読んでくださいね。



【国内線】①充電式タイプのルール

充電式タイプを飛行機に持ち込む時

ここからは、充電式のモバイルバッテリー(コンセントで本体を充電するタイプ)のルールと注意点を見ていきましょう。

※充電式のバッテリーは、リチウムイオン電池が使われているもの(機器本体に「リチウムイオン(Li-ion)」と表記があるもの)です。

もう一度ルールを掲載しますね。

充電式モバイルバッテリーのルール一覧(国内線)

上の表のとおり、充電式タイプは預け入れは全てNG、機内(客室)にのみ持ち込みOKというルールになっています。

このとき確認しなければいけないのが、バッテリーの容量です。
充電式タイプのモバイルバッテリーは、その容量によって機内に持ち込みできるものと、できないものがあるからです。

なのでまずは、自分が持っている機器のバッテリー容量を確認しましょう。


また機内に持ち込むモバイルバッテリーは、短絡(ショート)を防止するための措置が必要になります。
この方法についても、後ほど詳しく説明していきますね。


ここまでのポイントをまとめると次のとおり。

・充電式タイプは機内持ち込みのみOK、預け入れは全てNG
・機内に持ち込む場合は、バッテリーの容量を確認する
・短絡(ショート)防止のための措置をする


それでは順番に詳しく見ていきましょう!

まずは、バッテリー容量の確認方法から説明していきますね。

バッテリーの容量を確認する

「Wh」または「mAh」をチェック、表記がないとNG

バッテリー容量の確認方法はとってもカンタン!

機器本体に表記されている「Wh(ワットアワー)」または「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で書かれた数値を見ればOKです。

※「Wh」と「mAh」のどちらかの1つの数値が確認できればOKです。


ちなみに、容量が不明な充電式のバッテリーは、飛行機に持ち込むことができません。
機器本体に容量の表記がないもの(「Wh」や「mAh」の表記がないもの)は保安検査でNGになるので気をつけてくださいね。

容量が100Wh(約27027mAh)以下の場合

100Wh以下の場合は機内持ち込みOK

容量が100Wh(ワットアワー)以下、もしくは27027mAh(ミリアンペアアワー)以下のものは、個数の制限なく機内に持ち込みOKです。(預け入れはNG

※航空会社によっては、ルールが異なることもあります。


後ほど解説する「短絡防止の措置」をしっかりして機内に持ち込みしましょう。

容量が100Wh(約27027mAh)を超えて160Wh(約43243mAh)以下の場合

100Whを超えて160Wh以下の場合は2個まで持ち込みOK

容量が100Wh(ワットアワー)を超えて160Wh(ワットアワー)以下、もしくは27027mAh(ミリアンペアアワー)を超えて43243mAh(ミリアンペアアワー)以下のものは、1人2個まで機内に持ち込みOKです。(預け入れはNG

※航空会社によっては、ルールが異なることもあります。


個数制限を守った上で、後ほど解説する「短絡防止の措置」をしっかりして機内に持ち込みしましょう。

容量が160Wh(約43243mAh)を超える場合

160Whを超える場合は全て持ち込みNG

容量が160Wh(ワットアワー)を超える、もしくは43243mAh(ミリアンペアアワー)を超えるものは、個数に関係なく機内への持ち込みはNGです。

預け荷物に入れることもNGなので、飛行機に持ち込むことは諦めましょう。


※市販されているスマホ用のモバイルバッテリーは、160Wh(約43243mAh)以下のものがほとんどです。
かなり大きなバッテリーでなければ、160Wh(約43243mAh)を超えることはないので、ほとんどの場合は気にしなくても大丈夫かと思います。


スポンサーリンク


主な航空会社のルール一覧

モバイルバッテリーの持ち込みルールを航空会社別にまとめると、このような感じです。

航空会社 100Wh 以下 100Wh を超えて 160Wh 以下 160Wh を超える
JAL(日本航空) (1人2個まで) ×
ANA(全日空) (1人2個まで) ×
スカイマーク (1人2個まで) ×
スターフライヤー (1人2個まで) ×
ピーチ (1人2個まで) ×
ジェットスター・ジャパン (1人2個まで) ×
エアドゥ(AIR DO) (1人2個まで) ×
フジドリームエアラインズ(FDA) (1人2個まで) ×
アイベックスエアラインズ(IBEX) (1人2個まで) ×


※最新の情報は変更になっている場合もありますので、ご利用の航空会社のHPもあわせて確認することをおすすめします。

※海外の場合は、国や航空会社によって、モバイルバッテリーの持ち込みルールが日本とは異なることがあります。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。

航空会社のHPでルールを確認する時の注意点

モバイルバッテリーは予備電池の扱いになる

モバイルバッテリーの持ち込みルールは、航空会社によって独自の規定を設けている場合があります。また、今後ルールが変更になる可能性もあります。

そのため、利用する予定の航空会社のホームページもあわせてチェックしておくと安心です。
(主な航空会社HPへのリンクは下記に掲載しているので、あわせてご利用ください。)


ホームページでモバイルバッテリーのルールを確認する際は、次の場所をチェックするようにしてくださいね。

Check

「危険物」や「持ち込みに制限のある物」について書かれたページ内にある

・「モバイルバッテリー」についての項目
もしくは
・「リチウムイオン電池」についての項目内にある「予備電池」の欄


※モバイルバッテリーは、電子機器本体の扱いではなく「予備電池(他の電子機器に電力を供給する目的のもの)」としての扱いになります。
間違って電子機器本体のルールをチェックしないようにしてくださいね。

※充電式のモバイルバッテリーに使われている電池は、リチウムイオン電池になります。
(機器本体の側面や背面にバッテリーの規格が書かれているので、そこを確認すると「リチウムイオン(Li-ion)」と表記があるかと思います。)

【おまけ】バッテリー容量の計算方法(スルーしてもOK)

「mAh」を「Wh」に直す計算方法

ここでは、モバイルバッテリーに表記されている「mAh(ミリアンペアアワー)」の単位を、「Wh(ワットアワー)」の単位に直す計算方法を、便宜上記載しています。

※モバイルバッテリー本体には「mAh(ミリアンペアアワー)」の単位しか表記されていないことが多いです。
しかし、航空会社のホームページでは「Wh(ワットアワー)」の単位でルールが掲載されているため、このとき計算が必要になるのです。


この記事では、あらかじめこちらで計算した数値を掲載しているので、改めて計算する必要はないかと思いますが、参考までに計算式を記載しておきますね。

ルールのみ確認ができれば良い場合は、ここは完全にスルーしてOKです^^


一般的なモバイルバッテリーの場合

100Wh(ワットアワー)は、約27027mAh(ミリアンペアアワー)
160Wh(ワットアワー)は、約43243mAh(ミリアンペアアワー)

になります。

これは下記の計算式で導き出すことができます。

計算式

Wh(ワット時定格量)=V(電圧)× Ah(定格定量)

※モバイルバッテリー(リチウムイオン電池)の定格電圧は3.7 Vで計算(製品によっては3.6 Vのものもあり)

※Ah = mAh ÷ 1000
(モバイルバッテリーに書かれている電池容量は、ほとんど「mAh」という単位で書かれているので、「mAh」を「Ah」に直してあげましょう。)


よって
Wh = 3.7V × mAh ÷ 1000

また
mAh = Wh ÷ 3.7 × 1000
になります。


この計算式を使えば、モバイルバッテリーの「Wh(ワットアワー)」もしくは「mAh(ミリアンペアアワー)」のどちらか1つが分かれば、もう1つの数値も導き出すことができます。

短絡(ショート)防止のための措置をする

端子に金属などが触れないように対策する

次にここでは、モバイルバッテリーの短絡(ショート)防止措置について説明していきますね。

機内(客室)に持ち込みするモバイルバッテリーは、バッグの中で短絡(ショート)することがないように、きちんと対策しなければいけません。

具体的には、バッテリーの端子が金属(硬貨・鍵・アクセサリーなど)や他の電池類に接触しないように対策しておく必要があります。
端子が金属や他の電池類と接触すると、ショートする危険性があるからです。

※短絡(ショート)とは、プラスとマイナスの配線が直接つながれて電気抵抗が低くなることで起こる現象です。


短絡(ショート)が発生してしまうと、大きな電流が一気に流れることによって、モバイルバッテリーの故障や発熱、燃焼などが起こる原因になってしまいます。

これを防止するために、モバイルバッテリーを機内に持ち込みする時は、短絡(ショート)を防止する措置をとることが義務付けられているのです。

といっても、方法はとってもカンタン!

具体的にどのように対策すれば良いのか、下記でご説明していきますね。

短絡(ショート)防止の具体的な方法は?

短絡(ショート)は、次のような方法で防止することができます。(どの方法を選んでもOKです。)

・ビニール袋(プラスチック袋)に個別に入れる
ビニール袋には他のものは入れず、モバイルバッテリーのみを入れるようにしてくださいね。バッテリーが2つ以上ある場合は、それぞれ分けて入れるようにします。

・専用のケースや保護ケースなどに個別に入れる
ケースには他のものは入れず、モバイルバッテリーのみを入れるようにしてくださいね。

・元の市販されていた商品パッケージに入れる
モバイルバッテリー購入時の商品パッケージがあれば、それに入れて持ち込みしてもOKです。

・端子部分(露出した電極)にテープを貼って絶縁する
セロハンテープやガムテープなどで端子を保護すればOKです。

衝撃&圧迫防止の対策も忘れずに!

強い衝撃を受けると発火の危険性あり

モバイルバッテリーは、強い衝撃や圧迫を受けると、発火したり爆発したりするリスクがある機器になります。

そのため、モバイルバッテリーを持ち込むときは、なるべく飛行機の揺れによる衝撃を受けない形でバッグの中に入れるようにしましょう。

またバッグの中に重い物があるときは、バッテリーがその下敷きになって圧迫を受けることがないように、気をつけて入れるようにしてくださいね。

充電式のモバイルバッテリーはなぜ預け入れ禁止なの?

モバイルバッテリーが預け入れNGな理由

充電式のモバイルバッテリーは機内への持ち込みはOKですが、預け荷物に入れることは一切できない(預け入れは全面的に禁止)ということでしたね。

それには、バッテリーに使用されているリチウムイオン電池が関係しています。
このリチウムイオン電池は、強い衝撃や圧迫を受けると発火や爆発するリスクがあることで知られています。

実際に、飛行機の揺れによる衝撃が原因で発火した事故も過去に起きています。


そのため、モバイルバッテリーは飛行機では危険物として扱われ、何か異常があってもすぐに分かるように、人の目の行き届く機内(客室)への持ち込みが義務付けられているのです。
(機内で発火した場合はすぐに消火の対応ができますが、預け荷物の場合は迅速な対応ができないため)

また機内に持ち込む場合でも、安全面を考慮してバッテリーの容量や個数の制限が設けられているのですね。

誤って預け荷物に入れてしまった場合はどうなるの?

バッテリーを預け入れしてしまった場合は立会い検査がある

預け荷物(スーツケース)にモバイルバッテリーをうっかり入れてしまった場合はどうなるのでしょうか。

その場合は、預け荷物のセキュリティ検査でひっかかってしまいます。

預け荷物に不備があるということで、アナウンスで呼び出されてしまうので、とても恥ずかく手間にもなってしまいます。


呼び出し先では、係員と一緒に立会い検査を行い、モバイルバッテリーが入っていないかを尋ねられます。
(機内への持ち込みが認められれば、モバイルバッテリーを預け荷物から取り出して機内に持ち込みするように指示されます。)


この時、係員に荷物を開けられて中身を見られたり、触られたりすることになります。さらに時間もロスすることになってしまうので、できれば避けたいですよね。

そうならないためにも、モバイルバッテリーは誤って預け荷物に入れることがないように、荷造りの際は念入りにチェックするようにしてくださいね。

保安検査のときは手荷物から出すことも忘れずに!

保安検査の時バッテリーはバッグから出す

保安検査(手荷物検査)のときは、モバイルバッテリーはバッグから出して、別のトレーに入れるようにしましょう。

検査員によって容量や個数の確認が行われます。

その他、スマホやパソコン、タブレットなどの電子機器本体も、バッグから出して別のトレーに入れるようにしてくださいね。

充電式モバイルバッテリーのルールまとめ

充電式モバイルバッテリーのルールまとめ

✔︎ 充電式のモバイルバッテリーは預け入れは全てNG。
(→ 機内への持ち込みのみOK。

✔︎ 機内(客室)に持ち込みできるモバイルバッテリーは、バッテリー容量が160Wh(約43243mAh)以下の物に限られる。
(→ 160Wh〈約43243mAh〉を超える物は持ち込みNG。

✔︎ バッテリー容量が100Wh(約27027mAh)を超えるものは1人2個までの個数制限あり。
(→ 100Wh〈約27027mAh〉以下のものは個数制限なし。

✔︎ 容量が不明なモバイルバッテリーは、機内に持ち込みできない。
(→ 本体に「Wh〈ワットアワー〉」もしくは「mAh〈ミリアンペアアワー〉」の表記があるかを確認する。)

✔︎ 充電式のモバイルバッテリーには、リチウムイオン電池が使用されている。またモバイルバッテリーは「予備電池」の扱いになる。
(→ 航空会社のHPなどを確認する際は、モバイルバッテリーについて書かれたページ、もしくはリチウムイオン電池について書かれたページ内の「予備電池」の項目をチェックする。)

✔︎ モバイルバッテリーを機内に持ち込みする時は、短絡(ショート)防止のための措置をする
(→ プラスチック袋や保護ケースに入れる、テープを端子に貼って絶縁する、などの対策をとる)

✔︎ モバイルバッテリーは、強い衝撃や圧迫を受けないような形でバッグに入れる

✔︎ モバイルバッテリーを誤って預け荷物に入れてしまった場合は、検査員立会いのもと、別途荷物検査が必要になる

✔︎ 保安検査(手荷物検査)のときは、モバイルバッテリーはバッグから出しておく


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国内線】②乾電池タイプのルール

乾電池タイプを飛行機に持ち込む時

ここからは、乾電池式のモバイルバッテリー(乾電池を入れて使用するタイプ)のルールと注意点を見ていきましょう。

もう一度ルールを掲載しますね。

【国内線】乾電池式モバイルバッテリーのルール一覧

※海外の場合は、国や航空会社によって、乾電池の持ち込みルールが日本とは異なることがあります。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。


ポイントは次のとおり。

・乾電池式タイプは機内持ち込み、預け入れともにOK
・予備の乾電池は短絡防止の対策をしておく


それでは詳しく見ていきましょう!

乾電池式のモバイルバッテリーは機内持ち込み、預け入れともにOK

乾電池タイプは機内持ち込み・預け入れともOK

日本国内線では、乾電池タイプのモバイルバッテリーは、機内持ち込み・預け入れともにOKです。
個数や容量の制限なども特にありません。


ただし航空会社によっては、安全のために乾電池の預け入れは避け、機内への持ち込みをお願いしている場合もあります。
その場合は、航空会社の指示に従うようにしてくださいね。

例えばANAやスターフライヤーでは、ホームページに下記のような掲載があります。

【電池全般についてのお願い】

リチウム電池(バッテリー)以外の予備電池(ニッケル水素、ニッカド、アルカリマンガンなどの電池・バッテリー)についても、安全のため短絡防止措置のうえ機内へお持ち込みください。

引用元:
ANA「機内持ち込み・お預かりに条件があるもの(国内線)」
スターフライヤー「制限のある手荷物」


また海外の場合は、国や航空会社によって、乾電池の持ち込みルールが日本とは異なることがあります。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。

予備の乾電池は短絡防止の対策をしておく

端子に金属などが触れないように対策する

予備の乾電池(機器に入っていないもの)は、短絡(ショート)を防止する対策をしておきましょう。

具体的には、乾電池の端子部分(プラス極とマイナス極)が、他の電池類や金属類(硬貨・鍵・アクセサリーなど)に接触することがないように対策しておく必要があります。
端子が金属や他の電池と接触すると、ショートする危険性があるからです。


短絡(ショート)を防止する方法はとってもカンタン!
次のいずれかの方法で対策すれば大丈夫です。

・元の市販されていた商品パッケージの状態で持ち込む
新品の開封されていない乾電池は、そのままの状態でOKです。

・専用のケースや保護ケースなどに入れる

・ビニール袋(プラスチック袋)に個別に入れる
ビニール袋には他のものは入れず、乾電池のみを入れるようにしてくださいね。乾電池が2つ以上ある場合は、それぞれ分けて入れるようにします。

・端子部分(プラス極とマイナス極)にテープを貼って絶縁する
セロハンテープやガムテープなどで端子を保護すればOKです。

乾電池式モバイルバッテリーのルールまとめ

乾電池式モバイルバッテリーのルールまとめ

✔︎ 乾電池タイプのモバイルバッテリーは、機内持ち込みOK、預け入れもOK。
(→ 個数や容量の制限も基本的にはない。)

✔︎ ただし航空会社によっては、機内への持ち込みを勧めている場合もある。
(→ この場合は航空会社の指示に従うこと。)

✔︎ 予備の乾電池(機器に入っていないもの)は、短絡防止の対策をしておく。
(→ 端子部分が金属や他の電池に接触しないようにする。)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



【国内線】旅行用のモバイルバッテリーを選ぶときのポイント

旅行用のモバイルバッテリーを選ぶ時の基準

ここでは、これから新しく旅行用にモバイルバッテリーを購入する方に向けて、「ココをおさえておけば大丈夫!」という選び方のポイントをご紹介していきます!

自分のスマホ・携帯に対応しているものを選ぶことはもちろんですが、その他にも次のとおりポイントがあります。

・充電式タイプを選ぶ
・バッテリー容量が160Wh(約43243mAh)以下のものを選ぶ
・ただし、バッテリー容量が少なすぎるものは避ける
・本体にバッテリー容量の表記があるものを選ぶ
・国の安全基準を満たした【PSEマーク】があるものを選ぶ


それでは、それぞれのポイントを順番に確認していきましょう。

充電式タイプを選ぶ

旅行には充電式タイプが良い

モバイルバッテリーは、充電式(コンセントがついていて本体を充電するもの)と乾電池式(乾電池を入れて使用するもの)の2つのタイプがあるということでしたね。

これから新しく購入する場合は、充電式のモバイルバッテリーの方が旅行に便利でおすすめです。

充電式タイプは、1度充電しておくと長時間&複数回使えるので、外でスマホを使う機会の多い旅行中などは重宝します。


一方、乾電池式タイプの場合は、使用する乾電池の種類や本数にもよりますが、基本的にはフル充電(100%までの充電)&複数回の充電には不向きです。
(乾電池式タイプのモバイルバッテリーは、電源コンセントが使えない災害時や緊急時などに重宝します。)

バッテリー容量が160Wh(43243mAh)以下のものを選ぶ

容量が160Wh以下のものを選ぶ

飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーは「容量が160Wh(約43243mAh)以下のもの」ということでしたね。

なので旅行用のモバイルバッテリーは、必ず160Wh(約43243mAh)以下のものを選ぶようにしましょう。

※市販されているスマホ用のモバイルバッテリーは、大容量のものでも160Wh(約43243mAh)以下のものがほとんどです。一般的なモバイルバッテリーであれば、持ち込み不可になることはまずないので安心してくださいね。


ただし、100Wh(約27027mAh)を超えると個数制限があるので、その点だけ気をつけておきましょう。

多くの場合は気にせずに持ち込みできると思いますが、念のために購入する前は容量を確認するようにしてくださいね。

バッテリー容量が少なすぎるものは避ける

10000mAh以上あると旅行中も安心

バッテリーの容量が少なすぎると、今度はフル充電(100%までの充電)ができなかったり、繰り返しの充電に対応できないなどの問題も出てくるので注意が必要です。

旅行用として使用するなら、少なくても37Wh(10000mAh)以上のものを選んでおくと安心です。

37Wh(10000mAh)だと、iPhoneやAndroidを2〜4回充電することが可能なので、旅行中での使用にも十分に対応できるかと思います。

本体にバッテリー容量の表記があるものを選ぶ

「Wh」や「mAh」の表記がないものはNG

モバイルバッテリーは、容量が不明な場合は飛行機に持ち込むことができません。

そのため、機器本体に容量の表記があるかどうかも、きちんと確認しておきましょう。
「Wh(ワットアワー)」または「mAh(ミリアンペアアワー)」の表記があればOKです。


※ただし海外の場合は、「mAh(ミリアンペアアワー)」の表記だけでは認められず、「Wh(ワットアワー)」の表記が必要なケースもあります。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。

国の安全基準を満たした【PSEマーク】があるものを選ぶ

PSEマークがあるモバイルバッテリーを選ぶ

モバイルバッテリーを購入するときは、PSE認証済みのもの(PSEマークがあるもの)を選びましょう。

PSEマークとは、国内の安全基準を満たした電気用品に表記されるマークです。

モバイルバッテリーは、このPSEの取得が義務付けられているため、マークがない商品は国の安全基準を満たしていないということで、現在は製造・販売が禁止されています。

モバイルバッテリーは、PSEマークのある信頼できる商品を選ぶようにしてくださいね。



【国内線】モバイルバッテリーは機内で使用してもOK?

モバイルバッテリーは機内でも使用OK

機内(客室)に持ち込みしたモバイルバッテリーは、フライト中も使用することができるのか気になりますよね。

通常のモバイルバッテリーは、スマホやパソコンとは違い「電波を発信しない機器」になります。
なのでモバイルバッテリー自体は、フライト中も特に制限なく使用することができます。

ただし、スマホやパソコンは「電波を発信する機器」になるので、飛行中は電源をオフにする、もしくは機内モードなどに設定して、電波を発信しない状態にしておきましょう。


※海外の場合は、航空会社によってはモバイルバッテリーも機内での使用を禁止していることがあります。詳しくは国際線のルールをご確認くださいね。


【国内線】モバイルバッテリー(携帯充電器)の持ち込みルールまとめ

モバイルバッテリーの持ち込みルールまとめ

✔︎ モバイルバッテリーは充電式と乾電池式ではルールが異なる。

✔︎ 充電式のモバイルバッテリーは預け入れは全てNG。
(→ 機内への持ち込みのみOK。ただしバッテリーの容量によって制限がある。

✔︎ 容量が不明な充電式モバイルバッテリーは、機内に持ち込みできない。
(→ 本体に「Wh〈ワットアワー〉」もしくは「mAh〈ミリアンペアアワー〉」の表記があるかを確認する。)

✔︎ 充電式モバイルバッテリーを機内に持ち込みする時は、短絡(ショート)防止のための措置をする。
(→ プラスチック袋や保護ケースに入れる、テープを端子に貼って絶縁する、などの対策をとる。)

✔︎ 乾電池のモバイルバッテリーは、機内持ち込み・預け入れともにOK。
(→ 個数や容量の制限も基本的にはない。)

✔︎ 予備の乾電池(機器に入っていないもの)は、短絡防止の対策をしておく。
(→ 端子部分が金属や他の電池に接触しないようにする。)

✔︎ 旅行用としてモバイルバッテリーを購入する際は、充電式タイプが便利。
(→ バッテリー容量が少なすぎるものは不便なので避ける。)

✔︎ 充電式モバイルバッテリーを購入する際は、国の安全基準を満たしたPSEマークがある物を選ぶ。

✔︎ モバイルバッテリーは、フライト中も機内で使用することができる。
(→ ただしスマホ・携帯電話は電源をオフにする、もしくは機内モードに設定すること。)

✔︎ 航空会社によっては独自のルールや制限を設けていることもある。
(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること。)

✔︎ 国内線から国際線に乗り継ぎをする場合、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用される。
(→ 国際線のルールを確認すること。)


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧(リンク集)

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを記載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめています。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社のモバイルバッテリーの持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省などの関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

主な航空会社のホームページ一覧

※モバイルバッテリーのルールを確認する際は、「リチウムイオン電池」について書かれたページ内にある「予備電池」の項目をチェックするようにしてくださいね。
(間違って「電子機器本体」のルールをチェックしないようにしてくださいね。)


◆JAL(日本航空)
手荷物について
制限のある手荷物
手荷物 Q&A「モバイルバッテリーの預け入れ」

◆ANA(全日空)
手荷物について
機内持ち込み・預け入れに条件があるもの
手荷物 Q&A「予備電池(モバイルバッテリー)の取り扱いについて」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について
制限のある手荷物
お問い合わせが多いもの、注意が必要な物品の具体例
Q&A「モバイルバッテリーの持ち込み」
Q&A「リチウム電池の持ち込み」
Q&A「リチウム電池を使用した電子機器の持ち込み」

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内
制限のある手荷物
よくある質問「リチウムイオン電池の持ち込み」

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例(PDF)

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について
機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例(PDF)
危険物について

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
荷物で禁止されているもの

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国内線)手荷物について

◆ソラシドエア(Solaseed Air)
手荷物について

◆エアドゥ(AIR DO)
手荷物のご案内
制限がある手荷物

◆フジドリームエアラインズ(FDA)
機内持込の手荷物(特に注意が必要な物品)
手荷物のお預かり(特に注意が必要な物品)

◆アイベックスエアラインズ(IBEX)
手荷物について
よくある質問「手荷物について」



さいごに

さいごに(国内線)

飛行機に持ち込むことのできる荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

例え使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。