記事トップ画像

タイ、バンコクを代表する観光地ワットポー。大きな寝釈迦仏が見られることで有名なお寺です。ところでワットポーってバンコクのどこにあるの?どうやって行けばいいの?簡単に教えてほしい!という初めてワットポーへ行く方に向けて、こちらの記事ではワットポーへのアクセス方法を分かりやすくご紹介しています。

よく利用される【交通手段別】と【出発地別】に分けてご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。それでは早速チェックしていきましょう。


※記事内のお金の単位はすべて【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ

Sponsor Link



Contents

バンコクのワットポーとは?

記事中画像1

ワットポーは、バンコクを代表する人気観光地の1つ。そしてバンコクで最も古いお寺でもあります。ワットポーが人気なのは、タイの象徴とも言える大きな寝釈迦仏が見られるからです。またワットポーは、東洋医学に基づくタイ古式マッサージの総本山としても知られています。


そんなワットポーの意味や歴史、見どころなどについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。観光する前に簡単にチェックしておくとより深く楽しむことができますよ♪

▶︎▶︎バンコクのワットポーとは?知っておきたい歴史や意味、観光の見どころ等まとめ


ワットポーの場所はどこ?

記事中画像2

まずはワットポーの場所を簡単に確認しておきましょう。

ワットポーの住所・地図と位置関係

住所:2 Sanam chai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok

行き方地図1

ワットポーはチャオプラヤ川沿いに位置しています。また近くには王宮やワットアルンもあります。


【交通手段別】ワットポーへのアクセス方法

記事中画像3

ここではワットポーの行き方を主な交通手段別に5つご紹介します。どこからアクセスするかにもよりますが、オススメはチャオプラヤ川を渡る船です。川から眺めるバンコクの街並みは、船からでしか見られない特別なものです。その他、タイ名物のトゥクトゥク(三輪タクシー)もアトラクション気分が味わえてオススメです。

記事中画像4

① 【船】でワットポーへ行く場合

記事中画像_Fotor船

ワットポーはチャオプラヤ川沿いに位置しているので、川から船でアクセスすることができます。

ワットポーの最寄りの船着場は?

ワットポーの最寄りの船着場は【N8 ターティアン(Tha Tien)船着場】になります。
船着場からワットポーへは、徒歩5分ほどでアクセスすることができます。

行き方地図2

最寄りの船着場(ターティアン船着場)へ行く船の種類は?

ターティアン船着場に発着する船は次の2種類です。

記事中画像(ワットポー)5

①チャオプラヤエクスプレス・ボート(ルア・ドゥアン)

チャオプラヤエクスプレス・ボートは、チャオプラヤ川沿いに点在する船着場を南北に運航しているボートです。船の種類(色)は5種類あり、それぞれ発着する船着場や料金体系も異なります。
(ターティアン船着場に発着する船は2種類で、オレンジ色の急行船、旗なしの普通船になります)

1)オレンジ色の急行船
運航時間:5時50分〜19時ごろ
運航日:毎日
運航間隔:約5〜20分おき(時間帯によって異なります)
値段:14B

2)旗なしの普通船
運航時間:6時45分〜7時30分ごろ・16時〜16時30分ごろ
運航日:平日(月〜金曜日)のみ
運航間隔:約20分おき(時間帯によって異なります)
値段:8〜12B

②渡し船(ルア・カーム・ファーク)

渡し船はチャオプラヤ川の両岸を往復する船です。ターティアン(Tha Tien)船着場からは、対岸のワットアルンとの間を往復する渡し船が運航しています。

運航時間:5時〜21時ごろ
所要時間:2〜3分
運航間隔:約5分おき
値段:4B

② 【トゥクトゥク】でワットポーへ行く場合

記事中画像6

トゥクトゥクはタイ名物の三輪タクシー。近〜中距離の移動に適しています。長距離の移動にはタクシーの方が安全で快適なのでオススメです。

トゥクトゥクの乗り方は?

乗車前に料金を交渉し、到着後に支払います。

トゥクトゥクの料金の目安は?

徒歩10分の距離:30〜50B
徒歩20分の距離:50〜80B
徒歩30分の距離:80〜100B

※雨や渋滞時には料金が上がります。また外国人は基本的にはこれよりも高い値段を提示されることがほとんどです。あとは交渉と運次第になるのでトライしてみてくださいね。

③ 【タクシー】でワットポーへ行く場合

24タクシー

タイのタクシーはメータータクシーと交渉制のタクシーがあります。メータータクシーの方がトラブルも少なくオススメです。

タクシーの料金の目安は?

メータータクシーの場合、走行距離と時間によって値段が決まります。
初乗りの基本料金は1kmまで35B、以降1kmごとに5.5〜10.5Bが加算されます。

④ 【電車】でワットポーへ行く場合

24鉄道

つぎに電車でワットポーへ行く場合を見ていきましょう。

ワットポーの最寄駅はどこ?

ワットポーの最寄駅は
・国鉄フアランポーン(Hua Lamphong)駅(クルンテープ駅とも呼ばれています)
・MRT(地下鉄)フアランポーン(Hua Lamphong)駅
になります。

※ワットポーから最寄駅は距離が離れているので、駅からはタクシーなどを利用します。(タクシーでの所要時間は15分前後です)

行き方地図3

⑤ 【バス】でワットポーへ行く場合

24バス

ワットポーの近くを通るバスは、1、2、3、6、9、12、25、32、44、47、48、53、508、512番など。乗るときに運転手さんに「ワットポー?」と確認すると安心です。ただし、バスは英語が通じないことが多いので初心者の方にはあまりオススメできません。

バスの料金の目安は?

バスの料金はバスの車種と路線、距離によって異なります。目安としては10〜20B前後になります。

Sponsor Link


【出発地別】主な観光地からワットポーへのアクセス方法

記事中画像7

次に、主な観光地や観光客がよく行く場所からワットポーへのアクセス方法についてそれぞれお伝えします。

※また記載している所要時間は目安になります。渋滞などがある場合は、時間が倍近くかかってしまうこともあるので、スケジュールはできるだけ余裕を持って組んでみてくださいね。

記事中画像8

① 王宮&ワットプラケオ(エメラルド寺院)からワットポーへのアクセス

記事中画像9
ではまず、ワットポーと並ぶ定番観光スポットの王宮&ワットプラケオからのアクセス方法をチェックです。

王宮&ワットプラケオからの所要時間

徒歩で約10〜15分

王宮&ワットプラケオからのアクセス

王宮やワットプラケオとワットポーは隣接しているので、徒歩でアクセスできます。近い距離ですがタイは日差しが強いので、トゥクトゥク(三輪タクシー)で移動するのもオススメです。

行き方地図4

② ワットアルンからワットポーへのアクセス

記事中画像10
ワットアルンもワットポーと同じくバンコクの定番観光スポット。ワットアルンからのアクセス方法はこちらです。

ワットアルンからの所要時間

船と徒歩であわせて約15分

ワットアルンからのアクセス

ワットアルンにある船着場から渡し船にのり、対岸のターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で行くことができます。

行き方地図5

ワットアルンからの料金

渡し船の料金の4B

③ カオサン通りからワットポーへのアクセス

記事中画像11
カオサン通りはバンコク1の有名ストリート!バックパッカーの聖地でもあります。カオサン通りからのアクセス方法は下記のとおり。

カオサン通りからの所要時間

タクシーで約5〜10分、徒歩で約20〜30分

カオサン通りからのアクセス

少し距離が離れているので、時間を優先したい方や体力を温存したい方は、タクシーやトゥクトゥク(三輪タクシー)での移動をオススメします。徒歩の場合は時間は少しかかりますが、街歩きを楽しみながら行くことができるので(途中に出店や屋台などがあります)時間に余裕のある方はオススメです。

行き方地図6

カオサン通りからの料金

タクシーの場合、50〜60Bが目安になります。

④ 空港(スワンナプーム国際空港)からワットポーへのアクセス

記事中画像12
バンコクの玄関口、スワンナプーム国際空港からワットポーへのアクセス方法は下記のとおり。

スワンナプーム国際空港からの所要時間

①空港からタクシーの場合
約30〜60分(道の混み具合や、有料道路を使うかどうかによっても変わります。)

②電車+タクシーの場合
約40〜50分

スワンナプーム国際空港からのアクセス

①空港からタクシーの場合
空港でメータータクシーかリムジンタクシーを利用します。リムジンタクシーは割高で、事前に申込カウンターでの申し込みも必要になりますが、メータータクシーよりもトラブルが少ないのが特徴です。

②電車+タクシーの場合
電車(エアポートレイルリンク)で終点のパヤータイ(Phaya Thai)駅まで行き、そこからタクシーでアクセスします。

行き方地図7

スワンナプーム国際空港からの料金

①空港からタクシーの場合
メータータクシー:250〜350Bが目安になります。
リムジンタクシー:1050〜2300Bが目安になります。

②電車+タクシーの場合
電車:パヤータイ駅まで電車の種類により20〜150Bが目安になります。
タクシー:パヤータイ駅からワットポーまではタクシーで70〜80Bが目安になります。

⑤ サイアム(Siam)からワットポーへのアクセス

記事中画像13

サイアムはバンコクを代表するショッピングエリア。サイアムからのアクセス方法は下記のとおり。

サイアムからの所要時間

タクシーで約15分

サイアムからのアクセス

ショッピングスポットが集中するサイアムからワットポーは少し離れているので、タクシーでの移動がオススメです。

行き方地図8

サイアムからの料金

タクシーの場合、70〜80Bが目安になります。

⑥ BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅からワットポーへのアクセス

記事中画像14

サパーンタクシン駅は、チャオプラヤエクスプレス(船)の船着場(CEN サートーン)と直結しているので、鉄道と船との乗り換えができ、よく利用される駅になります。サパーンタクシン駅からのアクセス方法は下記のとおり。

サパーンタクシン駅からの所要時間

船で約20〜30分(船の種類によって異なります。)

サパーンタクシン駅からのアクセス

地図9

サパーンタクシン駅から船を利用してワットポーへ行く方法は、次の2通りのルートがあります。

ルート1)サパーンタクシン駅直結の CEN サートン(Sathorn)船着場へ行きます。

サートン船着場で船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、N8 ターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。
※ターティアン船着場に行く船は【オレンジ色・旗なし】の2つです。青色、黄色、みどり色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で行くことができます。


ルート2)サパーンタクシン駅直結の CEN サートン(Sathorn)船着場へ行きます。

サートン船着場で船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ワットアルン(Wat Arun)船着場まで行きます。
※ワットアルン船着場に行く船は【青色のみ】です。他の色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ワットアルン船着場から渡し船にのり、対岸のターティアン船着場まで行きます。

ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で行くことができます。

サパーンタクシン駅からの料金

15〜40Bが目安になります。(船の種類によって異なります。)

⑦ MRTスクンビット(Sukhumvit)駅・BTSプロンポン(Phrom Phomg)駅からワットポーへのアクセス

記事中画像15

スクンビットは高層ビルが立ち並ぶショッピングに便利なエリア。プロンポンは日本人が多く住み日本人向けのショップが充実しているエリア。スクンビットとプロンポンからのアクセス方法は下記のとおり。

スクンビット・プロンポンからの所要時間

①タクシーの場合
約30〜40分

②電車+タクシーの場合
約40〜50分

スクンビット・プロンポンからのアクセス

①タクシーの場合

②電車+タクシーの場合
ワットポーの最寄駅、MRT フアランポーン(Hua Lamphong)駅まで行き、そこからタクシーでアクセスします。(最寄駅のフアランポーン駅はワットポーから離れています。)

行き方地図10

スクンビット・プロンポンからの料金

①タクシーの場合
120〜150Bが目安になります。

②電車+タクシーの場合
80〜100Bが目安になります。

⑧ アジアティーク・ザ・リバーフロントからワットポーへのアクセス

記事中画像16
アジアティーク・ザ・リバーフロントは、古い倉庫を再開発してつくられたオシャレな巨大ショッピングスポット。アジアティーク・ザ・リバーフロントからのアクセス方法は下記のとおり。

アジアティーク・ザ・リバーフロントからの所要時間

①タクシーの場合
約20〜30分

②船の場合
約30〜40分(船の種類によって異なります。)

アジアティーク・ザ・リバーフロントからのアクセス

地図11

①タクシーの場合

②船の場合
船では次の2通りの行き方があります。

1)アジアティーク・ザ・リバーフロント最寄りの船着場「エーシアティーク(ASIATIQUE)船着場」から船(青色のチャオプラヤエクスプレス)にのり、ワットアルン(Wat Arun)船着場まで行きます。

ワットアルン船着場から渡し船にのり、対岸のターティアン(Tha Tien)船着場へ行きます。

ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で行くことができます。


2)アジアティーク・ザ・リバーフロントから無料シャトルボートで、サートン(Sathorn)船着場へ行きます。

サートン船着場で船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。
※ターティアン船着場に行く船は【オレンジ色・旗なし】の2つです。青色、黄色、みどり色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で行くことができます。

アジアティーク・ザ・リバーフロントからの料金

①タクシーの場合
100〜130Bが目安になります。

②船の場合
15〜40Bが目安になります。(船の種類によって異なります。)

Sponsor Link



⑨ ワットパクナムからワットポーへのアクセス

記事中画像17
ワットパクナムは、フォトジェニックな写真が撮れるということで話題の寺院。ワットパクナムからのアクセス方法は下記のとおり。

ワットパクナムからの所要時間

タクシーで約20分〜30分

ワットパクナムからのアクセス

ワットパクナムとワットポーの位置関係は下記のとおり。

行き方地図12

ワットパクナムからの料金

100B〜が目安になります。


ワットポーの行き方 まとめとポイント

記事中画像18

ワットポーへの主な交通手段は下記のとおり
①船
②トゥクトゥク
③タクシー
④電車
⑤バス
などがあります。

どこからワットポーへ行くのかによって、アクセス方法や便利な交通手段はそれぞれ異なってきます。


こちらの記事では、ワットポーへ行く観光客の多くがアクセスの起点とする下記の場所
①王宮&ワットプラケオ(エメラルド寺院)
②ワットアルン
③カオサン通り
④空港(スワンナプーム国際空港)
⑤サイアム(Siam)
⑥BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅
⑦MRTスクンビット(Sukhumvit)駅・BTSプロンポン(Phrom Phomg)駅
⑧アジアティーク・ザ・リバーフロント
⑨ワットパクナム
からのアクセス方法についてご紹介させていただきました。

でも、ここで掲載しているルートや行き方は、あくまでも一般的な方法で一例になります。現地での状況や気分によって自由にアレンジしてみてくださいね。



またワットポーの拝観時間、入場料、服装などについての情報はこちらの記事でご確認いただけます。
▶︎▶︎ワットポーに行く前に知っておきたい!服装や入場料、拝観時間、見どころなどの情報まとめ


さいごに

記事中画像19

異国の旅は、目的地に行くまでの道のりも楽しいことにたくさん出会えます。最短ルートや楽な行き方で効率よく移動するのが、必ずしもベストな方法ではないのです。移動中に出会った人や出来事の方が、後になって意外と思い出に残っていることも多いもの。「みんなと同じ」から少し外れた「自分だけ」を楽しむ旅にもぜひチャレンジしてみてくださいね。


▶▶「タイ旅行・観光ガイド」トップページへ

関連記事はこちら