記事トップ画像

タイ、バンコクを代表する人気の観光地「ワットポー」。

大きな寝釈迦仏が見られることで有名なお寺です。


ここでは、バンコク観光で必ず訪れたい「ワットポー」について

Check

★ お寺の場所と地図

★ 交通手段別の行き方

★ 主な観光地からのアクセス方法


など、初めての方でも簡単に行けるように分かりやすくご紹介していきます!ぜひ参考にしてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩


※記事内のお金の単位はすべて【タイバーツ(B)】で表記しています。タイバーツのレートについてはこちらで確認できるので参考にしてくださいね。
▶︎▶︎Yahoo! ファイナンスの為替レートへ


※ここでご紹介する情報は、記事公開日時点のものになります。最新の情報は変更になっている場合もありますのでご了承ください。m(_ _)m


スポンサーリンク


バンコクのワットポーとは?

記事中画像1

ワットポーは、バンコクを代表する人気観光地の1つで、バンコクで最も古いお寺でもあります。

ワットポーが人気を集めているのは、象徴的な大きな寝釈迦仏が見られるから。

またワットポーは、東洋医学に基づくタイ古式マッサージの総本山としても知られています。


そんなワットポーの意味や歴史、見どころなどについてより詳しく知っておきたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね♩

▶︎▶︎バンコクのワットポーとは?知っておきたい歴史や意味、観光の見どころ等まとめ



ワットポーの場所はどこ?

記事中画像2

まずはワットポーの場所を簡単に確認しておきましょう。

ワットポーの住所・地図と位置関係

住所:2 Sanam chai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok


行き方地図1


ワットポーはチャオプラヤ川沿いに位置しています。

また、近くには王宮ワットアルンもあります。



【交通手段別】ワットポーへのアクセス方法

記事中画像3

では次に、ワットポーへのアクセス方法と交通手段を見ていきましょう。


ワットポーへ行く方法は大きく分けて

① 現地ツアー(オプショナルツアー)で行く方法

② 個人で自力で行く方法

の2つがあります。

① 現地ツアー(オプショナルツアー)に参加して行く方法

ツアーに参加する場合

次のような人は、現地発着のオプショナルツアーに参加して行く方法がおすすめです!


・滞在日数が少なくて効率的に移動したい人

・ワットポーだけではなく他の観光地にも立ち寄りたい人

・タイ観光が初めての人

・ガイドさんの解説を聞きながら観光したい人

など

現地ツアー(オプショナルツアー)の料金は?

現地発着のオプショナルツアーは、ワットポーの他、近郊観光地や人気スポット(ワットプラケオ・ワットアルンなど)の観光が3〜5箇所セットになったものがほとんどです。

料金はプランにもよりますが、だいたい2000B前後。

旅行会社によっては、人数が増えると値段が安くなったり、期間限定の割引ツアーを企画していたりもするので、人数や日程などの条件にあわせて選んでみてくださいね^^

現地ツアー(オプショナルツアー)を企画している旅行会社は?

オプショナルツアーを企画している旅行会社はたくさんありますが、ここでは事前に日本から予約できる日本語対応のサービスや旅行会社をいくつかピックアップしてみました。


(オプショナルツアー予約・販売専門の会社)

▶︎▶︎ VELTRA(ベルトラ)
icon・・・ベルトラは、世界各国のオプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門のサイトです。

▶︎▶︎ Klook
・・・Klookは、世界各地のオプショナルツアーや体験、遊びを予約できるサービスです。

▶︎▶︎ KKday(ケイケイデイ)
・・・KKdayは、世界各地のオプショナルツアーやアクティビティを提供する台湾創業の会社です。


(日本の旅行会社)

▶︎▶︎ JTB
・・・大手旅行会社のJTBでも、バンコクのオプショナルツアーを予約可能です。

▶︎▶︎ HIS
・・・大手旅行会社のHISでも、バンコクのオプショナルツアーを予約可能です。


(タイ現地の旅行会社)

▶︎▶︎ パンダバス
・・・パンダバスは、アジアを中心に展開する老舗の旅行会社です。

▶︎▶︎ WENDY TOUR(ウェンディーツアー)
・・・ウェンディーツアーは、東南アジアを中心に展開する日本人向けの現地旅行会社です。

▶︎▶︎ Chiang Mai Happy Tour(チェンマイハッピーツアー)
・・・チェンマイハッピーツアーは、タイに拠点を置く日本人経営の現地旅行会社です。

▶︎▶︎ SPACE BUS(スペースバス)
・・・スペースバスは、タイに拠点を置く日系の現地旅行会社です。

② 個人(自力)で行く方法

個人で行く場合

ワットポーへは、個人で行くことも十分可能です。


・時間に余裕がある人

・自分のペースで観光したい人

・タイや海外に慣れている人

などは、個人で行く方法がオススメです!


ここでは、ワットポーへの行き方を主な交通手段別に5つご紹介します。

どこからアクセスするかにもよりますが、オススメはチャオプラヤ川を渡る船です。

川から眺めるバンコクの街並みは、船からでしか見られない特別なものだと思います^^


その他、タイ名物のトゥクトゥク(三輪タクシー)もアトラクション気分が味わえてオススメです♩

記事中画像4

①【船(水上バス)】でワットポーへ行く場合

船

ワットポーはチャオプラヤ川沿いに位置しているので、川から船(水上バス)でアクセスすることができます。

ワットポーの最寄りの船着場は?

ワットポーの最寄りの船着場は

【N8 ターティアン(Tha Tien)船着場

になります。


船着場からワットポーへは、徒歩5分ほどでアクセスすることができます。


行き方地図2

最寄りの船着場(ターティアン船着場)へ行く船(水上バス)の種類は?

ターティアン船着場に発着する船は次の2種類です。


記事中画像(ワットポー)5


① チャオプラヤエクスプレス・ボート(ルア・ドゥアン)

チャオプラヤエクスプレス・ボートは、チャオプラヤ川沿いに点在する船着場を南北に運航しているボートです。

船の種類(色)は5種類あり、それぞれ発着する船着場や料金体系も異なります。

※ターティアン船着場に発着する船は2種類で、オレンジ色の急行船旗なしの普通船になります。


1)オレンジ色の急行船

運航時間:5時50分〜19時ごろ
運航日:毎日
運航間隔:約5〜20分おき(時間帯によって異なります)
値段:14B


2)旗なしの普通船

運航時間:6時45分〜7時30分ごろ・16時〜16時30分ごろ
運航日:平日(月〜金曜日)のみ
運航間隔:約20分おき(時間帯によって異なります)
値段:9〜13B



② 渡し船(ルア・カーム・ファーク)

渡し船はチャオプラヤ川の両岸を往復する船です。

ターティアン(Tha Tien)船着場からは、対岸のワットアルンとの間を往復する渡し船が運航しています。


運航時間:5時〜20時ごろ
所要時間:2〜3分
運航間隔:約5分おき
値段:4B


スポンサーリンク


②【トゥクトゥク】でワットポーへ行く場合

トゥクトゥク

トゥクトゥクはタイ名物の三輪タクシー。

近〜中距離の移動に適しています。


※長距離の移動にはタクシーの方が安全で快適なのでオススメです。

トゥクトゥクの乗り方は?

乗車前に料金を交渉し、到着後に支払います。

トゥクトゥクの料金の目安は?

徒歩10分の距離:30〜50B
徒歩20分の距離:50〜80B
徒歩30分の距離:80〜100B


※雨や渋滞時には料金が上がります。


また、外国人は基本的にはこれよりも高い値段を提示されることがほとんどです。

あとは値段交渉と運次第になるのでトライしてみてください^^

③【タクシー】でワットポーへ行く場合

タクシー

タイのタクシーはメータータクシーと交渉制のタクシーがあります。

※メータータクシーの方がトラブルも少なくオススメです。

タクシーの料金の目安は?

メータータクシーの場合、走行距離と時間によって値段が決まります。

初乗りの基本料金は1kmまで35B、以降1kmごとに5.5〜10.5Bが加算されます。

④【電車】でワットポーへ行く場合

電車

つぎに電車でワットポーへ行く場合を見ていきましょう。

ワットポーの最寄駅はどこ?

ワットポーの最寄駅は

・国鉄フアランポーン(Hua Lamphong)駅(クルンテープ駅とも呼ばれています。)

・MRT(地下鉄)フアランポーン(Hua Lamphong)駅

になります。


※ワットポーから最寄駅は距離が離れているので、駅からはタクシーなどを利用します。

(タクシーでの所要時間は15分前後です。)


行き方地図3

⑤【バス】でワットポーへ行く場合

バス

ワットポーの近くを通るバスは、1、2、3、6、9、12、25、32、44、47、48、53、508、512番 など。

乗るときに運転手さんに「ワットポー?」と確認すると安心です。


※ただし、バスは英語が通じないことが多いので、初心者の方にはあまりオススメできません。

バスの料金の目安は?

バスの料金はバスの車種と路線、距離によって異なります。

目安としては10〜20B前後になります。



【出発地別】主な観光地からワットポーへのアクセス方法

記事中画像7

次に、主な観光地や観光客がよく行く場所からワットポーへのアクセス方法についてそれぞれお伝えします。


※ただし記載している所要時間は目安になります。

渋滞などがある場合は、時間が倍近くかかってしまうこともあるので、スケジュールはできるだけ余裕を持って組んでみてくださいね。

▼この順番で紹介していきます▼

記事中画像8

① 王宮&ワットプラケオ(エメラルド寺院)からワットポーへのアクセス

記事中画像9
ではまず、ワットポーと並ぶ定番観光スポットの王宮ワットプラケオからのアクセス方法をチェックです。

王宮&ワットプラケオからのアクセス

王宮やワットプラケオとワットポーは隣接しているので、徒歩でアクセスできます。

近い距離ですがタイは日差しが強いので、トゥクトゥク(三輪タクシー)で移動するのもオススメです。


行き方地図4

王宮&ワットプラケオからの所要時間

徒歩で約10〜15分

② ワットアルンからワットポーへのアクセス

記事中画像10
ワットアルンもワットポーと同じくバンコクの定番観光スポット。

ワットアルンからのアクセス方法は下記のとおりです。

ワットアルンからのアクセス

ワットアルンにある船着場から渡し船に乗り、対岸のターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。

ターティアン船着場からワットポーへは歩いて5分程で到着します。


行き方地図5

ワットアルンからの所要時間

船と徒歩であわせて約15分

ワットアルンからの料金

渡し船の料金の4B

③ カオサン通りからワットポーへのアクセス

記事中画像11
カオサン通りはバンコク1の有名ストリート!

バックパッカーの聖地でもあります。


カオサン通りからのアクセス方法は下記のとおり。

カオサン通りからのアクセス

カオサン通りとワットポーは少し距離が離れているので、時間を優先したい方や体力を温存したい方は、タクシーやトゥクトゥク(三輪タクシー)での移動をオススメします。

徒歩の場合は時間は少しかかりますが、街歩きを楽しみながら行くことができるので(途中に出店や屋台などがあります)時間に余裕のある方はオススメです。


行き方地図6

カオサン通りからの所要時間

タクシーで約5〜10分、徒歩で約20〜30分

カオサン通りからの料金

タクシーの場合、50〜60Bが目安になります。

④ 空港(スワンナプーム国際空港)からワットポーへのアクセス

記事中画像12
バンコクの玄関口、スワンナプーム国際空港からワットポーへのアクセス方法は下記のとおり。


行き方地図7

スワンナプーム国際空港からのアクセス

① 空港からタクシーの場合

空港でメータータクシーかリムジンタクシーを利用します。

リムジンタクシーは割高で、事前に申込カウンターでの申し込みも必要になりますが、メータータクシーよりもトラブルが少ないのが特徴です。


② 電車+タクシーの場合

電車(エアポートレイルリンク)で終点のパヤータイ(Phaya Thai)駅まで行き、そこからタクシーでアクセスします。

スワンナプーム国際空港からの所要時間

① 空港からタクシーの場合

約30〜60分(道の混み具合や、有料道路を使うかどうかによっても変わります。)


② 電車+タクシーの場合

電車:約30分

タクシー:約15〜20分

スワンナプーム国際空港からの料金

① 空港からタクシーの場合

メータータクシー:250〜350Bが目安になります。

リムジンタクシー:1050〜2300Bが目安になります。


② 電車+タクシーの場合

電車:パヤータイ駅まで45Bが目安になります。

タクシー:パヤータイ駅からワットポーまではタクシーで70〜80Bが目安になります。

⑤ サイアム(Siam)からワットポーへのアクセス

記事中画像13

サイアムはバンコクを代表するショッピングエリア。

サイアムからのアクセス方法は下記のとおりです。

サイアムからのアクセス

ショッピングスポットが集中するサイアムからワットポーは少し離れているので、タクシーでの移動がオススメです。


行き方地図8

サイアムからの所要時間

タクシーで約15分

サイアムからの料金

タクシーの場合、70〜80Bが目安になります。

⑥ BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅からワットポーへのアクセス

記事中画像14

サパーンタクシン駅は、チャオプラヤエクスプレス(船)の船着場(CEN サートーン)と直結しているので、鉄道と船との乗り換えができ、よく利用される駅になります。

サパーンタクシン駅からのアクセス方法は下記のとおり。


地図(ワットポー1)

サパーンタクシン駅からのアクセス

① タクシーの場合

サパーンタクシン駅からタクシーに乗り、直接ワットポーまで行きます。


② 船+徒歩の場合

サパーンタクシン駅から船を利用してワットポーへ行く方法は、次の2通りのルートがあります。

★ルート1

サパーンタクシン駅直結のサートーン(Sathorn)船着場へ行きます。

サートーン船着場で船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。

※ターティアン船着場に行く船は【オレンジ色・旗なし】の2つです。

青色、黄色、みどり色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ターティアン船着場からは徒歩でワットポーまで向かいます。


★ルート2

サパーンタクシン駅直結のサートーン(Sathorn)船着場へ行きます。

サートン船着場で船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ワットアルン(Wat Arun)船着場まで行きます。

※ワットアルン船着場に行く船は【青色のみ】です。

他の色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ワットアルン船着場から渡し船に乗り、対岸のターティアン船着場まで行きます。

ターティアン船着場からは徒歩でワットポーまで向かいます。

サパーンタクシン駅からの所要時間

① タクシーの場合

約20〜30分


② 船+徒歩の場合

船:約20〜30分(船の種類によって異なります。)

徒歩:約5分

サパーンタクシン駅からの料金

① タクシーの場合

100〜150Bが目安になります。


② 船+徒歩の場合

10〜50Bが目安になります。(船の種類によって異なります。)

⑦ MRTスクンビット(Sukhumvit)駅・BTSプロンポン(Phrom Phomg)駅からワットポーへのアクセス

記事中画像15

スクンビットは高層ビルが立ち並ぶショッピングに便利なエリア。

プロンポンは日本人が多く住み、日本人向けのショップが充実しているエリアです。


スクンビットとプロンポンからのアクセス方法は下記のとおり。


行き方地図10

スクンビット・プロンポンからのアクセス

① タクシーの場合

スクンビット・プロンポンからタクシーの乗り、直接ワットポーまで行きます。


② 電車+タクシーの場合

ワットポー最寄駅のMRT フアランポーン(Hua Lamphong)駅まで行き、そこからタクシーでアクセスします。

(最寄駅のフアランポーン駅はワットポーから離れています。)

スクンビット・プロンポンからの所要時間

① タクシーの場合

約30〜40分


② 電車+タクシーの場合

約40〜50分

スクンビット・プロンポンからの料金

① タクシーの場合

120〜150Bが目安になります。


② 電車+タクシーの場合

80〜100Bが目安になります。

⑧ アジアティーク・ザ・リバーフロントからワットポーへのアクセス

記事中画像16
アジアティーク・ザ・リバーフロントは、古い倉庫を再開発してつくられたオシャレな巨大ショッピングスポット。

アジアティーク・ザ・リバーフロントからのアクセス方法は下記のとおりです。


地図(ワットポー2)

アジアティーク・ザ・リバーフロントからのアクセス

① タクシーの場合

アジアティーク・ザ・リバーフロントからタクシーに乗り、直接ワットポーまで行きます。


② 船+徒歩の場合

船では次の2通りのルートがあります。

★ルート1

アジアティーク・ザ・リバーフロントから無料シャトルボートで、サートーン(Sathorn)船着場へ行きます。

※サートーン船着場行きのボートは、有料のボートもあるのでご注意ください。

サートーン船着場から船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ワットアルン船着場まで行きます。

※ワットアルン船着場に行く船は【青色のみ】です。

その他の船(オレンジ・黄色・緑色・白色)はワットアルンには停まらないので気をつけてくださいね。

ワットアルン船着場から渡し船に乗り、対岸のターティアン(Tha Tien)船着場へ行きます。

ターティアン船着場からは徒歩でワットポーまで向かいます。


★ルート2

アジアティーク・ザ・リバーフロントから無料シャトルボートで、サートーン(Sathorn)船着場へ行きます。

※サートーン船着場行きのボートは、有料のボートもあるのでご注意ください。

サートーン船着場から船(チャオプラヤエクスプレス)に乗り、ターティアン(Tha Tien)船着場まで行きます。

※ターティアン船着場に行く船は【オレンジ色・旗なし】の2つです。

青色、黄色、みどり色の船は停まらないので気をつけてくださいね。

ターティアン船着場からは徒歩でワットポーまで向かいます。

アジアティーク・ザ・リバーフロントからの所要時間

① タクシーの場合

約20〜30分


② 船+徒歩の場合

船:約30〜40分(船の種類によって異なります。)

徒歩:約5分

アジアティーク・ザ・リバーフロントからの料金

① タクシーの場合

100〜150Bが目安になります。


② 船+徒歩の場合

10〜50Bが目安になります。(船の種類によって異なります。)

⑨ ワットパクナムからワットポーへのアクセス

記事中画像17
ワットパクナムは、フォトジェニックな写真が撮れるということで話題の寺院。

ワットパクナムからのアクセス方法は下記のとおりです。

ワットパクナムからのアクセス

ワットパクナムもワットポーもそれぞれ最寄駅が離れているので、直接タクシーで向かう方法が便利で楽になります。


行き方地図12

ワットパクナムからの所要時間

タクシーで約20分〜30分

ワットパクナムからの料金

100B〜が目安になります。



ワットポーの行き方 まとめとポイント

記事中画像18

ワットポーへの主な交通手段は

① 船
② トゥクトゥク
③ タクシー
④ 電車
⑤ バス

などがあります。


どこからワットポーへ行くのかによって、アクセス方法や便利な交通手段はそれぞれ異なってきます。


こちらの記事では、ワットポーへ行く観光客の多くがアクセスの起点とする下記の場所

① 王宮&ワットプラケオ(エメラルド寺院)
② ワットアルン
③ カオサン通り
④ 空港(スワンナプーム国際空港)
⑤ サイアム(Siam)
⑥ BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅
⑦ MRTスクンビット(Sukhumvit)駅・BTSプロンポン(Phrom Phomg)駅
⑧ アジアティーク・ザ・リバーフロント
⑨ ワットパクナム

からのアクセス方法についてご紹介させていただきました。


※こちらで掲載しているルートや行き方は、あくまでも一般的な方法で一例になります。

現地での状況や気分によって自由にアレンジしてみてくださいね。



またワットポーの拝観時間、入場料、服装などについてはこちらの記事にまとめていますので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎ワットポーに行く前に知っておきたい!服装や入場料、拝観時間、見どころなどの情報まとめ



さいごに

記事中画像19

異国での旅は、目的地に辿り着くまでの道のりでも楽しいことにたくさん出会えます。

最短ルートや楽な行き方で効率よく移動するのが、必ずしもベストな方法ではないかもしれません。

移動中に意図せず出会った人や出来事の方が、後になって意外と思い出に残っていることも多いものです^^

「みんなと同じ」から少し外れた「自分だけ」を楽しむ旅にもぜひチャレンジしてみてくださいね♩