【国際線】ジェルの持ち込み&預け入れルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。

ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷ってしまいますよね。


特に、持ち物の中で多い「ジェル状のもの」については

「荷物検査で引っかからないか心配…」

「そもそもジェルって持ち込みや預け入れOKなの?」


と、不安に思う方も多いのではないでしょうか。


空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にルールや制限について確認しておきたいところです。


そこでこの記事では、初心者でも安心して飛行機に乗れるように

Check

★ 手荷物検査でNGにならないジェルの持ち込み方

★ 持ち込みや預け入れできる上限量(大きさ)

★ ジェルを持ち込み・預け入れする時のルールと注意点


などについてまとめています。空港に行く前に、一度確認しておいてくださいね。

それでは、さっそくチェックしていきましょう♩



この記事では「国際線」のルールについてのお話をしていきますね。

「国内線」のルールについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。


※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


【国際線】飛行機にジェルを持ち込む時のルールとポイント

ジェルを飛行機に持ち込む時のルールは?

飛行機にジェルを持ち込むときのルールは、「国内線」と「国際線」でそれぞれ異なります。

国際線のルール」をざっくりまとめると、下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

(表)ジェルの持ち込み・預け入れルール/国際線


※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。また同じ航空会社でも、発着する国(路線)によってルールが異なる場合もあります。



それではここから、詳しくルールを見ていきましょう!

ここでは

① 化粧品・医薬品類のジェル

② 食べ物類のジェル


の順番に、気をつけたいポイントを解説していきますね。



① 化粧品・医薬品類のジェルの場合

化粧品・医薬品類のジェル

ジェル状のもので、化粧品や医薬品関係のものは、機内(客室)へ持ち込みOK、また預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。


化粧品・医薬品類の例

・美容・保湿用のジェル
・整髪料のジェル(ヘアジェル・ジェルワックスなど)
・ハンドジェル(アルコールジェル、手ピカジェルなど)
・制汗ジェル、虫除けジェル
・ジェル状のリップグロス

など、直接肌や身体につけられるもの



ただし、持ち込みや預け入れできる量には上限があるので気をつけてくださいね。

飛行機では、化粧品や医薬品類は危険物として扱われるため、持ち込み・預け入れできる上限量が決められています。

持ち込み・預け入れの際は上限量に注意!

持ち込みは100ml以下、預けは500ml以下ならOK

機内持ち込み(化粧品・医薬品類のジェル)

100ml(100g)以下の容器に入っていること

・ジェルの入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


家庭用の大きなジェルだと、ほとんどのものが100ml(g)を超えてしまうと思います。

ジェルを機内に持ち込む場合は、旅行用(持ち運び用)の小さなものを選ぶか、別の容器(100ml以下のもの)に詰め替えるようにしましょう。



詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と機内持ち込み方法の詳細」もチェックしておいてくださいね。


【補足】
※ジェル状の処方薬などの場合は、保安検査のときに申告することで、上限量を超えて持ち込みすることも可能です。

(申告をすると「液体物の機内持ち込み制限」の例外アイテムになります。)

詳しくは、下記の「医薬品類の持ち込みを申告するときの流れ」で解説していきますね。

預け入れ(化粧品・医薬品類のジェル)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること


旅行用(持ち運び用)の小さなジェルであれば、500ml(g)を超えることはまずないので、安心してくださいね。

家庭用の大きなサイズの場合は、念のために容量をきちんと確認しておきましょう。



より詳しい内容については、下記の「容量の制限と預け入れ方法の詳細」もチェックしておいてくださいね。


※また化粧品については、こちらの記事で別途ルールをまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】化粧品の持ち込み・預け入れルールまとめ



② 食べ物類のジェルの場合

食べ物類のジェル

ジェル状のもので、食べ物関係のものも、機内(客室)へ持ち込みOK、また預け荷物(スーツケース)に入れてもOKです。


食べ物類の例

・ゼリー
・プリン
・ヨーグルト
・ジャム
・ハチミツ

など



ただし、機内に持ち込みできる量には上限があるので気をつけてくださいね。

預け入れの場合は、特に量の制限はありません。ただし、預け荷物自体の重量制限には気をつけてくださいね。)

機内に持ち込む際は上限量に注意!

持ち込みは100ml以下、預けは制限なくOK

(機内持ち込み)

100ml(100g)以下の容器に入っていること

・食べ物の入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


【補足】
※機内に持ち込む時だけ制限があるのは、「液体物の機内持ち込み制限」があるからです。

ジェル状の食べ物は液体物として扱われるため、この制限を守らなければいけません。

詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と機内持ち込み方法の詳細」もチェックしておいてくださいね。



※また食べ物については、こちらの記事で別途ルールをまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

▶︎▶︎【国際線】食べ物の持ち込み・預け入れルールまとめ



※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)


スポンサーリンク


ジェルの容量制限と機内持ち込み方法の詳細

容量の制限について詳細(機内持ち込み)

ジェルは

・ 化粧品・医薬品類のジェル
・ 食べ物類のジェル

のどちらも、機内に持ち込みOKですが、「上限量が決められている」ということでしたね。

ここでは、その容量の制限を守った上で、具体的にどのように持ち込みすれば良いのかについて、詳しく見ていきましょう!


※ただし、最終の判断は現場の保安検査官にゆだねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従うようにしてくださいね。

(国際線)ジェルの機内持ち込みルール

(国際線)ジェルを機内に持ち込む時

機内持ち込みの条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

機内持ち込みの条件(国際線)

・各ジェルは、100ml(100g)以下の容器に入っていること

・ジェルの入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること


国際線の液体物機内持ち込みルール

国際線では、液体物を機内(客室)に持ち込むときに、国内線よりも厳しいルール(液体物の機内持ち込み制限)があります。

ジェル状のものも液体物として扱われるので、このルールを守らなければいけません。


液体物(ジェルなど)を国際線の機内に持ち込むときは、下記の①〜③の条件を満たした状態でなければNGになるので気をつけてくださいね。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール


それでは順番に説明していきますね。

① 各液体(ジェルなど)は100ml(g)以下の容器に入っていること

液体物は全て100ml以下の容器に入れる

機内に持ち込みできる液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみになります。

ジェル状のものを含め、すべての液体物は100ml(g)を超えていると持ち込みNGになり、検査場で放棄しなければいけなくなるので注意しましょう。


※容器に残っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体の容量(容器に表示されている内容量)が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。


もし、機内に持ち込みたい液体物が100ml(g)を超えている場合は、100ml(g)以下の別の容器に詰め替えるようにしましょう。

(詰め替え用のボトルや容器は、百均や無印、旅行用品店などで購入できます。)

② 液体の入った容器は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること

液体の容器は全て1リットル以下の透明な袋に入れる

液体の入った100ml(g)以下の容器はすべて、透明なプラスチック袋に入った状態でなければ持ち込みできません。


このとき使用できる透明プラスチック袋は

・容量1リットル以下であること
・再封可能であること(ジッパーなどで開け閉めができること)

が条件です。

③ 1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

プラスチック袋は1袋のみ持ち込みOK

1つのプラスチック袋に入りきらない液体物は、機内に持ち込むことはできません。

(袋は完全に閉まっていないとNGです。)

※袋に入りきらない液体物がある場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。


もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎液体物をプラスチック袋に入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ


※また「液体物の機内持ち込み」については、海外では国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあります。

乗り継ぎ便や帰国便など海外から出発する飛行機を利用する際は、各航空会社のHPなどを確認することをおすすめします。



【補足】
※ジェル状の医薬品類の場合は、保安検査のときに申告することで、100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入れなくても、特別に持ち込みできるようになっています。

(申告をすると「液体物の機内持ち込み制限」の例外アイテムになります。)

詳しくは、下記で解説していきますね。

医薬品類の持ち込みを申告するときの流れ

医薬品類は例外アイテム

ここまでは、液体物の機内への持ち込み方(パッキング方法)についてご説明してきましたが、実は処方薬や市販薬などの「医薬品類」は例外として、液状(ジェル状)であってもこのようなパッキング方法をせずに、機内に持ち込みができることになっています。

つまり、100ml(g)以下の容器や透明プラスチック袋に入れなくても持ち込みOKということです。


ただし、好きな量だけ持ち込みして良いというわけではなく、持ち込み可能な量は

機内(客室)で必要な分量のみ

また

検査員に認められた量のみ

になります。

つまり、到着地までに必要な分量のみ持ち込みOKですが、大量の持ち込みはNGということ。


また持ち込みする際は、保安検査場での手荷物チェックのときに、検査員に申告をする必要があります。

具体的な申告方法は下記で解説していきますが、申告が面倒な場合は、医薬品類も他の液体物と同じように、100ml(g)以下の容器&透明プラスチック袋に入れて持ち込む方が検査がスムーズです。(特に海外の空港など、口頭での説明が難しい場合)

※100ml(g)以下の個々の容器に入れて、かつ1リットル以下の透明プラスチック袋に入れた場合は、検査員に申告することなく、他の液体物と同じように機内(客室)への持ち込みが可能です。


それでは下記で、具体的な申告方法について見ていきましょう。

(また申告する際は、利用する航空会社にもあらかじめ問い合わせをするようにしてくださいね。)

液体(ジェル状)の医薬品類の持ち込みを申告するには?

医薬品類を申告する時

液体(ジェル状)の医薬品類を機内(客室)に持ち込む場合は、保安検査場での手荷物チェックの際にバッグから出して、検査員に「液体の医薬品類を持っていること」を伝えて確認してもらいましょう。


また申告する際は、持ち込みたい医薬品類のほか、その医薬品が必要なことを証明するもの(処方箋の写し、薬袋、診断書など)も一緒に準備しておきましょう。

場合によっては、証明するものの提示が求められたり、接触検査や開封検査を求められるケースもあります。

(海外の空港では、英語もしくはその国の言語で書かれた証明書を準備しておくと安心です。)


※繰り返しになりますが、上記の申告が面倒であれば、医薬品類も他の液体物と同じように、100ml(g)以下の容器&透明プラスチック袋に入れて持ち込む方がスムーズです。(もしくは預け荷物に入れるようにしましょう。)

まとめると

検査員に申告する場合
液体医薬品類は、100ml(g)以下の容器&1リットル以下の透明プラスチック袋に入れなくてもOK、ただし証明するものを用意する

検査員に申告しない場合
液体医薬品類は、100ml(g)以下の容器&1リットル以下の透明プラスチック袋に入れる証明するものは必要なし


と覚えておきましょう。

医薬品類の持ち込みを申告する時としない時

保安検査の後に購入した液体物(ジェルなど)は100ml(g)を超えるものでもOK

保安検査後に購入した液体物は100mlを超えてもOK

液体物の持ち込み制限やパッキング方法は、保安検査(手荷物検査)の「前」に購入したものについてのルールになります。

保安検査が終わった「あと」に、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で購入した液体物(ジェル)については、100ml(g)を超えるものでも機内へ持ち込みOKなので安心してくださいね。

(透明プラスチック袋にも入れなくてOKです。)

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は、安全性が保証されているためです。


※ただし、国際線の乗り継ぎがある場合は注意が必要です。

乗り継ぎ空港(経由地)では、再度手荷物の検査があるため、100ml(g)を超える液体物を持ったままでは検査を通過できません。

詳しくは、後ほど解説する「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」をチェックしてくださいね。



ジェルの容量制限と預け入れ方法の詳細

容量の制限について詳細(預け入れ)

化粧品・医薬品類のジェルは、預け荷物(スーツケース)に入れてもOKですが、「上限量が決められている」ということでしたね。

(※食べ物類のジェルの場合は、預け入れの制限はありません。)


ここでは、その容量の制限を守った上で、具体的にどのように預け入れをすれば良いのかについて、詳しく見ていきましょう!

(国際線)ジェル状の化粧品・医薬品類の預け入れルール

化粧品・医薬品類のジェルを預け入れする時

預け入れの条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

預け入れの条件(国際線)

・各ジェルは、500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること


(※機内持ち込みの時のように透明プラスチック袋に入れる必要はありません。)


500ml(g)以下の容器に入っていること


「すべて合わせて2000ml(2000g)以下」ということなので、1個あたりが500ml(500g)以下であれば、2個以上預けることも可能です。

ただし、すべての個数を合わせた容量が2000ml(g)を超えないようにしましょう。

※2000ml(g)とは、預け入れする分だけでなく、機内(客室)に持ち込む分も合わせた合計になります。


さらに、ジェル状のもの以外にも、化粧品や医薬品類、スプレーなどがある場合は、それらも合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計


化粧品や医薬品などのルールについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。(「預け入れに制限がある液体物」の項目に、化粧品や医薬品類についてまとめています。)

▶︎▶︎液体物の預け入れルールまとめ


またスプレー缶については、こちらの記事で別途ルールを確認してくださいね。

▶︎▶︎スプレー缶の預け入れルールまとめ


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)

ジェルを預け荷物に入れる時は液体漏れに注意!

容器の破損や液体漏れに注意

預け荷物(スーツケース)にジェルを入れるときは、液体漏れや容器の破損にも注意が必要です。

預け荷物は、飛行機への積み下ろしや運搬の際に衝撃を受けてしまう可能性があるからです。


一度開封した容器は、きちんとフタをして密閉していないと、中身が漏れてしまうこともあるので注意しましょう。

液体漏れや容器の破損を防ぐには?

スーツケースの中を濡らさないために、ジェルなどの液体物はビニール袋などに入れて密閉しておくと、万が一中身が漏れた場合でも安心です。

またパッキング(荷造り)をするときに、タオルや洋服などをうまく利用して入れるようにすると衝撃の緩衝材になります。

特に、ガラスや瓶に入ったジェルは割れやすいので気をつけてくださいね。


もし、預け荷物の中で液体が漏れてしまった場合は、すべて自己責任になってしまうので、できる限りの対策をしておきましょう。



乗り継ぎ便へ液体物(ジェル)を持ち込む時の注意点

国際線を乗り継ぐ時は液体物の持ち込みに注意

保安検査(手荷物検査)が終わった後に購入した液体物(ジェル)については、「100ml(g)を超えるものでも機内(客室)に持ち込みOK」ということは、すでにお伝えしたとおり。

これは、搭乗待合エリア(クリーンエリア)で販売されている商品は、安全であることが保証されているからです。


しかし、目的地まで直行便で向かわず、国際線を乗り継ぎする場合には、乗り継ぎ空港(経由地)で再度手荷物の検査があるので注意が必要です。

乗り継ぎ空港では再度セキュリティーチェックがある

乗り継ぎ空港では再度保安検査がある

目的地まで国際線を乗り継ぎして向かう場合は、乗り継ぎ空港では再度、手荷物のチェック(保安検査)を受けることになります。

そのため乗り継ぎ空港では、100ml(g)を超える液体物を持ったまま保安検査を通過することはできません。

もしそこで、100ml(g)を超える液体物を持っていた場合は、放棄することになってしまうので気をつけてくださいね。


しかし例外として、「STEBs(不正開封防止袋)」という特別な袋に入った免税品(液体物)については、別のルールが適用されることになっています。

100ml(g)以下の容器に入っていなくても、保安検査を通過でき、乗継ぎ便への機内持ち込みも可能になります。(※ただし導入空港のみ)


この「STEBs(不正開封防止袋)」について詳しく知りたい方は、こちらの記事内にある「乗り継ぎ便へ液体物を持ち込む時の注意点」をチェックしてくださいね。

(使い方のルールや注意点についてまとめています。)



【国際線】ジェルの持ち込み・預け入れルールまとめ

ジェルの持ち込みルールまとめ

✔︎ ジェルは、機内持ち込み・預け入れともOK

(→ 化粧品・医薬品類のジェルほか、ジェル状の食べ物などもOK)


✔︎ ただし、持ち込み・預け入れできるジェルの量には制限がある


✔︎ 国際線「機内持ち込み」の条件は

100ml(100g)以下の容器に入っていること
② ジェルの入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること


✔︎ ただし、保安検査(手荷物検査)の時に申告をすれば、医薬品類のジェルについては、100ml(g)以下の容器&透明プラスチック袋に入れなくても条件つきで持ち込み可能

(→ 保安検査時に申告することで、「液体物の機内持ち込み制限」の例外アイテムになる)


✔︎ 保安検査(手荷物検査)の後に、搭乗待合エリア(売店や免税店など)で購入したジェルについては、100ml(g)を超えるものでも機内持ち込みOK

(→ ただし乗り継ぎがある場合は、乗り継ぎ空港で再度手荷物の検査があるので注意)


✔︎ 国際線「預け入れ」の条件は

500ml(500g)以下の容器に入っていること
② 1人あたり合計2000ml(2000g)以下であること

(→ ただし、食べ物の預け入れの場合は上記の制限なし)


✔︎ ジェルを預け荷物に入れるときは、液体漏れや容器の破損にも注意する


✔︎ 国や地域、航空会社や路線によっては、独自のルールや制限を設けていることもある。また海外の場合は、日本より厳しい制限があることが多いので注意する。

(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



参考ページ一覧

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを掲載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめています。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量や液体物の持ち込み規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)
液体物の持ち込みについて(国際線)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について
液体物持込制限品

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
セキュリティガイド
液体物の持ち込みについて

◆福岡空港
液体物持ち込み制限について(国際線)

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・液体物の持ち込み規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
手荷物について
航空機内への液体物持ち込み制限について

◆ANA(全日空)
手荷物について
液体の機内持ち込み

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内

◆ピーチ(Peach)
手荷物について
液体物の機内持ち込み

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について
液体の持ち込み

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について

◆ジップエアー(ZIPAIR)
荷物について

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
機内持ち込み手荷物
預かり手荷物

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
手荷物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
機内持ち込み手荷物
受託手荷物

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
機内持ち込み手荷物
預入れ荷物

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)
手荷物に関する規定(受託手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
手荷物に関する情報
液体の機内への持ち込み

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
荷物について
液体類について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
荷物について
液体の持ち込み

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について



さいごに

さいごに

飛行機に持ち込むことのできる手荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

たとえ使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。

持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。