消毒液・除菌剤の持ち込みルールまとめ

飛行機に乗るときに必ず行う手荷物の安全チェック。

ルールが複雑なので、何が持ち込みOKで何がNGなのか、荷造りをするときに迷ってしまいますよね。


特に今必需品の「アルコール消毒液や除菌剤」については

「荷物検査で引っかからないか心配…」

「そもそも消毒液や除菌剤って持ち込みや預け入れOKなの?」


と不安に思う方も多いのではないでしょうか。


空港で焦ったり困らなくてもいいように、事前にきちんとルールや制限について確認しておきたいところです。


そこでこの記事では、初心者でも安心して飛行機に乗れるように

Check

★ 手荷物検査でNGにならない消毒液や除菌剤の持ち込み方

★ 持ち込み・預け入れできる消毒液/除菌剤とできないものの具体例

★ 持ち込みや預け入れできる上限量(大きさ)


などについてまとめています。空港に行く前に一度確認しておいてくださいね。

それではさっそくチェックしていきましょう♩



※「飲料用」のアルコール(お酒など)は別のルールになります。
アルコール飲料の持ち込み・預け入れについては、こちらの記事(▶︎国内線 ▶︎国際線)をご確認ください。


※こちらの記事は、国土交通省の関連ホームページなどを参考に作成しています。最終的な判断は現場の検査員や航空会社によって異なることもあるので、あくまでも基本ルールの確認としてご利用くださいね。また国際線の場合は、乗り継ぎ便や帰国便では出発する国のルールが適用されるのでご注意ください。最新の情報や最終的な判断については、利用する航空会社までお問合せいただくことをおすすめします。


スポンサーリンク


飛行機にアルコール消毒液/除菌剤を持ち込む時のルールとポイント

消毒液を飛行機に持ち込む時のルール

飛行機にアルコール消毒液や除菌剤を持ち込むときのルールは、その使い道が「からだ・手指用」か「モノ・空間用」かによって異なります。

それぞれのルールをざっくりまとめると下記の表の通り。(細かい内容は後ほど解説していきますね。)

(表)消毒液の持ち込みルール


※航空会社によって独自のルールや制限がある場合があります。また同じ航空会社でも、発着する国(路線)によってルールが異なる場合もあります。


【補足】
飲料用のアルコール(お酒)の場合は、含まれるアルコールの割合(度数)による制限がありますが、アルコール消毒液の場合は度数による制限は基本的にありません。(飲料用ではないため別のルールになります。)
※ただし航空会社によって例外(エアチャイナなど)はあります。



それではここから、詳しくルールを見ていきましょう!



「からだ・手指用」の消毒液/除菌剤は機内持ち込み・預け入れともOK

身体・手指に使える消毒液・除菌剤

手指消毒などの直接肌につけるアルコール消毒液や除菌剤であれば、機内(客室)へ持ち込むことも預け荷物(スーツケース)に入れることもOKです。

ここで気をつけたいのが、「からだや手指に使えるものである」ということ。


「人」ではなく、「モノ」や「空間」に対して使う消毒液や除菌剤は、持ち込み・預け入れができない場合があるので注意が必要です。

(詳しくは下記「モノ・空間用の消毒液/除菌剤はNGの場合あり」のとおり。)

身体・手指に使えない消毒液・除菌剤は注意

また、アルコール消毒液や除菌剤の持ち込み・預け入れには、容量の制限があります。

上限量を超えないように注意して持って行くようにしましょう。

(飛行機では、消毒液などの医薬品類は危険物として扱われるため、上限量が決められています。)


それでは下記で、種類ごとにルールを説明していきますね。

【からだ・手指用】ジェル・液体タイプの場合(手ピカジェルなど)

ジェル・液体タイプの消毒液

手ピカジェルなど、ジェルタイプ・液体タイプのアルコール消毒液や除菌剤は、下記の制限内であれば機内持ち込み・預け入れともOKです。

国内線の場合

国内線は500ml以下なら持ち込み・預け入れOK

(機内持ち込み・預け入れ共通)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること

国際線の場合

国際線は100ml以下なら持ち込みOK

(機内持ち込み)

100ml(100g)以下の容器に入っていること

・消毒液の入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


(預け入れ)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること



詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と具体的な持ち込み方」もチェックしておいてくださいね。

【からだ・手指用】スプレータイプの場合(除菌スプレーなど)

スプレータイプの消毒液

除菌スプレーなど、ミストタイプ・スプレー缶タイプのアルコール消毒液や除菌剤も、下記の制限内であれば機内持ち込み・預け入れともOKです。

国内線の場合

国内線は500ml以下なら持ち込み・預け入れOK

(機内持ち込み・預け入れ共通)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること

国際線の場合

国際線は100ml以下なら持ち込みOK

(機内持ち込み)

100ml(100g)以下の容器に入っていること

・消毒液の入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること


(預け入れ)

500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること



詳しい持ち込み方については、下記の「容量の制限と具体的な持ち込み方」もチェックしておいてくださいね。



また、スプレー缶(高圧ガスを含んだ鉄製の容器に入ったスプレー)には、キャップをつけて噴射弁を保護することが求められています。

ガスが入ったスプレー缶は噴射弁を保護する

【注意!】
スプレー缶(高圧ガスを含んだ鉄製の容器に入ったスプレー)は、全ての種類が持ち込み・預け入れできるわけではありません。

※「からだ・手指消毒用のスプレー缶」は特別に認められているため、機内持ち込み・預け入れが可能となっています。

その他の目的で使用するスプレー缶も持って行きたい場合は、こちらの記事でルールを確認してくださいね。
▶︎▶︎スプレー缶の機内持ち込みルールまとめ
▶︎▶︎スプレー缶の預け入れルールまとめ

【からだ・手指用】シートタイプの場合(除菌シートなど)

シートタイプ(除菌シートなど)

除菌シートやウェットティッシュなど、シートタイプのものについても、下記の制限内であれば機内持ち込み・預け入れともOKです。(国内線と国際線で同じルールになります。)


(機内持ち込み・預け入れ共通)

・1個あたりが500g(500ml)以下であること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000g(2000ml)以下であること


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



「からだ・手指用以外(モノ・空間用など)」の消毒液/除菌剤はNGの場合あり

モノ・空間用の消毒液・除菌剤

からだ・手指以外の場所(モノや空間など)に使う消毒液や除菌剤は、飛行機への持ち込み・預け入れができない場合があるので注意が必要です。

例えば、大幸薬品のクレベリン(置き型タイプ、ペンタイプなど)は、機内持ち込み・預け入れともNGとなっています。

参考:大幸薬品【クレベリンシリーズの航空機での扱いについてのご案内】


モノや空間用の消毒液/除菌剤は、人や身体(皮膚など)や航空機に影響を及ぼす成分が含まれていることがあります。

飛行機での旅行に持って行きたい場合は、商品の公式ホームページを確認したり、利用する航空会社に問い合わせをするようにしましょう。


また、持ち込みや預け入れができる場合でも、容量の制限があるのでご注意くださいね。(容量の制限については下記に記載のとおりです。)


スポンサーリンク


消毒液/除菌剤の容量制限と具体的な持ち込み方

消毒液・除菌剤の容量制限(詳細)

からだ・手指用」の消毒液や除菌剤で

ジェル・液体タイプのもの
スプレータイプのもの
シートタイプのもの

は、機内持ち込み・預け入れともOKですが、「上限量が決められている」ということでしたね。

ここでは、その容量の制限を守った上で、具体的にどのように持ち込み・預け入れをすれば良いのかについて、詳しく見ていきましょう!


※ただし、最終の判断は現場の保安検査官に委ねられます。検査官の判断により「持ち込み不可」となった場合は、その指示に従うようにしてくださいね。

国内線の場合

(国内線)消毒液・除菌剤の容量制限


国内線の機内持ち込み・預け入れの条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

機内持ち込み・預け入れの条件(国内線)

・各アルコール消毒液/除菌剤は500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること



500ml以下の容器に入っていること


「すべて合わせて2000ml(2000g)以下」ということなので、1個あたりが500ml(500g)以下であれば、2個以上持ち込み・預け入れすることも可能です。

ただし、すべての個数を合わせた容量が2000ml(g)を超えないようにしましょう。

※2000ml(g)とは、アルコール消毒液・ジェル・スプレー・除菌シートなどを全て合わせた合計です。また、機内に持ち込む分と預け入れする分を合わせた合計になります。


さらに、消毒液や除菌剤以外にも化粧品や医薬品類、スプレーなどがある場合は、それらも合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計


化粧品や医薬品などの持ち込みルールについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。(「持ち込み量に上限がある液体物」の項目に、化粧品や医薬品類についてまとめています。)

▶︎▶︎液体物の持ち込みルールまとめ(国内線)


※また、国内線を利用後に国際線に乗り継ぎをする場合は、乗り継ぎ便では国際線のルールが適用されます。詳しくは次の国際線のルールを確認してくださいね。

国際線の場合

(国際線)消毒液・除菌剤の容量制限


国際線の場合は、機内持ち込みと預け入れではルールが異なるので、それぞれに分けて説明していきますね。

(国際線)消毒液/除菌剤の機内持ち込みルール

(国際線)消毒液を機内に持ち込む時

国際線の機内持ち込み条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

機内持ち込みの条件(国際線)

・各アルコール消毒液/除菌剤は100ml(100g)以下の容器に入っていること(※シートタイプは除く)

・消毒液/除菌剤の入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること(※シートタイプは除く)

国際線の液体物持ち込みルール

国際線では、液体物を機内(客室)に持ち込むときに、国内線よりも厳しいルール(液体物の機内持ち込み制限)があります。

アルコール消毒液やアルコールジェル、除菌スプレーなども液体物として扱われるので、このルールを守らなければいけません。

(※飛行機では、ジェル状・ミスト状のものなども液体物として扱われます。ただし、シートタイプの除菌シートなどは液体物にはなりません。)


液体物(消毒液や除菌剤など)を機内に持ち込むときは、下記の①〜③の条件を満たした状態でなければ認められないので気をつけてくださいね。

国際線の機内に液体物を持ち込む時のルール


それでは順番に説明していきますね。

① 各液体(消毒液など)は100ml(g)以下の容器に入っていること

液体物は全て100ml以下の容器に入れる

機内に持ち込みできる液体物は、100ml(100g)以下の容器に入ったもののみになります。

消毒液や除菌剤のほか、全ての液体物は100ml(g)を超えていると持ち込みNGになり、検査場で放棄しなければいけなくなるので注意しましょう。


※容器に残っている液体の量が100ml(g)以下であったとしても、容器自体の容量(容器に表示されている内容量)が100ml(g)を超えているものは持ち込みができないので気をつけてくださいね。


もし、機内に持ち込みたい消毒液が100ml(g)を超えている場合は、100ml(g)以下の別の容器に詰め替えるようにしましょう。

(詰め替え用のボトルや容器は、百均や無印、旅行用品店などで購入できます。)

② 液体の入った容器は全て、容量1リットル以下の透明プラスチック袋に入っていること

液体の容器は全て1リットル以下の透明な袋に入れる

液体の入った100ml(g)以下の容器はすべて、透明なプラスチック袋に入った状態でなければ持ち込みできません。


このとき使用できる透明プラスチック袋は

・容量1リットル以下であること
・再封可能であること(ジッパーなどで開け閉めができること)

が条件です。

③ 1人あたりが持ち込みできるプラスチック袋は1つのみ

プラスチック袋は1袋のみ持ち込みOK

1つのプラスチック袋に入りきらない液体物は、機内に持ち込むことはできません。

(袋は完全に閉まっていないとNGです。)

※袋に入りきらない液体物がある場合は、預け荷物(スーツケース)に入れるようにしましょう。


もっと詳しく知りたい方へ

これら①〜③のパッキング(荷造り)が初めてで「やり方がよく分からない」という方は、こちらの記事で詳しく荷造りの方法や注意点をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎液体物をプラスチック袋に入れて持ち込みする時のルールと注意点まとめ


※また「液体物の機内持ち込み」については、海外では国や地域によって独自のルールや制限がある場合もあります。

乗り継ぎ便や帰国便など海外から出発する飛行機を利用する際は、各航空会社のHPなどを確認することをおすすめします。

(国際線)消毒液/除菌剤の預け入れルール

(国際線)消毒液を預け入れする時

国際線の預け入れ条件(容量の制限)をもう一度掲載しますね。

預け入れの条件(国際線)

・各アルコール消毒液/除菌剤は500ml(500g)以下の容器に入っていること

・複数個ある場合は、すべて合わせて合計2000ml(2000g)以下であること



500ml以下の容器に入っていること


「すべて合わせて2000ml(2000g)以下」ということなので、1個あたりが500ml(500g)以下であれば、2個以上預けることも可能です。

ただし、すべての個数を合わせた容量が2000ml(g)を超えないようにしましょう。

※2000ml(g)とは、アルコール消毒液・ジェル・スプレー・除菌シートなどを全て合わせた合計です。また、預け入れする分だけでなく、機内(客室)に持ち込む分も合わせた合計になります。


さらに、消毒液や除菌剤以外にも化粧品や医薬品類、スプレーなどがある場合は、それらも合わせて2000ml(g)以下になるようにしましょう。

2Lはスプレー類、化粧品類、医薬品類の合計


化粧品や医薬品などの預け入れルールについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。(「預け入れに制限がある液体物」の項目に、化粧品や医薬品類についてまとめています。)

▶︎▶︎液体物の預け入れルールまとめ


※機内持ち込み・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。また航空会社や発着する国(路線)によって、独自のルールや制限がある場合があります。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。
下記に参考リンクをまとめているのでご利用くださいね。)



アルコール消毒液/除菌剤の持ち込み・預け入れルールまとめ

消毒液・除菌剤のルールまとめ

✔︎ アルコール消毒液や除菌剤は、「からだ・手指用」であれば機内持ち込み・預け入れともOK


✔︎ 「モノ・空間用」の消毒液/除菌剤は持ち込み・預け入れNGの場合あり

(→ 利用する航空会社に問い合わせすること)


✔︎ 持ち込み・預け入れできるアルコール消毒液や除菌剤の量には制限がある

(→ 国内線と国際線ではルールが異なる)


✔︎ 国内線の場合は

500ml(500g)以下の容器に入っていること
② 1人あたり合計2000ml(2000g)以下であること

が持ち込み・預け入れの条件


✔︎ 国際線「機内持ち込み」の条件は

100ml(100g)以下の容器に入っていること
② 消毒液の入った容器はすべて、容量1リットル以下の透明プラスチック袋(ジップロックなど)に入っていること


✔︎ 国際線「預け入れ」の条件は

500ml(500g)以下の容器に入っていること
② 1人あたり合計2000ml(2000g)以下であること


✔︎ 国や地域、航空会社や路線によっては、独自のルールや制限を設けていることもある。また海外の場合は、日本より厳しい制限があることが多いので注意する。

(→ 利用する航空会社のホームページなどを確認すること)



参考ページ一覧

最後にここでは、飛行機に乗るときに確認しておきたい手荷物についての関連リンクを掲載しています。

・国土交通省の関連ホームページ
・主な日本の空港のホームページ
・主な航空会社のホームページ


を一覧にしてまとめてみました。


・飛行機の手荷物についての最新情報
・空港でのセキュリティーチェック情報
・各航空会社の手荷物の許容量やアルコール消毒液/除菌剤についての規定

などを確認するときにご利用ください。

国土交通省の関連ホームページ

航空機への危険物の持込みについて

機内持ち込み・預け手荷物における危険物の代表例

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

量的制限の対象となる液体物のリスト

政府広報オンライン「飛行機に持ち込めないもの」

主な日本の空港のホームページ一覧

◆成田空港(成田国際空港)
自宅での準備(手荷物とその仕分け)

◆羽田空港(東京国際空港)
よくある質問

◆関西空港(関西国際空港)
輸送禁止品、機内持ち込み制限品について

◆伊丹空港(大阪国際空港)
よくある質問(セキュリティチェックについて)

◆中部国際空港(セントレア)
セキュリティガイド

主な航空会社のホームページ一覧

各航空会社による独自のルール(手荷物の許容量・持ち込み禁止物・アルコール消毒液/除菌剤についての規定など)を確認する際にご利用ください。

日本の航空会社

◆JAL(日本航空)
手荷物について(国際線)
Q&A「消毒液の持ち込みについて(国際線)」
手荷物について(国内線)
Q&A「消毒液の持ち込みについて(国内線)」

◆ANA(全日空)
手荷物について(国際線)
手荷物について(国内線)
Q&A「消毒液の持ち込みについて(国内線)」

◆スカイマーク(Skymark Airlines)
手荷物について(国際線)
手荷物について(国内線)
Q&A「除菌剤の持ち込みについて」

◆スターフライヤー(Star Flyer)
手荷物のご案内(国際線)
手荷物について(国内線)
除菌剤の持ち込みについて

◆ピーチ(Peach)
手荷物について

◆ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
手荷物について
よくある質問「ウイルス除去・除菌製品の持ち込み」

◆エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)
荷物について

◆春秋航空日本(Spring Airlines Japan)
(国際線)手荷物について
(国内線)手荷物について

◆ソラシドエア(Solaseed Air)
手荷物について
除菌剤の持ち込みについて

◆エアドゥ(AIR DO)
手荷物のご案内

◆フジドリームエアラインズ(FDA)
機内持込の手荷物
除菌剤の持ち込みについて

◆アイベックスエアラインズ(IBEX)
手荷物について
除菌剤の持ち込みについて

アジアの航空会社

【韓国拠点】

◆大韓航空(Korean Air)
手荷物サービス

◆アシアナ航空(Asiana Airlines)
手荷物について

◆チェジュ航空(JEJU Air)
手荷物について

◆エアソウル(Air Seoul)
手荷物について

◆ティーウェイ航空(T’Way Airlines)
手荷物規定

◆ジンエアー(JIN AIR)
手荷物について

【台湾拠点】

◆チャイナエアライン(中華航空)(China Airlines)
手荷物情報

◆エバー航空(EVA Air)
手荷物について

◆タイガーエア台湾(Tigerair Taiwan)
手荷物に関するルール

【中国拠点】

◆中国国際航空(エアチャイナ)(Air China)
手荷物について(機内持ち込み手荷物)
消毒剤の持ち込みについて

◆中国東方航空(China Eastern Airlines)
手荷物規定

◆中国南方航空(China Southern Airlines)
手荷物サービス(機内持ち込み手荷物)

【香港拠点】

◆香港エクスプレス航空(HK Express)
手荷物ガイド(機内持ち込み手荷物)
アルコール消毒の持ち込みについて

◆香港航空(Hong Kong Airlines)
手荷物に関する規定(機内持ち込み手荷物)

◆キャセイパシフィック航空(CATHAY PACIFIC)
手荷物に関する情報

【シンガポール拠点】

◆シンガポール航空(Singapore Airlines)
手荷物について

◆ジェットスター・アジア航空(Jetstar Asia Airways)
手荷物について
よくある質問「ウイルス除去・除菌製品の持ち込み」

◆スクート(Scoot)
手荷物について

【タイ拠点】

◆タイ国際航空(Thai Airways International)
手荷物について

◆タイ・ライオンエア(Thai Lion air)
手荷物について

◆タイエアアジアX(Thai AirAsia X)
荷物について

【ベトナム拠点】

◆ベトナム航空(Vietnam Airlines)
荷物について

◆ベトジェットエア(VietJet Air)
荷物について

◆ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)
手荷物について
よくある質問「ウイルス除去・除菌製品の持ち込み」

【マレーシア拠点】

◆マレーシア航空(Malaysia Airlines)
手荷物について

◆エアアジアX(AirAsia X)
荷物について

【フィリピン拠点】

◆フィリピン航空(Philippine Airlines)
手荷物情報

◆セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)
手荷物情報
よくある質問「空港へ行く前に〜手指消毒液について」

北アメリカの航空会社

【アメリカ拠点】

◆ユナイテッド航空(United Airlines)
手荷物について
保安検査場ガイドライン「液体手指消毒剤の持ち込み」

◆デルタ航空(Delta Air Lines)
手荷物について

◆アメリカン航空(American Airlines)
手荷物について

◆ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)
手荷物情報
手指消毒剤・除菌剤について

【カナダ拠点】

◆エアカナダ(Air Canada)
手荷物について

ヨーロッパの航空会社

【ドイツ拠点】

◆ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa German Airlines)
手荷物に関する情報

【フランス拠点】

◆エールフランス航空(Air France)
手荷物の手引き

【スペイン拠点】

◆イベリア航空(Iberia Airlines)
手荷物について

【イギリス拠点】

◆ブリティッシュエアウェイズ(British Airways)
手荷物について

【フィンランド拠点】

◆フィンエアー(Finnair)
手荷物について

【スウェーデン拠点】

◆スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines)
手荷物について

オセアニアの航空会社

【オーストラリア拠点】

◆カンタス航空(Qantas Airways)
手荷物について

◆ジェットスター航空(Jetstar Airways)
手荷物について
よくある質問「ウイルス除去・除菌製品の持ち込み」

中東の航空会社

【UAE拠点】

◆エミレーツ航空(Emirates)
手荷物について

【カタール拠点】

◆カタール航空(Qatar Airways)
荷物について



さいごに

さいごに

飛行機に持ち込むことのできる手荷物や預け荷物については、機内の安全性や快適性を維持するために細かくルールが決められています。

たとえ使い慣れたものだとしても、飛行機という特殊な環境下では危険物になってしまうことも。

持ち込めないものはその場で放棄するか、別の手段で送ることになるなど手間がかかってしまいます。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、「持ち込めないもの」をあらかじめ確認することが大切です。

飛行機を利用する私たち一人ひとりが手荷物のルールをきちんと守ることで、スムーズな搭乗手続きができるように心がけたいですね。


※機内持ち込み手荷物・預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。最新の情報はご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。